ブログトップ

シクロツーリスト&ランドヌールときどき模型の製作日記

cyclo.exblog.jp

<   2012年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧

レインボーブリッジ

こんにちは、田村です。

あるサイクリングクラブの会報誌を
拝読していたら、「レインボーブリッジを渡ろう」と題した
リポートが載っていました。

芝浦とお台場を結ぶレインボーブリッジは、
自転車通行不可(歩道を押してもダメ)ということで
長く知られた橋でした。

もう、7、8年前ですが、港湾局に電話して
確認したことがあります。すると、
「袋に入れた折りたたみ自転車ならいい」と
言われました。
輪行袋を担いで1.7kmも歩く? 意味ないでしょ。

それが最近は変わったらしい!
みなさんご存知でしたか?

ネットで調べると、どうやら本当に
通行可になったらしいことが即座にわかります。
しかし、やはり己の眼で見ないことには
実感が湧きません。
d0211129_1615522.jpg
気がついたら芝浦に来てました(笑)。
会社からそう遠くないもので。

芝浦側にはエレベーターがあり、
これで上空50mの遊歩道に上がります。
入り口に差しかかると、
係員が待ち構えていました。

自転車を押してきた僕を見ると
「ああ、ちょっと待ってね」
慣れた手つきで……
d0211129_16333464.jpg
僕の初号機に拘束具があ〜!

「貸し出し専用台座による手押し通行」というもので、
1年ほど前から実施しているそうです。

こうでもしないと、乗っちゃう人が多いのでしょうか?
お役所系の方は疑り深いなあ…と呆れますが、
なかなかアイデア作だとも思います。

ちなみに芝浦側入り口に「貸し出し専用台座」は
10個くらいあり、小径車用の小さいものも
ありました。ディープリムとか、ファットタイヤの
自転車は……避けたほうがいいでしょうね。

さらにちなみに、芝浦側から入ると南側遊歩道へ
お台場側から入ると北側遊歩道へ導かれ、
どちらも一方通行とのことです。
もちろん、通行は無料です。
d0211129_16395176.jpg
いざ、高速エレベーターで上昇。
d0211129_16402441.jpg
来たあ〜!
遊歩道は一般道や「ゆりかもめ」も通る
下層にあるので、あまり開放感はありません(上は首都高)。
しかし、展望箇所が設けられており、そこから首を出すと……
d0211129_16415260.jpg
芝浦方面。
d0211129_16435664.jpg
お台場方面。
なかなか壮大な展望が広がります。
間違いなく一見の価値ありです。もっとも、
エレベーターで楽して登ったせいか、
達成感はゼロです(笑)。
d0211129_16484842.jpg
幕府が作った首都防衛要塞、品川台場が見えてきます。
写真の第六台場は、すっかり緑に覆われて
島のよう。
d0211129_16502774.jpg
「お台場」寄りの第三台場は
公園として整備されてます。

こうした台場を上からゆっくり見るのは初めての経験。
やっぱり歩いてみるもんです。

これで自転車に乗車できればなあ…と思わないでもありませんが、
横風が非常に強く、あまり幅が広くない遊歩道で
歩行者とすれ違うことを考えると、
やっぱり乗車不可は当然だなと思います。

もっとも、設計時にちゃんとした自転車走行スペースを
設けておけばよかったんです。しまなみ海道の橋梁群みたいに。
d0211129_1654592.jpg
お台場側はスロープになっていて、
エレベーターなしで地面に降り立てます。

芝浦→お台場の所要時間は
写真をパチパチ撮りながら歩いて、25分ほどでした。

なにはともあれ、
自転車と一緒にレインボーブリッジを
通行できることが確かめられました。
これで、お台場エリアへのサイクリングが
一層楽しめることは間違いありません。

ちなみに、都心とお台場エリアを結ぶ
もうひとつのルート、晴海大橋の上からは、
東京タワーとスカイツリー、どちらも
見ることができました。

夏の夜、美しくライトアップされた橋をつなぎ、
夜風と共に走るシティラン……

こんなナンパなツーリング、本ブログや
『シクロツーリスト』の読者さんはお嫌いでしょうか?

