ブログトップ

シクロツーリスト&ランドヌールときどき模型の製作日記

cyclo.exblog.jp

<   2018年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

しまキャン

こんにちは、田村です。

珍しく仕事が立て込んだり、
確定申告だったりでしばらく引きこもってたのですが、
そんな時ほどすぐには使わない
アウトドアグッズを買い込んだりしちゃうものです。
d0211129_21235859.jpg
ヘリノックスというブランドの折りたたみイスと、
SOTO(新富士バーナー)の折りたたみテーブル、
そしてスキレットです。スキレットというのは、
鋳鉄製のフライパンです。

これまでの自分のバイクパッキング、キャンプツーリングでは、
イスやテーブルはもちろん、フライパンも
無駄に重くてかさばる贅沢品として遠ざけていました。
実際になくても困らないでいたのですが、
型にはまって同じような軽量追求キャンプをしてるのも
可能性を減じてしまうかもしれません。
たまには走り以外の時間を重視するのもいいかな、と。
ぶっちゃけ、「ゆるキャン△」という
アニメの影響なのですが(汗)。

ヘリノックスのイスは、チェアゼロというタイプ。
実測重量514gという軽さと、1リットルくらいの
ペットボトルサイズほどの収納サイズが魅力で選びました。
それでいて、ゆったり体を預けるように座ることができます。

アルミ製のテーブル「フィールドホッパー」は、
ワンタッチで開閉できる工夫と、実測重量400gと
ほどほど軽いので選びました。たたむと
A4を縦に折ったくらいのサイズになり、
サドルバッグの底に収めると具合がよかったです。

ロゴスのスキレットは……小さいのに1kg以上とずっしり。
これで肉を焼くとうまいという描写がアニメにあり、
影響されて買ったのですが、実際に肉を焼いてみると、
自分のスキルでは違いがわかりません。
よって、食器棚の奥に封印しました(汗)。

