ブログトップ

シクロツーリスト&ランドヌールときどき模型の製作日記

cyclo.exblog.jp

『旅する自転車の作りかた』発売スタート!

こんにちは。田村です。

お待たせしました! いよいよ
『旅する自転車の作りかた』の発売スタートです。
d0211129_17124184.jpg
すでに都内の大型書店には並んでいるという
目撃情報(!?)もあります。

実は、弊社の書籍は、○月○日に全国一斉発売! という
流通方法ではありません。

どの書店様も同じ日付に陳列していただく……
というパターン配本ではなく、
ご注文をいただいた書店様から、順次、取り次ぎ会社から
配本させていただく……という方法を採らせていただいております。

そのため、『シクロツーリスト』も
「うちの近くの書店にないぞ!」という声を
多々いただいております。まことに申し訳ありません。
ぜひ、書店様でご予約いただくか、
弊社業務部までご注文くださいますよう、
伏してお願い申し上げます。

グラフィック社 業務部
102-0073東京都千代田区九段北1-14-17
Tel.03-3263-4318 Fax.03-3263-5297
contact@graphicsha.co.jp

もちろん、「アマゾン」をはじめとした
ネット書店でも購入可能でございます。

そして耳寄りな情報を!

『旅する自転車の作りかた』の著者である大槻さんは、
旅自転車専門店「ベロクラフト」の店長でありますが、
同店には明後日に本書が入荷予定です。

ツーリングバイクや部品の物色かたがた、
ぜひベロクラフトさんで『旅する自転車の作りかた』を
お手に取ってご覧ください!
# by cyclotourist | 2011-01-05 17:27 | おしらせ | Comments(3)

和田峠

あけましておめでとうございます。田村です。

今日は走り初めとして、和田峠に行って参りました。
東京と神奈川の県境にあり、関東のシクロツーリストには
おなじみの峠、標高は690mです。

私淑する先輩ツーリスト、GAMIさんが和田峠に
いらっしゃると聞きつけ、
ここ数年は寝正月を決め込んでいた僕も
走りに行った次第です。

和田峠は、過去に数回訪れたことがあります。
直近では、昨年の5月に神奈川の藤野側から上りましたので
今回は八王子側から上ってみました。

中央線で西八王子まで輪行し、駅の北口から走り出すと、
すぐに陣馬街道(都道/県道521号)にたどり着き、
これを西へ20kmほど進めば峠です。
最初の5kmほどは、交通量が多く、
路肩が狭いイヤな道が続きますが、
しだいに里山情緒ある田舎道に変わります。
都心に近くても、「旅」という雰囲気が味わえる貴重な道です。
d0211129_17314253.jpg
峠の手前4kmくらいから、道は勾配を増します。
d0211129_17334636.jpg
眼下に都心を望む。同じくGAMIさんと落ち合う方と一緒に。
d0211129_17371482.jpg
和田峠着。峠自体は特に風情はありませんが、茶店と
駐車場があり、ハイキングの入り口としても
人出があります。今日は幸い好天で、以前のように
寒さや積雪に悩まされることはありませんでした。ほっ……。
d0211129_17401229.jpg
今日のお供はロイヤルノートン。
キャンピング車なのですが、キャリアを外したランドナー仕様で
走りました。車重はあるものの、フロントトリプルですし、
その42Bの太いタイヤを活かすべく、
峠から陣馬山まで行ってみました。もちろん、
上りの往路は押し、下りも半分は押しでしたが。
d0211129_1743318.jpg
標高857mの陣馬山からは、富士山を望むことができました。
和田峠からは20、30分で到達できます。
d0211129_1746791.jpg
峠に戻って、GAMIさんと仲間たちと記念撮影。
中央がGAMIさん、左から2人目が僕でございます。
「正月から峠とは、みんな好きだね〜」とは
GAMIさんの弁でございます。

ひとしきり、みなさんと自転車談義や峠への
想いを交換させていただいたら、自由解散。
おとなの集まりです。

僕は藤野側へと下りました。
d0211129_175159100.jpg
西向きに下るこちら側からは、富士山を望むことができます。
逆光にはなりますが、陽が当たる方向に下ると
寒さが和らぎます。上りは日陰、下りは日当り。これが
冬の峠行の基本だと思います。

