ブログトップ

シクロツーリスト&ランドヌールときどき模型の製作日記

cyclo.exblog.jp

<   2018年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

沼津をめざして

こんにちは、田村です。

先のフレッシュでは
ロングライドにおけるさまざまな課題を痛感しました。
総じて、まとまった距離を走りきるための
経験値が今の自分には枯渇してるな……ということでした。
長い時間を自転車で過ごす感覚と言っていいかもしれません。
いろんなことを経験してきたはずなのに、
その記憶が体力と共に薄れており、
経験として身に付いてないことを実感しました。

最近はキャンプツーリングばかりしていて、
それがとても楽しいのでハマっているわけですが、
たまには長い距離(自分比で)を走っていないと、
経験や感覚なんてものはすぐに消えてしまうものだな〜と。
もちろん、気力や体力も怪しいのですが、
数年前の自分が600kmだろうと1000kmだろうと
走っていたのが夢のようで、
実際のところ記憶があいまいです。

そんなわけで、ちょっと長い距離を走ろうと思いました。
が、自分は純粋なトレーニングとして自転車に
乗ろうとは思えません。だから、距離の長短に関わりなく、
目的地がなくては走ることができません。
ツーリングにしないと楽しめないのです。
そこでどこへ行くかと考えた時、
浮かんだのが沼津。
沼津になにがあるんだと問われると
なにもないとも言えるし、すべてがあるとも言え……。
まあ、ほどほどに遠くて、非日常感が味わえれば
どこでもいいんです。
目的地が魅力的であることはプラスαみたいなもので、
自転車に乗って、普段はあまり走らない道さえ
走っていれば楽しいので……。

その沼津には、ここ最近は何度も何度も行っているのですが、
すべてが輪行を組み込んた行程でした。
片道だけでも自走で沼津へ行けば、
それなりの距離になるだろうと思いつきました。
そこでコースを検討。
d0211129_18540169.png
自宅がある池袋からだと、
いちばん距離が短くなるのは、湘南に出て
東海道を西進するコースです。
距離は130kmほどで、まとまった上りは箱根のみ。
その箱根を終盤に越えるのが億劫ではあります。また、
何度も走ってる道ばかりで自分としては新鮮みがありません。
d0211129_18575920.png
御殿場周りにすれば、箱根を回避できます。
距離は少し増えて140kmほど。
湘南も通らないですみます。しかし、
それで面白いかと思えるかというと微妙。
峠から逃げているのが見え見えなコースです。
d0211129_19015971.png
いっそのこと道志みちに出て、山中湖経由にすれば、
後半は下りになります。
距離は170kmに増えますが、それなりに変化があって
飽きない道中になりそうです。
山中湖の前後にある峠の標高は1000mを超えますが、
箱根のように激坂で一気に越えるわけじゃないので、
心理的に楽、かも。

こうやって机上で計画してる時は
どれだけ距離や上りが増えても疲れないので(笑)
いつも楽観的すぎるほど楽観的な
コースを作ってしまいます。そうでないと、
いろんなところに行けないですし。
そして先の日曜日、前日に
風向き予測がさほど悪くないことを確認してから、
山中湖経由コースで沼津をめざすことにしました。
d0211129_19141129.jpg
せっかくなので、神田明神に参詣してから沼津に向かいます。
この時点で9時なので、ロングライドのスタートとしては
遅い時間になってしまいました。
距離も少し増えて、予定どおり沼津・内浦まで走ると
180kmくらいになりそうです。
d0211129_17034314.jpg
国道20号を延々西へ。
ようやく多摩川に出ると少しほっとします。
いわゆる多摩サイですが、日曜なので歩行者が多いです。
自転車の速度を落とすための凹凸も目立ち、
もうあんまり自転車向きの道ではない印象も。
d0211129_17055729.jpg
延々と市街地の幹線道を走ります。
写真は多摩エリアを貫く尾根環。
ロード乗りがとても多い道路で、このあたりでは
走りやすい道ではあるのですが、面白みはないです。
適度にアップダウンがあるので練習には
いいんですかね……。
d0211129_17084107.jpg
橋本を過ぎて津久井湖に差しかかると、
ようやくサイクリングをしてる実感が湧きます。
実に60kmもツマンナイ道を走って、ようやくです。
だから、輪行がいいんですよね……。
しかし、今日は自走がテーマなので割り切って走りました。
風が弱く、追い風に恵まれた区間もあったのが救い。
d0211129_17101279.jpg
12時過ぎて道志みちへ。
ところどころ国道を離れ、旧道的な道筋を進みます。
国道も景色は悪くないのですが、
うるさいオートバイが多いのが気になるのです。
d0211129_17115695.jpg
じわじわ標高を上げながら、神奈川県を抜けて
山梨県に入ります。
ちなみにこの日の自転車はキャノンデール・CAAD12ディスク。
アップダウンの多いコースは
もうディスクブレーキじゃないと走る気がしません。
d0211129_17133544.jpg
道志の道の駅あたりに差しかかると、
桜が満開でした。しかし、これだけオートバイが並ぶ
道の駅と言うのも珍しいでしょうね。
d0211129_17144820.jpg
サイクルラックはがらんとしたもの。
それなりにたくさんのサイクリストを見かけましたが、
オートバイに比べるとおそらく桁違いで少ないですね。