まあ、楽しいかどうかは、一緒に走る
相手次第ですよね〜(笑)。
by cyclotourist | 2012-05-28 17:17 | おしらせ | Comments(7)

初めての輪行サイクリング

こんにちは、田村です。

今朝、いつものようにプリキュアを見終えた娘が
「リンコー行こうよ」と
言ってきました。珍しく気が変わらなかったようです。
d0211129_190360.jpg
出発は西武線の池袋駅。
特急レッドアロー号で一路、秩父へ。
引きづりながらも
自分で輪行袋を移動させる娘。
「早く乗らないと!」
父が頼りにならないと、娘はしっかり者に
育ちますね。
d0211129_1931251.jpg
終着の西武秩父駅で下車。
降りた瞬間から、秩父は
あの花」ワールドです。

今回のテーマは、アニメ「あの花」の
舞台巡り、です!
ほんと、このアニメ泣けるんです。
そして秩父のさまざまな場所が舞台なのです。

しかし、四十男ひとりで
巡礼を実行するのは若干気恥ずかしくもあり、
かといって一緒に行ってくれる仲間もいない(悲)……

そこで用意周到に昨年から娘にアニメを見させ、
補助輪なしで走ることを覚えてもらい、
輪行まで教えた次第。思えばここまで長かった…。
d0211129_1981617.jpg
d0211129_198324.jpg
禁断の(?)車輪を
外さない輪行。でもブロンプトン並みに
コンパクトになるのは、さすが12インチ車。
袋から出すのは自分でやり、アーレンキーで
ハンドルを固定するのは手伝いました。
d0211129_19103642.jpg
d0211129_19104940.jpg
西武秩父駅のとなりにある
観光案内所では、「舞台探訊」マップを
無料で配布しています。ぜひ入手を。
d0211129_1913564.jpg
街中へ走り出すと、
もうそこら中に「めんま」(アニメのヒロイン)が。
「めんまだあ〜」
と、娘は大喜び。すっかり自分用にしている
デジカメで撮影に励みます。
d0211129_19135178.jpg
まずは作中で「キービジュアル」として
描かれている旧秩父橋へ。
なるべく裏道をたどります。
d0211129_19155023.jpg
d0211129_19153118.jpg
旧秩父橋。
「あの花」放映前にもなんどか通ったことがある
橋ですが、今こうして再訪してみると
感慨深いものがあります。
しかし、西武秩父駅から旧秩父橋まで、
距離3.5kmを走破するのに
実に一時間以上かかってます(笑)。
d0211129_19204541.jpg
「じんたんとあなるが話してた公園いこうよ〜」
僕以上に作中シーンを覚えている娘。
地元の方が
「あの花かい、あの先の電柱あたりでみんな写真撮ってるよ」と
親切に教えてくれました。
すっかり地元でも「あの花」めぐりは認知されてるようです。
こんなとき、自分一人でなくてよかったなあと
実感します。
d0211129_1922532.jpg
行く先々には
次々と大きなお友達が。だいたい3、4人組で、
年齢は20〜30代とお見受けします。カップルもいたりして、
“アニメツーリズム”効果は
間違いなく大きそうです。
d0211129_19243824.jpg
公園からほどちかい、
秩父札所十七番、定林寺。ここも
作中でとても印象的な舞台。
思ったよりこじんまりとしてますが、
とても風情の良いお寺さんでした。
d0211129_19253824.jpg
こんな取り組みもあるんですね。
d0211129_1926455.jpg
奉納された絵馬の数々。
d0211129_19265377.jpg
…………
d0211129_20182768.jpg
市街に戻ると……。
深くは説明しますまい。
「やばいよねえ、男だよね」
と、オタク気質の娘は興味津々。
こ、こら、写真撮っちゃダメ。
d0211129_19295950.jpg
秩父の象徴、武甲山。
石灰の採掘のためかなりえぐられてます。
幼少時、採掘前の勇姿を見てるはずなのですが、
さすがに覚えてません。
d0211129_20141853.jpg
3時間半ほどで西武秩父駅に
戻ってきました。
d0211129_20145745.jpg
「できるから」
と、アーレンキーでステムを緩める娘。

途中、なんども転びながらも、
けっこう楽しんでくれた様子。
今だけだとは思いますが、おっさんの趣味に
つきあってもらって、うれしい限りです。

結婚自体に悔いがないかと言えば微妙ですが、
子供を授かったのはシアワセだなあと実感しました。

帰りの電車の中では、
「トーエイとケルビム、どっちが好き? うちにある
青いのと緑のがトーエイで、銀色の派手なのが
ケルビム。どっちかだったらどっち?」

「どっちが何色あんの?」
「どっちも好きな色で塗ってもらえるよ」
「うわ〜(喜)」

で、帰宅後、娘の母親に
「そろそろ自転車が小さいから、新しいの作るために
15万円くらい出してくんない? え、ドンキ?
すぐ乗れなくなる? 少なくとも一年以上は着る服を
君はドンキで買うのかよ。俺の金? あれば
相談しないよ。サイズが合わない自転車に
乗せるのは可哀想だろ!!」

