ブログトップ

シクロツーリスト&ランドヌールときどき模型の製作日記

cyclo.exblog.jp

<   2011年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

無国籍風ツーリング車

こんにちは、田村です。

明日からの林道ツーリングの準備が
ほぼ完了しました。

フレームはアメリカンハンドメイド、
コンポとタイヤは国産、ガードも国産なれど
装着スタイルはフランス式、
そしてイギリス仕込みのサドルバッグ。

日米英仏合作!? の無国籍ツーリング車です。

d0211129_16274761.jpg
かつてキャノンデールを代表する車種だったツーリング車。
これは1994年のT1000というモデル。
当時の価格はたしか27万円。
当時の僕は……22歳。よく買えたな(笑)。

本来は、エスゲのマッドガードとオリジナルの
前後キャリアが付いてましたが、とおの昔に破損。
それ以外の部品はほとんど当時のままです。

ランドナーではフロントバッグを使うことが多いのですが、
今回はサドルバッグ装備。
荷物の取り出しやすさなど使い勝手よりも、
ハンドリングの軽快さを
重視するスタイルですね。

サドルバッグといえば、パスハンターやクラブモデルの
象徴みたいな装備です。両車種を持ってない僕ですが、
サドルバッグの効能をダートで試してみたいと思いました。

d0211129_16374938.jpg
MTBが肩で風を切っていたご時世の自転車なので、
このツーリング車もコンポはMTB用のデオーレXT。
フロントは45×32×22Tのトリプル、
リアは28〜11Tの8速です。
たとえ歩くより遅くても、乗車して進むことができる……
といったギヤ比ですね。ワイドレシオの権化です。
d0211129_1644503.jpg
クロモリのフォークに比べて、
アルミフレームの太いこと。でも、そんなに硬くないし、
軽くもない。でも仕上げはきれい……昔らしいアルミフレームです。
d0211129_16465671.jpg
今回、この自転車の出番となった最大の理由が、
700×32Cのシクロクロスタイヤ
CG CX」を履けるからです。
既設のガードにちゃんと収まりました
(ダート走行では空きが小さすぎ?)。

今日はこれで出社しましたが、
思いのほか舗装路の走りも軽いです。
多少、トレッドノブの出っ張りを感じるものの、
時速25km前後での巡航も苦になりませんでした。

シクロクロス競技用なので、土っぽい路面で
真価を発揮するタイヤだと思いますが、
林道ダートは砂利まじり路面が主流。どこまで
CG CXが頑張ってくれるか、己の脚力を
棚に上げて期待しております。
by cyclotourist | 2011-07-28 17:05 | 製作中 | Comments(5)

タイヤ

こんにちは、田村です。

林道ランにはまっている今日この頃です。

ここのところ愛用しているランドナーやキャンピングは
ホイールが650Bという規格。
この規格は、グランボアさんの尽力もあり、
ひと昔前に比べると、タイヤの選択肢が
だいぶ増えてきたのは周知の事実。僕も愛用しております。

とはいえ、未舗装路、ダートの林道を走るようになると、
650Bのタイヤは選択肢が少ないなとあらためて痛感しております。
もちろん、たいていの林道は走れるのですが、
26インチや700Cホイールの、無数とも言える
タイヤラインナップに比べると不満が……という比較の問題です。

先日、700Cのスポルティーフを作りましたが、
舗装路走行を前提に、重量と走りの軽さを追求した
自転車ですから、それをダート走行に充てるのも
どうかと思いますし……。

すわ、パスハンターをオーダーか!? と
思わないでもなかったのですが、我がフリートの
古参を思い出しました。

700×32CのキャノンデールT1000です。
最近、すっかりオーダー車びいきになってしまいましたが、
これも名車だと今でも思っております。

そしてこれに装着すべく、あらたに
最新のタイヤとチューブを入手しました。
d0211129_21351494.jpg
じゃん! パナレーサーのCG CX 700×32Cです。
これに入れるチューブは、もちろんR-AIR。
軽さとしなやかさに定評あるチューブですね。32C対応です。

CG CXはシクロクロス用のタイヤです。
競技用のタイヤですが、見るからにダート林道の
ツーリングにも力を発揮しそうな代物です。

さっそく自転車に装着……の前に重量を計ったところ
290g & 293g。このサイズのタイヤとしては
圧倒的に軽量です。カタログデータ(300g)より軽い!

