ブログトップ

シクロツーリスト&ランドヌールときどき模型の製作日記

cyclo.exblog.jp

<   2016年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

【フィギュア作り】ミカとフレイア

こんにちは、田村です。

退院して半月が過ぎ、
整形外科で診察してもらってきました。
骨折って、肉眼では回復具合がまるで分かりませんね。
入院中の、ヒマで時間を持て余していた日々を思い返すと、
正直、もう二度と病院には足を運びたくないですが、
そうも言っていられません。
d0211129_120742.jpg
まずはレントゲンを撮ってもらってから、
担当医師による診察に臨みます。
我ながら眼を背けたいような
チタンプレートが入ってますが、
骨折箇所が目立たなくなってるような!?
「もうつながってるんじゃないですか?」と言うと、
「三ヶ月は絶対につながりません」と
医師に断言されてしまいました……。
d0211129_1225048.jpg
よく見ると、確かに
黒い線が頸骨に写ってますね。
また、いま気づいたのですが、
腓骨(細いほう)には、プレートだけでなく
ボルトも挿入されてます。
なにはともあれ、また二週間後に診察、
と言われました。それで荷重の可否を
判断するそうです。荷重してもよくなれば、
松葉杖での歩行もだいぶ楽になるらしいです。
自転車に乗れる日はまだ遠そうですが、
まあ気長に過ごすしかありませんね。

さて、こんな今の自分でもできるのが
模型作りの有り難さです。
継続高校のミカをひさしぶりに進めたいと思います。
d0211129_139717.jpg
全体のラフな造形の
目処が立ったところで、入院してしまい、
退院後は愛里寿&みほを優先していましたが、
ここから作業再開、仕上げていきます。
通っていた模型塾の課題作例として取り組んでいたのですが、
結局、受講中には完成しませんでしたね。
でも諦めません、できるまでは。
d0211129_1433070.jpg
切り離した腕の付け根に
プラ角棒を埋め込み、ダボとします。
少しテーパーを付けましたが、こういうのって、
最終的な複製がうまくできないんですよね。
しかし、作業中に何度も着脱することになるので、
角度や位置がズレずに着脱できるように
しておくことが大切だと思います。
d0211129_1451069.jpg
腕をえぐってから、
ポリパテを盛ってカラダに密着させます。
カラダ側にメンタムを塗っているので、
硬化後に外すことができ、腕にはダボが
転写されているわけです。
d0211129_1464884.jpg
脚が太ましく見えたので、
関節部を中心に削り込みながら、
腱が入り組んだような外形を模索していきます。
三体前のクラーラあたりから、このあたりの
造形の大切さがなんとなく分かってきたような
気がしないでもありません。
d0211129_1484766.jpg
眼の輪郭を彫り込みました。
まずはデザインナイフで筋を切り込み、
ペーパーで地道に仕上げていく箇所です。
思うように削れず、パテを盛り直すことも多いのですが、
ポリパテは硬化時間が短いので、
手を動かす時間が確保しやすいですね。
ポリパテで作るフィギュアは、このミカが初めてですが、
従来のエポパテより時間的には効率よく作業が進みます。
d0211129_1512340.jpg
先ほどの腕と同じように、
首も分割してからパテ盛りして、
勘合部とえり周りを作っていきます。
d0211129_1521323.jpg
こういうところは、盛りの段階で
カタチを追求できるエポパテのほうが有利ですが……
d0211129_1525867.jpg
ポリパテの盛り削りでも、
次第にカタチが見えてきました。
合間を見て、服のシワなども追加。
ミカの設定画には服のシワがあまりないのですが、
まったくないのも寂しいので、軽めに再現していきます。
d0211129_1542594.jpg
スカートのプリーツも、
あまりに平面的だったので、
軽く折れ曲がっているようなカタチをめざします。
d0211129_1554815.jpg
軽めなドレープを
削り込んでみました。
イラストによっては、複雑に折れ曲がってるスカートが
多く見られますが、ガルパンはどれもシンプル。
フィギュアでもやりすぎないのがいいのではないでしょうか。
d0211129_1572054.jpg
脚も分割処理をしてから、
靴を彫り込んでいきます。
服も靴も、あまりパテを盛り足すことなく、
削り込みで作ったほうが、プロポーションを
崩しづらいと思います。
d0211129_1585855.jpg
各部を五月雨式に加工し、
なんとなく全身が整ってきました。
シンプルこのうえないポーズと衣装ですが、
その端正さが知将のミカらしい……のかもしれません。
アンソロコミックなどでは、すっかり貧乏キャラに
されてしまってる継続高校の面々ですが(笑)。
d0211129_222485.jpg
ガルパンのキャラは、
ほとんど全員、すらっとした脚を
惜しげもなく見せているのが素敵です。
きっと骨折なんてしたことないんでしょうね〜。