余談ですが、少し前の自分は
原付免許でも取ろうかなと思ってまして、
殊勝にも免許の教科書を読んだりもしました。
しかし、妻に「免許とってバイク買うんだ」と伝えたところ、
「どうせ事故る、また入院とかほんと迷惑だから止めて」と
逆鱗に触れてしまい……。それを振り切ってまで
実行に移す勇気と理由がないことに気付いたので
オートバイデューはあっさり諦めました(汗)。

閑話休題
d0211129_17194658.jpg
サイクルウェアに身を包んだマスコット。
d0211129_17201545.jpg
道の駅でうどんなど食べていたら、
あっという間に15時になってしまいました。
平均時速が上がらないので思ったより時間が
押してしまいます。そもそもスタートが遅すぎ……。
しかしもう100km走ってきてるので、
引き返したり、駅へショートカットするのも
惜しい気がするので、淡々と山伏峠に向かいます。
d0211129_17213516.jpg
まれに10%くらいの勾配も現れますが、
基本的には淡々と進むことができます。
標高が1000mになるとさすがに涼しく、気温は8度に。
家を出る時にウェアの選択に迷ったのですが、
結果的に秋冬用のジャージとインナーを着ておいて
正解でした。
d0211129_17243079.jpg
峠を越えて少し下れば山中湖。
16時になって斜光ですが、富士と湖の競演は
さすがにスピリチュアルでいい眺めです。
d0211129_17255098.jpg
籠坂峠を越えて、待望の静岡県へ。
上り返しのない下りが40kmも続きます。
レインジャケットを着込んでひたすら下り、
下り区間は終始強めの向かい風となり、
あまりペースは上がりませんでした。それでも下りなので
足を休ませることはできますが、肩が凝ります。
d0211129_17282196.jpg
沼津駅に着いたのは18時すぎ。
北口にあったサンシャイン!!の大きなバナーが
なくなっていたのが残念ですが、南口は
全面的にサンシャイン!!押しの光景が濃厚で
元気が出てきます。
沼津に着く前は、もう沼津駅から輪行で帰ろうかなと
思っていましたが、不思議と回復したので
当初の目的どおり内浦まで足を延ばします。
d0211129_17300305.jpg
華やかな沼津の駅前通りを抜けて南下。
d0211129_17311577.jpg
19時過ぎに内浦に到着。
当然ながら真っ暗で、景観もグルメもなにもないですが、
心は満ち足りました。
d0211129_17341282.jpg
小さな峠を越えて伊豆長岡駅へ。
駅のラッピングが以前とは変更されていて、
9人のキャラクターのバストアップが配されていたのが
ディフォルメされた集合イラストに変わってます。
これはこれで可愛らしい。
ここで愛機を輪行袋に詰め、三島経由で帰宅。
自転車で10時間かかった距離も、
駿豆線プラス新幹線なら2時間少々……。
鉄道とお金(4320円)の力は偉大ですな。

当初の目的どおり、特に体調の不安を覚えずに
180kmを走ることができたのはうれしいところ。
だが、しかし、
東京の北部に住んでいる自分としては、
輪行して自由にスタート地点を選んだほうが
楽しいサイクリングを味わうことができるな〜、と
当たり前のことを実感した一日でもありました。



by cyclotourist | 2018-04-10 17:50 | 製作中 | Comments(5)

