ブログトップ

シクロツーリスト&ランドヌールときどき模型の製作日記

cyclo.exblog.jp

<   2012年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧

『シクロツーリストVol.6』発売中!

こんにちは、田村です。
d0211129_1075311.jpg
シクロツーリストVol.6』、絶賛発売中です。

書店様やアマゾンで入手しづらい現状ですが、
5/1以降、ご注文いただいた書店様には順次発送しており、
ゴールデンウィーク開けから店頭に
並びはじめております。また、追加発注をいただいた
書店様や自転車店様にも、順次発送しております。

決して、僕が原稿を落としたわけでも
締め切りを守らなかったわけでもなく(笑)、
ちゃんと発行しております。

一部ではレアアイテムと揶揄されている(?)
『シクロツーリストVol.6』ですが、
月刊の3大自転車誌に比べれば、数分の一の
部数しか発行していないのは事実です。

もし書店で見かけましたら、一期一会だと思って(汗)、
どうかお買い求めください。

なお、弊社ホームページよりご注文も可能です。
確実にお届けできますが、送料が380円かかってしまうのが
ネックです……。

あらためて紹介させていただきますと、
『シクロツーリストVol.6』はブルベ特集です。

伝統的なツーリングに重点をおいた過去号とは
印象が異なり、ロードレーサーがばんばん登場している
誌面に「おや」と思う方もいらっしゃるかもしれません。

けれども、ブルベもツーリングの一種であり、
フランスにおいて、ランドナーやスポルティーフという車種を
生み出す原動力となったサイクルイベントです。

そして、昨今主流のロードバイクに乗っている方々にとっては、
ブルベを走ることが、ツーリングという豊潤な文化に
目覚めるきっかけにもなりえると思います。

「最短で200km」というブルベの距離設定を、
非現実的だと感じる方も多いと思います。
でも、フツーの脚力しかない人(たとえば僕)が
200kmといった距離を走れてしまうのが、
ブルベの魅力です。

普段のツーリングでは、せいぜい100kmしか走れません。
でも、ブルベだと200kmはもちろん、もっと長い距離も
走ることができてしまうのです。

ブルベを経験した後にフツーのツーリングに
出かけてみると、心と体の余裕が大きくなった感覚があり、
旅がますます楽しめるようになります。
両者は相互に補完し、相乗効果を発揮する……と
感じている今日この頃です。

練習? そんなのはブルベに必要ありません。
装備? それはとても大切です。でも、いつものツーリングと
基本は同じです。
自転車? 実はどんな車種だってOKです。

と、いうわけで、
『シクロツーリストVol.6』をどうぞよろしくお願いいたします!
by cyclotourist | 2012-05-10 10:55 | おしらせ | Comments(24)

サイクルたこ焼き

こんにちは、田村です。
d0211129_1545434.jpg
昨日は秩父方面へ出動し、
山伏峠と正丸峠を走ってまいりました。

快晴と大雨と強風が入り交じる
荒れ模様でしたが、ご同行いただいたベテランサイクリストの
みなさんと、がんばり屋のモデルさんの
おかげで無事にツーリングを楽しむことができました。

そして正丸峠では、ワンバーナーたこ焼きを
実行しました!
d0211129_15474279.jpg
メイン材料である「たこ焼きの粉」(こーゆーのが売ってる)は
150gだけビニールパックに入れて持参。
これで、写真のたこ焼きプレート3回分の量、
つまり27個の量産が可能です。

たこは、ブツ切りしたものを冷凍しておき、
保冷剤と一緒にビニールパックへ。

玉子の破損が怖いところですが、
市販の玉子ケース(内部に自分で緩衝材を追加)
で無事に運ぶことができました。

ソースはお弁当用の小袋入りを持参、
青のりも同様です。紅ショウガも用意したのですが、
作る時にめんどくさくなって使いませんでした。

重量2kgちかいたこ焼きプレートは、
フロントバッグの底にぴったり入ったので、
がたつくことなく運搬できました。

そして、バーナーやクッカーは小さいものを選びましたので、
油ひきや串など必須アイテムを加えても、
どうにかフロントバッグに収まりました。
けれども、輪行袋や他の食材が入り切らなかったので、
当日はリュックも併用しました。
d0211129_1554153.jpg
初の実戦で緊張したのか、
自宅でのシミュレーション比2倍の焦げが発生!
形も崩れ気味で、自信喪失(自信あったのか!?)……。
しかし、みなさんお優しいから「おいしい」と
おっしゃっていただき、ほっと胸をなで下ろしました。