そして……

いいにおい。いかにも走りそうな、高級タイヤの香がします。

さらに手に取ると……

しっとり。指に吸い付くような感触。

やっぱり○○とタイヤは新しいものに
限りますね。
(以前もこんなことを書いて、各方面で
眉をひそめられた気もしますが……)

蒸し暑い中、大汗をかきながら、キャンピング仕様に
していたキャノンデールの前後キャリアを外して
サドルバッグ仕様にし、うきうきとタイヤを交換しました。

それもこれも、すべては今週末の
次なる林道ランのため。
日本最長といわれるダートが続く、
あの林道に行ってくる予定です!
by cyclotourist | 2011-07-27 21:57 | 製作中 | Comments(0)

ファミコン世代

こんにちは、田村です。

昨日、ツーリングにおける僕の性癖をブログに書いたところ、
50歳代のベテランサイクリストから
「田村さんはファミコン世代だ」と言われました。

言い得て妙な表現で、とても気に入りました。

いま、アラフォーの世代って、小学生のころに
ファミコンの洗礼を受けた人がほとんどですよね。

プラモデルやラジコン、そして自転車など
子供たちのあらゆる遊び道具を脇に追いやってしまい、
その関心を独り占めにしたのがファミコンでした。

ファミコンが登場したのは1983年だそうです。
(http://www.nintendo.co.jp/corporate/history/index.html)

心あるシクロツーリストが、ユーレーやサンプレの変速機を
ガラガラいわせて夜はひなびた民宿でしっぽりしていた頃、
僕たちお子様は、コントローラーをピコピコ操作して脳内旅行。
お姫様を助けたり、竜を退治したりしていたわけですね。
d0211129_10345536.jpg

そんなファミコン世代だからこそ、
実は自転車ツーリングにはまる人も、
少なからずいるのかも知れません。

旅に出る前に装備を整えたり、時に仲間を募ったりとか、
まだ見ぬ地への期待をふくらましたりとか、
ハプニングに痛めつけられたり、達成感に身を包んだり……

いま思うと、ファミコン(というかドラクエ)に
旅の仕方や魅力を教えられたのかも!?



追伸
ちょっと前までニンテンドーDSの
恋愛ゲームにはまってましたが、先日、道に落として
壊してしまいました。
ですので、しばらくゲームはしてませんが、
なんだか人生がゲームみたいで面白いです(笑)
by cyclotourist | 2011-07-26 10:47 | 製作中 | Comments(0)

林道とローカル線と温泉の旅

こんにちは。田村です。

今日からまた暑い日が続くみたいですが、
週末はうれしくなるほど涼しくなりましたね。

ここのところ、二週連続で週末は
林道に行っております。
超ベテランサイクリスト、T氏
ご案内いただき、
静岡、山梨、群馬、栃木、福島と、
あちこちの林道を走る機会に恵まれております。
d0211129_14201858.jpg
手前から、僕のトーエイ、T氏のケルビム、D氏のヒロセ。

先日のブログでは、ランドナーでダート走行が不安だなぁ〜
みたいな弱音を書き込んでおりましたが、
650×32Bや42Bで、今のところは走破してきました。
ゆっくり走れば怖くない、です。

妙にスピードを気にしたり、
飛ぶように下ろうなんて思わない限り、
ランドナーは本当に万能的に使える自転車だなあと、
再認識している今日この頃です。


ところで……
どちらかというと友達が少ない(悲)僕は、
はっきり言って、グループサイクリングの
経験があまりありません。

いっぽうのT氏は、ふだんからお仲間たちとの
サイクリングを頻繁に企画し、案内されている
社交的な方です。

コースプランニングから実際の道中まで、
僕にとっては眼からウロコの発見と
新鮮な喜びをたくさんプレゼントしてくれました。

今後の参考とさせていただくため、
ツーリングにおけるT氏と田村の違いを
列記しておきます。


・輪行で利用する列車について
T氏:普通列車も大好き
田村:新幹線が大好き
--------
みなさんはどちら派?
子供の鉄ちゃんみたいに、僕は新幹線に乗るのが大好き。
速く、遠くに行けるし……と思っていたのですが、T氏のおかげで
弊害もあることを実感。

そう、新幹線が走ってないエリアに、最近は
ほとんど行ってなかったのです!
僕の近場である関東エリアにも、実は素敵な林道がたくさんあり、
ローカル線や私鉄の普通列車でアクセスできることを
T氏は教えてくれました。
d0211129_14501380.jpg
会津高原から浅草(!)へ行く列車。
輪行の帰路は走る居酒屋に変身!?