フレッシュ2018

こんにちは、田村です。

ブルベを走る人にとって
年に一度のお祭り的なイベントが「フレッシュ」。
チームで24時間、距離360km以上を走るという
特殊なブルベです。
コースを自分たちで決めることができるので、
その計画から実行まで
仲間と一緒に楽しむことができるブルベです。
あいかわらずブルベ熱がいまひとつ高まらない自分ですが、
フレッシュだけは気分が盛り上がります。
そこで、今年もランドヌ東京主催のフレッシュに
参加させていただくことになっておりました。
d0211129_16000502.png
予定コースは、新潟市をスタートして
山梨県の石和をめざすという壮大なもの。
距離は380kmに及びます。

しかし、今年の自分はキャンプばかりしていて
ロングライドとはご無沙汰気味。
まだ一度も距離100km以上を走ってません(汗)。
さすがにどうしたものかと思い、フレッシュ本番の
一週間前に、予定コースの中盤にあたる
上越〜松本間を一人で走ってみることにしました。

一度くらい100km以上走ったからといって
体力が取り戻せる訳もないのですが、
補給のタイミングや疲れ具合を
再発見することはできると思います。
また、上記コースは、本番では夜間走行となるため、
せっかくなら明るいうちに走って
景色を拝んでおきたい、という気持ちもありました。
d0211129_16051759.jpg
北陸新幹線で上越妙高駅まで輪行。
d0211129_16060710.jpg
上杉謙信が迎えてくれる上越妙高駅。
おそるべきことに、8時30分には着きます。
北陸新幹線によって、これまで考えられなかった
エリアも日帰りが可能になりました。
交通費は相応にかかりますが、羽田空港も成田空港も
ちょっと遠い豊島区に住んでる自分としては、
新幹線網の広がりはうれしいかぎりです。
d0211129_16085609.jpg
一路南下して上信国境をめざします。
駅を出るとすぐに雪山が間近に迫り、
信越の春はまだ浅いことを実感します。
d0211129_16101835.jpg
野尻湖までダラダラと緩い坂が続き、
距離30kmで標高700mに達します。
駅からここまでの平均時速は15kmだったので、
ブルベ的にはギリギリペース。
フレッシュ本番では5人で走るため、
もっとペースが落ちることは確実です。
上越までの前半で時間を稼いでおかないと
完走は覚束ないなと実感します。
d0211129_16123458.jpg
本番ルートは国道メインですが、
今回は北国街道の旧道を走ったりもしました。
やはりサイクリングは効率よりも情緒がある
道を選びたくなります。
d0211129_16140321.jpg
長野の手前、飯綱町には
一里塚がくっきりと残ったりしてます。
d0211129_16151758.jpg
淡々と走って、16時過ぎには松本に到着。
ここまで距離140kmを走ったところ、
平均時速は17kmとなりました。
獲得標高は1800m。松本の標高が700mほどあるため、
稼いだ上りを使えない区間なので、
まあ悪くない平均時速で走れたことで満足。
もっとも、かなり疲れたのは事実です。
余力があれば塩尻か岡谷まで走ろうかと思いましたが、
松本からとっとと輪行で帰宅しました。

