ブログトップ

シクロツーリスト&ランドヌールときどき模型の製作日記

cyclo.exblog.jp

<   2012年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

オダックス埼玉忘年会にて

こんにちは、田村です。

しばらくブログ更新をさぼってしまいました…。
会社と自宅と時々は居酒屋を往復するだけで、
特にご報告することもなく……。

しかし、この三連休はひさしぶりに走って参りました!

ブルベの主催クラブのひとつである、
オダックス埼玉さんの忘年会に参加させていただきました。

忘年会といいつつ、その会場である
群馬県の片品村(赤城山の北)まで自走です!
さすが、ブルベの忘年会……。昨年までは
まったく知らない世界でしたが、
お邪魔しようかなと思ってしまうのが今の僕。
思えば遠くに来たもんだ。
d0211129_17544726.jpg
スタート集合場所は
入間の豊水橋。
ここで池田さんと再会!
『シクロツーリスト』の6号と7号で
ブルベの世界を紹介していただいた大先輩。
ヒロセのかっこいいスポルティーフを駆る紳士な方です。

豊水橋を一緒にスタートしたのは、
オダックス埼玉代表の妻神さんと、ベテランのOさん。
お二人とも速い速い。

すっげーなーと思いながら一緒に走ってると、
しばらくして、後からスタートした
黒澤久さんが追いついてきました。

ブルベの世界で「最速」と呼ばれる方の筆頭が、
黒澤さん。スタート地点以外ではほとんどお目にかかれないと
評判のお方です。
d0211129_1824863.jpg
その黒澤さんと奇跡のランデブー!

こ、これは千載一遇の幸運!
恐れ多くもおこがましくも、しばしご一緒しようかと……
d0211129_1845742.jpg
時速30〜35kmで巡航する
みなさん。無理っす……。
信号待ちでようやく追いつくレベル。

むろん、この忘年会ランはブルベではないので、
黒澤さんは普段よりもゆっくりペースの様子。
それでも僕の貧脚ではキツいキツい。

後ろから拝見していると、
マッタリと言いたいほど落ち着いて
デローザに乗っている黒澤さん。
ダンシングを多用せず、じわじわと
加速する様子に底知れぬ脚力を感じました。

黒澤さんの大きな背中を頼りに後ろに着きっぱなしでしたが、
ドラフティングに慣れてないので
あまり近づくのも怖いし、少し離れると全力で追っても
なかなか近づけません。

結果、小一時間で脱落。さよ〜なら〜!
新幹線列車に鈍行がついていくのは無理ですた…。

参考までに、北海道パラダイスウィーク
(200〜600kmブルベを一週間で走ったイベント)
での、黒澤さんと僕の完走タイムを調べてみました。

200km
黒澤さん 6時間17分
田村   8時間44分

300km
黒澤さん 10時間14分
田村   17時間37分

400km
黒澤さん 14時間18分
田村   23時間16分

600km
黒澤さん 26分39分
田村   37分45分

異次元ですね〜!
だいたい1.5倍以上速い。
d0211129_1824148.jpg
ひとり旅になってからは、
いつも以上にのんびりと先をめざします。
わずかな黒澤さん&オダックス埼玉の重鎮さんたちとの
走りで途方もないダメージを背負い込みました。
d0211129_18253798.jpg
上越線を行く貨物列車。
高崎以北の在来線を利用する機会は
めっきり少ないので(新幹線があるので)
貴重なシーンではありました。

ほうほうの態で片品村の宿にたどりつき、
宴会もそこそこに就寝。
翌日は赤城山を越えてから(これまたみんな速い〜)、
国道17号メインで帰宅。
d0211129_18311665.jpg


たった一時間、無理しただけで、
月曜日の今日も足がダルいです……。
d0211129_1831020.jpg
今日は大阪に来ております。
むろん、新幹線でですよ(笑)。
写真は大阪駅。真新しい駅構内と古い電車の
コントラストが面白いですね!
by cyclotourist | 2012-11-25 18:39 | おしらせ | Comments(7)

