ブログトップ

シクロツーリスト&ランドヌールときどき模型の製作日記

cyclo.exblog.jp

カテゴリ:おしらせ( 474 )

ツェルトでキャンプ!

こんにちは、田村です。

ゴールデンウィーク最後となる日曜日、
再び大洗を目指しました。
d0211129_1023337.jpg
バイクパッキングでキャンプ、
その第二弾です。
手持ちのアピデュラのバッグをフル装備した
我がキャノンデールCAAD12 DISC。
もはやこのスタイルがデフォルトな自転車です。
d0211129_10254316.jpg
出発前に自宅で重量を計測。
14.6kgです。自転車が8,5kgほどなので、
バッグと搭載アイテムの重量は6kg少々です。
今回、ジャージ上下とパンツなど着替えも搭載したのですが、
すばらしく軽量です。それに大きく貢献したのが、
ファイントラック製ツェルトの採用です。

以前も本ブログで紹介しましたが、
自分が使ってるテントは、アライテントのトレックライズ0。
とても使いやすく居住性も高いのですが、
重量は1440gあり、それなりにかさばりもします。
一方、新しく導入したツェルトは、
本体とペグ、ガイドラインなど一式で366gに過ぎません。
寸法も小さく、フレームバッグに余裕で収まります。

この軽量化、省スペース化のおかげで、
着替えを積みながらも、トータル重量を
抑えることができました。
d0211129_10325469.png
今回は石岡から走り出します。
近郊の峠を三つばかり登ってから
大洗を目指すという、フェイントが入った
難易度の高いコースです。
コースプランナーは、トシさん(千葉のYさん)。
ちょっと自分には思いつかない素敵なコース設定で、
大洗にはサイクリングの大切なものが
すべて詰まっていることを、あらためて教えていただきました。
d0211129_10384125.jpg
輪行が苦にならないのも、
バイクパッキング式スタイルの魅力。
外すのはサドルバッグだけで、フロント・フレームバッグなどは
取り付けたままで輪行袋に入ります。

サイドバッグとキャリアを用いる、従来型キャンプツーリングの
最大の弱点が、輪行だと思います。
4サイドにもなると、鉄道での輪行は大変めんどうで、
労力も時間もかかり、それが自分が
キャンプから遠ざかる理由でもありました。
バイクパッキング式なら、普段のサイクリングと
ほとんど同じ気軽さで出かけることができます。
ちなみに……
d0211129_11341577.jpg
前回のキャンプでは、
シートステーにゴム板を巻いて
サドルバッグの揺れを抑えましたが、
今回はサドルバッグ側にあらかじめ
ゴム板を接着しておきました。
このバッグ先端部の形状が、キャノンデールCAAD12の
シートステー接合部にぴったり合うのが魅力です。
もちろん、たまたまですが(笑)。
ちなみに、CAAD12のトップチューブは角断面で、
トップチューブバッグやフレームバッグの
収まりが良好なのもうれしいところです。
d0211129_10424839.jpg
石岡駅で自転車を組み立てていると、
同じように輪行でやってきたロード乗りさんに
注目されます。バッグの価格や装備の内容が気になったようで、
いろいろ質問を受けました。
d0211129_10441259.jpg
トシさんの自転車です。
「リストラップ」というサドルバッグが
荷物のメインスペース。僕も現物は初めて見たのですが、
汎用的なドライバッグを収納、ホールドする構造です。
容量を柔軟に調節でき、防水性も抜群でしょうから、
よく考えられたバッグだと思います。
フロントバッグやフレームバッグは、お手持ちのものを
工夫してアッセンブルしてます。
「フロントバッグがややふらつく」とトシさん本人は
おっしゃってましたが、総重量は自分の自転車とほぼ同じで、
十分に軽快なツーリングが楽しめる仕様になってました。

ブルベを始めた頃は、こうしたバッグ類や装備を
参加者各自が工夫しているのを見るのが楽しみでしたが、
最近のブルベでは、なんとなくスタンダードみたいなのが
確立され、変化に富んだ自転車を
あんまり見なくなった印象があります。

