ブログトップ

シクロツーリスト&ランドヌールときどき模型の製作日記

cyclo.exblog.jp

SAGAキャンプツーリング 1/2

こんにちは、田村です。

あけましておめでとうございます。
年があけても今しばらくは平成ですが、
時の移り変わりを感じざるを得ない今日この頃です。
d0211129_18143605.png
さて、もう十日ちょっと前になりますが、
12月19日〜22日の三泊四日で、
佐賀県をぐるっとツーリングしてまいりました。
本ブログをご覧いただいてるサイクリストであれば、
佐賀ってどこ? なんて方はいないと思いますが、
自分にとって佐賀はサイクリング経験の
空白地帯ではありました。
いつか走りたいと思ってる間に
平成も終わりかけてしまったわけですが、
佐賀を舞台としたアニメ「ゾンビランドサガ」に
はまったおかげで、モチベーションが湧いて
佐賀を訪問してまいりました。
このアニメでは、佐賀市、唐津、伊万里、嬉野と
佐賀のあちこちが舞台として描かれています。
必然的に、最東部の鳥栖あたりを除く佐賀の広域を
訪れることになりました。
佐賀県の面積は、全国で6番目に小さいそうですが、
それでも東京や神奈川より広く、前述のような舞台を
一発で走ろうとすると300km近い距離になります。
d0211129_18212582.jpg
d0211129_18213622.jpg
三泊ともキャンプすることにして、
自転車と装備を整えました。
今回、季節柄と天候の予報を鑑みて、
ひさしぶりにテントを採用しました。
ツエルトに比べ1kgも重く、かさばるのがネックですが、
居住性が高いのは言うまでもありません。
その代わり、イスやテーブルは割愛し、
なんとかシートバッグとフロントバッグに
装備一式を収めました。寝袋や着替えがかさばるのが
この季節の悩ましいところですが、
キャンプがもたらす行程の自由度と
一人寂しくも楽しく過ごす夜の魅力のほうが勝ります。
結果として、三晩とも雨に降られたのですが、テントのお陰で熟睡できました。
d0211129_18253501.jpg
旅のスタートは成田空港。
格安航空会社ご用達の第三ターミナルへ。
スカイライナーのおかげで成田も近くなりましたが、
第三ターミナルの不便な立地は如何ともし難く。
しかしまあ、安い便が選べるから仕方ないです。
今回、スプリングジャパンという
聞き慣れない航空会社を利用しました。
成田〜佐賀便がえらい安いです。
しかし、自転車持ち込みに4000円もかかるのは
ちょっと残念。ちなみに、
自分は飛行機輪行でも軽量な輪行袋を
そのまま使ってます。
d0211129_18291254.jpg
d0211129_18292662.jpg
機材はボーイング737-800で、
機齢が若いようでキレイです。
非常口の席を選んだので、足下も広々。
d0211129_18304148.jpg
飛行時間は2時間半。
途中、見事な富士山を拝むことができました。しかし、西へ進むにつれ雲海が発達。天気が悪いのは覚悟してましたが……。
d0211129_18342652.jpg
定刻どおり佐賀空港に到着。
到着して空港ビルを歩いていると、
ちょうど自分の輪行袋が搬出される
様子を見ることができました。
d0211129_18355456.jpg
自転車を受け取り、走行準備を整えるともう15時。中途半端な時間に着くのも格安航空会社にありがちですが、致し方ないです。この日は、空港から距離20kmほどのキャンプ場へ走るだけ。
d0211129_18371574.jpg
空港周辺は真っ平らで干潟が広がります。
d0211129_18381185.jpg
d0211129_18382398.jpg
ムツゴロウ型のトイレが微笑ましい
海遊パークのキャンプ場。
この季節、隣接する施設でノリを乾かすそうで、
その音が夜もしますよと言われてましたが、
ビールさえ飲めば絶対に眠れるので問題ないです。
d0211129_18402973.jpg
少し離れた肥前山口の
ショッピングモールに出向き、
今宵の食材と固形燃料などを調達。
佐賀牛ですよ、佐賀牛。
シンプルな調理器具と拙い調理技術でも、
素材がよければ問題ありません。
d0211129_18422041.jpg
固形燃料は全国どこにでもある
100円ショップで手に入りますし、
ソロでちまちま調理する分には
十分な火力があります。
案の定、夜が更けると共に雨が降ってきましたが、ほどよく酔って熟睡。
気温は0度くらいまで下がることも覚悟して
装備を整えてきましたが、そこまで下がることはなく
せいぜい5度くらいでしょうか。快眠できました。
d0211129_18441160.jpg
翌朝、まだ小雨が降るなかを
7時過ぎには撤収を完了し、とっととスタート。
110kmほど走る予定で、途中の見所も多い日なので、
気が少し焦ります。
d0211129_18461136.jpg
まずは佐賀城へ。
天守閣は残ってませんが、きれいな石垣とヤグラ、
御殿などが見所。
アニメ劇中と同じアングルの光景を
見ることができるだけで無上の喜びを感じます。
維新の立役者である肥前鍋島藩の城下町なので、
維新150周年をことのほか祝ってます。
先日に訪れた長岡は「賊軍」とされた城下町で、
どこもかしこも恨み節でした。
だから、印象の違いがことのほか鮮明です。
維新は150年も前のことなのに、
街に与えている影響は絶大なんだなと感じました。
d0211129_17512390.jpg
穏やかな峠を越えて唐津市へ。
d0211129_17530552.jpg
d0211129_17524341.jpg
道なりに下っていくと、
鏡山が見えてきました。
南側から林道で上ることにします。
標高280mほどですが、低地に突き出た独立峰なので、思いのほか高度感があります。
d0211129_17561581.jpg
虹の松原ごしに唐津湾が眼下に広がります。
時おり小雨が降る残念な天候ですが、
上ってよかったと思えるダイナミックな眺望です。
なお、展望台周辺は車両通行止めですが、
自転車を押して歩くのはいいよ、と言われました。
地元の人と話す度、濃厚な佐賀弁を聞くことができて新鮮。
d0211129_19521941.jpg
d0211129_19524715.jpg
d0211129_19531383.jpg
d0211129_19533778.jpg
d0211129_19540450.jpg
d0211129_19542521.jpg
d0211129_19544740.jpg
d0211129_19550590.jpg
d0211129_19552331.jpg
唐津、見所が多いこと多いこと……。
やっぱり唐津市街に宿を取ればよかったなと思いつつ、
後ろ髪ひかれる思いで波戸岬のキャンプ場へ。

以下、またあらためてリポートします。
今年もいろんなところへ行けるといいな!

by cyclotourist | 2019-01-03 20:00 | おしらせ | Comments(2)
Commented by 輪太郎 at 2019-01-03 20:47 x
相変わらずの行動力。すごいです。そもそも、季節に関わらず、もうキャンプ自体する気も持てないオッサン、それがオイラですから。でも、九州は行きたいですね。唐津などは職員旅行で行ったことがあったなぁ。
Commented by cyclotourist at 2019-01-05 18:27
輪太郎様
コメントありがとうございます。
キャンプ、最近は道具が軽くて小さくなってるので、
思ったより気楽に実践できますよ。
九州は各県ごとに特徴があって、
何度訪れても飽きません。
<< SAGAキャンプツーリング 2/2 近況報告 >>