ブログトップ

シクロツーリスト&ランドヌールときどき模型の製作日記

cyclo.exblog.jp

<   2017年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

近況ご報告

こんにちは、田村です。

ブログ更新をご無沙汰してしまいましたが、
息災でございます。
d0211129_21471079.jpg
先日は、半年ぶりに
大洗を訪れました。
土浦まで輪行し、60kmほど走って大洗でキャンプ。
たったそれだけのことが、
けっこうマジで泣きそうなほどうれしく感じました。
d0211129_21483438.jpg
サイクリング仲間のトシさんに
お付き合いいただき、大洗キャンプ場で
一夜を過ごしました。冬季キャンプは、装備と天候さえ
選べば、実はかなり快適なのでございます。
快適すぎて、飲み過ぎちゃうほどでした。

飲み過ぎと言えば、一週間前にも酔っぱらってしまい、
千鳥足で転んだようで(記憶がないのです……)
右手親指の付け根あたりをねんざしてしまいました(汗)。

シマノSTIの自転車に乗る分にはほとんど問題ないのですが、
カンパのエルゴパワーだと、シフトアップのボタンを押すと
患部が少し痛みます。
そして、実はそのせいで模型作りも休止状態。
ヤスリ掛けとか、意外と親指の力が必要で、
痛い思いをしてまで作業することもないですし。
まあ、珍しく仕事が忙しいのもあるのですが……。
d0211129_21541924.jpg
ねんざする前に、プラッツの
IS-2を完成させておりました。
現用戦車をも凌駕するような主砲が大迫力。
d0211129_21553032.jpg
がんばってノンナも自作したものの、
出来映えはいまひとつ……。
IS-2のほうは、わりとイメージどおりに出来上がったのですが、
やっぱりフィギュアは難しいですね。
d0211129_21571420.jpg
ここ一年くらいで作ったガルパン戦車たち。
1/35のフィギュアも計9体自作したことになります。
もう少しうまくなりたいものですが(汗)。

そして、フィギュアといえば、最近は
バンダイのプラモデル「フィギュアライズバスト」シリーズが
猛烈に熱いですね。
特に、ホシノフミナのデキは素晴らしいです。
d0211129_2213388.jpg
衝動的に下半身を自作。
1/6スケール相当なので、思いのほかデッカいです。
仕事をさぼりつつ一週間ほどで
写真のような状態まで作り進めたのですが、
その頃に親指をねんざ。進捗は膠着しているのでございます。

ひさしぶりのブログ更新がこの体たらくで
お恥ずかしい限りですが、
今いただいてるお仕事がひと段落したら、
サイクリングも模型作りも、いよいよ充実させて
いきたいと思っております。
今年こそは、です!
by cyclotourist | 2017-01-31 22:07 | おしらせ | Comments(6)

【プラモ作り】エクセ・モラーヌ その2

こんにちは、田村です。

ハセガワ1/72スケールのエクセ・モラーヌ、
なんとか完成いたしました。
d0211129_17122523.jpg
組み立て中は、あまり
スマートに思えなかったヒコーキですが、
こうして飛行状態で完成させてみると、
なかなかシュッとしてカッコよい印象です。
日本機に比べるとコクピットが後ろ寄りにあるせいか
(ヨーロッパの機体はだいたいそうみたいですが)
戦闘機なのにレーサーっぽい雰囲気もあります。
d0211129_17172218.jpg
デカール破壊という致命的な
ミスを犯した私ですが、ほとんどの国産プラモには
破損した部品を請求、購入できるという
ありがたいサービスがあります。
それを利用してデカールを購入しました。
デカール代が1000円で、現金書留で送るのに
500円ほどかかりましたが、4日に郵便局に渡して
7日にはデカールが届きました。
お正月明けなのに、スピーディーな対応がうれしかったです。
「ヒコーキのハセガワ」らしい封筒がカッコいいです。
d0211129_171965.jpg
ばっきー氏の教えどおり、
クリアを吹いてから、デカールを貼りました。
デカールが乾いたら、つや消し成分を増やしたクリアを吹き、
全体のツヤを整えたら、風防とペラを付けて完成です。
d0211129_17204482.jpg
フィギュアの固定に使ってる
アクリル棒と板を使って飛行状態に。
d0211129_17212364.jpg
塩ビ板にスミを吹いて、
プロペラをなんちゃって回転状態に。
もうちょっと薄い塩ビ板を使えばよかったですが、
よくもわるくもアニメっぽい表現になったかも?
d0211129_17252715.jpg
グリーンの退色や排気煙を再現するために、
タミヤのウェザリングマスターをこすりつけてます。
合わせ目のスジ彫り再現に苦慮しましたが、
完成してしまえばさほど気にならないですね。
d0211129_17231135.jpg
水平尾翼に支柱があったりするのが、
ちょっと古めかしい印象。
零戦より数年古いヒコーキです。
d0211129_17254913.jpg
主翼左右の補助翼を傾けたので、
バンク中の躍動感が出たぜ……と自己満足。
劇中では、エイルシュタット公国の主力戦闘機として
Bf109相手に奮戦していたのが印象的でした。
d0211129_1728152.jpg
自作のイゼッタ殿と。
こうやって飾ることが作るモチベーションだったので、
とりあえず満足でございます。
キット付属のイゼッタ殿フィギュアは、
またモチベーションが高まった時に
作りたいと思います。
d0211129_17291670.jpg
もうひとつプラモを製作中。
ながらく積んどいたガルパン仕様のIS-2重戦車です。
苦手なヒコーキプラモの息抜きに……と作り始めたのですが、
タミヤ製とは違ってなかなか手強いです(汗)。
by cyclotourist | 2017-01-08 17:34 | 模型作り | Comments(5)

