ブログトップ

シクロツーリスト&ランドヌールときどき模型の製作日記

cyclo.exblog.jp

久しぶりのブルベ

こんにちは、田村です。

ようやく涼しい日も増えてきた今日この頃、
みなさんお元気ですか。
しばらく放置していた当ブログですが、
グーグル・クロームというブラウザを入れたら
割とサクサク更新できるようなりました。

編集者はパソコンに強い、というイメージを持つ人も
いるようですが、自分はめっぽう苦手です。
スマホも同様です。
最近までツイッターのアイコンが四角形をしており、
自分は何の疑問も持ってなかったのですが、
その画面を見た仲間が「古すぎる!」といって
バージョンアップしてくれたほどです。

さて、ブログを更新してない間にも
当然ながらいろんなことがあったのですが、
先の日曜日(9月16日)には、
まったく久しぶりにブルベを走ってきました。
d0211129_11125694.png
ランドヌ東京が開催した「BRM916東京300 朝霧高原」です。
いちおう自分、この主催クラブのスタッフではあるのですが、
近年はほとんどまったく何もしてないユーレイ部員。
ブルベ自体、仲間と走る年一度のフレッシュ以外は
ご無沙汰ですから……。
数年来、ブルベに対するモチベーションが下がったままで、
フツーのサイクリングとかキャンプツーリングを
優先しておりましたが、このブルベのスタート&ゴール受付の
スタッフが不足しているとの知らせがあり、
ちょうど予定がない日だったのでスタッフに手を上げることに。
そして、せっかくなら実走してみるかな……と
なかば衝動的に思った次第です。
当然ながら、300kmなんていう距離を走った経験は
一昨年のフレッシュ以来、皆無です。
(今年はDNFして100kmちょっとしか走ってない。汗)

今年に入ってから、200km近い距離を二回ほど走ってますが
(沼津行ったり、あと沼津行ったり)
個人的なサイクリングだと、そのくらいの距離が
現実的には目一杯ではないでしょうか。
300km以上となると、ブルベでないと
なかなか体験できない距離になります。
はっきり言って、自分はその体験を忘れてます(汗)。
d0211129_11232149.jpg
5時20分頃、スタート地点の駒沢公園へ。
すでに多くの参加者が集まっており、40分くらいから
ブリーフィング(走行前説明)。
参加者は70人くらいでしょうか。
こんなに大勢の方が、富士山の向こうまで行って帰ってくるなんて
にわかには信じられません。
いろいろ忘れていて、懐かしいを通り越して新鮮。
d0211129_11263381.jpg
スタートは6時。300kmなので制限時間は20時間です。
出走する際の装備チェックをお手伝いして、
走り出すみなさんをお見送り。
自分がせっせとブルベを走っていた3、4年前と
装備の傾向はだいたい同じですが、
シートバッグ(サドルバッグ)は
多様になりましたね。以前はオルトリーブ・サドルバッグLの
寡占状態でしたが、
この日はいろんなモデルを見かけました。
フレームバッグも珍しくないですね。
ライトはキャットアイのボルトが主流になり、
乾電池式のライトは本当に少なくなってます。
あと、思いのほか、ディスクロードは浸透してないです。
まだまだリムブレーキが主流。

この日の自分は、キャノンデール・CAAD12ディスクで
参加です。
d0211129_11311483.jpg
一般の参加者から遅れること5分くらいのスタートでしたが、
20kmくらい走ると多くの参加者に追いつきました。
スタート後しばらくは交通量の多い道が続くので、
あまり長い列を作るのもあれかと思い、
30人くらい一気に追い抜きましたが、
振り返ると明らかにオーバーペース。
このあたりのペース配分をすっかり忘れてます。
d0211129_11344996.jpg
50kmほど走って、津久井のPC1に到着。
コンビニ前に参加者が集まる様子が懐かしい。
ブルベってレシート集めなんだよな、と思い出しました(汗)。
ここで、自宅近辺のコンビニでは品切れだった
クリアファイルを見つけ、気分が上がります。
対象商品となるチョコ菓子など買って再スタート。
d0211129_11375715.jpg
道志みちを淡々と西進します。
山中湖まで右左折のない道が40km以上続くので、
上り基調ではありますが気が楽です。
d0211129_11393733.jpg
道志みちがオリンピックのロードコースになったことを
あちこちで周知してました。
d0211129_11402430.jpg
トンネル手前でクッと勾配が増す山伏峠。
展望もなにもない、通過地点でしかない峠ですが、
さすがに標高が1000mを超えるだけあり、
わずかに紅葉がはじまっていました。
序盤のオーバーペースで軽く疲労を感じましたが、
キャンプ道具なしの自転車はやっぱり軽い(笑)。
d0211129_11423373.jpg
山中湖へ下りますが、あいにく富士山は雲の中。
お陰で陽射しが柔らかく走りやすいので文句ないですが、
富士山の眺望を楽しみにしていた方は残念だったでしょう。
ここから朝霧高原へ向かいます。
d0211129_11435604.jpg
リアにがっつり荷物を積んだキャンプツーリストと遭遇。
朝霧高原でキャンプするとのこと。
自分もそうしたいと思いつつ、先を急ぎます。
しかし、荷物多いですね。大型のテントやタープを
用意しているのでしょうか。