さて、先週になってニート的な平常運転に
戻りましたので、さっそく
バイクパッキングで遊んでまいりました。
お正月にご一緒したばっきーさんとトシさんとも
またキャンプしたいねと話していたので、
三人で出かけてまいりました。
d0211129_21403835.jpg
高速ジェット船で大島へ。
東京からだと竹芝桟橋からが定番ですが、
我々は熱海港から乗船。こちらのほうが
大島到着が早く、復路の便も少しだけ遅いのです。
大島は過去に二度ほど訪れたことがありますが、
キャンプは初めてなのでワクワクします。
d0211129_21423013.jpg
エンジンだけでなく、船室まで航空機風。
時速80kmと速いのはいいのですが、
シートピッチの狭さも航空機のようで
船旅を楽しむ、という旅情はありませんね……。
とはいえ、熱海から1時間で大島に着くという
速さの魅力が上回ります。
ちなみに、自転車は輪行袋に入れる必要があり、
1000円の手荷物料が必要です。
d0211129_21465542.jpg
岡田港に上陸し、それぞれの自転車を組み立て。
日帰りツーリングとほとんど同じ気軽さで、
キャンプツーリングできるのがバイクパッキング仕様の
もっとも優れた長所です。
同じ船に5名くらいサイクリストが乗っており、
ほとんどMTB。それはやはり、「裏砂漠」が
あるからなのでしょう。
d0211129_21495397.png
地形図に「砂漠」とあるのは、
この大島が唯一とのこと。今回の大島バイクパッキング旅の
お目当てがこれです。以前も少しだけ足を
踏み入れたことはあるのですが、
せっかくのグラベルロードですから、
今回はたっぷり体験してみたいと思います。
ばっきーさんもサーヴェロC5という
ハイエンドなグラベル志向のロードで参加。
トシさんは、山サイ仕様のサーリー・クロスチェックです。
d0211129_21530042.png
走行ルート。
島の北部に位置する岡田港をスタートし、
あじさいレインボーラインで三原山の麓まで上昇。
大島温泉の脇から裏砂漠に入り、三原山を
ぐるっと巡って御神火茶屋から西海岸の
舗装路に戻るというルートです。
当初、砂漠は二子山あたりで切り上げて
東海岸沿いへ出る予定でしたが、結果的に
たっぷり砂漠を満喫して島を横断、
西海岸へ出ることになり、
島南部の波浮にあるキャンプ場を
利用することになったのでした。
ずいぶん島をぐるぐるしてるようですが、
大島とは言え小さな離島なので、走行距離は
40km少々。砂漠走行は8、9kmほどです。
d0211129_21592120.jpg
大島温泉ホテルの脇から遊歩道に入ると、
すぐにご覧のような非日常的な光景が。
砂漠というよりも、大小の砂礫が広がる荒れ地です。
大島温泉までの舗装アプローチで標高を稼いでるので、
裏砂漠に入ると勾配が緩いのがうれしいところ。
ところによって拳くらいの砂礫が
ゴロゴロしてるので、転ぶと痛そう。
逆に前輪が刺さってつんのめるくらい
細かくて深い砂礫が続く箇所もあり、
路面状況は変化に富んでます。
d0211129_22071812.jpg
三原山へのハイキングコースと分かれると、
ご覧のように広々とした日本離れした光景も。
かすかな轍と、地形図を参考にして作ったコースデータを
表示させたハンディGPSが頼りです。
どこでも走れそうなので、かえって迷いそう。
d0211129_22111519.jpg
かと思うと、枯れ木を縫うような細道もあり、
なにかのケモノの足跡と共に進むような箇所も。
島の真ん中にそびえる三原山が常に見えるので、
方向を失うほどの迷子にはなりませんが、
悪天候や猛暑日だとかなり大変なことになりそう。
この日は雲が多いものの晴れ間も垣間見え、
上々の天気に恵まれました。
d0211129_22143706.jpg
海越しに利島や新島(たぶん)が望めるポイントも。
火山島ならではのダイナミックなシーンが
次々と現れて一時も飽きさせません。
d0211129_22175922.jpg
ダウンヒルを交えつつ、三原山の南麓を
回り込んでいきます。
今回は35Cのセミブロックパターンのタイヤを履き、
裏砂漠に入る時に3気圧くらいにしてましたが、
このくらいがオン・オフが入り交じるツーリングには
ちょうどいいのかも知れません。
下りを攻めるように走りたいならMTBには
及びませんが、自分はツーリングでそのような
アクティビティを求めることは少ないので、
グラベルロードがちょうどいいですね。
そういえば、港で見かけたMTB乗りは、
我々の行程では見かけませんでした。
彼らには彼らに向いたルートや
