ブログトップ

シクロツーリスト&ランドヌールときどき模型の製作日記

cyclo.exblog.jp

<   2011年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

大掃除

こんにちは、田村です。

今年も大晦日になりました。

2011年という年は、ずっと長く記憶される
一年間だったのは間違いないと思います。

お仕事されてる方もいらっしゃると思いますが、
僕は昨日でようやく仕事納め。
(まだデザインしてるデザイナーに申し訳ない…)

大晦日と言えば、大掃除です。

9月のブログで血迷って(?)
部屋を公開したところ、ごく一部で反響がありました。
で、今日の午前中までの部屋がこれです。
d0211129_1793448.jpg
9月に掃除したものの、3ヶ月で腐海になりました(笑)。

ここ数ヶ月、この部屋で寝てるんです。しかも寝袋で……。
まあ、事情は聞かないでください(悲)。
だからもう、文字どおり足の踏み場もない状態。

意外と居心地いいのですが、さすがにこのままで
年越しするのも日本人としてどうかと思いますので、
今日は大掃除しました。
d0211129_17133965.jpg
「もう、本当に汚いんだから〜」と言いながら、
5歳の娘が手伝ってくれました。
生意気ですが、役に立ちます。
d0211129_17155278.jpg
4時間後、どうにか
床が見えるまでには回復。

探してたシューズカバーや工具などが
続々発見され、とても得した気分です(照)。
d0211129_17164416.jpg
だいぶゴミを捨てたところ、
自転車をもう一台おくスペースも生まれました。

これで来年もあと一台はオーダーできるかな(笑)。

なにはともあれ、いろんな出来事があった今年も
今日で終わりです。

みなさま、よいお年をお迎えください。

来年も『シクロツーリスト』と、不肖田村を
よろしくお願いいたします!
by cyclotourist | 2011-12-31 17:23 | おしらせ | Comments(0)

キューシート

こんにちは、田村です。

不安にかられて、
深夜2時に眼が覚めてしまいました。
(寝るのが早すぎたせいかも)

酔った時の失態や口座残高も不安ですが、
いま一番の心配は、我がケルビム号です。

ショーモデルのカッコ良さを活かしつつ、
最適なライト位置を確保するために、
ケルビムにはフロントキャリアを
設けてません。

するとまともなフロントバッグが付かないので、
ブルベに出る時はどうやってキューシートを
確認すればいいのだろう……という不安です。
ここのところ、ずっとコレで悩んでました。

キューシートとは、曲がるべき交差点などが
列記してある、ブルベ用の道案内です。

ツーリングなら、必要に応じてポケットから
地図を出せば用は足りますが、知らない道を走るブルベでは
常にキューシートが視界に入ってないと不安です。
しかし、市販のマップケースで、サイズや取り付け位置が
しっくりするものが見当たりません。
d0211129_513851.jpg
そこで、身近なカードケースを
利用して「キューシートケース」を
自作してみることにしました。
パソコンに写ってるのがキューシートです。
エクセルの表組なので、あるていど自由な
体裁でプリント可能です。
d0211129_5154111.jpg
ダブル仕様のカードケースに
ぴったり収まるように塩ビ板を切り、
サイクルコンピュータの台座にビス止め。
日東の「便利ホルダー」のバーに固定します。
d0211129_517218.jpg
ついでに、アヘッドステムの
スペーサーに4mmのビス穴を
タップで立てます。
d0211129_5175228.jpg
ベルが付きました。
スペーサー付きのベルが市販されてるのは
知ってますが、たまには手を動かすのもいいものです。
しかし、基本的にプラモデル用の工具しか持ってないので、
無駄に時間がかかって疲れました(笑)。
d0211129_520358.jpg
じゃ〜ん!
ブルベに欠かせないキューシュートケースとベルが
装着されたコクピット周り。

これで1月8日に開催されるブルベ(108大村200k)に
心おきなく参加できるというものです!

