ブログトップ

シクロツーリスト&ランドヌールときどき模型の製作日記

cyclo.exblog.jp

<   2012年 09月 ( 16 )   > この月の画像一覧

最強装備

こんにちは、田村です。
d0211129_1873516.jpg
GOKISOホイールを装備したマキノ号です!
なんか、すっげえ速そうなオーラを出してませんか!?
ほんとうに僕が乗る自転車か?(笑)

「ドラクエ」的にいうと、レベル5なのに
もう最強装備を手に入れちゃった感じです。

38mmと今では控えといえる高さのリムハイトですが、
黒いタイヤともあいまって迫力を感じます。
ちなみにタイヤはコンチネンタルのグランプリ4000S。
転がりが軽いので、GOKISOの長所をいっそう際立たせると
思います。

しかし、この状態にもってくるまで、
今日は数時間の無駄な悪戦苦闘を演じてしまいました…。

文が長い割に、いつもながらしょ〜もない落ちなので
お時間ある時にでもご笑覧ください。

僕のブルベ用自転車は、
1号機が重装備全天候型のケルビム・ランブラー、
2号機が軽量高剛性のロード型マキノ号です。

ケルビムには、12〜25Tのクロスレシオ的なスプロケを、
マキノ号には、11〜28Tのワイドレシオ的なスプロケを
装備していました。

マキノ号にGOKISOホイールをはかせるにあたって、
スプロケをケルビムと交換することにしました。

28Tは確かに登りでは心強い「お守り」なのですが、
このセットは歯数差が大きいので、
足への負荷を変えずに一定ペースで
走りたいブルベでは、少々使いづらい…と思うに至ったわけです。
また、ワイドレシオを使うなら、より重いケルビムのほうが
恩恵を活かせるはず……。

長年親しんできたツーリングでは、
ギヤはワイドであるほど好ましいものでしたが、
ブルベではクロスレシオもありだなあと、
遅まきながら気付いた次第。

と、いうことで、GOKISOには12〜25Tの
スプロケをセットすることに。
d0211129_1820162.jpg
d0211129_1820347.jpg
「航空技術と日本のもの作り」
すてきなホイールバッグ付きです。
d0211129_18211254.jpg
さて、今日日のシマノ10段スプロケットには、
1mmのスペーサーが付属します。
(付属しないのもあります)
d0211129_1822442.jpg
これは今まで苦楽を共にしてきた
シマノWH-6700ホイール。こんな感じで
スペーサーをフリーのいちばん奥に入れます。

で、GOKISOでは……
d0211129_18224792.jpg
段差があって入らない!

じゃあスペーサーは要らないんだろうと思い、
ロックリングを締め込んだところ……
スプロケットが締まりきらずガタがでる!

これはやっぱりスペーサーが要るのだろうか?
なにか間違っているのだろうか……。

GOKISOさんのご担当者や、今時のパーツにも詳しい
ベロクラフト大槻さんに聞いたところ……。

ロックリングが違うことが判明!

つまり、最小ギヤ11T用のロックリングを、
最小ギヤ12Tのスプロケでも使っていたのでした。

たしかに、両者のロックリングを比べると、
径もネジの深さも違いました。
歯数によってロックリングが違うなんて、
思いもよらなかったので、スプロケ本体だけ交換して、
ロックリングはそのままだったんです。

こーゆーのを、生兵法は大けがのもと、って言うんでしょうね…。

こうしたパーツの交換て、必要なノウハウや知識が
地雷のように潜んでいて怖いです。
知っていれば当たり前なんだろけど、
知らなければ永遠に解決しない謎が僕にはいっぱい。
やっぱりレベル5だな……しゅん(泣)。

正しい組み合わせで締め込んだところ、
もちろんスペーサーなしでバッチリでした。
d0211129_18302017.jpg
ブレーキシューを付属の
カーボンリム用タイプに交換。
効きは……そうとう悪くなりました。
アタリが出ればよくなるのかな?
d0211129_1831982.jpg
アルテグラDi2の変速調整。
ギヤを5段目に入れ、ジャンクションのボタンを長押し。
すると、調整モードになります。
シフトスイッチで内側へ 15 段階、
外側へ 15 段階、計 31 段階の調整ができます。
最近知ったんです(笑)。

これで心おきなく週末はブルベに
出ることができるはず……なんですが、どこかに
地雷がありそうで怖いので、明日は誰かに
見てもらうことにします。

もう自分で自転車いじるのは止めようかな(汗)。


おまけ
d0211129_18452888.jpg
ポチっちゃいけない、ダメだと思いつつ、
いつの間にかポチっていたジャージが届きました。
レーシングミクサイクルジャージ」です。
d0211129_18461267.jpg
かわいい(照)……と思うけど、
四十路のオヤジがいつ着るんだ?
という〜自問自答は、
買う前にもしたはずなんだけどなあ(笑)。
by cyclotourist | 2012-09-05 18:58 | おしらせ | Comments(7)