ドン、ガチャン、パリーン……ぐふぅ。

今日一日があまりに楽しかったので、
そのテンションを家庭に持ち込んでしまったことを
激しく後悔しているのでした……。

それにしても……

今は文学や歴史的な史跡だけでなく、
アニメが立派な旅の動機になるんだなあと
秩父を訪れる方の多様さをかいま見、
あらためて実感しました。

「坊ちゃん」を読んで松山へ、
「津軽」を読んで金木へ。
はたまた、
川中島の戦いとか、長篠の戦いとか
関ヶ原とか…。

それと同じことが、今はアニメで起こっているし、
そうした本当の意味でリアルな舞台の
アニメが、最近は増えたんだなあと思いました。

さすがに、ヤマトやガンダムじゃあ
舞台巡礼は難しかったですからね(笑)
by cyclotourist | 2012-05-27 20:44 | おしらせ | Comments(11)

輪行の練習

こんにちは、田村です。

本ブログの読者さんであれば、
輪行(りんこう)はほとんどの方が
ツーリングの基本的な移動術として
活用されてると思います。

袋に入れた自転車は
鉄道や航空機に載せることができるので、
好きな場所から走って、好きな場所から帰るという
ツーリングが可能になります。
これが輪行です。

大昔、本当にヒマでお金がないころは、
どこへ行くにも自走でしたが、いま思えば
なんと無駄が多かったことか。

費用面だけ考えても、輪行がお得です。

たとえば、二週間かけて青森へ行くなら、
その間の食費や宿代で、鉄道の乗車代は十分に
まかなえます。
まあ、自走は自走で、距離感が身に付いたり
否応なく走ることに慣れるので、
ヒマな時に経験したのは有意義だったかなとは
思いますが……。

輪行のメリットに気づくのが遅かった僕ですが、
その轍を娘には踏ませたくありません。
運転免許がないので、カーサイクリングという
選択肢はありません。

そこで、今日は一緒に輪行の練習をしました。
d0211129_1959302.jpg
娘の愛車、12インチのルイガノ号は、
ハンドル取り付け位置を変えるだけで、
オーストリッチの「ちび輪バッグ」に
すっぽり入ることが判明!
d0211129_2001587.jpg
娘、やる気まんまん。

7kgほどと軽量な自転車ですが、
さすがに肩にかけるのはしんどそう。
自分の体重の半分だからねえ……。

お父さんは非力なので、なるべく
自分で持ってもらいたいのですが……。

娘をダシにして、
明日は秩父へ行ってこようと思います。

親子輪行の顛末リポート、どうぞお楽しみに!
by cyclotourist | 2012-05-26 20:06 | おしらせ | Comments(5)

『自転車ツーリング ファーストガイド』

こんにちは、田村です。

今日は新刊のお知らせです。
d0211129_19135098.jpg
『自転車ツーリング ファーストガイド』です!

タイトルどおり、
自転車で「旅」を楽しむためのノウハウが
まるごと分かる入門書です。

いままで散々(?)マニアックな自転車本を
刊行してきた弊社ですが、満を持しての
入門書です。

自転車選びに始まり、必要な装備や
適切なセッティング方法、そして旅のプランニングまで
じっくりていねいに解き明かしております。
d0211129_1921097.jpg
d0211129_19211277.jpg

誌面サンプルです。
「最初にそういう本を出せよ!」と
怒られてしまいそうですが、実は入門本を
作るのって、けっこう難しいのです。

これまで6冊出させていただいた
『シクロツーリスト』によって得られた
さまざまな蓄積があって、初めて作ることができた
真のツーリング入門書、それがこの
『自転車ツーリング ファーストガイド』です。

執筆にあたったのは、
ベロクラフトの大槻店長をはじめとして、
経験豊富なベテランの方々です。
ですので、通り一遍の入門書ではなく、
そこかしこに貴重で具体的なノウハウやヒントが
詰まっております。