峠を行き交うロード乗りたちの
うらやましそうな視線を全身に浴びながら、
たこ焼き、パスタ、ラーメン、そしてコーヒーと、
峠のランチを思う存分に楽しんだのでした。

このたこ焼きのリポート、じゃなくて
ツーリングのリポートは、6月上旬に刊行予定の新刊
『自転車ツーリング ファーストブック』に
掲載させていただく予定です。

弊社では珍しく(?)入門者向けの本ですが、
ベテランの方がお読みになっても、再発見があるような
実践的な解説書をめざしております。


それにしても……たこ焼きの材料原価って
安いんだな〜と、初めて知りました。
一個あたり、せいぜい10円だと思います。
それでいて、作っても食べても
満足感が得られるのがいいですね。

以前、パジャマ雄三さんのサイクル屋台
ご紹介させていただきましたが、
僕も「サイクルたこ焼き」を開こうかと
考えている今日この頃です。

毎週どこかの峠に出没する幻のたこ焼き屋……。
なんかカッコいいかも(笑)。

「粉もんは儲かる」って言いますし、
編集者をクビになったら始めようかな〜。
by cyclotourist | 2012-05-07 16:20 | おしらせ | Comments(9)

大望峠・嶺方峠・小熊黒沢林道

こんにちは、田村です。

ゴールデンウィーク後半、みなさまは
いかがお過ごしですか。

先日の関西キャンプで、関西の皆様と
語り合う機会がありました。話題はやっぱり
「どこが良かった?」的な話になりますよね〜。
で、なにかのつながりで、木崎湖を見下ろすという
絶景林道、小熊黒沢林道の話になったのです。

「え、走ったことないんか〜」

すいません、実はないんですよ〜。走りたいと
ずっと思いつつ機会に恵まれず……。

そこで、今日は積年の願いを果たすべく、
ひとりで走りに行ってきました。

でも、小熊黒沢林道だけで長野へ行くのは
もったいないし、現代っ子(?)の僕は
新幹線が大好き。で、中央線+大糸線で
木崎湖に直行するのではなく、長野新幹線で
長野駅へ輪行し、大望峠〜嶺方峠〜小熊黒沢林道という
行程を考えたのです。
d0211129_23384733.jpg
長野駅から北上し、
戸隠方面へ。するとループ橋が登場。
見た目はゴツいですが、基本的に勾配を緩和するために
作られているので、勾配は4、5%。淡々と走ることができます。
d0211129_23425514.jpg
県道をつないで進むと、
これこれ、これだよね〜、と
一人で膝を打ってしまうような
冠雪が残る山が前途に現れます。
d0211129_23463962.jpg
標高1055mの大望峠。
北アルプスがほどよい遠景で望めます。
戸隠まではクルマが多かったですが(さすがGW)、
ここから鬼無里まではぐっと少なくなり、
雰囲気がいい山村風景が続きます。
d0211129_23484079.jpg
鯉のぼりの見事さは、
断然、都会より地方ですね。
うちも男子がいれば……怒られそうなので自粛…。
d0211129_23503835.jpg
さすがに嶺方峠はお賑わい。
何度おとずれても、来てよかった〜と
思わせてくれる峠です。
d0211129_23522629.jpg
白馬へ下り、南下してくと
青木湖が。山桜かな、木々が華やか。
それにしても、我がトーエイ号のフレームカラーが
まるで保護色のように、新緑になじみます。
d0211129_23544038.jpg
青木湖で遅い(14時)昼食。
味覚にうとい僕ですが、
こりゃあ美味しいとうれしくなった蕎麦でした。
湖畔の民宿ですが、「主人の気が向いた時に営業する」そう。
d0211129_23563090.jpg
登りましたよ、小熊黒沢林道。
数々の誌面で見てきた光景を、
ようやく自分も体験することができました。
このために三脚を持参した甲斐があったというものです(笑)。
しかし、予想以上に登りが険しく、ふもとから
たっぷり一時間かかりました。
しばし絶景を味わってると、ぽつぽつと雨が……。