・宿について
T氏:温泉が大好き
田村:日帰りかビジネスホテルが大好き
--------
遠くに行くなら泊まりたい、
泊まるなら温泉がある宿がいい。どうやら
それが人の情というものらしい。
実は僕、湯船に入るのがあんまり好きでなく、
自宅でも外でもだいたいシャワー。
下手すると、温泉旅館に泊まっても
部屋にある内湯でOKというズボラさ。
まあ、こんな僕がプランする旅じゃあ、
誰もついてこないよな〜。
一方のT氏は、コースプランニングに
温泉付きでリーズナブルな宿を組み込む達人。

温泉に入ると、翌日の疲れが格段に
少ないですね。40年近く生きてきて、
初めて実感しました(笑)。

・食べ物について
T氏:ご飯が大好き
田村:機能食品が大好き
--------
T氏に手配していただいた宿は、
いつも料理が美味しいです。しかも、翌日の
ツーリングに備え、おにぎりを宿に準備してもらう
手はずを整えているのです。

一方の僕は、夜は居酒屋、朝は二日酔いで抜き、
昼はカロリーメイト的な機能食品ばかり……。
下手すると食玩が補給食ですよ。

こんなふうに列記していくと、あまりに恥ずかしいし
キリがないので、このへんで……。
ようやく、己の変さに気づきました。

今まで宿なし、温泉なし、飯抜きツーリングに
付き合わせてしまった関係者のみなさま、
どうかお許しください〜。
by cyclotourist | 2011-07-25 14:54 | 製作中 | Comments(3)

悩ましき林道ラン

こんにちは。田村です。

おかげさまで腕は直りました。
林道で実証試験済みです。
d0211129_18404312.jpg
じゃ〜ん! シクロツーリストのあこがれ、
標高1750mの三国峠へ行ってきました。

長野県と埼玉県の県境にある峠です。そして、
埼玉側の中津川林道は、ダートが18kmも続くことで有名ですね。

もちろん、セオリーどおりに長野側から上って
(JR小海線で標高を稼げるからお得)
ダートを下りにあてました。

650×32Bのランドナーで走りましたが、
中津川林道のダートはそれなりに荒れていて、
少々緊張が強いられました。いつものコットンバーテープを
厚みのあるコルク製に巻き替えておいて、大正解でした。
ちょっとボテッとしますが、実用性を重視。
もともと下りが苦手な僕に、ダートで
カッコつける余裕はありません。

タイヤは人気が高いグランボア シプレでしたが、
これのトレッドはオンロード向きの上品なもの。
できれば、もうちょい太いタイヤか、
ダートで食いつきのいいタイヤを履きたかったです。

しかし、違う銘柄のタイヤを履くといった汎用性を捨てることで
機能美を手にしたのが、オーダー車の定め…ですよね!?

650×42Bのキャンピングも所有しているのですが、
その太いタイヤ(グランボアのエートル)はあくまで荷物積載時の
安定性を高めるために選んだのであって、
必ずしもダートで能力を発揮しないのが悩ましいところ。

4月に手に入れたばかりの700×27Cのスポルティーフが
ダートに弱いことは経験済みだし……
(『シクロツーリストVol.3』をご参照ください)


今週末もダートの林道に行く予定があり、
う〜ん、どうしようかなあと、仕事そっちのけで
自転車選びに頭を悩ましているのでした。
 ↑
これも仕事といえば仕事か(笑)
by cyclotourist | 2011-07-21 19:24 | 製作中 | Comments(3)

自転車博物館

こんにちは。田村です。

昨日は堺にある自転車博物館サイクルセンター
訪ねてきました。

d0211129_10244294.jpg
前泊したのですが、ひさしぶりの大阪駅は
面目を一新しておりました。

d0211129_1027927.jpg
大阪駅から環状線に乗り、天王寺からは
阪堺電車で堺を目指しました。大阪唯一(だと思います)の
路面電車です。チンチン、ゴーと、ストップ&ゴーを
繰り返して進むのは楽しいものです。
乗車料金は一律200円で、え、こんなに乗ったのに
こんなに安くていいの? という気持ちになりました。

d0211129_1030135.jpg
自転車博物館にて。
同館では、企画展「シマノ90年の歩み」を開催中です。
(来年の3月31日まで)
もうご覧になった方も多いかも知れないですね。

60年代の内装変速機から、近年の電動変速機を備えた
自転車まで、ずらりとならぶ様子は圧巻です。自転車が進化した
道のりをひと眼で俯瞰できる内容です。

同館では歴史的な自転車の
実物展示が目玉です。それだけに
パーツ単体の展示はほとんどありませんが、
収蔵庫では古今東西のパーツが出番を待っております。

そして今回、
シクロツーリスト取材班(僕とカメラマンの2名だけですが…)は
シマノの歴史を物語る変速機の数々を、
特別な許可をいただいて撮影させていただきました。