その模様や装備の使い勝手は、
いつの日か『シクロツーリスト』で
リポートしたいと思います。

早起きもたまにはするもんだなあ……でも、
とりあえず二度寝します。
by cyclotourist | 2011-12-30 05:29 | おしらせ | Comments(3)

絹代さん結婚式

こんにちには、田村です。

昨日は自転車タレントとして活躍中の
絹代さんの結婚式にお邪魔してきました。
お相手は、シマノレーシングに所属するトップ選手、
畑中勇介さん。
新郎にお会いするのは初めてでしたが、
とても人柄のよさそうな好青年でした。
d0211129_17251239.jpg
横浜で催された披露宴にて。
もちろん、後列中央お二人が新郎新婦です。
手前で妙に仲良さそうなのは、
グリーンサイクルステーション代表の鈴木さんと僕でございます。
d0211129_1727087.jpg
披露宴会場の入り口にプールがあって、
そこにお二人の愛車が! なんとも素敵な演出でした。
そして、さすが選手というかなんというか、
2名もプールに飛び込みました。

絹代さん、畑中さん、どうぞ末永くお幸せに!


しかし、一日で

挙式→披露宴→居酒屋2軒(時間調整)→三次会場と、

5軒もはしご(?)したのは、人生初の体験でした。
もうしばらくお酒はいいや……なんちゃって(笑)。
by cyclotourist | 2011-12-24 17:34 | おしらせ | Comments(6)

南房総

こんにちは、田村です。

今日はFCYCLEのオフ会に参加させていただきました。
『シクロツーリスト』でも健筆をふるっていただいている
高地さんが管理人を務めているコニュミティです。

今日のテーマは「走り納め南房総11」とのことで、
千葉県の鴨川から千倉までを、林道や里山の裏道をつないで走り、
道の駅千倉潮風王国で魚料理を食べよう! という
癒し系ツーリングでした。
d0211129_2224120.jpg
安房鴨川駅を出発し、嶺岡林道をひと登り。
眼下に広がる太平洋がごほうびです。
d0211129_2235334.jpg
右から3人目が高地さん。
一緒に走らせていただいた総勢15名のまとめ役です。

僕自身は、グループランの経験がほとんどないので、
ご一緒させていただくと勉強になることばかりです。
なにより、コース設定が楽しく、新鮮です。
d0211129_2263384.jpg
シクロツーリストVol.4』の
林道特集でも紹介させていただいた千倉林道。
うわさの竹やぶです。
d0211129_228337.jpg
続いて畑林道2号線の、
妙に生々しい奇怪なトンネル。
房総半島というとシーサイドのイメージが強いですが、
実はけっこう山深く、走り応えと見応えのある
道が縦横に走ってるんですね。変化に富んでます。

が、我がスポルティーフにトラブル発生!
d0211129_2211591.jpg
どうもシューズが固定されないなあと
思っていたら、クリートを挟むケージが
折れてしまってました。
このCRANK BROTHERSのエッグビーターワンという
ビンディングペダルは、軽くてスリムで価格も安く、
大のお気に入りだったのですが……。

う〜ん、一年も使ってないのに……
まあ、僕が豪脚だということで(笑)。
クリートが固定されないけれど、とりあえずハマるので
走り続けます。
d0211129_22162080.jpg
道の駅千倉潮風王国の「はな房」にて。
15時まで昼食をがまんしただけはある、
すばらしいお刺身でした。
d0211129_22172690.jpg
やわらかで味がしっかりしみ込んだあら煮。
美味しゅうございました。

こ〜ゆ〜ご褒美があるツーリングが、
やっぱり多くの人を魅了するんだなあと実感しつつ、
いつもの粗食実用本意の自分のツーリングプランを
反省するのでした。

ご一緒していただいたみなさま、ありがとうございました。
d0211129_22223598.jpg
Hさんのバイクフライデー・ワールドツーリスト。
サイズオーダーで作られた、折りたたみ車としては
理想的なツーリング車です。
d0211129_22233649.jpg
Fさんのライジンツーリング。
MTBが得意な工房らしいタフな仕様です。

で、千倉駅から輪行で家路へ。
特急が運休のため、フル各停電車で3時間近くかけて東京へ。

東京駅へ着いたら、丸の内改札口を出て喫煙室へ。
すいません、僕は喫煙者なので、長時間の禁煙を癒すべく直行。
3時間ぶりの紫煙を味わっていたら
「田村さんですよね」と、紳士に声をかけられドキ!
あ、え、喫煙者でごめんなさい〜。
でも、喫煙室で会ったのだから、お互い喫煙者です(笑)。

実は、僕も所属する名古屋のサイクリストクラブ「はづき」の
方でした。親しくお話しするのは始めてでしたが、
うれしくも驚きの邂逅でした。

自転車が作ってくれる縁ていいなあと、
あらためて感じた一日でした。
by cyclotourist | 2011-12-18 22:32 | おしらせ | Comments(2)