夕立のように強くなる時もあり、
まあ、レインウェアもあるし、ライトもあるので
走れるとこまで走ろう……と思ったのですが、
今日はブルベではありませんでした(笑)。

下界まで降りれば、大糸線が走っていることを
今さらながら思い出し、信濃大町駅から輪行。
走行距離は90kmほどでした。当初は松本まで
走ろうかなと思ってましたが。
d0211129_014174.jpg
この自由さというか、
いいかげんさが一人ツーリングの魅力ですね(笑)。

しかし、松本から乗った特急は、さすがに
ぎゅうぎゅう……。まあ、いきあたりばったりで
帰宅できただけでもよかったです。

やっぱり信州はいいなあ〜。
by cyclotourist | 2012-05-06 00:12 | おしらせ | Comments(15)

たこ焼き

こんにちは、田村です。

今日は雨でしたね。

ちょっと前から、
ベテランの方々と一緒に二泊三日の
木曽方面ツーリングを予定していたのですが、
あえなく中止に。
まあ、旅は天候ありきですから
いたしかたありません。

で、今日は「たこ焼き」に挑戦しました!

先日の奈良キャンプで驚いたのが、
ご一緒したみなさんの食へのこだわりでした。
みなさんとても料理がお上手で……。

僕なんかはいつも、インスタントラーメンや
パスタ、せいぜいがお米炊いてカレーかお茶漬けでしたが、
関西の方々の食へのこだわりはハンパないものがありました!

なかには、自転車にたこ焼きプレート(鋳鉄で重い…)と
食材を満載された方もいらっしゃって、
敬服いたしました。

「た、たこ焼きですか!?」
「明石焼や」

その違いすら分らなかったですが、
出来上がりをいただいた今なら分ります(笑)。
とってもおいしゅうございました。

で、とりあえず、今日はたこ焼きに
挑戦してみることにしました。
雨の中、たこ焼きプレートを買いに街へ。

「なに、あんた。今までまったく料理なんてしないのに。え、奈良で美味しかったから? それであんたが、たこ焼き作ってどうしようっていうのよ。モテたいんでしょ、そうでしょ、そうなんでしょ!! なんなのよ〜まったく!」

……まあ、めんどくさいので反論はしませんでしたが、
概ねそのとおりです。
d0211129_21562784.jpg
ワンバーナーたこ焼きです。
ゴトクが小さいので、熱が
回るか不安だったのですが、
南部鉄のブレートのおかげで
いい感じに出来上がりました。
もっとも、最初は焦げまくりましたが、
次第に油が鉄に浸透したおかげか、
それなりに焼き上がるようになりました。
d0211129_2159482.jpg
けっこうおいしそうでしょ?

これからは、峠でコーヒー、に加え、
たこ焼きも楽しみたいなあ〜と思います。

モテるといいなあ〜(笑)。
by cyclotourist | 2012-05-03 22:04 | おしらせ | Comments(6)

サイクルクリップ 2012

こんにちは、田村です。

今日のお昼は、書店チェックをかねて
神保町に繰り出しました。
そして、書泉グランデさんという濃いめの
書店で手に入れたのが……
d0211129_1828366.jpg
サイクルクリップ 2012』です。
表紙のイラストは、弊誌にも連載していただいてる
加藤アカツキさん。ほのぼのと素敵ですね。

この本は
「オタク視点で自転車文化をまるごと楽しむムック」
とのことで、昨年に続く第二弾です。

根っからの自転車好きにとっては
物足りない内容ですが、切り口が
気持ちよいくらい明確です。

特集は「木崎湖を走る」。

信州を代表するサイクリングエリアだから……
千国街道を訪ねて……
という切り口ではなく、
いわゆる聖地巡礼(アニメなどの舞台を訪ねること)なのです。

木崎湖周辺は
『おねがい☆ティーチャー』というアニメの
舞台。しかし、残念ながら僕はそのアニメを
見たことがなく、昨年は2回も木崎湖へ行きましたが、
「ふ〜ん」という感じでした。

しかし、続くページには
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』の
聖地、秩父のリポートもありました!