最寄り駅である、中央線の藤野駅から、
とっとと輪行して家路へ。距離38kmほどしか
走ってませんが、ツーリングは長いがゆえに尊からず…ですよね!?
おかげさまで、17時には
家でビールを口にすることができました。
ツマとチビは帰省中なので、超リラックス。至福の時です(笑)。

来るべき『シクロツーリストvol.2』は5月刊とまだ先ですが、
特集は「峠」の予定です。新年から幸先のよい
スタートが切れたぞ! と、ひとり缶ビールをあおる田村でした。

本年もよろしくお願いいたします。

追伸
和田峠の八王子側(峠〜陣馬高原下)は、
1月中旬から3月下旬まで、
法面工事で通行止めになるそうです。
ご注意ください。
# by cyclotourist | 2011-01-02 18:11 | おしらせ | Comments(10)

納会

こんにちは、田村です。

本日は、弊社の納会でございます。

納会……なんとも昭和な響きですね。
グラフィック社に入社して半年弱、さまざま
新鮮な思いで日々を過ごしてまいりましたが、
みなさんのお力添えのおかげで、なんとか年を
越すことができそうです。
d0211129_1795719.jpg
かなりボケちまいましたが、
現在社内で進行中の納会のようすであります。

グラフィック社は創業1963年。
創業者であり、80歳を越える会長が陣頭指揮を
取っております。

従業員全体の男女比率は半々くらいですが、
編集部に限ってみますと、男性1対女性8の比率!

そのなかで、「自転車」というオトコらしい本を
作っている田村でした。

本年はみなさまに大変お世話になりました。
この場を借りて、あらためて、お礼申し上げます。
どうぞ、みなさまよいお年をお迎えください。

来年もよろしくお願いいたします。田村浩
# by cyclotourist | 2010-12-28 17:14 | おしらせ | Comments(2)

グランツーリズモ

誰もが認め、憧れるレーシングコンポの雄、
カンパニョーロ

実績、先進性、信頼性、デザイン力など、すべての面で
自転車部品界のトップブランドです。
僕の次期主力機も、カンパのアテナ11速仕様の予定です。

しかし、そんなカンパニョーロも、
こんなゲテモノを作っていたんですね。
d0211129_13311958.jpg
「グランツーリズモ」(1970年)

浅麓堂で見せてもらい、シビレました。
まるで東南アジア産のカブトムシみたいなデザインと、
ぎっしり身が詰まった鉄の重さ。戦車的なカッコよさです。

どうも気になってしかたがないので、
THE DANCING CHAIN』で探してみました。
d0211129_13354457.jpg
変速機の歴史をまとめた名著です。
ある自転車愛好家の方に勧められ、購入したものです。

さすが名著、グランツーリズモも載ってました。

-----------
1970年のパリショーで登場したツーリング用の後変速機。
ケージの設計がまずく、動作はひどいものだが、
とても丈夫である。チェーンが詰まっても、変速機ではなく
フレームが壊れるほどだ。
この「グランツーリズモ」は、
カンパの名を冠した数多の後変速機の中で、
最悪の製品である。

私はこれを、自転車ライターに対しての
“リトマス試験紙”にしている。
「グランツーリズモ」をほめる人は、
それを使ったことがない嘘つきに他ならず、
そいつの意見は信用ならないというわけだ。
-----------
なんという酷評……西洋人は怖いですね。

しかし、個人的にはますます
欲しくなりました。

こんなんで輪行車を作ったら、壊れなくていいかも…
あ、でもフレームが壊れるんだっけ(笑)。
# by cyclotourist | 2010-12-28 13:53 | おしらせ | Comments(2)

『旅する自転車の作りかた』発売迫る!