コース取りがあるのかもしれません。
d0211129_22260333.jpg
インスタ映えするばっきーさん。
柔らかい砂礫にタイヤを取られて
なんどかゴロンとこけてましたが、
地面が柔らかいことと、受け身が上手なようで
ご本人も自転車も無事。
32Cのタイヤで体重110kgだと、
さすがに接地圧が高すぎるのかもしれません。
それでも、ご本人は
「あ〜大丈夫、大丈夫」と前向きなので
ホッとします。
軽く転んだだけで開放骨折した自分としては
転ぶのが本当に怖いのですが……。
バイクパッキングは、従来のキャンピングに
比べれば段違いに軽いとはいえ、何キロもの
荷物を積んでる訳ですから、
油断は禁物、と自分に言い聞かせておりました。
d0211129_22330207.jpg
島なのに大陸を思わせるシーンも。
トシさんは、大島に住んでファットバイク買おうかなとか、
夢のある妄想をつぶやいてました。
自分も、仕事さえあれば住んでもいいかなと思うほど、
大島いいな〜って思いました。
もっとも、どうせ自分はあまり仕事ないから、
どこに住んでもいいのかな?
妻子さえいなければ(汗)。
d0211129_22371618.jpg
御神火茶屋の展望台に到着して、
グラベルは終了。2時間半ほどでしたが、
一瞬に感じられるほど楽しい道のりでした。
d0211129_22393801.jpg
御神火スカイラインで海岸へ急降下。
ところどころ、先の土砂災害を思い起こさせる
激しい痕跡があり、身がすくみました。
d0211129_22421452.jpg
地層切断面を経て……
d0211129_22425287.jpg
波浮港の手前にあるトウシキ野営場へ。
予約しておけば無料で利用できます。
広々として清潔で申し分のないキャンプ場です。
近くにJAの小さなスーパーもあり、
食料事情も問題なし。15時過ぎには着いたので、
ゆっくり過ごすことができます。
d0211129_22450533.jpg
荷物を下ろします。イス、テーブルを追加しても
いつものサドルバッグ+フロントバッグに収まってます。
だいぶ暖かくなったので、コンパクトなシュラフが
選べるようになって収納が楽になりました。
赤いスタッフバッグは衣類入れ。
これがいちばんかさ張るのですが、最近は一張羅をやめ、
キャンプ場ではサイクルジャージを脱いで
軽いウェアに着替えるようにしてます。
翌日用のレーパンもあるので荷物は増えるのですが、
だいぶリラックスできるなと感じてます。
d0211129_22483927.jpg
イスで一服。物議かもしてる
親方のようなポースで偉そうに見えますが、さすがに楽。
地べた直のキャンプ生活から卒業です。
とはいえ、常にイスとテーブルを携行するかは
思案のしどころ。このキャンプ場も常設の
イスとテーブルがあり、持参しなくても
特に問題はありませんでした。
d0211129_22504527.jpg
自分とトシさんはいつものツェルトですが、
ばっきーさんはコンパクトなワンポールテントを新調。
中国製で1万円ほどで買えたとか。
こういうのを見つけてくるのが上手い方なのです。
使用感は上々とのこと。
d0211129_22521451.jpg
至福の時間到来。
なんだか胸が本当にすーっとして、気分が晴れ晴れ、
せいせいとします。そんなにストレスがない生活を
送っているつもりですが、キャンプツーリングでの
開放感はたまりません。
旅館や民宿で味わう安堵感や快適さも素敵ですが、
キャンプで過ごす時間は格別です。
自宅で飲んでるのと同じ安いビールなのに、
缶から唇が離せないほど美味く感じます。
d0211129_22584951.jpg
限られた調理器具で肉を焼き、しゃぶしゃぶし、
お米も炊いてお腹いっぱい。
d0211129_22595346.jpg
アニメ見たり(汗)。
大島が舞台の「ビビッドレッド・オペレーション」です。
もう何年も前のアニメですが、けっこう好き。
そういえば、以前の大島訪問時は
このアニメもなかったし、今ほどは
アニメ漬けじゃなかったなと、来し方行く末を
互いに語り合いつつ……
d0211129_23022357.jpg
夢のような時間が過ぎ……
d0211129_23030386.jpg
早くも20時過ぎには、いい感じに酔っぱらって
就寝したのでした。なんとも健康的(?)。
さいわい気温はさほど下がらず(5度くらい)
風も弱かったので快眠。
寒さはともかく、大島は風が強いことが多いので、
キャンプを実行する際は風向き予報の
確認が欠かせないと思います。
強風が予想されるなら、装備や行程、
宿泊方法を再検討すべきでしょう。