メダル

こんにちは、田村です。

すこし前に、完走メダルが届きました。
d0211129_2151498.jpg
去る6月30日、北海道で600kmを
走ったブルベのメダルです。

うれしい……。

基本、人にほめられたり認められたりすることが少ない
人生を送っておりますから、こうカタチとなる
記念をいただけると、無心にうれしいです。

自分なりにがんばり、運に恵まれて完走した600km。

ありえない距離だと思ってたし、
実は今もありえん! と思ってます。
よく走ったなあと……。メダルのBRM630のあと、
もう一回走ったのですが、今も現実感があんまりない。

それをもう一度確かめるため、今週末、
また600km走ろうと思ってます。

今日はそのコースを地図で確かめたり、通過時間を
予想して仮眠場所を考えたりしてたのですが……

気がつくと、手が震えてるんですよ! 不安で!
「この俺が震えて…」ラオウの名台詞を思い出しました(笑)。
まあ、こんな気持ちも含めて、
ブルベは非日常的な体験をさせてくれます。

レースのように、真の非日常でもなく、
必ずしも十分な脚力がなくても、運と準備次第では
完走という達成感を味わえるサイクリング…
それがブルベなんだなあと、
あらためて感じております。

とりあえず明日は、届いたGOKISOの
ホイールに、好みの歯数のスプロケットと
タイヤを装着しようと思います!
by cyclotourist | 2012-09-04 23:55 | おしらせ | Comments(3)

CYCLE TOURING オオマエジムショ

こんにちは、田村です。

自転車ジャーナリスト・カメラマンとして名を馳せる
大前仁さんが、ついに自転車店を始めることになったそうです!
さきほど、リリースを頂戴しました。

弊誌『シクロツーリスト』の先輩と勝手に私淑している
往年のツーリング雑誌『サイクルフィールド』を立ち上げ、
山海堂さんから数々の名著を繰り出してきた大前さん。
各自転車誌やご自身の著書で情報発信を続け、自転車業界を
牽引している方です。

お店の名前は「CYCLE TOURING オオマエジムショ」。

ツーリング車専門店とのことで、
東京・浅草に10月1日にオープンするそうです。

これは、いちツーリング好きとして
とっても楽しみです!
同店のホームページ
9月20日から公開されるとのことです。

世田谷の長谷川自転車商会さん、吉祥寺のベロクラフトさんと
並んで、東京におけるツーリングの聖地になりそうな予感。

オリジナル設計のツーリング車も登場するとのことで、
今から開店が楽しみでなりません!
by cyclotourist | 2012-09-04 18:55 | おしらせ | Comments(5)

サイクルモードインターナショナル2012

こんにちは、田村です。

CYCLE MODE international 2012 日本最大級のスポーツ自転車フェス

今年もサイクルモードインターナショナルに出展いたします!
幕張メッセにて、
11月2日(金)、3日(土)、4日(日)開催です。

昨年は9種類の自転車関連図書を展示販売させていただきましたが、
今年は17種類になる予定です。我ながらよくここまで
増えたと思います。みなさまのおかげです。

開催中は僕もブースにいる予定ですので、
お声がけいただければうれしいです。
本以外になにを展示しようかなあ……。

今年も主催者展示として「ハンドメイドの魔術師」が
企画されておりますので、メーカー完成車やロードに興味が
ない方も十分に楽しめると思いますよ。

どうぞ、ふるってご来場ください。
by cyclotourist | 2012-09-04 12:26 | おしらせ | Comments(4)

非コンビニ派宣言

こんにちは、田村です。

今日は財布を忘れて出社してしまいますた…。

しかし、先日ご報告したEdyがあったので
おおむね事無きを得ました。通勤&都内移動は自転車でこなし、
昼食は電子マネーが使えるコンビニ。
d0211129_19474224.jpg
公園で食べるコンビニ飯。
初音ミクも生誕5周年かあ……。

むしゃむしゃ一人で「ミクのねぎたまチャーハン」を
食べていると、ぽつりと雨が落ちてきて額を叩きました。

すると、ふと「いいのか、こんなことで?」 と心の声が……。

毎朝、コンビニでタバコを買い、
毎晩、コンビニでビール(発泡酒)を買い、
そしてそして、休日はブルベでコンビニ巡り……。

現代的ではありますし、ブルベはコンビニが通過チェックなので
いたしかたないとしても、僕的に本質的な
自転車の楽しみであるツーリングでは、
今後は意識的にコンビニ依存率を下げよう!
…と、非コンビニ派宣言したくなりました。

つまり、自炊です!