メンテナンス

こんにちは、田村です。

ここ一週間、やたらと飲み会が多く
(ほとんどを自分で企画したのですが)
少々ぐったりしております。

自分は仕事をサボって寝ればだいたい回復しますが、
自転車はそうもいきません。
d0211129_2254451.jpg
マキノ号のチェーンを新品に
交換することにしました。
d0211129_2262358.jpg
上が3000kmほど走ったチェーン、
下が新品です。せっかくの金色がはげていては
存在価値がないので、交換です。
d0211129_2273214.jpg
特にローラー部分の
摩耗は明らかですね。
d0211129_2281456.jpg
同じ105コマで比べたところ、
古いほうは半コマほど長い!
やっぱりチェーンって伸びるんですね。

たった3000kmで伸びんなよ、と言うべきか、
3000kmもがんばったんだね、と評価するべきか……。

サイクルモードのトークショーで、三船雅彦さんが
ロングライドでは消耗品の交換が大切、と
語っておられました。それを拝聴し、なるほどと
遅まきながら自分の自転車を見直した次第です。
d0211129_22103192.jpg
新品チェーンには固めのグリスが
塗布されているので、それをクリーナーで落とした後、
ナスカルブを塗布します。
格段に走りが滑らかになるので、
最近ずっと愛用しているケミカルです。
d0211129_22122528.jpg
ブレーキワイヤーも交換しました。
外したワイヤーは、見えないところが
かなり錆びてました……。
どうりで引きの戻りが渋かったわけです。
d0211129_2213239.jpg
アウターには見た目重視でノコンを
使っているのですが(軽いし)、
これのライナーも交換します。
面倒なことはなはだしいですが、ポルコになった
気分で地味に作業しました。

僕はこうしたメンテナンス作業が苦手で、
自分のやることに自信がもてないこともあり、
洗車以外は常にプロに頼んできました。

でも、たまには自分でやるのもいいなあと思いました。
どこがダメで、どうすれば改善されるのか
実感できました。そして、プロの仕事がいかに
手際よいか知ることができます。
自分でワイヤー交換すると、2時間も
かかっちゃいましたから(汗)。

予告画像
d0211129_22205546.jpg
GOKISOハブのカットモデルです。
撮影用にお借りしたものです。
精密機械フェチにはたまらない
オーラを醸し出しております。

この究極のハブについては、
来るべき『ランドヌールVol.2』で多角的に
紹介させていただく予定です。
by cyclotourist | 2012-11-15 22:30 | おしらせ | Comments(4)

SRメダル申請

こんにちは、田村です。

オダックスジャパンのホームページで来年の
ブルベ(BRM)開催スケジュールが掲載されましたね。

コースなど詳細な内容は、これから順次、
各主催者のホームページで発表されると思いますが、
いまから来年のブルベ計画を考えて
ソワソワしている方も多いのではないでしょうか。

そして、SRメダルの申請受付もはじまりました!

ブルベを走ったら、いつかは得たい称号が
Super Randonneur。
仏語ならシューペル・ランドヌール、
英語ではスーパーランドナー。
略してSRです。

同一年度に200、300、400、600kmのブルベを
走って認定されることがSRの取得資格です。

そして、申請すればSRメダルがもらえるのです。
(代金1000円。詳しくはAJホームページで)

僕もどうにかこうにかSRの資格を満たしましたので、
(一年前は夢想だにしませんでしたが…)
せっかくならば…ということでメダル申請しました。
d0211129_1034882.jpg
参加したブルベの主催者さんから
送られてきた封筒たち。
完走してしばらくすると、ブルベカードと
メダル(希望すれば)が入ったこんな封筒が
送られてきます。
d0211129_10362533.jpg
返ってきたブルベカードには、
ACPの認定番号が記載されています。
これが、SRメダルの申請に必要です。
d0211129_1037275.png
申請用紙に必要事項を記入し、
送ります。
SRメダルが届くのは、来年の1月下旬以降とか。