翌日は、大島ならではの林道を走ったり、
自分には珍しく温泉やグルメも楽しんだのですが、
そのあたりはまたいずれリポートできれば。

行って帰ってきたばかりの大島ですが、
次はいつ行こうかと早くも計画中。
しまキャン、オススメです。



by cyclotourist | 2018-03-20 23:18 | おしらせ | Comments(3)

新装備と伊豆オフ

こんにちは、田村です。

先週は毎年恒例となっている
南伊豆での一泊二日ツーリングを
満喫してきました。
敬愛する大先輩、高地さんが主催している
Fサイクルのミーティングであります。

走る予定があると、自転車や装備のほうも
いろいろとこだわりたくなってきました。
今回、かねてから計画していた
三つの新装備・アイテムを導入しました。
d0211129_19295877.jpg
グラベルロードに、アルミ製フェンダーを装備。
ツーリングにはフェンダー(泥除け、マッドガード)が
あったほうが助けられるシーンが多いのは事実です。
ないほうがいいシーンがあるのも事実ですが(汗)、
このグラベルロードにはフェンダー用のアイレットが
各所に備わっているので、いずれ装備したいなと
思っていたのです。
現代的なロードにフェンダーは似合わない傾向も
ありますが、黒いフェンダーを選んだので
意外と違和感がないのではと思います。
きっちりタイヤに沿ったフルフェンダーです。
d0211129_19333900.jpg
自分でキレイに取り付ける技術はありませんので、
いつもお世話になっているベロクラフトの
大槻店長に取り付けていただきました。
ガードを付けたいと相談したところ、
この黒くてハンマートーン(亀甲)のガードを
提案していただいたのも大槻さんです。
d0211129_19351736.jpg
アイレットの向きが一般的なツーリング車と違ったりして
そのままポン付けというわけにはいかず、
大槻さんにダルマねじなどをさまざま加工していただきました。
d0211129_19361748.jpg
ベロオレンジの700C用ガードなのですが、
そのロゴがフレームの指し色と同じ色なのが
うれしかったりします。
d0211129_19372499.jpg
新装備その2。
オルトリーブのコックピットパック、いわゆる
トップチューブバッグを導入しました。
各種バッグが揃っているオルトリーブですが、
これまでトップチューブバッグだけなかった。
それが最近ようやく発売されました。
やっぱり使うバッグはブランドが揃っているほうが
気分がよいものです。
もっとも、やや幅が広いので
ダンシング時にヒザが当たりやすく、
防水性を優先するためかジッパーが横にあるため
物の出し入れがしづらいことには
すぐに気付きました。これが実際のツーリングで
どういう印象なのか、試してみたいと思います。
この程度の容量(公称0.8L)のバッグなのに
7200円するのもアレですが、全バッグを
オルトリーブで揃えられる、という無形の
喜びがあります。見栄っ張りなので(汗)。
d0211129_21082103.jpg
新装備その3。
新しいレインジャケットを購入。
モンベルのサイクル ドライシェル。
いわゆるゴアテックスを使ったモノですが、
そのメンブレン(防水透湿性素材)を
外側に配置している、というのが特徴。
一般的なゴアを使ってるウェアは
ナイロン生地で表裏をラミネートして
耐久性を確保しているのですが、
外側のナイロン生地を割愛することで、
表面が保水せず、高い透湿性を発揮する……
という触れ込みです。

いままでも各種のレインジャケットを使ってきましたが、
表面の撥水加工が傷んでくると、
濡れた感じがするものばかりで、
それによって透湿性も損なわれて
蒸れるものばかりでした。
また、軽量化を優先してゴアを使ってない物は、
ほとんどウインドブレーカーみたいなもので
浸水する物も多かったです。
モンベルのU.L.サイクル レインジャケットとか。

最近、ファイントラックのレインジャケットを
携行することが多く、けっこう優秀だったのですが、
やはり自転車用じゃないので袖が短めだったり、
収納時にかさばるのがネックでした。

そこで、最近発売されたサイクル ドライシェルを
買ったのでした。25000円とけっこうお高いですが、
同様にメンブレン外側が直の他社製よりは安い。
d0211129_21172753.jpg
そして軽くて省スペース。
ゴアを使ったジャケットでこの軽さと小ささは圧倒的。
もっとも、公称平均重量は171gなので、
自分の185gは少し重い……。

