ブログトップ

シクロツーリスト&ランドヌールときどき模型の製作日記

cyclo.exblog.jp

<   2013年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

落車しました

こんにちは、田村です。

先の土曜日は、AJ群馬さん主催のブルベ
「BRM629群馬200km 八ッ場 (予定)-野反-奥四万 ダム巡り」に
出てまいりました。
ペットネームのとおり、高崎発着で
いくつものダムを訪ねるブルベです。

ダムは、標高が低いところにはないですよね……。
一抹の不安をいだきながらも参加。
どこかに「しょせん200kmだし〜」みたいな
過信があったのかも知れません。
実は、距離に比例して制限時間も短い200kmこそ、
DNFに陥ることが意外と多いらしいですが……。
d0211129_632780.jpg
スタート地点は高崎です。
そこに集ったミニベロの精鋭たち!
写真左から、タルタルーガTypeS
タイレルFSX、そして僕のBD-1です。
タイヤサイズはそれぞれ451(20インチ)、
406(20インチ)、18インチ。奇しくも、
ミニベロでポニュラーなサイズが勢揃いです。

今回、「仲間」と一緒に参加させていただきました。
その詳細と活躍っぷりは、いずれ出させていただく
『ランドヌールVol.4』にご期待ください。

ここでは、誌面には書けないような
(書くかもしれませんが)
僕の醜態をいさぎよくさらしましょう!
d0211129_672592.jpg
我がBD-1の勇姿。
決してブルベ用に買ったわけではありませんが、
あちこちのパーツを替えていくうちに
「これでブルベを走ったら楽しそう」と
思えるようになってしまいました(笑)。

タイヤはパナレーサーのミニッツライトに、
前後サスはマニア御用達の加茂屋さん製に、
リアメカはXTにして10スピードに……

完成時からベストに近いオーダー車に比べると、
メーカー車は育てるような楽しみがありますね。
いわゆるカスタム沼に少々はまりながらも、
ドロップハンドル化やインチアップは見送りました。
BD-1らしさを活かしたまま愛用したいなと思ったり、
予算の問題もあったり、です。
それにしても、BD-1標準仕様のパーツは
しょぼすぎます。5万円台のクロスバイク並みです。
だからこうしてカスタマイズが楽しめる
わけでもありますが……。
d0211129_6145545.jpg
ロードバイクに抜かれまくりながら、
ゆるゆると先をめざします。
フォールディングを阻害しない
キューシートホルダーを当日までには
構築できなかったので、ラミネートしたものを
携帯。必要な時に広げて見ましたが、やはり
イカンですね。GPSの画面では判読しづらい
道もあり、一度ならず曲がる地点を間違えました(汗)。
d0211129_6244893.jpg
別のブルベに出ていた
我がブルベの師匠のおひとり、
竜胆さんと偶然の再開。同日開催で、一部のコースが
重なっている「スーパーアタック奥志賀」に
参加していた竜胆さんですが、埼玉6時スタートで
高崎7時スタートの僕らを9時前にパス!
速すぎますね〜。
d0211129_6285677.jpg
長野原が近づくと、
うわさの八ッ場ダム(やんばダム)に
関連する工事現場が出現。ダムの是非はともあれ、
すごい人工物が続々と現れ、目を奪います。
d0211129_631727.jpg
野反湖への上りに入ると、
本降りの雨に。
新調したレインパンツが
(サドルバッグごとなくしたので……)
雨を見事に弾いてくれるのがうれしかったりして。
d0211129_6321869.jpg
やっとのことで野反湖に到着。
ここから折り返しですが、
すでに平均速度は時速14kmを下回るありさま。
d0211129_6333487.jpg
折り返し地点で、AJ群馬代表の
戸所さんに撮ってもらいました。

BD-1は好調。同出力での速さはロードに劣るものの、
乗り心地のよさと適度な前傾姿勢のためか、
この時点(距離89km地点)では
疲れや痛みは感じませんでした。

予断は許さない時間ながらも、
これからは下りが増えることを考えると、
うまくいけば完走も狙えるかと思った矢先……。

落車しちゃいました。

路面の溝に前輪を取られて転倒、
右上半身から接地。

下りの直線で時速40km近く出ていたので、
「あっ」と思った直後には
道に投げ出されていました。
対向車が来ず、ペダルも外れたので
自転車と絡まずに済んだのは
まさに不幸中の幸いでした。
d0211129_6383517.jpg
再現写真です(撮影Sさん)。
d0211129_6451326.jpg
路肩を補強した際の
つなぎ目でしょうか?
濡れた鉄製の溝にタイヤをはめてしまったのは、
不注意によるライン取りの過ちとしか
いいようがありません。

再現写真を撮ってるくらいなので、
幸いにしてカラダにも自転車にも大きな異常はなく、
ブルベを続行しました。

しかし、110km地点の通過チェックに
ついたところで、次のPCには間に合わないことが
もはや明確になり、仲間と一緒に
DNFを決意しました。
d0211129_649142.jpg
長野原草津口駅から輪行。
さすがに意気消沈です。しかも、
ブルベ中は痛みを感じなかった肋骨あたりが
咳をしたり、姿勢によっては痛むように
なってきました。
軽くヒビでも入ったのかも知れません(泣)。

なにはともあれ、残念な結果で
終わってしまったブルベでした。

下りで飛ばして時間を取り戻そうとか
まったく思ってませんでしたし、
そうでなくても最近はロクなことがないので、
以前にも増して慎重に走っていたつもりです。
それでも、一瞬の油断で
落車してしまったわけです。

さいわいにして大事に至らなかったのは、
前日に買った秩父神社のお守りのおかげかも……
そう思って家路についたのでした。
d0211129_6595932.jpg
翌日、地元の神社で
お祓いしてもらいました。
「祓いたまえ〜、清めたまえ〜」
あまり意識してませんでしたが、
今年は後厄なんですよね……。
d0211129_712724.jpg
汗と泥水で汚れてしまった
BD-1もキレイにしました。

またミニベロでブルベに出るか?
と聞かれたら、「平地主体のコースなら考えます」と
答えると思います。
しかし、同じようなミニベロで
山岳コースをクリアしてる方もいらっしゃいますので、
結局は自分が非力なんですよね。
いままで、いかに自転車の性能に
助けられてきたのかを実感しました。

なにはともあれ、今後はもっともっと
安全に配慮してサイクリングを楽しみたいと
思います!
八百万の神様も、よろしくお願いします!
by cyclotourist | 2013-07-01 07:16 | おしらせ | Comments(11)