ブログトップ

シクロツーリスト&ランドヌールときどき模型の製作日記

cyclo.exblog.jp

浅麓堂

こんにちは。田村です。

今週末は、一泊二日で長野県は東小諸にある
「浅麓堂」さんを訪ねてきました。
最寄り駅は、JR小海線の東小諸駅ですが、
今回はカメラマンさんのクルマに乗せてもらいました。
d0211129_22282263.jpg
ご存知……じゃない人も多いですよね。
僕も1年ちょっと前までは知りませんでした(笑)。
熱心なシクロツーリストの間では超有名人な
カリスマ的マニア、中堀剛さんの
自転車レトロパーツ専門古物商です。
ここに来るようになったら、あなたの病も深いのね、と言われる
こと間違いなしの、マニア御用達ショップです。
d0211129_22322929.jpg
鎮座するヴィンテージ車たち。
d0211129_22342459.jpg
ショップと言っても、外観、内装ともに
日本家屋そのもの。台所、お風呂場まで
自転車とパーツたちで満ち満ちています!
d0211129_2235378.jpg
「マニアのなれの果て」と自ら言ってしまう中堀さん。
シクロツーリスト』にも、寄稿していただきました。
「これ、充実しすぎてるから、2号目以降が心配だよ」とのこと。
僕も心配です(笑)。みなさんのお力添えが頼りです!

中堀さんは、長野の山々より深い自転車知識をお持ちですが、
それを気さくかつ分りやすく教えてくださり、
いつも勉強させてもらってます。
そして、クルマやヒコーキにもお詳しく、
さらに、ココだけの話ですが、実はアニメや萌え系の
ネタもすこぶる得意。僕にとっては神のようなお方でございます。

しかし、僕が浅麓堂さんを訪ねた目的は、
ヴィンテージパーツの物色……ではありません。
残念ながら。自制せねば。
d0211129_22431113.jpg
カメラマンとともに、来るべき中堀さんの著書、
『私が愛した自転車パーツ』に掲載するブツたちの
撮影のため、お邪魔させていただいたのです。
懐ろ手で立つのがカメラマンのH氏。
左で様子をうかがうのが、同じくカメラマンのO氏です。

その成果は、2月にはみなさまに
ご報告、ご覧いただけると思います。
ご期待くださいませ!
# by cyclotourist | 2010-12-26 22:51 | お店探訪 | Comments(1)

バイシクルショップ玄

こんにちは。田村です。

ふらっと編集部を抜け出して、
東京は北区の赤羽駅へ行ってまいりました。

そこから徒歩15分(バスもあります)、
バイシクルショップ玄」さんを訪ねてきました。

TOEIマニアによるTOEIマニアのためのショップ、
といっても必ずしも間違いではないと思います。

シクロツーリスト』でも紹介させていただいた同店。
店主の吉澤玄三さんは、
現行の最新パーツから、70年代のフレンチ黄金時代パーツまで
知り尽くした御仁です。
d0211129_2064060.jpg
店の奥に鎮座する玄三さん。
こちらでも『シクロツーリスト』絶賛販売中です! 
「う〜ん、いい本だね(笑)」とおっしゃってくれましたが、
その笑いがちょっと気になったりする小心者の僕でした。
d0211129_2083565.jpg
マンションのガレージを改装したという店内は、秘密基地みたい。
d0211129_20104115.jpg
店内の一角を占めるのは、ご自身のトーエイ車たち。
ツーリストなら垂涎ものの“魔物”たち……
その組み立て技術とセンスは
東叡社のお墨付きでもあります。
これらを拝ませていただくだけでも
赤羽に足を伸ばす価値があるというものです。

ちなみに、弊社から『旅する自転車の作りかた』を
上梓していただいた、ベロクラフト大槻さんが
師と仰ぐのも、他ならぬ玄三さんなのです。

そして、僕の次なる新車も、
こちらでオーダー済み!
その詳細をブログで書いてしまうと、5月に出させていただく
『シクロツーリストVol.2』のネタが減ってしまうので(笑)
控えさせていただきますが、
今日は、その内金をお渡ししてきたのでした。
給料日だったもので(笑)。

なにはともあれ、氏の手によるスポルティーフの完成が、
今から待ち遠しくて、首が長くなっている田村でした。
玄三さんと東叡社さん、よろしくお願いしま〜す!
# by cyclotourist | 2010-12-24 20:37 | お店探訪 | Comments(0)

休日の過ごしかた

こんにちは。田村です。

天皇陛下誕生日の昨日は、絶好の快晴でしたね。
シクロツーリストのみなさんは、
休日はどう過ごされていますか?