このサイクル ドライシェルの凄いところは
軽くて小さいだけでなく、透湿性98,000g/m²・24hrsという
他を圧倒する蒸れなさにありそう。
この数値、比べづらいのですが、ほかの製品だと
15,000g/m²・24hrsくらいが普通なので、
凄いです。
そして、その凄さの現れとも言えそうなのが、
「バックパック等を背負った状態で使用しないで下さい」
と、注意書きがあることです!
それだけ生地が弱いということなのでしょうが、
つまり、登山やハイキングではまったく使えず、
荷物を背負わないで済む(ことが多い)
サイクリングだからこそ許される仕様。
お店で買う際、「メッセンジャーバッグはダメですか」と
意地悪い(?)質問をしたのですが、
避けて下さい、とのことでした。
もっとも、その店員さんが実際にこのウェアを
使った経験はなさそうでしたが……。

着てみると、生地が実にしなやかで柔らかい。
軽いこととあいまって、着てることを
忘れるような印象。それはとてもよいことなのですが、
うっかり輪行袋を担いだら、
それだけで表面に妙なシワがよって、
ああ、これは本当に気を使わないと
破れそうだな……と感じました。個人的には、
こういう特定の性能を追求した製品は好感です。
役立てるのも自分のスキルですし、
ダメにするのも自分次第。面白い。

自転車にガードを付け、防水が売りの
オルトリーブのトップチューブバッグを付けたし、
キレた仕様のレインジャケットも新調したので、
ツーリング意欲も大きく高まりました。
いつもは晴天を祈るのに、雨が降ってもいい、
むしろ降ってくれ! くらいの気持ちで
伊豆に向かったのでした。
d0211129_21324133.jpg
輪行で三島へ向かいます。
やはり、ガードがあると輪行が面倒。
いつもなら5分で済む準備が、15分かかりました。
(復路は11分で収納できました)
このガードは特に輪行用の加工をしてもらってないので、
リアガードを丸ごと外す必要があります。
スポルティーフやランドナーでは、ガードを分割加工して
もらったりしてるのですが、それはそれで走行中に
なんとなく気になりますし……。
縦型の輪行袋だと、前のガードは外さないで済みますが、
ステムを緩めてハンドルを切る必要があるので、
フォークの玉あたりも兼ねてる
アヘッドステムだとちょっと気を使います。
輪行とガードが相性悪いのは否めませんな。
d0211129_21363307.jpg
やたら御託が長くて恐縮ですが、
三島にやってきました。
ここで我らが舞台サイクリング研究会の仲間3名と合流し、
引き続き伊豆長岡まで輪行。
d0211129_21375373.jpg
伊豆箱根鉄道の三島駅ホームで
サンシャイン!!ラッピング電車が揃い踏み。
この勇姿を拝んだ後、右の電車に乗って伊豆長岡へ。
d0211129_21390228.jpg
伊豆長岡から走り出し、修善寺経由で
天城峠の旧道へ。
京都からお越しの北山さん、千葉のミウラSVさん、
そしていつも一緒の(?)トシさんと
ダート走行の開始。
d0211129_21403972.jpg
小春日和でしたが、旧道は残雪タップリ。
気は使いますが、舗装路よりも楽しいのは間違いなし。
d0211129_21415776.jpg
ぬかるんだ道でも、ガードがあると
自転車や乗り手が汚れないので気が楽。
雨が降れば、レインウェアを上下着るので
ガードがなくても実質上問題ないのですが、
こうしたぬかるみや水たまりで
ガードは真価を発揮します。
d0211129_21440132.jpg
歴史的なトンネルが待つ天城峠。
下りの防寒として、例のドライシェルを着てみました。
この目立たない色はレインウェアとして
どうかと思いますが、この色しかないのです。
背中に反射テープはありますが、本来なら
オレンジとか黄色がいいなとは思います。
メンブレンが外側だと、汚れやすいので
あえてこんな色なのでしょうか。
自転車用だけあって、ばたつかないように
適度なフィット感があります。
それでいてお腹まわりは少し余裕があるのが
モンベルの優しいところでしょうか(汗)。
d0211129_21481587.jpg
北山さんのビゴーレ山旅車ディスク仕様。
650Cの車輪です。
自分もそうですが、バイクパッキング的なバッグは
着替えなどが余裕で入るので、宿泊まりの
ツーリングでも有用です。
d0211129_21500888.jpg
トシさん愛用のスペシャライズド・ルーベ。
32Cのタイヤが入るのでダートも余裕。
ロード系の自転車だと、自分はサドルバッグを常に使うのですが、
トシさんはフロントバッグメインの積載スタイルも
臨機応変に採用します。
d0211129_21513651.jpg
ミウラSVさんのケルビム・ランドナー。
こういう道だと、ランドナーがやっぱり似合います。
大きなフレームサイズを生かして
(シフトレバーがヘッドチューブにある!)
縦に長いオーダーの素敵なフロントバッグを装備。
ここに輪行道具をはじめ、一泊二日の装備を
すべて収めてました。荷物の出し入れのしやすさと
稼げる容量のバランスは、こうした角形フロントバッグが
優れているところだと思います。
d0211129_21540772.jpg
ガードがあるおかげで、我がグラベルロードは
ほとんど汚れません。一方で……
d0211129_21545663.jpg
比較して恐縮ですが、ガードとサドルバッグなしの
ルーベはフレームの後ろ周りがドロドロ。
これを見ると、ガードを付けてよかったなとは思いますが、
輪行の面倒臭さや、もっと荒れたダートだと
ガードを壊す可能性があることを考えると、
採用の是非は人それぞれでしょうね。
もちろん、ランドナーなど伝統的なツーリング車だと
ガードがないということは、スタイルとして
ありえないと思いますが。

