ブログトップ

シクロツーリスト&ランドヌールときどき模型の製作日記

cyclo.exblog.jp

<   2011年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ハンドメイド自転車の黄金時代

こんにちは。田村です。

シクロツーリストのバイブルとも言える名著、
『THE GOLDEN AGE OF HANDBUILT BICYCLES』。
フランスを中心とした、華麗なるツーリング車を美しい写真で
解説している洋書です。
d0211129_175337.jpg
総クローム仕上げのエルスがカッコいいカバーですね。

……………………

気づきましたか?
タイトルが日本語になっていることに!
d0211129_1775721.jpg
弊社、グラフィック社には
国際部というのがありまして、洋書を国内向けに邦訳したり、
その逆に、こちらのコンテンツを各国語版にするという
出版も数多く行っております。

そして来る4月に刊行させていただくのが、
『THE GOLDEN AGE OF HANDBUILT BICYCLES』の日本語版、
『ハンドメイド自転車の黄金時代』なのです。
d0211129_17143294.jpg
日本語です。うれしいな!

僕自身が、この本を日本語で読みたいな〜と
切実に思っていました。本日、印刷する中国から
色校が届き、感慨もひとしおです。

翻訳はプロの翻訳者が行い、
監修はご存知の中堀剛さんに務めていただきました。
ですので、かなり読みやすく、シクロツーリストの方々に
違和感のない日本語になっております。

さらに、アイズバイシクル土屋郁夫さんにも
内容をご確認いただき、
用語の日本語表記をはじめとして、多々ご教示いただきました。
あらためて、お礼申し上げます。

価格は、アマゾンなどで手に入る洋書に比べても
グンとお求めやすいものになります。
ただし、国内での書籍流通事情を考慮して、
判形はひとまわり小さくなり、AB判というサイズになります。
原書の約86%縮小です。

発売は4月と少し先ですので、
また後日、あらためて詳細をお伝えしたいと思います。
どうぞご期待ください。


『シクロツーリスト』を出し、大槻さん、中堀さんの
書籍を出させていただきながら、こんな翻訳本プロジェクトも
実は進行していたのです。
僕って働き者だなあ(笑)
by cyclotourist | 2011-02-01 17:25 | おしらせ | Comments(4)

絹代さん

こんにちは。田村です。

昨晩は、某カメラマン主催の新年会に
お邪魔してきました。

そこへなんと……絹代さんが登場!
d0211129_1035517.jpg
あいかわらずお美しい方です。
まぶしくて、僕のような庶民の眼はつぶれてしまいそうです。

自転車を軸に、イベントのMCや講演など
多彩な活動をされている絹代さん。

美貌と学歴(東大卒ですよ!)を兼ね備え、しかも
自転車に乗ったらけっこう速い……
天は人に二物も三物も与えるんですね。

トレックやチネリのロードバイクを愛用している
絹代さんですが、そのうちに、ガード付き自転車にも
目覚めてくれるといいなと思っております。

弊社の3月新刊『輪行サイクリングのすすめ』にも、
絹代さんのインタビュー記事を掲載させていただく予定です。
女性ならではの輪行ノウハウにご期待ください!

しかし、せっかく絹代さんが参加された新年会において、
僕は痛チャリとか、ラブプラスとか
エヴァの話ばっかりしてしまい、
悔やんでも悔やみきれません。
by cyclotourist | 2011-02-01 10:50 | おしらせ | Comments(2)