1956年に作られた最初の外装変速機、
60〜70年代の鳥シリーズ、
1980年に花開いたAXシリーズ、
そしてMTBブームを支えたデオーレシリーズに至るまで、
ばっちりフィルムに…じゃなくてハードディスクに
焼き付けてまいりました。

その成果は、10月発売の『シクロツーリストVol.4』で
お披露目できる予定です。
3ヶ月先に出る本の撮影をいまから進めているとは、
僕らしくない用意周到さです(笑)。

どうぞ、ご期待ください!
by cyclotourist | 2011-07-13 10:43 | おしらせ | Comments(3)

上腕二頭筋

こんにちは。田村です。

ここ数日、どうも左腕の肩から二の腕あたりが
痛かったのです。
職場の人には「四十肩だろ」と言われてムッとしつつ、
(事実、アラフォーではあるのですが…)
寝違えたんだろうくらいに思ってました。

あえて言えば、水曜の夜に見本誌を10冊くらい、
重さにして5、6kgほどの荷物を
左手で持ち歩いたことくらいしか原因が思い浮かびません。
それくらいで……それとも、酔って忘れているだけで、
なにか乱闘騒ぎを起こしたとか……。

しかし、その左腕の痛みが昨晩から激しくなり、
寝返りのたびに眼が覚めてしまう始末。
動かなければまったく痛くないのだけれど、
動かすとかなり痛い。

実は今日はサイクリングの約束があり、まあ足ではないし、
走れるだろうと思ってスポルティーフの旅装を整え、
早朝に家を出発したのですが……

停止と漕ぎ出しの時に腕に負担がかかるようで、
その度にかなり痛い。そんな時に限って、道行く信号は
どれも赤…。痛みで顔をしかめつつ、止まったり
走ったりし、輪行する駅を目指していたのですが…。

わずか5km先の駅までも、痛みが我慢できませんでした。

これじゃあ輪行で現地に行って、同行していただく方と
合流しても迷惑をかけるばかり……なにより痛い。
意を決して、ドタキャンの電話をしました。
(I様、本当に申し訳ありませんでした)

ふだん、バカはなんとかで、二日酔い以外で
体調が悪くなることはほとんどありません。
だからかえって、不快さや痛みに耐性がないのです。
体の不調であっさり心が折れてしまいました。

とりあえず、整形外科に行ったところ、
腕をいろいろと動かされつつ触診され、レントゲンなど
撮ってもらって、先生が下した判断は…

「上腕二頭筋が傷んでますね。軽い肉離れです」

とのこと。で、

「6週間もすれば自然に直るはずです」

とのこと。6週間!? ちょっともう少し早く直らないんすか?

「安静にしてれば2、3週間で直るかも」

……。まあ、きっと先生もマージンを含んで
言ってるんでしょう。きっと一週間くらいで
良くなるでしょう。そうじゃないと……

次のシクロツーリストが出ない!

とりあえずは、「医者にそう言われたから」と
威張りながら、家事手伝いを放棄しようと思います。
(普段からしちゃいませんが…)
d0211129_1754864.jpg
いただいたお薬。
湿布と鎮痛剤です。やたら説明書きが多い…。

なんでも、最近はジェネリック医薬品という、
後発で互換性がある薬が登場しているようです。薬局で
いろいろ説明され、よく分らないながらも安いのはわかったので
ジェネリックにしてもらいました。

これってシマノに対するスギノやスラムのようなモノ?

追伸
医者へはブロンプトンで行ったのですが、
アップハンドルの自転車なら、あまり腕が
痛くなりません。しばらくはコレだな〜。
by cyclotourist | 2011-07-09 18:05 | おしらせ | Comments(5)

女性用自転車

こんばんは。田村です。

昨日は自転車乗りにとっての知の宝庫、
自転車文化センターへ行ってきました。

いつものように、過去の自転車関連図書を
「なんかパクれないかな……」と物色していると、
「ちょっと田村さん……」と、学芸員の方に声をかけられました。
パクるなんて嘘、 ちょっと参考にして
真似するだけですから〜お許しを……え、違う?