こんなように、一人で試走じみたことをするくらいですから、
今年のフレッシュには心中かなり期するものが……
あればよかったんですがね(汗)。
d0211129_16211397.jpg
フレッシュ本番の前日に新潟入り。
なんども利用しているホテルに前泊です。
このホテルα-1はサイクリストに理解があり、
自転車を部屋に持ち込ませてくれるので愛用してます。
翌日10時スタートなので、当日に新潟入りも
可能だったのですが……。
なお、自分が属したフレッシュチームは
ランドヌ東京のスタッフチームのため、
多くの方が走った本当の本番の前日(金曜日〜土曜日)に
走ることになっております。
だから、新潟入りしたのは木曜日です。
d0211129_16242938.jpg
なんか毎年おなじことを書いてる・してるようで
我ながらあきれかえるのですが、
新潟に前泊した理由は、古町にある
スライムビーというメイドバーに行きたいからなのです。
ここのメイド長さんが本当に神のような
接客スキルをお持ちなのです。時おり話しかけてくれる
だけなのですが、それが心地よく落ち着くのです。
前回訪れたのは半年前なのに、
それを覚えていてくれたりして胸が熱くなります。
そして、ああ新潟に来てよかった……と
心底から達成感を得てしまいました。
明らかに新潟来訪の目的を間違えているのですが。
d0211129_16305135.jpg
フレッシュ当日、さいわい二日酔いにならず
上々の天気にも恵まれました。
フルメンバー5人が新潟駅前に揃い、
10時丁度のレシートをコンビニでもらってから
スタートします。今回は、
いつもキャンプや舞台訪問をご一緒してる
トシさんも参加。ご自身初のフレッシュです。
「やっぱり完走したいですね!」
ほかの誰も口にしない(汗)前向きな決意表明をいただき、
意気揚々とスタート。
d0211129_16335683.jpg
市街地を抜けるとすぐにシーサイドへ。
期待どおりの追い風が吹き、労せずして
時速30km弱で巡航できます。
とはいえ、オーバーペースは絶対に禁物なので、
先頭を引く、平地が得意なばっきー氏には
ペースを落としてもらいました。
d0211129_16355579.jpg
50km先の寺泊までは追い風基調で
想定以上のペースで走行。おもわず海鮮処に
吸い込まれそうになりますが、ぐっとがまん。
以前、ここでカニラーメンなど食べた直後に
DNFした過去もありますし。
d0211129_16370679.jpg
コンビニ飯でがまんします。
とはいえ、お弁当などを食べてると
それなりに時間はかかり、みるみる平均速度が下がります。
d0211129_16382213.jpg
柏崎から先は国道8号がメインルートですが、
ところどころでトンネルを避けるために旧道へ。
景色はすばらしいのですが、勾配も増えるのが
悩ましいところ。しかも風向きが変わり、途中から
向かい風になってしまいました。
130km地点の上越で進行方向が変わるので、
それまでは我慢です。
d0211129_16403379.jpg
ようやく着いた上越。まあコンビニしか寄ってないので
旅情もなにもあったもんじゃありませんが、
ここまでで平均時速18kmをキープしているので
まずますのペース。
d0211129_16423235.jpg
上越を後にして10km少々で、とん汁屋さんに
入るメンバー……。
地元の名店らしく、特にばっきー氏が楽しみにしていた
グルメ処です。
自分はそれを事前に聞いて、絶対に寄っちゃダメ!
そんな時間が我々にあるわけないと
言っていたのですが、当日は賛成に回りました。
前夜のメイドバーで、メイド長さんもこのお店を
ご存知でいて、オススメしてくれたのです。
じゃあ行ってみるかと思ったのは、決して
とん汁にひかれた訳ではなく、
「食べたよ」と、メイドバー次回訪問時に
伝えたいだけだったりします(汗)。
ちなみに、本当に美味しかったです。
ご近所にあればしばしば利用してもいいかと思いますが、
ブルベ中にリスク負って食べるほどの
価値があるかは微妙かな……。

で、結果として、やっぱり
とん汁を食べてる場合じゃなかったのです。
d0211129_16491074.jpg
店を出る頃には日もとっぷり暮れ……。
そして、一週間前に走った自分としては、
ここからまるで時間が稼げない上りが
20kmも続くことを知っているのです。
もちろん、ほかのメンバーも知ってるはずなのですが。

暗くなると気温もぐんぐん下がり、
その寒さは予想以上。20時くらいで
すでに氷点下を示すガーミンの気温計……。
上りなのでさほど寒さは感じないものの、
当然ながらペースはガタ落ち。
みるみる平均時速が下がっていきます。
そして平均時速が16kmになった時点で、
個人的には間に合わないなと、思ってしまいました。
おそらくみんなも同じ気持ち。
そのうち一人が、「俺を置いて先に行ってくれ」と
重い発言を……。
もちろん、そうしてもルール的には問題ないのですが
(3名以上いれば完走が認定される)
そんな無神経かつ男らしいことができる
メンバーはいません。というよりむしろ、
俺も置いて俺も、というのが本心(汗)。
自分自身も、誰か止めるなら止めるかなと
考えてましたので、「←妙高高原駅」という
青看板が見えた時は、本能的にチャンスだと思いました。
「駅、ここから500mくらいですね」
「列車あるかな」
「あるでしょ。調べてみる」
「どう?」
「30分後に出るね。長野行き」
「リーダー、どうしますか?」
「……左」
「やった〜!」
d0211129_16591822.jpg
駅がこれほどうれしいと感じたのはひさしぶり。
心底、心底うれしいと思ってしまいました。
残念とか悔しいという気持ちはまったく湧いてこず、
走り続けたら必ず遭遇するであろう寒さと眠気から
逃れることができた喜びで踊り出しそうなほど。
実際、輪行支度中に思わず口笛を吹いてしまい、
メンバーの失笑を買いました。