「サイクリングに決まってるだろ!」と言われそうですが、
諸般の事情で自転車に乗れない時もありますよね。

昨日の僕は、補助輪付き12インチ車にも満足に乗れない
チビの子守りを仰せつかり、せっかくの
冬晴れの一日をサイクリングで過ごすわけには
いきませんでした。

しかし! それはそれで意義ある一日を過ごしましたので、
みなさまに報告したいと思います。
d0211129_9353273.jpg
駅スタンプ集めです!
JR東日本では、山手線を中心に
77の駅にスタンプを設置し、写真のような
ポスターと専用のスタンプ台でアピールしてます。
安・近・短な鉄道旅行に出かけるモチベーションとして、
幼児ならずともなかなか楽しめるものです。

JR東日本エリアに限らず、
全国津々浦々、かなりの駅にはスタンプがあって、
それらを集めるという鉄道趣味のジャンルがあるのです。
専用のスタンプノートが、交通新聞社から発売されています。

それでは、池袋から出発進行!
d0211129_9405576.jpg
山手線を外回りでどんどん攻略。
中には、乾き気味のスタンプインキもあり、
事後はマイ・インキを持参すべきと思いました。
d0211129_942613.jpg
知らない間にキレイになっていた田端駅。
各駅のスタンプ台は改札の外にあります。
ちまちま乗り降りしたら電車賃がかさむのですが……
d0211129_9443671.jpg
「都区内パス」(730円)で一日フリー。これで大丈夫。
この切符を売るために、スタンプを設置しているんじゃないかと
勘ぐります。
もっとも、未就学児はタダなので、この切符は僕のですね。
d0211129_9481139.jpg
上野駅のスタンプ台は、
まるで隠しているような場所にありました。ちなみに、
場所を教えてくれた「みどりの窓口」嬢は超弩級の美人でした。
d0211129_951633.jpg
東北本線で尾久駅へ。
ここは車両基地がある駅。スタンプの絵柄は
寝台特急「カシオペア」と「北斗星」でした。
d0211129_9531941.jpg
まさに「カシオペア」が回送されてきました。DE10力持ち!
d0211129_9555277.jpg
尾久から上野に戻り、国立科学博物館へ。
2011年の2月6日まで、特別展「空と宇宙展」を開催しています。
これは見とかないと!
d0211129_9591641.jpg
小惑星探査機「はやぶさ」の実物大モデル。
その帰還が大きな話題になりましたね。
しかし、こういった、空気抵抗や人間工学と無縁(?)の
機械には、どうも機能美が感じられない気が……
まだまだ僕の趣味が幼いんでしょうかね。
d0211129_1033973.jpg
先の大戦中に開発、製造されたジェットエンジン、「ネ20」。
モノホンですよ! 先人の英知と努力の結晶です。
d0211129_106890.jpg
精密モデルで再現された日本の名機たち。
以前、名古屋空港にあった航空博物館に展示されていた
モデルたちですね。究極のミュージアムモデルです。
d0211129_1094937.jpg
JAXAが研究中だという超音速機。
こんなのが実用化に向けて動き出せば、その「夢」だけで
日本は好景気になるでしょう!
僕もヒコーキの本を作れるしね(笑)。
d0211129_10124876.jpg
本館に展示されている零戦二一型の改造複座機。

しかし、数年前にリニューアルしてから、
ますます技術系の展示がショボくなった印象の国立科学博物館。
自然系はともかく……。
技術立国、のハズなのに、悲しい限りです。特別展の図録も、
内容はともかく、構成やデザインがはなはだ拙く、残念でした。

こんな感じで自分の趣味に没頭していると、
チビが「帰りたい……」とか言い出したので、
後ろ髪引かれる思いで帰宅した次第でした。
ちなみに、駅スタンプは12個、集めました。

鉄道とヒコーキ、このどちらか、もしくは両方を
好きなシクロツーリストって意外と多いようです。

都内近郊の駅スタンプ集めは、
自転車で回っても楽しいかも。
鉄道会社にはシブい顔をされそうですが。
これ、次号の『シクロツーリスト』で記事にしようかな(笑)。
# by cyclotourist | 2010-12-24 10:31 | おしらせ | Comments(0)

自転車文化センター

こんにちは。田村です。

さきほどまで「自転車文化センター」に
行っておりました。

同センターは、北の丸に建つ科学技術館2階にあり、
シクロツーリストにとって、まさに知の宝庫です。
d0211129_13423164.jpg
古今の歴史的名車が陳列されていることで有名ですが、
僕が足しげく通うのは、隣接されたライブラリー
(自転車文化センター情報室)です。
d0211129_13442296.jpg
自転車に関する和書6000冊、洋書2000冊が揃います!