さて、硬化が20分ほどと早いポリパテとはいえ、
待ち時間がひんぱんに生じます。
そんな隙間に気軽に作りたいなと思って、
ひとつプラモデルを買ってきました。
d0211129_254533.jpg
マクロスΔのヒロイン、
フレイアのプラモデルです。
バンダイと言えば、初代ガンプラブーム時代から
積極的にフィギュアをプラモ化してきましたが、
出来映えの評判はさんざんだったような……。
このフレイアは今月発売されたばかりで、
時を経た現代のバンダイが誇る超絶技術が
結集したプラモデルらしいです。
d0211129_285394.jpg
意外とランナーが多いです。
それにしてもカラフルですね。
d0211129_292644.jpg
まつ毛と眉毛がランナー状態で
再現されている顔パーツ。表から見ると
塗装してるとしか思えませんが……
d0211129_2102750.jpg
成型色が異なる
部品が組み合わさっています。
これ、自分が組んだのではなく、
この状態で入っているのです。
「レイヤードインジェクション」という新技術との
説明がパッケージに書いてありました。
組んで塗る、というプラモデルの常識を
完全に覆しています。
d0211129_213544.jpg
さらに驚くべきことに、
瞳も同様のレイヤードインジェクションによって、
輪郭線や虹彩、ハイライトなどが
きっちりと再現されています。
塗装はもちろん、デカールやタンポ印刷といった
技術の存在を危うくするような、恐ろしいほどの
成型技術です。
d0211129_2162853.jpg
髪のパーツ構成もすごい。
フレイアというキャラをアニメで見た時、
この髪型を再現するのは大変だろうなと思いましたが、
それがインジェクションキットで発売されるとは……。
こういう有機的で肉厚のある形状は、
プラモデルがいちばん苦手なところでしたが、
バンダイはスーパーフミナの頃から
果敢に挑戦してます。
d0211129_2193570.jpg
箱を開けただけで
驚きが連続するキットですが、
さっそく組み立ててみます。
パチパチ、サクサク進むので、
部品を見て驚いてる時間のほうが長いくらい(笑)。
d0211129_22046100.jpg
髪の塗り分けもパーツ分割で再現。
ここまでするかと思うほど、
塗装なしでの設定カラーリング再現を
追求しております。
d0211129_2232058.jpg
腕の部品も驚愕もの。
おそらく多方向に分割する金型を使っていて、
本来なら抜けないような形状を
一発で成型してます。
このキットは1500円ですが、きっとそれは
「フィギュアのプラモ」という、
技術の実戦投入と市場開拓のために、
戦略的に安く抑えたのではないでしょうか。
こんな超絶な技術を使った成型品が
1500円で市販できるとは思えません。

だがしかし……
d0211129_2281511.jpg
カタチになってくると、
驚きが不安になってきます。
似てない、とまでは思いませんが、
なにかフレイアのイメージと距離があるような……。
d0211129_229760.jpg
このキットは胸像です。
とりあえず、シール貼りは後回しにして
ひととおり組み上げてみます。
明るく元気なフレイアです。フレイア以外の
誰にも見えないフィギュアではあるのですが……
どうも満ち足りない出来映えです。
設計や成型技術には驚くばかりのキットでしたが、
模型の勝負所は完成状態です。その意味では、
意欲作ではあっても傑作ではないのかも……。
胸像とはいえ、この価格でこの大きさのフィギュアが
手に入ること自体、画期的とは思いますが。