で、帰宅して火器をチェック。
戦車とか物騒なほうの火器ではなく(笑)
いわゆるバーナー&クッカーです。
d0211129_19561230.jpg
まずは、いわゆるシングルガスバーナー。
最近の愛用品は、プリムスの「114ナノストーブ」。

以下、勝手に個人的な五段階評価スタート!

携帯性:★★★★
価格:★★★(¥7,140)
火力:★★★★
操作性:★★★★★
燃料調達性:★★

アウトドアガスを使うタイプの最大の長所であり短所が、
その燃料です。取り扱い簡単、火力十分、コンパクトなのですが、
旅先でのカートリッジ入手が面倒。そして航空機に積めません。
あらかじめ調達手段を調査・確保しておく必要があります。


次の愛用品は…
d0211129_2041935.jpg
「オプティマス スベア123R」、ガソリンストーブです。

携帯性:★★
価格:★★(1万円ちょっとだったかなあ)
火力:★★★
操作性:★★
燃料調達性:★★★★

あれ、あらためて星付けすると少ない…。
しかし、実はいちばん大好きな火器です。
でかいし重いし(専用の燃料ボトルも)、火力は大したことないし
火力調整もクセがありますが、
ゴーゴーという燃焼音や、真鍮製のボディが
「おれってワイルドじゃん」という満足感を
使用者にあたえてくれます。
燃料はホワイトガソリンを使いますが、
いざとなれば、クルマ用のガソリンでも使用可能です。
(真っ黒にすすけますが)
着火にはプレヒートと言われる余熱が必要ですが、
ちょっとガソリンを垂らして一時的に火だるまにすればOK!
(本には書けね〜)

お次は……
d0211129_2019831.jpg

アルコールバーナー「トランギア」です。

携帯性:★★★★★
価格:★★★★★(¥2,310)
火力:★
操作性:★
燃料調達性:★★★★★

この両極端な評価がいいでしょ?
調理器具としては「使えない」寸前の性能だと
個人的には思います。でも、ベロクラフトの大槻さんが
愛用してます。
「ウルトラライト」という、アウトドアスポーツでの
ムーブメントを、自転車ツーリングにも積極的に
取り入れている大槻さん。そのポリシーに合ってるなあと
思うバーナーではあります。
大槻さんは、同店のブログで、詳細にこうした
キャンプグッズのレビューを行っているので、
ぜひ読んでみてください。

で、結局お前(田村)はど〜なんだと突っ込まれそうですね。

4サイドのキャンピング車で出陣する時は、
ぜんぶ持っていきます。

すると、燃費がよいガソリンストーブで米を炊き、
扱いやすいガスバーナーで湯を沸かしたり、
副食をいためたりと、とても便利なのです。
アルコールバーナーは、機材トラブルに備えた予備です。

日帰りツーリングやブルベでは、
かなり軽量化を意識する僕ですが、
キャンプでは重厚長大装備が大好き!

大槻さんに対抗して(笑)、
ウルトラヘビーなキャンプ装備の数々を、
今後もリポートしていきます! たぶん。
by cyclotourist | 2012-09-03 20:33 | おしらせ | Comments(5)

書泉グランデさんでフェア開催

こんにちは、田村です。

書泉グランデさんでの自転車本フェアがついに始まりました!
d0211129_1153315.jpg
地下一階の売り場で
圧倒的な数の『ランドヌール』を販売開始!
僕もはじめて並んでいるのを見ました。
感無量です(泣)。

そして、表紙を飾らせていただいた
マキノ・バンザイプロデュース号もブルベ仕様で
展示中。サドルなど一部の仕様が
誌面掲載時とは変わっておりますが、基本は
北海道1500kmブルベを走った際の装備を
再現したものです。

自分で言うのものナンですが、
とてもスチール製ロードとは思えない
斬新なフレームです。写真ではなかなか分かりづらい
電動メカ対応工作なども、現物を見れば一目瞭然です。
ぜひ、マキノサイクルファクトリーの
自転車作りをご自身の眼でお確かめください。

ちなみに、9月6日〜11日あたりは
ケルビム・ランブラーを展示させていただく予定です。
こちらもぜひお楽しみに。
d0211129_120548.jpg
弊社がこれまでに
刊行させていただいた自転車関連図書も勢揃い。
かつてない規模とボリュームです。

もちろん、自転車棚には各社の多様な自転車関連図書が
網羅されています。
季節はそろそろ読書の秋! サイクリングがてら、
本の街・神保町を訪れてはいかがでしょうか。

追伸
d0211129_1254545.jpg
書泉グランデさんの地下売り場入り口は
アイドル本コーナー。眼の保養になるなあ〜。
by cyclotourist | 2012-09-01 12:09 | おしらせ | Comments(9)