一方、キャンプを前提にしたバイクパッキングは、
まだまだ見る機会が少ないですし、各社のバッグの
評判も分からないことが多いですから、
工夫の余地がたくさんあって面白いと思います。
キャンプ道具自体も人それぞれで興味深いです。
d0211129_10571060.jpg
石岡の街をあとにすると、
すぐに山並みが迫ってきます。
d0211129_1101789.jpg
標高250mほどの峠を越えます。
ピークには、乗越峠と看板あり。
地形図には名前が載ってない峠ですが、
ロード乗りと何人かすれ違ったので、
地元では有名な峠なのかもしれません。
d0211129_1121273.jpg
いったん下って登り返し、
もうひとつ峠越え。
こちらの団子石峠は、地形図にも名前が出てますね。
いずれも10%を超える勾配が現れましたが、
木陰が多く気持ちのよい峠路でした。
d0211129_1141760.jpg
茨城県のオアシス、
セイコーマートで休憩。
ここで、駅前で出会ったサイクリストと再会。
軽装のロードの方と、だいたい同じペースで
走れていることに満足感を覚えます。
d0211129_1152012.jpg
3人で道祖神峠へ。
下った先で分かれ、我々は
大洗を目指します。大洗が近づくと、
どこをどう走っても見覚えのある道ばかりで
(実際はそんなことないのですが)
帰ってきた〜という気持ちが高まります。
d0211129_117081.jpg
16時前に大洗着。
走行距離は85kmほどでしたが、
これからが本日のメインイベントです。
d0211129_1195215.jpg
大洗キャンプ場へ。
以前利用した大洗シーサードキャンプ場も悪くは
ありませんでしたが、こちらのほうが静かな立地です。
ゴールデンウィーク最終日ということもあり、
僕ら以外の利用者は一人だけとのこと。
1300円の利用料をお支払いし、さっそく設営します。
d0211129_11114792.jpg
ツェルトです。
輪行袋よりコンパクト。
d0211129_1112209.jpg
立木を利用すれば
極めて簡単に設営できました。
自立式テントに比べると、設営場所や方法を
選ぶのは確かですが、工夫次第で、
どんな場所でも張ることができそうです。
d0211129_11135251.jpg
一枚布を下面で結ぶだけの構造なので、
床に穴が空いてます。
自分の使い方ですと、ツェルトを被ったりは
しないので、せめて床に隙間がない
筒状のほうが望ましいのですが……。
なにかで繋いでしまおうか検討中です。
d0211129_11154956.jpg
別途持参した、
銀マット代わりのエマージェンシーシートを敷いた上に
モンベルのスリーピングマットを置きました。
もちろん、シュラフも持参してます。
d0211129_1118353.jpg
テントに比べると居住性は
限定的ですが、条件がよければ
快適に眠ることができそうです。
なかに入ったまま調理するとか、
昼間も一日過ごすとか、そうした使い方は
無理でしょうけど。