ベテランの方がお読みになっても
「なるほど」と思える
再発見や確認ができる本に
仕上がったと思います。

発売は6月上旬と少し先ですが、
どうぞご期待ください。


[本体価格]1600円+税

[ISBN]978-4-7661- 2394-4 C0075
[判型]B5判
[頁数]152ページ
by cyclotourist | 2012-05-25 19:31 | おしらせ | Comments(7)

会津さ 来てくなんしょ

こんにちは、田村です。

今日はベテランサイクリスト、Kさんにご案内いただき、
会津を走ってきました。

御前崎オフ」などで
ご面識をいただいたKさんに
「会津さ 来てくなんしょ」と
メールをいただいた時は、
なんだかとてもうれしかったです。

会津は、歴史が好きな方には
とっても馴染みがある土地だと思いますが、
もちろん東北です。遠いな〜というイメージが
僕にもありましたが、私鉄である東武で
浅草から乗り換えなしで行けてしまうのです。
d0211129_2264416.jpg
早朝、浅草へ。
22日に開業したばかりのスカイツリー。
d0211129_2275342.jpg
改装なった東武の浅草駅。
すてきですね。
浅草から東武鉄道で輪行するのは、
たぶん初めての体験です。会津へツーリングするのも
20年ぶりくらいです。
7、8年前には、ヒルクライムの大会に出るので
行きましたが、やっぱりツーリングでなきゃ。
d0211129_2210246.jpg
東武線はスカイツリー鑑賞の特等席。
これからいつでも見れる…と思いながら、
やはり視線を奪われます。
d0211129_22113447.jpg
3時間以上の列車旅。
乗り換えなしですが、東武鉄道、野岩鉄道、会津鉄道と、
会社が変わっていきます。
最近は東京でも、こうした乗り入れ路線が
多くなりましたね。
d0211129_22144233.jpg
終着の会津田島駅にて。
福島県なんだな……とあらためて思います。

ここでKさんと合流させていただき、
地元のベテランツーリストならではの
コースを体験させていただきました。

数々の名のある峠、街道、そして
近年ますます注目を集めている大内宿。
d0211129_22191832.jpg
一日たっぷり楽しませていただきました。

会津の魅力たっぷりのレポートは……

もうお約束で恐縮なのですが、
次号、8月発売予定の『シクロツーリストVol.7』に
ご期待ください。

おっと、その前に6月には
『自転車ツーリング ファーストガイド』を
刊行させていただきます。この本については、
またあらためて紹介させていただきます。

なにはともあれ、今日はKさんのアテンドで
会津の大いなる魅力の片鱗を味わうことができました。

自分だけでは一生走ることがなかった道を
走ることができた喜び……これこそ、
本来は自転車誌が伝えていくことなんだろうなあと
思いました。
こんな楽しさを独り占めしないよう(笑)、
誌面に活かしていきたいと思います!
by cyclotourist | 2012-05-24 22:28 | おしらせ | Comments(6)

『自転車部品の美学』

こんにちは、田村です。

今日は注目の一冊を紹介させていただきます。
弊誌にも寄稿いただいている白鳥和也氏の新著です。
d0211129_1653889.jpg

自転車部品の美学』(平凡社)

写真では帯を外してありますが、
そのコピーが本書の魅力を象徴しています。いわく…

----------
人はなぜ部品たちに魅了されるのか。
文学の心で解き明かす
“自転車美”の秘密。
----------

しびれますね!

ドキドキしてページをめくると、
120に及ぶ名品の数々が気品ある写真で登場し、
それぞれの姿を通して、筆者が感じた魅力や
時代背景、自転車論、道具論、文化論……などなどが
ていねいで真摯な筆致でつづられている
フォトエッセイ集です。

登場する部品は、
カンパ、サンプレ、ユーレーなど
自転車界のきらびやかな大御所もいれば、
キャットアイやBSのランプなど
庶民的なものにまで及んでいます。
60〜70年代勢が主力でしょうか。

個人的には、自分と同時代性がある
初代XTRも取り上げられてるのがうれしいです。

この『自転車部品の美学』は
技術書や解説書、ましてやカタログ本でもなく、
文学的で個人的な筆者の思いで成り立っている本です。

こうした本が自転車というジャンルに存在するのは
その趣味がとても成熟してきたという
証なのだと思います。うれしいです。

ちなみに、装幀がとても端正で、
ハードカバーの本それ自体が
ブツとして魅力的です。
by cyclotourist | 2012-05-22 17:25 | おしらせ | Comments(9)