【プラモ作り】エクセ・モラーヌ その1

こんにちは、田村です。
今年もよろしくお願いします。

ようやく自転車に乗れるようになったものの、
冷える朝晩は足が痛むので乗りたくないです。
すると、必然的に朝早くスタートできないので、
遠くへ走りに行くことができません。

そして、もう少し日が高くなる時間まで
プラモでも作ってようか……となり、
結局は終日プラモを作ってる……そんな
ゆく年来る年なのでございました。
d0211129_21491025.jpg
作ってるプラモはこちら。
ヒコーキのプラモを作るのは
20数年ぶりかもしれません。
しかも、フランスのレシプロ戦闘機、
モラーヌソルニエMS406という激渋の選択。
昔は「モランソルニエ」って言っていた気がしますが、
とにかくフランスのプロペラ機を作る時がくるとは
夢にも思いませんでした。
きっかけは、ご多分にもれずアニメなのですが(汗)。
d0211129_21534589.jpg
先頃大団円を迎えた
感動の一大巨編、『終末のイゼッタ』に
モラーヌソルニエが登場していて、しっかり
アニメバージョンのキットが発売されたのです。
劇中設定では「エクセ(魔女の)・モラーヌ」と
呼ばれています。
このアニメには心底参ってしまって、
写真のようにフィギュアを自作したり、
ブルーレイを買ってしまったのです。
で、ここにエクセ・モラーヌも一緒に飾りたいなと思って、
苦手意識のあるヒコーキプラモに手を出したわけです。