自転車ツーリングの場合、登山ほど
厳しい自然環境のなかでキャンプすることはないので、
これで十分ではないでしょうか。
ツェルトの軽さ・小ささによって得られる
走行中の快適さや、搭載量の余裕がうれしいです。
d0211129_11234138.jpg
トシさんは、テントとツェルトの中間的な
シェルターを持参。こちらも狭いですが、
寝るには必要にして十分なスペースです。
ちなみに、5000円で買えるシロモノだとか。
d0211129_11381538.jpg
設営後、潮騒の湯へ。
d0211129_11384273.jpg
すばらしい色紙。
露天風呂に入り、心身ともにさっぱりしたら……
d0211129_1139497.jpg
居酒屋「しゅんさい」さんへ。
島田愛里寿たんのいるお店ですね。
d0211129_11401995.jpg
お店の中には、控えめながら
ガルパンコーナーがありました。
冷たいビールと美味しいツマミで小腹を満たしたら……
d0211129_11411497.jpg
ウスヤさんで揚げ物を買い出し。
ちょうど閉店間際でしたが、ほかの常連さんが
買い物をしていたので、それに便乗させていただきました。
d0211129_11415857.jpg
夜の静かな大洗も素敵です。
ちなみに、自転車は押し歩き。
当然です。飲んだら乗るな、ですからね。
キャンプ場は磯前神社のすぐ裏手なので、
歩くのも苦になりません。
d0211129_11430100.jpg
ツェルトといえ、もはや自分の家。
自分の家が大洗にあるという、夢の実現。
d0211129_11441144.jpg
買い出した揚げ物やビールで
酔いを深めます。なんという幸福感。
トシさんとの話も尽きません……ふと、
もう一張りのテントを見るともなく見ると、
同年輩くらいのご婦人が一人で食事をしている様子。
そこで、「一緒に食べませんか?」と
声をかけることに……。

言うまでもなく、深い考えもなにもなく声をかけたのですが、
同席していただいた彼女のお話があまりにディープでした。
北海道からやってきて、キャンプ場に宿泊しながら
大洗でとある仕事をやっているとか……。
安く泊まるには、キャンプしかないとのことで、
遊びでキャンプしている自分たちとは
次元が違うのです。
そして、滞在が長いだけに、大洗の事情に
詳しいこと詳しいこと。
さらに、「ボトムズ最高」とか言っていたような……。
自分も酔っていたので正確には覚えてないですし、
束の間ご一緒したご婦人の個人情報を
書くのもアレなので書きませんが、
トシさんと二人してプロトカルチャー的な衝撃を受けつつ、
ほどほどで宴会を切り上げて床についたのでした。
d0211129_11532940.jpg
翌朝、6時過ぎに目覚めました。
トシさんが電気式の蚊取り線香を貸してくれたおかげで、
蚊など虫には襲われませんでしたが、
早朝からカラスの活動が盛んで、その鳴き声に起こされました。
トシさんのシェルターは内部の結露が多かったようですが、
自分のツェルトはほとんど濡れず、透湿性は良好でした。
ただの一枚布なのに1万7000円もするだけはあります。
d0211129_1155583.jpg
昨晩は出番がなかった火器を使って、
パスタで朝食。昨日の残りのハムカツを
トッピングして、朝からハイカロリーです。

こうして、無事にツェルトで一夜を
過ごし、朝を迎えることができました。
d0211129_11585925.jpg
そして、新しい旅が
はじまるのです!
by cyclotourist | 2016-05-12 12:07 | おしらせ | Comments(9)

みんなで大洗に帰ろう!

こんにちは、田村です。

4人で三国峠を堪能した翌日は、
あらたなメンバーを二人加えて大洗へ。
d0211129_19242231.png
土浦から大洗をめざしました。
土浦まで輪行すると、大洗までの距離が
70kmくらいに短縮されますし、
霞ヶ浦沿いの自転車道(クルマも通りますが)に
即アクセスでき、ほとんど登りがないコースを
柔軟に組めます。
今回は、「ファントム無頼」世代の諸先輩の
ご趣向を反映し、百里基地(茨城空港)を経由する
コースを採用いたしました。