以前、先輩のツーリストがスポルティーフで
ブルベに参加した際、周りの人に
「え、泥除けつけてんですね。今日は雨振るんですか」と
聞かれたとか。その先輩は
雨が降るからガード付けるとか、そういう自転車じゃ
ないんだよ、と軽く憤慨したとか。
ガードの有無は、実用性以上に、車種としての
アイデンティティに影響するのです。
それはすなわち乗り手の趣味志向、
いい悪いじゃない、価値観なのです。

閑話休題。
d0211129_22004677.jpg
ループ橋を下って河津へ。そこから
下田経由でお宿がある妻良へ向かいました。
ループ橋は全国的にしばしばありますが、
この河津のループ橋は、径が小さく標高差も大きいので
屈指の怖さを感じます。
d0211129_22030031.jpg
お宿に集まったのは11人。
ひさしぶりにお会いする方も多く、美味しいお魚と
相まって至福の時間。ひとかかえあるようなヒラメが
目にも口にも幸せをもたらしてくれました。
オジさんメインの集まりですが、
今回は新婚さんご夫婦も参加され、例年以上に
華やいだ宴に。素直に祝う人、我が身を思って(?)
なんとなく遠い目をする人、いつも通りマイペースな
人……。何はともあれうらやましい。
当然、ビールも進んでしまう訳で……。
もう寝る、という先輩に抱きついて寝かせなかったとか、
また自分の悪い武勇伝を残してしまいました(汗)。
申し訳ありません……。
d0211129_22053159.jpg
翌日は南伊豆の海岸線を中心にサイクリング。
下賀茂の桜は五分咲きでしたが、十分に
華やかでした。
d0211129_22062695.jpg
菜の花の香りにむせる……。
こうして、一泊二日の南伊豆サイクリングは
過ぎていったのでした。
あいにく、雨も降らず雨天装備の数々は
本領を発揮できませんでしたが、
せっかくのグループサイクリングが
予報以上の晴れに恵まれたのはなによりでした。

ご一緒していただいた皆様、
ありがとうございました。
先々週に続いてのお泊まりツーリングでしたが、
やっぱりいいものです。
帰宅してからの妻子がなんとなく怖いのが
唯一の難点ですが(汗)。



by cyclotourist | 2018-03-04 22:31 | おしらせ | Comments(2)