なんでも、某大学の学生さんが、
「女性用自転車」について調べるため、
自転車文化センターに来たとのこと。
ついては、ショップやメーカーの事情に詳しいであろう
(明らかに買いかぶり)
アナタもアドバイスすべし……とのことでした。

女性用自転車……

もっとも苦手なジャンルです。正直よくわかりません。

学生さんは理系の方で、もっと女性に適した
新しい形の自転車をデザインしたい……
とのことでした。
なんでも統計学を応用してCADで設計するとのこと。
とても真剣に考えてるようなので、
いちおうアドバイスらしきことを試みました。

「女性の方が多く訪れるショップにうかがい、どういった要望がお客さんから寄せられるのか、リサーチしてみては?」

「そのうえで、使用目的を絞り込んだ自転車を考えたら?」

「小径車や折りたたみ自転車なら、独創的なデザインが成り立つ可能性があるかも……」

 と、無責任な正論(?)ばかりアドバイスしてしまいました。

 ご承知のように、ここ数年各社から
「〜ウーマン」といったモデル名の付く自転車が登場しています。

でも、サイズが小さいことと、
ピンクや白いカラーリングだったりすること以外に
「男性用」との違いってあるのでしょうか?
価格が低めだとか? う〜ん。

自転車に限らず、乗り物って基本的には
性別に関係なく使いこなせるものだと思いますし、
そうあるべきだと僕は思います。

目的に応じた車種を選び、
体格に合わせてフレームのサイズを選ぶことは、
男女関係なく必要なこと。
色は結局のところ趣味ですからね……。

いわゆる“女性用モデル”を見ると、
プロデュースした人の思惑が聞こえてくる時があります。

「女性だから小柄だし、窮屈な姿勢は無理だし、しかもニブいから超スローピングにして……と。しかもメカが苦手だし、ケチだからコストは下げて……と。色だけは可愛くしてみっか。やっぱピンクか花柄でしょ」

無論、これは僕の妄想です。
所詮、男なんで、こんな発想しかできないんですよ。

実際のメーカーは、女性の声に基づいて、
真摯に物作りしてるのだと思います。
でも、明らかに「なんだかな〜」と思う女性用モデルもあります。

きっと、前述の大学生たちも、
そんな不満を漠然と感じてたからこそ、
女性用自転車をデザインしよう、と考えたのでしょう。
正直、難しいプロジェクトだと思いますが……。

ちなみに、ある書店様の調べでは、
『シクロツーリスト』の読者は15%弱が女性だとか。
僕の想像以上に多くてびっくりしました。
でも、女性用ランドナー、なんて特集はしませんよ。

やっぱり自転車はセックスレス、
もとい、もとい(それじゃウチだ)
自転車はユニセックスだと思います。
by cyclotourist | 2011-07-04 20:15 | おしらせ | Comments(7)

大槻さんのウルトラライトキャンピング

こんにちは。田村です。

7月に入り、いよいよ夏本番ですね。
夏と言えば……やっぱりキャンプツーリングしたい!
というシクロツーリストも多いのではないでしょうか。

ぼちぼち書店に並ぶ『シクロツーリストVol.3』では、
ベロクラフトの店長、大槻正哉さんの斬新なキャンピングが
登場しますよ。フレームオーダーから実際のツーリングまで
余すところなく赤裸々にリポートしております。
d0211129_9332778.jpg
SW WATANABEの斬新なフレーム。
その設計とパーツ選びには、大槻さん「自腹」ゆえの
大胆な試みがあふれています。

いま、ハイキングや登山などアウトドアの世界では、
「ウルトラライト」という考えが注目を集めています。
三鷹にあるウルトラライトショップも人気ですね。

軽量化された機材と使い手の工夫によって、
なるべく荷物を軽くし、体への負担を減らして
自然を楽しもう、という考え方です。

そのウルトラライトの考えを
大槻さんが旅自転車のデザインに取り込み、
実際のキャンプツーリングで実践したのが、
このイエロー×ブラックのキャンピングなのです。
d0211129_94347.jpg
左が伝統的なキャンピング(僕のロイヤルノートン)、
右が大槻さんのウルトラライトキャンピングです。

こう比べると、装備するキャリアやバッグの数と位置、
搭載するアイテムの量が対照的に違うのがわかると思います。

自転車と装備品の具体的な仕様や重量は……
『シクロツーリストVol.3』にご期待!
ということにさせてください。すいません(笑)。


ハイキングや登山でのウルトラライトは、
行動中に増減する飲食物などを除いた荷物の重量を
「ベースウエイト」としてとらえ、それをどう減らすかに
知恵をしぼるようです。

艦船で言うところの基準排水量ですね。

ちなみに、海上自衛隊の船は、小さな印象を与えたいため(?)
基準排水量を諸元として公表することが多いようです。

d0211129_9552761.jpg
護衛艦「ひゅうが型」の場合……
基準排水量13,950トン
満載排水量19,000トン

です。ベースウエイトを絞った(?)よい船なのかもしれません。

満載排水量を基準にして
「堂々2万トン級の空母です!」って
自慢したいけどなあ、僕だったら……。
by cyclotourist | 2011-07-01 09:59 | おしらせ | Comments(2)