メダルの有無に関わらず、
ブルベを走った事実は変わらないのですが、
やっぱりカタチがいただけるとうれしいものです。
d0211129_1039279.jpg
来年はどれだけ
ブルベを走ることができるかな〜。

おまけ
d0211129_10504286.jpg
サイクルモードで見つけた
ブルベ的アイテム。
これはオルトリーブのシートポストバッグ。
テールランプの取り付け部や、
増えた荷を挟むコードも付いてるので、
これまでの同社サドルバッグより便利かも。
来年4月(だったかな?)入荷予定とのこと。
d0211129_10445844.jpg
VELO GARAGEのテールライト付き
フェンダー。ちょっと面白いですね!
d0211129_1053040.jpg
ツーリング車の救世主グランボア
「EXTRA LEGER」(超軽量)な650×42Bタイヤ。
従来品と比べて70gも軽いそうで、
手にとって比べると明らかに軽かったです。
アメリカでは、こうしたボリューミーなタイヤで
ブルベを走る方も多いそうです。
僕も試してみようかな……。

と、言いつつ……
d0211129_10554322.jpg
ディスクホイールにも興味津々。
いいなあ、コリマ。おちょこがない平面ディスクなので
キャラクターを描きやすそうです(笑)。
by cyclotourist | 2012-11-13 10:57 | おしらせ | Comments(3)

プチ・ランブラー発進

こんにちは、田村です。

年に一度の大イベント、サイクルモードが
無事に終了し、ここ一週間はデスクワークに
励むふりをしてボーッとしておりました。

さて、今日はしばらくぶりに休みの日曜日となり、
ようやく娘を新車に乗せることができました。
d0211129_20313576.jpg
サイクルモードで納車していただいた
ケルビムのプチ・ランブラーです。

展示させていただいたサイクルモードでは
「これ欲しい!」と来場された
お子さんを涙させたという、罪作りな
子供用オーダー車です。
思い起こせば、僕のランブラーを納車していただいたのは
去年のサイクルモードでした。
もう一年、早いですね。
d0211129_20341250.jpg
700Cのランブラーに対し、
プチのほうは20インチ(406)。
さすがに小さいですね〜。
d0211129_20351218.jpg
でも、今までの12インチ車に比べると
まるで大人用のように大きく見えます。
d0211129_20361684.jpg
身長110cm(6歳児としては小さいほう)では
サドルを目一杯さげても、つま先立ちです。
ですので、停車時はフレームの上に腰を下ろす、
というスポーツ車の基本を教えます。

おとなでもご存じない方が多いですが、
この、走ってる時だけサドルにまたがる、という
基本動作が、なれないと意外と難しいものです。

今日は雨が降り出しそうだったので、
家の前の駐車場で少しだけ練習しました。

もう少し慣れるか、そのうちに身長が伸びるか……。
一緒に輪行サイクリングに行けるのは、
しばらく先になりそうです。
d0211129_20393665.jpg
7段変速のシフター。
TNIのマウントでステム前方に付けてもらってますが、
まだ操作は無理みたい。子供は興味津々でしたが。
d0211129_20422298.jpg
本人お気に入りの、
わけが分からないガッツポーツ。

ビルダーの今野さんと父の好みで
装着したドロップハンドルですが、やはり
まだ早かったかな…。

来週は一緒に町田へ行って調整してもらおうね、と
娘となかよく話していたら、ツマが
「なんでそんな乗れないものを買うのよ、だからド○キでいいって言ったじゃない。いったいいくらなのよ、それ。わたし3万円しか出さないからね。もう、家中自転車だらけで掃除の邪魔なんだから」
……
……
軽く○○を覚えた日曜日。
家にいるとロクなことがないなと思いつつ、
ふて寝したのでした。
by cyclotourist | 2012-11-11 20:55 | おしらせ | Comments(9)