初サイクリング

こんにちは、田村です。
d0211129_174508.jpg
一ヶ月ほど前に補助輪を外した娘のルイガノ。

かなりまだ走りがおぼつかないものの、
今日はご近所を一緒に走ってきました。
ついにこの時がきたかと、おじさんは感慨深いです。
d0211129_1761873.jpg
公園でしばし練習。
おもえば、この12インチのルイガノを
買ったのは3年前。やはり買うのが早すぎたか、
ほとんど放置されている間に
各部にサビが発生しておりますが、
いま5歳の娘はそれなりに気に入っているようです。しかし、
身長1mを越えたので、そろそろフレームサイズが
窮屈かも知れません。
d0211129_1792279.jpg
公園脇の民家。
二階の玄関が不思議。子供が見つけました。
d0211129_17133219.jpg
路地裏へレッツゴー。
「おっちゃん待ってんか〜」
最近放映しているプリキュアの影響で、
(登場人物の一人が関西弁)
自転車に乗るとなぜか関西弁になる娘……。
d0211129_1715156.jpg
「ブレーキなんていらんわ〜」
ブレーキレバーの引き代が大きすぎたり、
固かったりして、うまく使えないみたい。
なんどか転んだり、壁に突っ込んだりしつつ、
ブレーキ操作の大切さを体で学んでました。
d0211129_17192424.jpg
コンビニで休憩。
ありがちな光景も、これだけ大きさが違う
自転車が並ぶと新鮮。補給食は
カルピスとアポロチョコ。

歩道の段差やすれ違う自転車、歩行者、
そして車止めにひやひやの連続。歩道がない道では、
なぜか車に近づいていく娘のハンドルさばきに
ますますひやひやしつつ、
距離およそ3.5kmを走り、帰宅。
d0211129_17213328.jpg
「がんばっとらんと何もはじまらんわ〜」
謎の関西弁で気合いを入れる娘。
きっとプリキュアにそんなセリフが
あったんでしょうね。

帰宅後、ぼちぼち次の自転車が必要かなあと、
いくつかのメーカーのWebを物色するも、
魅力的なモデルが見つかりません。
男子向けの小型ルック車やキャラものばかり……。
重量ばっかりはどれも一人前です。

伝説の愛子スペシャル(詳しくはコレに)にならって、
やっぱりぼちぼちオーダーメイドかな?
by cyclotourist | 2012-05-20 17:36 | おしらせ | Comments(5)

バイシクルカメラストラップ

こんにちは、田村です。

今日はカメラ好きツーリストに
おすすめのナイスアイテムを紹介します。
d0211129_17261433.jpg
じゃん、「バイシクルカメラストラップ」です。

多くの方にとって、カメラは
パンク修理道具と共にツーリングには
欠かせないアイテムだと思います。
旅の思い出を豊かにしてくれます。

で、首からカメラを提げて走ることが
多いのですが、みなさん苦労してませんか?

ぶらぶらしてステムに当たりそうになったり、
それを避けようとストラップを短くすると
肝心の写真が撮りづらくなったり……。

そんな悩みを解決してくれるのが、この
バイシクルカメラストラップです。
d0211129_17314620.jpg
Dバックル(いわゆるラダーロック)が付いており、
簡単に長さを調整できるのです。

これ、本当にありそうでなかったな〜と思います。
で、一昨日手に入れ、昨日の長谷川自転車さん訪問などで
さっそく30kmほど走ってみたのですが……

使い勝手、かなり良好です。

実はこれ、幣誌でも活躍中の石井正則さんが
プロデュースしたものなのです。
そして、目ざとい読者様はお気づきかも知れませんが、
『シクロツーリストVol6』の連載中でも
活用されております。

自転車とカメラの双方に経験深く、
最近ではアウトドア趣味にも没頭されている、
石井さんならではのアイデアとこだわりが
形になったカメラストラップなのです。試作を重ね、
ご本人とプロカメラマンの実地使用を経て
生まれたものなので、最初から完成度が高いです。
d0211129_17382766.jpg
使用イメージ。
おい、もっと前傾姿勢になれよ。
d0211129_17404684.jpg
自分で自分の
写真が撮れないので、チビがモデルですが……
d0211129_17423520.jpg
しっかりしたDロック。
長さ調整が片手で簡単にできます。

個人的な旅の記録はもちろん、
仕事でもカメラが欠かせない僕のツーリングなので、
このストラップがあれば、もっとタイミングよく
写真を撮ることができそうです。
by cyclotourist | 2012-05-19 17:50 | おしらせ | Comments(0)