こうしたフィギュアは見る人によっても
好みが別れると思います。自分は自分の眼をあまり
信じてないので……。
とりあえず、マクロスΔも大好きな娘に見せましたが、
無言……。自分のフィギュアを見せた時と
同じような反応です(汗)。
d0211129_2372729.jpg
とりあえず、先日買った
タミヤのウエザリング用パステルで、
ほお紅を入れてみます。
だいぶ印象がよくなりました。が……
d0211129_240039.jpg
気がつくと、削り込んでました(汗)。
塗装を前提としないキットなので、
パテ盛りは自分的にNGとして(面倒だし。汗)、
簡単にできそうな加工だけを……。
前髪は、中央の房をやや短くしつつ、流れを変更。
鼻の両サイドを削り込み、下唇の下を彫り込み。
そして、長すぎると感じたアゴを貫通しない範囲で
削り、ほおのラインもそれに合わせるように削りました。
d0211129_2461310.jpg
右が加工前、左が自分仕様。
同じといえば同じですが(汗)、
結局、瞳も少しだけ塗装。ちょっと寄り目っぽいと感じたので
白目のスペースを外側に塗りたし、それに従って
まつ毛の黒線も塗り足してます。
こうすると、瞳のパーツ分割線が不自然に見えてしまうのですが、
それを解消するには、瞳の全面的な改修が
必要になるので、思いとどまってます。
あと、写真だと影になって見えませんが、
口のなかにあるべき歯を、白で塗り足してます。
d0211129_253625.jpg
「むっちゃごりごりやね〜」
20、30分ですんだ小加工ですが、
自分で手を入れると、やっぱり愛着がわきますね〜。
まあ、加工の効果はともかく(汗)。
あとでちゃんとシールを貼ろうと思います。

なにはともあれ、プラモデルの最進化形として、
手に取る価値は大いにあるキットでした。
by cyclotourist | 2016-08-27 02:01 | ひまつぶし | Comments(10)

【フィギュア作り】愛里寿&まほ完成

こんにちは、田村です。

さる8月9日、おかげさまで退院しました。
みなさまの温かい言葉に励まされたこと、
あらためてお礼申し上げます。
結局一ヶ月も入院してしまいましたが……
d0211129_22393938.jpg
d0211129_22413971.jpg
おかげさまで、
中断していたフィギュア作りを再開でき、
島田愛里寿と西住まほを
完成させることができました〜。

退院したものの、日常的な移動も
かなり困難な状態だったりします。
腫れが引くまで3ヶ月、自転車に乗れるのは
半年は先だと医師に言われております……。
ほんと、模型作りという別の趣味もあって
よかったです。
デスクワーク以外は仕事も
ままならないので、いただいた仕事も
一部は断らざるをえない状況でもあり……
フィギュアを作る大義名分というか、
それしかない状況があるのです(汗)。