夕焼け

こんにちは、田村です。

今日は(今日も?)町田のハンドメイド自転車工房、
ケルビムさんへお邪魔してきました。

お天気がよかったので、池袋→町田まで
ケルビムで走りました。ケルビムでケルビムへ。
なんか嬉しいです(笑)。

距離40kmで所要時間2時間ほどでした。

電車+バス(ケルビムさんは町田駅からちょっと遠い)でも
ドアツードアだと1時間半はかかるので、
自転車の機動力は侮れないなあと、あらためて思いました。

もっと脚力があれば、自転車のほうが速いかも知れませんね!
d0211129_18515336.jpg
復路で撮った写真です。
多摩川越しに夕焼けが広がり、遠くには
富士山の姿も浮かんでます。

こんな景色に会えるなら、都内の
サイクリングも悪くないなあ……って、仕事の移動なのに
すっかりサイクリング気分を満喫した一日でした。
by cyclotourist | 2011-12-15 18:56 | 製作中 | Comments(2)

アルテグラDi2変速せず!?

こんにちは、田村です。

サイクルモードで鮮烈なデビューを飾った
我が電動ランブラー。
d0211129_17273223.jpg
って、自社のブースに展示しただけです(笑)。

ケルビムらしい華やかなフレームに
電動メカ「アルテグラDi2」を装備。
ブレーキはディスク。
思い切ったなあと我ながら感心するほど、
特色あるツーリング車です。

シクロツーリストVol.5』でも紹介していますが、
納車が校了直前だったので(しかもサイクルモード当日)、
2ページの記事にするのが精一杯でした。

次号では、その走りっぷりやツーリング車としての
使い勝手、電動メカのメリット、
そしてトーエイスポルティーフとの比較などを
がっつり紹介したいと思っております。

といっても、次号はだいぶ先(2012年5月予定)なので、
気づいた点は、このブログでちょっとずつ
紹介していきます……

なんて思っていたら、今日は格好のネタが
飛び込んできました。

通勤中、もう少しハンドルをしゃくって握りたくなり、
ブラケットの位置を少し下げたところ、
ディレイラーが前後ともまったく動かなく
なってしまったんです!

通勤中にセッティングなんてするもんじゃないなと
後悔しながら、シングルスピードで
とりあえず出社。

以前、輪行中に軽くリアディレーラーをぶつけた時も
動かなくなったことがあるのですが、
その時はリセット操作で復旧しました。
d0211129_17424537.jpg
衝撃が加わるとセーバー機能が働くそうです。
ジャンクション(写真)のボタンを5秒以上
押し続けると、セーバー機能から復旧します。

しかし、今日はリセットしても復旧せず……。
d0211129_17474524.jpg
ブラケットを下げたので、引っ張られたコネクタが外れたのかも……
フードをめくって見てみると、
…コネクタ、入ってますね。

こうなると、相手が電気モノだけに
対処方法が分かりません〜。
d0211129_17511341.jpg
とりあえず、コネクタを抜いてみる。
下のジャックに入ってるのはダミープラグ。
将来的に、サテライトスイッチに対応するとか。しかし、
今はそれどころじゃない(汗)。
d0211129_17524846.jpg
差し直してみる。
ウイーン……心地よいモーター音が!

なんのことはない、
やっぱりコネクタが外れかけていたのです。
コネクタを差していくと、
最後のほう0.5〜1mmくらいで、プチッとはまる音がします。
その「プチッ」の部分が外れてたんですね

勉強になりました。なにごとも経験だなあ〜。
それにしても、ツーリング中のできことじゃなくて
よかったです。

しかし、こうも微妙なコネクタだと、
ちょっとブラケットをぶつけただけで、
また変速しなくなりそうでこわい……。
d0211129_17565332.jpg
d0211129_1757533.jpg
とりあえず、エレクトリックワイヤーの
とりまわしに余裕をもたせました。
これなら、すこしくらい引っ張られても
コネクタに負担がかからないでしょう、たぶん。
d0211129_17584569.jpg
これからはもっと優しくするから、
もう機嫌を損ねないでね。

なんたって、先月の給料と今月のボーナスの
大部分を投入しても、まだ支払いが残ってるんだから(笑)。
d0211129_1845865.jpg
しゃくり気味のハンドルポジションに。
これが今風?