目的地がなぜ大洗かは、もはや説明は不要でしょう。
舞台サイクリング研究会東京支部長(自称)の
私としては、京都からお越しの会長殿に
ぜひとも大洗を体験して欲しかったのです。
ファラート(自転車)フォー!
d0211129_19373439.jpg
霞ヶ浦湖畔を追い風に乗って快走!
先頭のサイクリストが妙にちっちゃいですが、
我が娘です(笑)。小学4年生になりました。
この日は全域で風向きがよさそうで、しかも
平坦なのが分かりきってますから、
「大洗、行く?」と聞いたら、「行く!」とのこと。
ガルパン劇場版を3回見せた甲斐があるというもの(笑)。
もうお一人の新メンバーは、
当ブログにもコメントをくださるTさん(ZENONさん)。
堂々6機の大編隊で大洗をめざします。
d0211129_1954174.jpg
どうしても遅れがちな娘ですが、
今回のように風向きがよくて平坦なら、
時速20kmで巡航できるようになりました。
ご同行のみなさんに「すごいね〜」とほめていただき、
当人も満更でないようす。
オタクな現代っ子は、ほめて伸ばすしかないですね(汗)。
学年で一、二を争うほど背が低い(約130cm)ので、
24インチのジュニアロード(アンカー)が今もピッタリです。
d0211129_19575867.jpg
湖畔を離れるために
北へハンドルを向けると、
なにやら怪しげなレールが……。以前から
気にはなっていたのですが、
千葉のYさん(トシさん)情報によると
10年ほど前に廃線となった鹿島鉄道の跡とのこと。
これはあらためて探索せねばなりますまい、というか
その予定もすでにあったりするのですが、
この日はチラ見に留めます。
d0211129_20165.jpg
広々とした農村風景。
茨城県らしい、穏やかな地形が広がります。
d0211129_2015419.jpg
ほどなくして、百里基地に近づきます。
フェンス沿いに小道が続き、これを
基地の北側まで走っていきます。
クルマも人通りもなく、なんとなく
緊張感が高まるエリアです。
d0211129_20345416.jpg
百里基地のゲートをくぐり、
「見学させてください」と申し出て受付すると
(身分証明書が必要)
歴代の空自戦闘機が展示されたエリアへ
立ち入ることができます。
写真のF-104が個人的にはいちばんカッコいいと
思います。ほかにF-86、T-80、F-1、T-2、
そしてF-4が展示されています。
特にF-4は記念塗装機と偵察機型の2機があり、
みなさんの視線を集めていました。

娘も、戦闘機の大きさに驚いてはいましたが、
さほど興味はないようす。
「これ、戦う時は手とか足が出るんだよ〜」と、
マクロス風味の冗談を振ってやりましたが、
「お父さん、アニメ見過ぎ」と、軽くいなされました(汗)。
いつもは、上空をF-15やF-4が飛んでいるのですが、
ゴールデンウィークは訓練も少ないそうです。
d0211129_2144885.jpg
さて、百里基地の展示機を拝んだ後は、
近くのコンビニでお昼休憩。
お歴々の先輩方はもちろん、娘も
すっかり馴染んじゃってます。
けっこう元気に走り続ける娘ですが、
子供だけに疲れやすいのは分かっているので、
1時間に一回は停まって休むようにしました。
そんなのんびりペースにも合わせてくれた
諸先輩に感謝です。
d0211129_89085.jpg
涸沼が見えてくると、
大洗に近づいた実感が湧きます。
いつもは閑散としている涸沼ですが、
この日はジェットスキーやBBQを楽しむ人々で
賑やかな印象でした。
d0211129_8102420.jpg
14時半頃、大洗に到着。
マリンタワー前の定位置に自転車を並べ、
お約束の記念撮影に興じます。この日も自転車は多彩。
写真左から、
サーリー・ペーサー
ケルビム・クロスオーバル
ビゴーレ・山と旅の自転車
マキノ号
アンカー・ジュニアロード
ラレー・カールトン
です。
d0211129_81429100.jpg
約70kmを走破した娘。
意外と元気なので、今日のように条件が良ければ
もう100kmくらいは走れそうです。
d0211129_8153654.jpg
あとは気の向くまま、
ガルパン名シーンの舞台をなぞっていきます。
d0211129_8163291.jpg
大洗磯前神社へ駆け上がります。
d0211129_818239.jpg
鳥居越しの大海原が
目にしみるほど鮮やかでした。
d0211129_8183376.jpg
あいかわらず見事な絵馬の数々。
d0211129_8185353.jpg
社畜さんチーム……
自衛官候補生……
切実な願いの数々に胸が締め付けられます。
d0211129_820765.jpg
圧巻の力作。
こういうのって、絵馬を持ち帰って、
自宅で書いてから持参するのでしょうか?
d0211129_8214282.jpg
キリコの生存も確認できました。
d0211129_8231311.jpg
神社の裏手から赤い歩道橋に出て、
商店街に戻ります。
この歩道橋からの眺めも、
劇場版で印象深いシーンでした。
d0211129_8241486.jpg
ウスヤさんへ。本日も大盛況。
d0211129_8244123.jpg
ハムカツや串カツをいただきます。
娘は、父に負けず劣らず揚げ物が大好きです。
だから身長の割にけっこう重いのですが、
本人も気にしてるので決して指摘しないでください(汗)。
さすがに小学生が自転車で訪れるのは珍しいようで、
立ち寄るお店では、「お嬢ちゃんすごいね〜」と
声をかけられており、照れながらも喜んでました。
d0211129_826842.jpg
大洗駅の横手で輪行準備。
みなさん、おつかれさまでした。
次にお会いできるのは信州でしょうか、京都でしょうか?
お別れは寂しくもありますが、
次の旅への期待も高まります。
d0211129_8322381.jpg
我々は20時過ぎに池袋に到着。
基本、娘の輪行支度も自分がするのですが、
袋から出したりベルトを外したり、少しでも
手伝おうとする娘の姿勢は悪くないです。
嫌われないていどに、また
連れ出してやろうと思いました。