なにはともあれ、
島田愛里寿と西住まほを完成させないことには、
自分の時計が動きだしません。
ワンフェスという晴れの舞台を目前にして骨折、
一ヶ月の入院ですべてをふいにしたような
この夏を、とりもどすかのように
複製と整形、塗装を進めました。
d0211129_2342018.jpg
シリコン型を作って、レジンで複製した
島田愛里寿のパーツ。
髪の房が多いです。
d0211129_2351744.jpg
まほのパーツ。
水着は複製が楽ですね〜。
背中と両手を一体にしたのは、
我ながら面白い分割だなと思います。
d0211129_23102292.jpg
ゲート跡や気泡、
合わせ目などをだいたい整形しつつ、
軸を打って組み立ててみます。
原型より強度が出るので、
アルミの針金を打っても安心ですし、
髪の房を細くすることもできます。
あんまりしてませんが(汗)。
d0211129_23151317.jpg
塗装の時に欠かせない
持ち手として串を差し込みつつ、
さっぱりサフレスで仕上げる顔と髪と、
サフを吹く胴体やリボンなどに分けて
塗装を進めます。
d0211129_23181272.jpg
服にあたる部品は、
サフの上に白を吹いた後、
黒をシャドー吹きしてみました。
戦車のプラモは、こんなふうに
ブラック&ホワイトで下地を作ることが多いようで、
フィギュアにも試してみました。
入院中はプラモの雑誌ばかり読んでたので、
かなり耳年増になりました(汗)。
d0211129_232097.jpg
愛里寿ジャケットの独特な
ダークイエローを吹きました。
下地のおかげで、単色を軽く吹き重ねるだけで
自然な軽いグラデーションが表現できます。
ただ、フィギュアの場合は、仕上がり色の
シャドー色を吹き重ねたほうが
メリハリが生まれたかもしれません(汗)。
d0211129_2323138.jpg
愛里寿の前髪です。
似てるようなベージュ色を
房の奥や間に吹いた後、同じ塗料に
クリアーをまぜて透明度を高めたものを
全体に吹き重ねました。
ふあっと透き通るような仕上がりになるのが
サフレスの魅力だと思うのですが、
なかなか難しいものですね……。
d0211129_23245498.jpg
瞳の塗り方はいろいろ
あるみたいですが、
自分は今回もアクリル絵の具の筆塗りで。
隠蔽度が高い(下の色が透けない)のと、
すぐに乾くのがメリットでしょうか。
瞳のカタチはもちろん、グラデーションが
いつもキレイに仕上がりません(泣)。
ほかの塗料(エナメルとか)も試したいと思いつつ、
アクリルでなんとなくは塗れてるので、
冒険を避けちゃうという……。
今回、肌色の上にクリアを吹いてから
瞳を塗ったので、アクリルが少しくらいはみ出しても、
アクリル溶剤を浸けた筆で、
あるていどはぬぐうことができました。
しかし、いまどきのキャラに多い
グラデーションの虹彩をちゃんと再現するには、
こうした小さな箇所もエアブラシを
使う必要があるんですかね……。
エナメルか油彩で混ぜるとか……。
いかんせん、フィギュアの塗装は
ワンフェスのタイミングでしかしない、というのが、
上達しない原因でしょうね(汗)。
d0211129_2332349.jpg
とはいえ、少しは
自分比で新しい試みも。
タミヤのパステル塗料を用意。
d0211129_23333344.jpg
塗装しただけの状態。
d0211129_23335936.jpg
タミヤウェザリングマスター「G」の、
サーモンという色をほお骨のあたりに
こすりつけてみました。
写真だと違いがあんまりわかりませんが、
現物はけっこう顕著に違ってます。
エアブラシよりピンポイントで、リスク少なく
着色できるので便利。
もっと以前から使ってれば…と思いました。
d0211129_23461250.jpg
つや消しクリアを吹きつつ、
各部を組み立てて島田愛里寿の完成〜。
d0211129_23381669.jpg
やっぱり足が長過ぎたな〜と思いますが、
作りたいなと思ってたイメージに近いものを
それなりに再現できて満足です。
次はもっと上手に……。
d0211129_23463394.jpg
西住まほ、です。
水着は半光沢にしたのですが、
それに耐える下地じゃないですね(汗)。
d0211129_23474990.jpg
肌色が多いと
やっぱりエロいです(大汗)。
かきあげてる髪は、手と一体で、前髪と
別部品なのですが、アングルによっては
そんなに気にならない……かな〜。
というかむしろ、完成品として作るなら、
前もって継ぎ目をパテで埋めれば
よかったのですが……。
d0211129_23504835.jpg
こうして、
ようやくガルパンの自分的な
三人娘を完成させることができました。
デキはどうあれ、完成するとうれしいです。
たとえ、ワンフェスに出れなくても、ね。
次へのモチベーションも高まります。


しばらくは、自転車の実走リポートなどの
ブログ記事は書きようがありませんが、
「こいつ生きてんのかな〜」くらいのお気持ちで
お読みいただけると幸いです。
by cyclotourist | 2016-08-19 00:00 | ひまつぶし | Comments(13)