科学技術館の入館料として、おとな600円が必要です。
しかし、この入館料を払うのは、実質的に一度だけでOK。
自転車文化センター友の会」という制度があって、
ライブラリーで申し込めば、無料で入会できるのです。
この会員証を見せれば、科学技術館に無料で
入ることができるのです。

和書6000冊という数字は、一般的な図書館の
蔵書量と比べると少ないと感じるかも知れません。

しかし、ここにあるのは、す・べ・て、自転車の本なのです。
古今の自転車雑誌、書籍、業界レポートなどの
ほとんどが揃っていると言って過言ではありません!
d0211129_13562370.jpg
整理された蔵書目録がありますので、気になる本、探している本がすぐ見つかります。

そして閲覧申込書に整理番号などを記入すれば、
受付の方がバックヤードから持ってきてくれるのです。
なお、図書の貸し出しは行ってませんが、
備え付けの有料コピー機を使うことができます。
このコピー機に、僕は過去半年で100枚くらい
100円玉を入れた気がします(笑)。
d0211129_1432231.jpg
学芸員の谷田貝一男さん。いつもお世話になっております。
左手に持つのはご自身の著書、『自転車の大研究』です。

自転車文化センターでは、科学技術館で常設展示している
自転車以外にも、実に数百台におよぶ歴史的な名車を
保存しており、折に触れて開催される企画展で
公開、活用されています。そのうちのいくつかは、
幣誌『シクロツーリスト』でも撮影させていただきました。
d0211129_141158.jpg
今日はこのあたりの蔵書を閲覧。
僕の狙いはもうバレバレ? ですね(笑)。
創造は模倣から始まる……と言いますからね!

過去、先輩たちが作り出し、世に送り出した
すばらしい自転車雑誌や書籍の数々が、
僕のかけがえない先生なのです。
# by cyclotourist | 2010-12-21 14:25 | おしらせ | Comments(0)

コメントへのお返事

こんにちは、田村です。

ブログ初心者ゆえ、いただいたコメントに
どんな方法とタイミングと頻度でお答えすべきか分からず、
忙しさにもかまけてお返事をせずに
時間が経ってしまいました。申し訳ありません。
ここで、恐縮ですが一気にお返事させていただきます。

Gaku様
>最近、自転車旅の雑誌が増えて嬉しいです。
>「自転車と旅」も「旅する自転車の本」も良かったです。
>自転車旅。どんどん流行らしちゃってください。

コメントありがとうございます。いずれの本も、
僕が過去に編集長を務めた本ですので、今でも愛着があります。
自転車旅は、流行らすというよりも、
その素晴らしさを多くの人に
再発見してほしい、体験してほしい……というのが僕のスタンスです。
今後とも、よろしくお願いいたします。

葦見川和哉様
>お久し振りです、田村さん。昨年北海道釧網本線の旅でお世話になりました葦見川こと宮川です。

ご無沙汰しております。ご連絡、ありがとうございます。
釧網本線で出会った際は、
いきなりレフ板を持たせたりして失礼しました(笑)。

>実家に戻ったら折り畳み自転車があったので、僕も近い内に電車やら車に載せ込んで出掛けたいなと目論んでいますので、今後の更新も楽しみにしていますね!

ぜひ、自転車で旅を楽しんでください。
もともと鉄道に興味がある方なら、輪行の楽しさに
絶対はまると思いますよ!
今後ともよろしくお願いいたします。

toyotas870 様
>はじめましてtoyotas870です。昔は色々と毎回発売が待ち遠しい本がありました。そのようなものを強く・・・・・期待しています。

応援コメントありがとうございます。
ご期待に応えられる本ができたと思います。
『旅する自転車の作りかた』は
1月10日頃から書店にならぶと思いますので、
ぜひ手に取ってご覧ください。
今後ともよろしくお願いいたします。

あかおやぢ 様
>田村様のように現行部品でランドナーを作ってツーリングに出かけるのには凄く共感がもてます。
これからも楽しい本を出してくださいね!

コメント、ありがとうございます。
今、手に入れやすい部品で作った自転車でも、
十分に所有欲と走行性能を満足させることが
できるんだと、僕も実感しております。
もし廉価で手に入るなら、青春の思い出的パーツで
自転車を組んでみたいなと思う時もありますが(笑)。
MTB世代の僕は、やっぱり初代XTRが憧れでした。
今後ともよろしくお願いいたします。

ぶとぼそ様
>鉄道自体も楽しむ! 私も同感。先週、フェリーで房総に渡り、林道を走って上総一ノ宮からグリーン車輪行で自転車と鉄道を満喫してきたばかりです。

はじめまして。コメントありがとうございます。
よい輪行の旅をされたようで、なによりです。
グリーン車……うらやましい響きです。
関東のシクロツーリストにとって、冬も走れる
房総エリアは貴重な存在ですよね。
どうぞ、今後もよい旅を!


みなさまの温かいコメントに、
あらためてお礼申し上げます。田村浩
# by cyclotourist | 2010-12-21 09:35 | おしらせ | Comments(1)