こうして、京都からの会長来訪を口実にした(?)
二日間のサイクリングは無事に終了しました。
自分の仕事にはあんまり関係ないゴールデンウィークですが、
お仲間と一緒に走ることができるチャンスとして、
やっぱり貴重な休日ですね。

翌日の6日は平日なのでフツーに仕事っぽいことをして、
7日はフィギュア教室に通ったり、ワンフェス申請をしたり。
そして8日は、また大洗へ行ったので(笑)、
あらためてリポートしたいと思います。
by cyclotourist | 2016-05-10 08:54 | おしらせ | Comments(6)

ディスクロードで三国峠へ

こんにちは、田村です。

今回のゴールデンウィークは、
いつになくサイクリング三昧でした。
ゴールデンウィークの序盤は宇治スタートでフレッシュを走りましたが、
先日は逆に宇治から先輩サイクリストをお迎えして、
三国峠をご一緒してきました。
シクロツーリストに大人気の、信州と秩父を画す峠です。
最大の魅力は、ダイナミックな切り通しの峠であることと、
秩父側に18kmも続く未舗装路です。
d0211129_16535610.jpg

久しぶりの三国峠は、
我がディスクロードの内なる可能性を
試すにはもってこいのサイクリングとなりました。
この日のために、タイヤをグラベルキング32Cに交換し、
装備はアピデュラの大型サドルバッグとフレームバッグに
搭載。日帰りなので、フツーはこんな大容量の搭載スペースは
要らないのですが、峠でカップ麺など食べたいと思って
火器を搭載。また、降水確率が直前まで
かなり高かったので、レインウエアも完備。

生粋のロード乗りの方にはもちろん、ベテランのツーリストにも
眉をひそめられかねないスタイルですが、
個人的にはディスクロードとバイクパッキング式のバッグ類に
大きな可能性を感じております。

先のキャンプでは、大型サドルバッグ、フロントバッグ、
フレームバッグ、トップチューブバックといった
アピデュラ4点セットを装着し、十分に軽快な
キャンプツーリングを体験することができました。

今回はバッグをサドルバッグとフレームバッグのみとして、
林道ダートでの安定感を味わってみたいと思いました。
本来、ダートでは自転車の運動性を損なわないように
リュックを背負うのが定番なのですが
ホールド感のよいサドルバッグと、自転車の重心に近い
フレームバッグなら、けっこういけるのではないかと。