おまけ
d0211129_186329.jpg
最近、ペダルをルックの
MTB用ビンディング「クォーツ」に替えてみました。

今までのクランクブラザーズエッグビーターより
踏み面が広い印象で、ダイレクト感が増した気がします。
by cyclotourist | 2011-12-13 18:13 | おしらせ | Comments(0)

伊佐沼バヴァルダージュ

こんにちは、田村です。

今日の武蔵野は、秋に戻ったように
あたたかでした。

そんななか、伊佐沼バヴァルダージュへ行ってきました。

関戸橋と並ぶ自転車のフリーマーケットで、
年4回開催されています。僕は今回が初訪問です。
d0211129_1756778.jpg
伊佐沼公園に到着!
d0211129_17571324.jpg
木々の合間に15ほどの出店者がいらっしゃいました。
訪問者の多くがランドナーなど旅行車。
それを見るのが楽しみ、という人も多いようで、
あちこちで談笑の輪ができていました。

関戸橋に比べると、ぐっとコンパクトで
アットホームな雰囲気。僕のように、特に古物収集に
熱心じゃない人も居心地がいいのではないでしょうか。

「へんしゅうちょう〜」と呼ばれて行ってみると…
d0211129_1883632.jpg
d0211129_1835713.jpg
パジャマ雄三さんサイクル屋台です!
落ち葉と妙になじんでます。牽引役のピクニカといい、
なぜか心が落ち着く風情を醸し出してます。
d0211129_1854951.jpg
おでんが食べごろ。美味しそうです。
d0211129_1863991.jpg
美味しくいただきました(笑)。
ごちそうさまでした。
d0211129_1813234.jpg
こんなカフェも登場。

う〜ん、こっち路線も楽しそう。

パジャマさんに暖簾わけしてもらって、
次は僕も出店(「しゅってん」じゃなくて「でみせ」ですね)
してみたいなあ。
by cyclotourist | 2011-12-11 18:20 | おしらせ | Comments(5)

BikeCAD

こんにちは、田村です。

発売中の『シクロツーリストVol.5』では、
今をときめく自転車ビルダー、ケルビムの今野真一さんによる
ランドナー製作をリポートしております。

そのページをご覧になった方はお気づきかと思いますが、
今野さんは自転車の設計にCADを積極的に
取り入れております。

多くのビルダーさんが、パイプの寸法取りなどに
パソコンを活用しています。しかし、自転車のデザイン全体に
CADを取り入れている方はまだ少数派のようです。

今野さんが使ってらっしゃるCADソフトのひとつは、
「BikeCAD Pro」です。

そして、取材を担当したMライターさん
(デジタル系に強い頼もしい方)によると、
フリーウェア版のBikeCADもあるとのこと。
機能制限版ながら、ジオメトリなどを検討して
楽しむには十分な機能があると教えていただき、
さっそく試してみました!
d0211129_110385.png
d0211129_1171757.png

じゃ〜ん! まずは僕のスポルティーフを再現してみました。

メールアドレスなどを登録(Create new account)すれば、
ログインしてBikeCADを使えるようになります。
ブラウザで動くソフトです。
画面上にならぶメニューからDesign Archiveを選び、
お好みのテンプレートを選んだら、
左下のOpen model in BikeCADを選択すると、
設計画面が現れてきます。
(Mさん、ご教示ありがとう!)
d0211129_118272.png
基本となるジオメトリーを入力する画面。
数値を入力してリターンキーを押せば反映されます。
d0211129_1184339.png
設計の土台となる車輪もいじれます。
d0211129_1194619.png
パイプのサイズや形状まで指定可能。
ガードやキャリア(リアのみ)もいじれます。すごい……
d0211129_11103360.png
ミニベロを作ってみたり……
(BB下がりをマイナスにするのがポイントかな〜?)
d0211129_11451745.png
あわわ、なんじゃこりゃ(汗)
d0211129_1111965.png
夢のエアロレーサーをでっちあげてみたり……

やりだすと止まらない(笑)。
妄想ビルダーです。

もっとも、BikeCADは設計を支援するだけなので、
できたデザインが実際に作れるのか、
作ったところでちゃんと走るのか、といった
根源的なところは答えてくれません。

それは本物のビルダーのみが
答えを出せる領域です。

なにはともあれ、今日みたいに天気が悪い日は、
こんなソフトで妄想にふけるのも
悪くないですよね。
パソコンに向かってれば、
仕事してるようにも見えるし(笑)
by cyclotourist | 2011-12-09 11:36 | おしらせ | Comments(2)

『シクロツーリストVol.5』発売開始!