シートバッグでのキャンプツーリングを
実践している自分ですが、世の中的には
まだサイドバッグ派が多いようです。
富士五湖周辺のようにクルマが多い道だと、
左右に張り出すサイドバッグは不安要素になると
思えますが、そんなことを心配している
余裕がブルベ中の自分にあるわけありません(汗)。
d0211129_11472381.jpg
朝霧高原に差しかかると、笑っちゃうほどの濃霧。
富士山どころか、左右に広がってるはずの
草原すら見えません。時おりは霧雨も降り出し、
ディスクブレーキでよかったぜと胸を撫で下ろします。
d0211129_11482831.jpg
135kmほど走って、PC2に指定された道の駅に到着。
変わったバイクラックだな〜と思いましたが、
それが富士山を模したものだと気付かないほど、
富士山は一瞬たりとも見えませんでした(笑)。
ここには13時に着いたので、平均時速は19kmと
まずまずのペース。ここからは下りが増えるので、
もしかしたら平均時速20kmくらいに上がって、
深夜になる前にゴールできるかも……
なんて甘い考えが浮かんだりしたものでしたよ。
d0211129_11525154.jpg
道の駅でご当地グルメの焼きそばでも食べたいと思いましたが、
混んでいたので諦め、近くのコンビニにあらためて寄って、
小さめのお弁当をいただきました。
ブルベ中にグルメを楽しむなんて
やっぱり自分には無理なんだとあらためて悟った次第。
しかし、こんな風に、PC外で止まるようになると
平均速度はぐんぐん下がります……。
d0211129_11545333.jpg
指定ルートが国道を逸れてくれるので、
朝霧高原以降、しばらくはクルマに気を使わずに
済みました。
CAAD12は、最近になってメカを
アルテグラDi2に替えました。それまで使ってた
機械式変速のSTI(ST-RS505)に比べると、
実に300gも軽くなるので、ハンドリングが
さすがに軽快です。見た目もスッキリ。
別にバッテリーなどが付くので、
トータルでは200gほどの軽量化に留まりましたが、
油圧ディスクブレーキの場合、STIをコンパクトにできる
電動変速メカが理想的ですね。
ただし、STIと前後ディレイラー、バッテリーなど
換装に最低限必要なモノだけでも15万円以上したので、
費用対効果的には微妙ですね……。
d0211129_12011751.jpg
富士山の南麓を東進するのですが、
意外と上りがシンドイ……。決して上りが嫌いじゃない自分ですが、
まるでペースが上がりません。
過去のおぼろげな記憶では、平地で抜かれることが多くても
上りで抜かれることは少なかったように思えるのですが
(単に記憶を美化しているのかも知れませんが)
どんどん抜かれて行きます。
一昨年の骨折以来、贅肉に変換された筋肉が
回復してないことを痛感します(汗)。
そして、序盤にペースを上げたことを悔やみます。
あと、このシーズン後半のブルベに出る参加者って、
走り慣れているというか、体ができてる感が
ありますね。
d0211129_12052144.jpg
裾野市に入って道が下りに転じ、
十里木で自販機を見つけた時は心底ホッとしました。
ちなみに今回、カブトのフレアーという
新しいヘルメットを導入しました。
カブト的に最軽量(公称185g)だそうで、
確かに頭が心なしか軽く、いつもより肩凝りが
軽減された気がします。フィット感もまずまずで、
やっぱり頭が軽いと楽です。
中身があんまり軽いとまずいですが(汗)。
d0211129_12104568.jpg
御殿場方面に下って行くと、半ば本能的に沼津へ
行きたくなる昨今ですが、グッとこらえて
指定コースどおり山北へ。駿河小山のPC3に着いたのは
17時近く。下りも多かったはずなのに、
まったくペースは上がらず。
でも、PCごとに多くの参加者と一緒になれるのは、
普段のサイクリングとは違う安心感があります。
走行中はソロが多くても、前後に仲間がいるんだなと実感でき、
「お疲れ〜」「お先に〜」なんて会話を交わすだけでも
元気が出てきます。これがブルベの魅力というか、
普段は絶対に走らないような距離が走れてしまう
理由なのかも知れません。
もっとも、頭の中では常に輪行(イコールDNF)する
言い訳を探していたりするのですが……。
d0211129_12164626.jpg
ルート沿いに伸びる御殿場線は、大昔は
東海道線の本筋だっただけあって、渋い駅舎が存在します。
だから輪行の誘惑も感じるのですが、
ちょっと駅舎を見ただけで我慢しました。
d0211129_12192117.jpg
湘南エリアを淡々と走り、江ノ島が見えた頃は
とっぷりと日が暮れて、深々とナイトランに突入。
早くゴールするなんていう傲慢な考えはとっくに捨てており、
折りをみて自転車を止めては一服。
明らかにダメなパターンですが、後半になって
平坦が続いたことと信号が増えてきたことで、
脚の疲労は回復してきました。
終始、風が穏やかなことにも助けられました。
d0211129_12304497.jpg
大船あたりのイヤなアップダウンを乗り越え、
ようやく横浜へ。「夜景がきれいですね」と話す相手もなく、
とぼとぼと走り出します。
いつもの感覚なら、横浜から東京まで
走るだけでも大仕事と感じますが、ブルベだと
「あとちょっと」と思えるのが不思議。