なんにせよ、ペース的にも完走が危ういのが自明だったので、
それに挑む無謀よりも、居酒屋と布団が待つ
幸せな夜を選ぶことに迷いはいっさい
ありませんでした。
我々のフレッシュは距離170kmで終了、DNF(リタイア)です。

しかしまあ、こんな心構えのメンバー(自分)がいたんでは、
フレッシュの完走ははなから望めませんね。
もし来年もフレッシュに参加したり、他のブルベを走る時までには
性根を入れ替えておきたいと思います……。
とりあえず、メイドバー目当てで
新潟スタートのコースを推すのは止めようと思います(汗)。

フレッシュ初挑戦で、まだ余力があるように見えた
トシさんには悪いことをした気もしましたが、
彼も長野で飲めるならまんざらじゃないようでしたので、
すばやく長野のホテルをメンバー全員分
おさえたのでした。

さて、これで我々の旅が終わった訳ではありません。
フレッシュのゴールである石和温泉では
スタッフ業務と前夜際が待っています。
しかし、DNFしたことで自由時間を手にした我々は
しばし思い思いの行動をとりました。
d0211129_17073299.jpg
長野で痛飲した翌日、トシさんと自分の二人は
新幹線に乗って東京へ。そして中央線に乗り換えて立川へ。
贅沢に列車を使って向かった理由は……
d0211129_17123520.jpg
立川にある極地研究所で開催中の
「宇宙よりも遠い場所」コラボイベントへ。
フレッシュを走った後じゃあ行く体力・気力が
ないだろうなと半ば諦めていたのですが、
元気一杯なので(汗)行ってきました。
このアニメは南極がテーマなのですが、
実にボロ泣きできる秀作なので、
機会あればぜひご覧下さい。
d0211129_17140816.jpg
普段は非公開の倉庫が会場になっていて、
アニメのキャラ看板や原画の展示と共に
保管されている備品を垣間見ることができました。
いま、「しらせ」は航海中なので主要な装備は
出払っていると思われますが、
観測用のラジコン飛行機がたくさんあったのが
興味深かったです。
d0211129_17163172.jpg
常設展示も見応えあり。
往年の雪上車や無人機などが展示してあります。
d0211129_17172474.jpg
雪上車には4名分の寝台や調理スペースなどがあり、
これで南極点めざして5ヶ月も過ごしたそうです。
機会と技能があれば自分も参加したいと思いますが……。
なんにせよ、アニメとDNFのおかげで見聞が広がりました。
d0211129_17191864.jpg
もふもふ〜。
d0211129_17194572.jpg
アニメにも出てきたDC-3改の
「ドロムラン」に関する説明もありました。
d0211129_17215134.jpg
立川を後にして、再び輪行で石和へ。
鉄道の機動力はすごいなあと思いつつ、
自分が到着した頃には石和健康ランドでの
ゴール設営業務も完了してまして、
今日もまったく役立たずでした(汗)。

この後、スタッフとそのチームメンバー参加の前夜祭があり、
凝りもせず鯨飲して自分は正体不明に……。
そして、翌日のフレッシュ本番では
寝坊と激しい二日酔いでまたしても役立たず……。

我ながらクズとしか言いようのないだらしなさ。
誰にも顔向けできないありさまでしたが、
フレッシュをきっちり走りきってゴールした
勇者たちの姿を間近に拝見すると
あらたなモチベーションをいただたいたような
殊勝な気持ちも芽生えてきます。

そして、ちょっとだけ我々のDNFが
悔しかったな〜とも思えてきたりします。
ちょっとだけ、ですけどね(汗)。




by cyclotourist | 2018-04-03 17:36 | おしらせ | Comments(6)