世田谷もうで

こんにちは、田村です

ここ数日ばたばたしておりましたが、
今日は世田谷の例の名店に行って参りました。
d0211129_2135653.jpg
ご存知(?)長谷川自転車商会の
長谷川弘さんです!
「ブルベはしゃあ、アメリカで流行ってんだよね。いやしょりゃあフランスが始めだけど、ツーリングの本流じゃあないよね。やっぱりランドナー。700Cじゃあランドナーじゃあないよね〜。やっぱり650。11速? 5速でいいよ。ああ、お土産? わるいねえ。おかげさんで検査でよくなって、放射線が体にはいってんだよ、いまは。それで助かった。コーヒーあるから。阿武隈はねえ、おもしろいところがないんだよ。いま田舎っていうとあれだけど、昔は本当に田舎で。二泊しないと。温泉としゃあ、海に出れば安い宿で魚がしゃあ、それで常磐線で帰る。水戸までが長いから、早めに走り終わんないと、もう今ぐらいに……」

長谷川さん、お元気です。
ご意見頂戴した『シクロツーリストVol.6』(ブルベ特集)も
販売していただいております。

昨夏に体調を崩された長谷川さんですが、
その後の経過は良好で、検査結果的にも
本復されたとうかがって、ご挨拶させていただいた
次第です。
d0211129_21144253.jpg
店内には、お客様に贈られたという花が。

今日、ちょうど居合わせた方は
関西から出張されたとのことで、
「昭和の空気」を堪能されに来たとか。
d0211129_21205080.jpg
なんと穴開きの軽量サドル!
「いや〜日直(問屋さん)もしゃあ、え〜なんでこんなの注文すんのって言われてしゃあ、いやこれは自分用だって。前立腺だからしゃあ、あんまり女性いたら話すことじゃあないけど、これで阿武隈、ほんと久しぶりに日帰りで。女性はさあ〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(略)、でも速い人のくせに、女性がいると一緒に走る人がいてしゃあ、そのころは皆といっしょに……。飲み過ぎてお金なくなっちゃって、カードでおろそうにも銀行のが使えなくて。ツーリングは農協のカード持ってないとだめだとか、ふすま壊しちゃって弁償したりとかあった。せいぜい4、5人くらい、
ツーリングはひとりがいいねえ」

長谷川さん、本当にお元気で、
お話も半永久的に続きそうでした。
d0211129_21364268.jpg
「面白いところがない」と
おっしゃる阿武隈。でも、長谷川さんが
愛してやまない阿武隈。

ツーリストにとって、いわゆる観光地であるかないかとか
人気があるとかないとか、は
旅を考える際にほとんど関係ないです。
長谷川さん曰く「面白いところがない」というのは、
ツーリストからの、阿武隈への最高の賛辞かも
知れません……と、思ったのでした。

実は僕、
ほとんど阿武隈高地周辺を走ったことがないのです。
近未来的に走りたいなあ……。

でも、誌面でのリポートは、長谷川さんと
人気エディター田中さんがふさわしいかな?
by cyclotourist | 2012-05-18 21:50 | おしらせ | Comments(5)

『ITALIAN RACING BICYCLE』

こんにちは、田村です。

今日はしばらく前に購入した
良書を紹介します。
d0211129_10391335.jpg
ITALIAN RACING BICYCLE』です。

本場イタリアのロードレーサーブランドを
40も紹介している力作です。各ブランドの人、歴史、
エポックメイキングなモデルなどを紹介しており、
ページを眺めるだけでロードレーサーの
偉大なるあゆみが俯瞰できます。

セライタリアやサンマルコなどサドルブランドや、
コロンバスやデダなど素材メーカーも
載っているのが興味深いです。

こんな素晴らしい本が3000円程度で手に入るのですから、
恐れ入ります。よい時代なのかも知れません。

もっとも、本文は英語なので意味が分からない箇所も
多いです(笑)。

で、こんな良書の翻訳版が出せればいいなあと思って
提案・提出したものの、あえなく却下されました(泣)。
自腹で買った本なのに、
会社の倉庫に突っ込まれてたし…(悲)。

まあしかし、とても魅力的な本なので、
いずれ他社から翻訳版が出るだろうなあ……。
やっぱりA社かな?
by cyclotourist | 2012-05-15 10:54 | おしらせ | Comments(10)