しかし、この終盤に及んで、お尻が痛くなってきました。
多くの方を悩ますお尻の痛みですが、
幸いなことに自分はあまり経験したことがありませんでした。
この日も、パッドクリーム代わりにメンソレータムを
塗っていて、肌の擦れなどは抑えられていたと
思うのですが、刺激的な痛みを感じるようになり、
無駄にダンシングしたくなります。
すると、わずかですが骨折した左足首に
違和感が出たりもします。

どうもこの痛みは、お尻の重要箇所に生えている
毛が原因ではないかと思い当たります。
それが肌を擦るせいで、局所的に痛むのです。
以前、某重量級ランドヌールに
「ケツ毛を剃るといいぜ」と教えられ、
一度だけ試したのですが、チクチクする感覚がいやで、
二度と試さなかったのですが、再検討する価値がありそう。
もっとも、以前はブルベでも痛まなかったので、
やはり無駄な肉がついて、肌がなまってるんでしょうね。
まさに「髀肉の嘆」ですよ……。
d0211129_12425160.jpg
なにはともあれ駒沢公園に帰着、完走しました。
所要時間は17時間29分でした。
まるで速くもなく、かといってギリギリでもDNFでもないという
なんとも面白くない結果です(汗)。
d0211129_12414205.jpg
続々と帰着される参加者のゴール受付をお手伝い。
時間が遅くなるほど、力走の疲れと達成感を強く
感じさせる方が多く、軽く胸を熱くしてくれます。
そして、自分も完走してますから、いまだ帰着しない
参加者の完走を、心底から強く願うことができます。
これが、自分がDNFでスタッフをやってたりすると、
「ちくしょう、みんなDNFしちまえ」みたいな
ドス黒い感情が湧いたりしたものなんですが(汗)。

そして、「本、読んでますよ」「また出してください」なんて
声をかけてくれる方も多く……本当に読者とは
ありがたく、期待に応えたいものです。

こうして、制限時間に達する午前2時までには
ほとんどの参加者が現れ、事故もなく開催は終了しました。

当然ながら、サイクリングの楽しみはブルベだけじゃ
ないです。むしろ特殊でS&Mみたいな世界であり、
(SもMも自分自身だけど…)
シンプルな峠越えとかキャンプとか舞台めぐりを楽しみたい気分が
勝っている自分ですが、たまにはブルベも悪くないな、と
再確認できました。

一緒に走っていただいた皆様、そして主催者の石黒さんはじめ
スタッフのみなさま、お疲れさまでした!


by cyclotourist | 2018-09-18 13:11 | おしらせ | Comments(5)
Commented by YUUKI(某隊長) at 2018-09-19 02:05 x
コース図見ましたが前半山岳+後半都市部で、マージンを稼ぐのが難しそうなレイアウトですね…改めて完走おめでとうございます!

OGKのフレアー良さそうですね。来シーズンあたりヘルメット新調しようかな?と思っていたので参考になります。今使っているKASKはフィット感は良いのですがわりと重量あるのと、かなりくたびれてきたので。

自分も今年はすっかりゆるキャンおじさんと化して(w ブルベはご無沙汰でしたが、せっかくディスクロードに乗り換えたので年内で一度ブルベに出てみようかと思います。前のバイクよりも楽に走れると良いのですが。
Commented by cyclotourist at 2018-09-20 08:15
YUUKI(某隊長) 様
コメントありがとうございます。
お互いすっかりゆるキャンおじさんに
なってしまいましたが、たまには
ブルベも悪くないですね。たまには(笑)。
またSRとか夢見たいものです(遠い目)。
Commented by やの at 2018-09-20 23:32 x
300km完走おめでとうございます。わたしのほうは、「初めての○○○km」と銘打ったBRMを200kmから600kmまで主催することができました。その名の通り初めてブルベに参加する人たち向けのコースですので、足に優しく、酷道や廃線跡など、ちょっとマニアックなところも走るという設定にしています。

関東からはちょっと遠目ですが、来年度も開催予定ですので、ご参加お待ちしております^^。
Commented by cyclotourist at 2018-09-21 07:43
やの様
コメントありがとうございます。
「初めての○○○km」シリーズ、お疲れさまでした。
オダックス近畿さんは主催チームが増えて
ますます魅力的なコースが多いですね。
参加の暁にはよろしくお願いいたします。
Commented by キナバルの★ at 2018-10-01 15:19 x
ブルべだと、ダイナモ・ライトなぞ使ってる人はおりませんか。
現在9mmクイックのハブダイナモを使っているのですが、シマノが12mmスルーアクスルのハブダイナモなぞ出してくれたら、将来バイクを新調してもダイナモ・ライトを使えるのですが…
<< 津軽・下北ツーリング[津軽編] 近況報告? >>