サイクルモード終了

こんにちは、田村です。
d0211129_20574498.jpg
3日間にわたって開催されたサイクルモード。
今日が最終日でした。
ご来場いただいた皆様には、あらためてお礼申し上げます。
d0211129_20583029.jpg
弊社ブース。
刊行させていただいた自転車本と、
4台の自転車を展示させていただきました。
d0211129_20594147.jpg
昨年に続き二度目の出展でしたが
(グラフィック社として)
今年も多くの方が弊社ブースに足を運んでいただき、
本当に「ありがとう!」とひとりひとりの方を
抱きしめたいほど(犯罪になるのでグッとこらえて…)
嬉しい時間を過ごさせていただきました。

展示させていただいたI氏のトーエイ・スポルティーフ、
僕のマキノ・バンザイプロデュース号、
そして愚息女用のケルビム プチ・ランブラーと、
それぞれの自転車に多く方が注目してくださり、
濃い会話をさせていただきました。

そして、
ツーリングの『シクロツーリスト』を読んでくださっている方々、
始まったばかりのブルベ誌『ランドヌール』が
きっかけで出会った多くの方々と
お会いすることができました。
サイクルモードは、年に一回の同窓会のような感じで、
本当に貴重な機会です。
d0211129_2131433.jpg
「これからブルベ走ってみます!」と、
決して安くはない幣誌をお買い上げいただいた女子3人。
感動しました。オジさんはうれしかったです。
これだけで出展した甲斐があると言うものです!
d0211129_2152099.jpg
熱心な皆様の
熱い視線を集めた展示車たち。
こんなローアングルでチェックするのは……
「ハンドメイドの魔術師たち」展をプロデュースした
大前さんです。
d0211129_216315.jpg
あっという間に3日間が過ぎ、
閉場後すぐに片付けられていくブース。
なんだかホロリとしてしまいました。
お祭りの後は少し寂しいですね。

今回、本をお買い上げいただいた方に
プレゼントさせていただくために缶バッジを5種類用意したのですが、
2日目の早々にほとんと全部なくなってしまい、
楽しみにしていただいた多くの方にお渡しできなかったのは
本当に慚愧の念に耐えません。もうしわけありませんでした。
今後またみなさまとお会いできる機会がある時は、
しっかり製作予算を確保して、もっと用意しておきたいと思いました。


サイクルモードにご来場いただいたみなさま、
本当にありがとうございました。
そして、弊社ブースにお立ち寄りくださった
多くの方に、スタッフ一同、あらためて
お礼申し上げます。

また、フリーというお立場でありながら、
3日間とも店番をしていただいた田中さんと宮田さん、
そして最終日にブース案内を担当していただいたI様、
おつかれさまでした。ありがとうございます。


おまけ
我が愚息女用にオーダーしたケルビムの
子供用ランブラーを展示させていただきました。
サイクルモード初日に納車していただき、
3日間、多くの来場者に注目を集めつつ……

肝心の娘は来場せず!

金曜日は保育園(まあ、しかたないか)。
土曜日はチアリーディング(いつのまに習いはじめた?)。
日曜日はプリキュアを見ること優先(……)。

そんなガッカリな6歳児ですが、
プチランブラーを持ち帰ったところ……
d0211129_2110495.jpg
大喜び。
「カッコイイ。ピンクキレイ。♥マークかわいい…。世界にひとつだけなんでしょ。眼鏡のオジさん(今野さん…)にお礼言いに行く!」と、殊勝な発言。

しかし、まだお値段を決めてもらってなく、
オトーサンとしては戦々恐々なのです……。
僕のランブラーと工程や工数は同じなので、
おそらく……戦々恐々なのです。
by cyclotourist | 2012-11-04 21:34 | おしらせ | Comments(11)