こんにちは、田村です。

お待たせしました! よ〜やく
シクロツーリストVol.5』が全国的に
発売開始されました!
d0211129_9581172.jpg
表紙は妻籠宿&美人エディター田中さんです。

下記のような盛りだくさんな
内容で、みなさまのお目に触れるのを
お待ちしております。

特集
街道
d0211129_9595272.jpg

杖突・秋葉街道/中山道 木曽路/東海道/鯖街道/
十石街道/北国街道/伊勢本街道/千国街道
 ↑
 充実してますね〜

僕たちが駆けた街道
 ベテランツーリストたちの経験を凝縮!

「三二年前の一枚」を訪ねて 岩崎篤史
  ↑泣かせますよ!
追体験の旅 中堀剛
金比羅宮への道 旧丸亀街道をゆく 吉田伸二
箱根・旧東海道 めざせ! 第三新東京市 安井克至
旧街道とシクロツーリスト 白鳥和也

-------------------------
特別企画
ツーリング車のメンテナンス
d0211129_100797.jpg
はじめてのオーバーホール

プロが教えてくれたメンテナンス術
アイズバイシクル/ヴェロ・ドゥ・レーヴェ/バイシクルショップ玄/高橋自転車店/サイクルプロショップセキヤ

シルク荒井さんが教えてくれたタッチアップ術

「ポリージャポン2011」の美しき旅行車たち

旅行車には現行部品がよく似合う! 佐々木賀美


ハンドメイド最前線
ケルビム
 本格伝統的ランドナーの製作工程に密着!

Alex SINGER 訪問記
 ベロクラフト大槻正哉さんによる現地レポート!



連載
石井正則の男の手仕事入門
シクロツーリスト的メーカー探訪記
 サンエクシード
迷車礼賛
 十字号(3タイプそろい踏み!)
旅の手紙 五十嵐友樹
少女サイクル 加藤アカツキ


新連載
めざせ! Super Randonneur

恥ずかしながら、僕のブルベ挑戦記と、オダックス・ジャパン様にインタビューした本格派記事、そしてスーパーランドナー経験者による寄稿がありますよ。


いやあ、本当に盛りだくさんです。
僕が読者だったら買わずにおれません(笑)。

どうぞ、書店でご覧いただくか、アマゾンなどのネットショップで
ご注文ください。
よろしくお願いいたします。

あまりにも全力投球だったためか、
その製作が完了した脱力感から、
いまひとつまだ抜け出せない田村でした。
by cyclotourist | 2011-12-08 10:02 | おしらせ | Comments(0)

セミナー

こんにちは、田村です。

突然ですが、自転車セミナーのお知らせです。

昨年から(財)日本自転車普及協会が、
一般の方を対象とた「自転車セミナー」を
開催してるのはご存知ですか?

健康、交通、観光、歴史など、バリエーションに富んだ
テーマで開催されており、僕も拝聴したことがあります。

来年も引き続き開催される予定とのことですが、
なんと、きたる2月23日に、不肖タムラも
セミナーを担当させていただくことになりました!

テーマは……

「旅と自転車〜輪行ツーリングのすすめ〜」

です。
カタギの一般の方を対象にして、
こんな渋いテーマでいいのか!?
これもこんな本を出した報いでしょう。

場所は港区赤坂の自転車会館、
時間は18時〜19時30分がセミナー、
19時30分〜20時30分頃が懇親会とのことです。

詳細につきましては、随時、日本自転車普及協会の
ホームページなどで発表される予定です。

しかし、輪行をテーマに90分も話すことがあるのか?
なにより参加者がいらっしゃるのだろうかと、
不安で今から戦々恐々としております。舌を噛んで、
リンコウをインコウとか言ってしまいそうです。

セミナー参加は有料(1000円)なので、
経験豊かで賢明な本ブログの読者のみなさまを
お誘いするのは気が引けるのですが、
イスを相手に話すのも悲しすぎますから……

ぜひ来てください!

心からのお願いです。

輪行の概略や自転車旅のバリエーションを紹介して、
輪行の地域性とか方法をお話しし、
自転車の解体と収納を実演させていただき……
う〜ん、どう考えても30分で終わってしまいそう(笑)。

みなさまのアイデアとリクエスト、
お待ちしております!
by cyclotourist | 2011-12-06 15:29 | おしらせ | Comments(4)