基本、ガンダムかジブリかエヴァしか見ない僕ですが、
この“あの花”は見ました。
そして泣きそうになりました、まじで!
舞台が秩父ってのもポイント。
実は僕の母が秩父生まれだったりして、
意外と愛着があるのです。

あともうひとつ、「ぴすとちゃん」という存在を
この本で教えていただきました。
なんと、名古屋けいりんPRの萌えキャラなのです。
う〜ん、オタク文化の広がりは
とどまるところを知りませんね〜。

まあ、だからなんだと言われたらそれまでなのですが(笑)、
こういう自転車本がいくつも出るというのは、
自転車を楽しむ人のすそ野が
広がってることの証明なんだろうなあと思います。
機会あれば、書店でチェックしてみては
いかがでしょうか。

それにしても……

弊誌『シクロツーリスト』で、
“あの花”の聖地巡礼ツーリングをやったら……と
夢想せずにはおれません。
西武鉄道や秩父鉄道の協力を得て、
完璧な決定版を12ページほどかけて……

しかし、本当にページを組む勇気はありません。
今のところ(笑)。みなさんは読みたいですか?
d0211129_1849288.jpg
ほかにはこんな本を買いました。
陸海空、バランスがいいですね(笑)。

書泉グランデといえば、こっち系や鉄道本の聖地でもあります。
だから行くと手ぶらでは帰れないのです。
by cyclotourist | 2012-05-02 18:53 | おしらせ | Comments(4)

キャンプツーリング

こんにちは、田村です。

4月28日から二泊三日で
キャンプツーリングを満喫してきました。

奈良のベテランサイクリスト、Oさん
お誘いいただき、キャンプ地の奈良県は
東吉野村へ向かいました。
d0211129_19145350.jpg
キャンプツーリング最大の難関、
それが輪行です。写真ではサイドバッグ2個ですが、
自分の席にもう2個……。4サイドでの鉄道輪行は
かなりの荒行ですが、なんとかクリア。
写真は名古屋→名張の近鉄特急。
通路が広くて助かりました〜。
d0211129_1917160.jpg
キャンプ地の最寄り駅で
Oさんとお仲間たちと合流。

走り出しさえすれば、もうこっちのもの!

荷物が多かろうと坂だろうと、
輪行の苦労に比べれば快適そのもの。
天候にも恵まれ、奈良の里山を快走!
d0211129_19195464.jpg
一谷峠を登るOさん。
黄色のツーリング車、アスカ号は、
実は『シクロツーリストVol.5』にも
ちらっと登場していただきました。
今日は前後にキャンピーを装備して
堂々の4サイド仕様でした。
d0211129_19231843.jpg
キャンプ地は、「月うさぎ」という古民家カフェ。
こちらの広場を貸し切ってのキャンプ。
もとは分校だったそうです。
僕のキャンピング、ノートン号も久々の登場。
d0211129_19245259.jpg
キャンプファイヤー!
昨今、キャンプ場は直火禁止が多いので、
ひさしぶりの体験。貸し切りならでは、ですね。
d0211129_19253431.jpg
翌朝は東吉野村をめぐる
サイクリングへ。
威風堂々、出陣です。
d0211129_19261198.jpg

キャンピングの迫力は素晴らしいですね!

ご一緒させていただいたOさんと参加者のみなさま、
ありがとうございました。


それにしましても、
衣食住を積み込んだキャンピングの頼もしさや
旅する時間のワクワク感は
たまらないものがあります。

スポルティーフやロードの爽快さも魅力ですが、
非日常的な開放感を体いっぱい味わいたいなら、
キャンプツーリングもおすすめですよ!

そんなわけで、8月発売予定の『シクロツーリストVol.7』では、
このキャンプ旅の模様や、参加者と個性的な自転車の
様子も掲載させていただく予定です。
まだだいぶ先ですが、どうぞご期待ください!
d0211129_19354685.jpg
っていうか、Vol.6が
書店に並ぶのもこれからでした(笑)。
まずはブルベ特集のVol.6を
どうぞよろしくお願いいたします!
by cyclotourist | 2012-05-01 19:39 | おしらせ | Comments(9)