もともとヒコーキは大好きなのですが、
プラモデルとなると、下地処理や塗装が
戦車とは比べ物にならないほど難しい印象があります。
しかしもはやそんなことは言っていられません。
版権プラモデルも戦時国債みたいなものですから、
買わねばなりませんし、買った以上、完成させるのが
国民の義務と言うものではないでしょうか……
本作は、先の欧州大戦を舞台のモチーフにしていて、
マニアックな飛行機や戦車が出てくるのです。
あと、視聴者を「親愛なる国民諸君」と呼んだり(笑)。
d0211129_224048.jpg
1/72スケールなので、
機体自体は手のひらに乗るくらいの小ささ。
それでも3400円もするキットなのですが、
その理由はオマケ(というかヒコーキがオマケ?)の
フィギュアにあります。
d0211129_225679.jpg
1/35スケールのイゼッタ様。
レジン製キットです。トレードマークのライフルは
ホワイトメタル製。
d0211129_2255081.jpg
1/35スケールなのに
超絶の精巧さ。このまま1/8に拡大しても、
自分が作ったイゼッタ様よりデキがいいです(汗)。
1/72スケールのヒコーキプラモに、なんで
1/35のフィギュアが付くのかは若干の疑問も
ありますが、これだけでキット価格の価値はありますね。
d0211129_2275419.jpg
作り出すと、意外と手間がかかります。
不要なモールドを削れとか、ここを埋めて
こちらを空けてなど、劇中仕様に近づけるための
追加工作を要求されます。
d0211129_2285074.jpg
コクピットはいたってシンプル。
シンプルなのは作りやすいから大歓迎なのですが、
パイロットが付属してないのは寂しいところ。
今回、アニメのオープニングに出てきたように
飛行中のシーンを再現したいので、
パイロットは必須。そこで、レジン片とエポパテで
適当にでっちあげ。1/72なので小指の先くらいの
サイズしかないですし、過去のガルパン戦車で
「載せるフィギュアはほとんど見えない」という事実を
痛感したので、まったく手抜きのパイロットフィギュアでも
それらしく見えさせすれば用は足してくれるでしょう。
d0211129_22115927.jpg
ヒコーキプラモを敬遠してた
最大の理由が、スジ彫りの再現です。
合わせ目とか、加工箇所で消えてしまった
凹モールドを再現するのがスジ彫りです。
戦車とかガンブラだと、そうしたスジ彫りを
しなくていい部品構成になってるのがほとんどですが、
曲面にパネルラインがあるヒコーキの場合、
ある程度の完成度をめざすとスジ彫りがかかせないです。
今回、専用のカッターとガイドテープを使ったのですが、
やはりキレイに彫れません。
苦手だから避けてる、だから上手くならない、そしてますます
避けてしまう……という悪循環を断ち切るためには、
もっとひんぱんにヒコーキプラモを作らないとダメですね……。
d0211129_22165438.jpg
オープニングでバンクしてる
シーンがカッコいいので、それを再現するために
エルロンを切り離し、左右とも角度をつけます。
d0211129_22175474.jpg
おおむね精度の高いキットですが、
主翼と胴体の合わせ目に
目立つ隙間ができてしまいました。
自分の組み方が悪いのかも知れません。
d0211129_22185943.jpg
プラ版で埋めます。
こういう作業はちっとも苦にならないのです。
とにかく、スジ彫りさえなければ……。
d0211129_22193498.jpg
機首下面など、カーブ箇所で
生じた(というか消えた)スジ彫りは
エッチング刃で再現を試みるも、
かえってキズを増やしただけのような(汗)。
技術はもちろん、工具の吟味も必要な工程ですね。
d0211129_22212883.jpg
飛行状態での展示に備え、
下面に穴をあけておきます。
機体が傾くように、アクリル棒が
斜めに入るようにしました。
d0211129_22221978.jpg
どうにかこうにか組み立てを完了し、
塗装に入ります。
d0211129_22225159.jpg
白とブルーのストライプが入る、
なかなか凝ったカラーリングです。
白帯はデカールが付属してますが、
ここは塗装で再現してみます。まずは
隠蔽力の強いクールホワイトを塗り、
次にブルー、機体下面のグレー、上面のグリーンという
順で塗っていくことにします。
d0211129_22245044.jpg
風防枠もマスキング。
マスキングは面倒ですが、
きれいに塗り分けられた時は快感なので、
けっこう好きな作業かも知れません。
d0211129_22255221.jpg
せっせと手を動かし、
機体の基本塗装が完了。
フランス機らしいというか、
センスのある配色だと思います。自分の調色だと
ちょっとヘンになってしまいましたが、
エイルシュタットブルー、エイルシュタットグリーンなどと
銘打って、専用塗料を出してほしいくらいです。
d0211129_22281256.jpg
片方のタイヤの部品を
紛失してしまったので(汗)、
針金とプラ棒で代替品を作りました。
これ一個で部品請求するのも時間とお金が
もったいないですし、今回は翼内に収めるので、
こだわるところじゃないと判断しました。
d0211129_22295032.jpg
いまいちピッタリ収まりませんでしたが、
自分的に満足できるレベルにはなりました。
d0211129_22304161.jpg
飛行シーンで飾るので、
プロペラを回転させたいところ。
本来ならモーターを仕込んで回すのが
真摯な態度だと思われますが(?)、
塩ビ版を丸く切り出して、なんちゃって
回転状態を再現します。
d0211129_22315124.jpg
3枚ペラにあわせて
当て紙をして、エアブラシで
スモークな黒を吹けば、擬似的に
回転状態を再現できる……はず。
d0211129_22324245.jpg
イゼッタのフィギュアに次ぐ
本キットの魅力が、このデカール。
特にエイルシュタットの国籍マークは複雑なので、
自作しないですむのは大きな魅力です。
d0211129_22334328.jpg
透けもなく素晴らしい
発色のデカールです。
貼って乾燥後、クリアを吹きました。