こんにちは、田村です。

グラフィック社の新刊、
『旅する自転車の作りかた』の発売が
いよいよ近づいてきました。

1月10日頃には、全国の書店に並ぶ予定です。
全国の……といっても、自転車本に力を入れている書店様や、
大型店が中心になると思いますが、ぜひ手に取ってください。

先週、印刷会社から編集部に見本が届き、
なにはともあれ、著者であるベロクラフト店長の大槻さんへ
お届けいたしました。
d0211129_9384235.jpg
自著と『シクロツーリスト』を手に、
はにかんだ笑顔を浮かべる大槻さん。

これまでも、数々のムックで旅自転車の製作ノウハウを
惜しげもなく披露されてきた大槻さん。

しかし、雑誌スタイルの本ではページ数に制限があり、
せっかくの製作ノウハウを誌面に再現しきれませんでした。

『旅する自転車の本』、『自転車と旅』、
そして『シクロツーリスト』で、
数々の記事を担当させていただいた、僕自身が言うのですから、
間違いありません(汗)。

今度は大丈夫です!
『旅する自転車の作りかた』は、まるまる一冊が
パーツ選びと製作ノウハウです。

それでは、その内容を紹介いたします。
どんな食いしん坊も納得の大盛りです!

PART 1 旅する自転車の仲間たち
旅のスタイルで自転車を選ぶ
小旅行用快走ランドナー
乗り心地重視の快適ランドナー
長距離を快走するスポルティーフ
長期間の旅に対応するキャンピング
メーカー完成車とオーダー・ハンドメイド車
ランドナーとどう違う? モダンツーリングバイク

PART 2 旅を支えるパーツたち
ランドナー系の旅行車に用いられるパーツ
ホイールの規格と選びかた
タイヤの太さは荷物と乗り心地で選ぶ
マッドガードの機能と形状
タイヤの太さとマッドガードの相性
輪行スタイルとマッドガードの関係
キャリアとバッグが旅する自転車製作の決め手
変速ギヤシステムの選びかた
シフトレバーのメリットとデメリット
ブレーキレバーのメリットとデメリット
STIレバーをツーリング車で活用するノウハウ
ブレーキの選びかた
ハンドルバーの選びかた
ステムの長さとフレームサイズ
バーテープの素材と使用感
スレッドタイプのヘッドパーツを使う
旅する自転車に欠かせない革サドル
シートピラーの突き出しを考える
ペダルはビンディングかトークリップを選ぶ
ライトはツーリングの必須アイテム

PART 3 フレーム&ホイールを用意する
フレームパイプの選択
フレームの各種工作と直付け小物
オーダーメイドフレームの購入方法
カラーリングにこだわる
ツーリングフレームの最高峰、東叡社
組み立て前に行うフレームの下処理
スポークの本数と組みかた
ホイールを構成する部品たち
ハブにスポークを通す
ホイールを仮組する
ホイールの「振れ」を取る
スポークのテンションを確認する
フレームの下処理を仕上げる

PART 4 旅自転車を組み立てる
マッドガードを取り付ける
マッドガードの先端部をカットする
取り付け穴を開け、パッキンを作る
マッドガードの後端部を仕上げる
U字ステーでマッドガードを固定する
リアのマッドガードを取り付ける
分割式マッドガードとライトの装着
フラップと松葉ステー
車種別マッドガード取り付け位置
ハンドル周りの取り付け
駆動系メカの取り付け
バーテープの巻きかた[コルクテープ編]
バーテープの巻きかた[コットンテープ編]
ヘンプ巻きとニス塗り
インナーワイヤーのハンダ処理
最終チェックを経て完成

そして、巻末には10台の美しい自転車たちを、
鮮明なカットと寸法データとともに掲載しています。
d0211129_9551291.jpg
マッドガードの加工について。これでバッチリ。
d0211129_9555640.jpg
オーダー車ならではの特殊工作も完全理解。

一度は自分の手で自転車を組んでみたい方、
自分でやらないまでも、どのように自転車が
組み立てられるのか知っておきたい方は必読です。

そして、ホイールの手組み方法や、
車種決定のノウハウ・寸法、ギヤ比の決定方法も
解説しております。自転車ショップのプロにとっても、
本書はたいへん有益だと思います。

どうぞ、ご期待ください!
d0211129_1045341.jpg
旅する自転車の作りかた
大槻正哉 著
ISBN978-4-7661-2212-1
本体価格1,800円+税
B5判/並製/144頁/オールカラー
# by cyclotourist | 2010-12-28 10:10 | おしらせ | Comments(2)