悩んだのが、デカール貼りとスミ入れの順番です。
スミ入れしてからデカールを貼ったほうが
デカールを傷つける可能性がありませんが、
デカールを貼り、クリアを吹いてからスミ入れしたほうが、
全体のトーンが揃うと思います。
そこで、今回はデカール貼りを先行し、
しっかりクリア(半光沢)を吹いてから、
スミ入れなどを行うことにしました。
d0211129_22355447.jpg
尾翼を持ってクリアを吹いていたら、
いつの間にか手元にも吹き込んでいたようで、
べったりと指紋がついてしまいました……。
目眩がするような失態ですが、
ここで投げ出すわけにはいきますまい。
d0211129_22373445.jpg
ペーパーで指紋の凹凸をならし、
再びエイルシュタットブルーを吹きました。
幸い、さほど粗は目立たなくなりました。
そしてクリアを吹き直してから……
d0211129_223909.jpg
十分に乾燥時間を設けるため、
プチサイクリングに出かけました(笑)。
池袋〜戸田橋〜彩胡を荒川サイクリングロードで
往復。およそ40kmの道のりから帰ると
4時間近く経過。
河川敷のサイクリングロードは単調なので
あまり好きではないのですが、なにより平坦なので
いまの自分には有り難い存在です。
心身ともにリフレッシュして、
エクセ・モラーヌの仕上げに取りかかります。
d0211129_22421964.jpg
スミ入れ。かなり繊細な凹モールドですが、
専用のスミ入れ塗料のおかげで
スーッと気持ちよく流れていきます。
(自分が彫り直したところ以外は……)
d0211129_2243285.jpg
はみ出たスミを拭き取りつつ、
適当な加減で拭き残して、汚しも兼ねます。
d0211129_22441918.jpg
ここまで半光沢、しかも
下地と吹き方が悪いので
へんなツヤが出て安っぽいのですが……
d0211129_22452037.jpg
つや消し分を多めにした
クリアを吹き重ね、光沢を抑えました。
かなりいい感じになったと自画自賛のひと時(笑)。
d0211129_22461368.jpg
タミヤのウェザリングマスター。
これで経年変化のような
塗装の退色やスス汚れを再現したく思います。
d0211129_2248379.jpg
各パネルの中央部に
ライトサンドをこすりつけ、さらに
機銃口や排気管周りには、キャラメルとスス色を
こすりつけました。このウェザリングマスターは、
半練り状態のパステルのような塗料ですが、
ローリスクでハイリターンが期待できる
秀逸なメイアップ剤ですね。
d0211129_2251295.jpg
パイロットも塗装完了。
こいつを着座させ、キャノピーとペラを接着すれば
完成。
もう脳内では、オープニングどおりに仕上がった、
渋くてカッコいいエクセ・モラーヌが飛び交ってます。
完成が目前になった時の高揚感は、
模型作りの大きな醍醐味ではないでしょうか。

しかし、先の指紋付着に懲りたこともあり、
常に慎重であらんとする自分です。
この完成間際でも、浮かれたりしてはダメです。
あとひと手間、最後に翼端灯の塗装を
残しておいたのです。ここのツヤが消えていたり、
汚れて曇っていたのでは画竜点睛を欠きますから、
手間を惜しまず、ちゃんとマスキングして、
まさに画竜点睛のひと吹きをエアブラシで行います。

そして、しっかり乾燥させてから、
最後のマスキングテープを剥がします。
これで、本当に完成。感動の一瞬……
d0211129_22565242.jpg
デカールがマスキングテープに
持っていかれちまった〜。
いちばん大切なマークが……。

こうして、エクセ・モラーヌの完成は
遠のいたのでした(泣)。

とりあえず、説明書に記載されてる
部品請求カードを利用して、デカール(1000円)を
購入したいと思いますが、
クリアを過信してはいけないことと、
やっぱりデカールはなるべく最後に貼るべきだと
いうことは身に染みました。


 痛い経験ほど、価値がある。
         ーー田村浩(骨折はもうやだけどね。汗)
by cyclotourist | 2017-01-03 23:33 | 模型作り | Comments(10)