というかむしろ、ロードバイクでダートを走るなんてコトは
一般的にはあまりおすすめできませんが、
僕にとってこのロードはツーリング車そのものなので、
その汎用性の高さをいろんなシーンで試したいと
思った次第です。
d0211129_1774138.jpg
輪行で信濃川上駅へ。
朝、家を出た時は台風のような豪雨でしたが、
信濃川上駅に到着した10時頃にはすっかり晴れました。
宇治からお越しの会長さん、千葉からお越しのKさん、Yさんと
合流し、それぞれの自転車を駅前で組み立てます。
舞台サイクリング研究会の例会ですが、
この日は舞台巡りはありません(汗)。
d0211129_17101914.jpg
4人それぞれ
個性が異なる自転車で参上。
左下が会長の26×1.5インチの「山旅車」のタイヤ、
左上がKさんの650×35Bのランドナータイヤ、
右上がYさんの700×40Cのツーリングタイヤ、
右下が自分の700×32Cのグラベルロードタイヤ。

いずれもダート走行を考慮した太めのタイヤながら、
規格やコンセプトが違うのが面白いところですね。
d0211129_17153720.jpg
頂きが白い北アルプスを背にして、
ゆるゆると三国峠へ向かいます。
三国峠は標高1740mもあるのですが、信濃川上駅が
すでに標高1100mもあり、アプローチは容易です。
d0211129_17353597.png
峠までは全舗装で20km少々、
峠から麓までの18kmはダートですが、そのあとは
三峰口駅まで再び舗装路を25kmほど走ることになります。
つまり、ダート走破だけを考えたMTBなどでは、
ちょっとかったるいコースなのです。
かといって、細いタイヤのロードでは、
ダートがまるで楽しめません。
自転車選びと装備が試されるコースといえるでしょう。
d0211129_17245342.jpg
さて、峠に向かっていると、
この日はたくさんのシティサイクルと出会いました。
乗っているのは、ほとんどがアジア系の外国人さん。
このあたりはレタスの産地として有名で、
そこで働いている方でしょうか。
しかし、出勤(?)時間には遅いですし、
なんだろうな〜と思いながら進んでいくと……
d0211129_17264890.jpg
秋山の集落の外れで、
時ならぬ人だかり。お祭りのようです。
d0211129_17274322.jpg
7年に一度という、
秋山の諏訪御柱祭りです。
いつもは行き交うクルマもまばらな県道が、
この日はお祭りのメインルートになっているのでした。
なぜかメイドさんやゴスロリ調に仮装した
ゴツいおっちゃんたちに驚きつつ、自転車を押して
進んでいくと……
d0211129_17291542.jpg
「持ってけ」と、お菓子と
スポーツドリンクをいただきました。
気前のいい振る舞いに感謝しつつ先へ進もうとすると
「せっかくだから曳いてけ」と言われ……
d0211129_17303163.jpg
レーパン姿で御柱に結ばれた縄を
つかむことに(汗)。
わずかな時間でしたが、晴れの場を
共有させていただきました。
d0211129_17324886.jpg
お祭りエリアを通過し、梓山のヤマザキストアに寄ります。
峠の登りが本格的に始まる直前にあるので、
いつも助かります。年中無休です。
d0211129_1743364.jpg
その場で食べるパンと、
峠でいただくカップ麺、そして
カップ麺に欠かせない水を調達。
d0211129_17435953.jpg
2リットルの水を
登山用のウオーターボトルに詰め替え、
フレームバッグへ。いい感じで収まりました。
d0211129_17451158.jpg
お店を後にすると、ほどなくして
林道になり、本格的な登りの始まり。
勾配は5〜6%とマイルドなので、
会話しながら楽しく進んでいける峠路です。
d0211129_17482024.jpg
雰囲気のよい峠路を
一気に走りきってしまうのは勿体ないので、
しばしば停まって自転車談義。
写真は会長のビゴーレ「山と旅の自転車」。
MTBベースのツーリング車です。
宇治から3日間の遠征となるので、
前後バッグ+リュックという装備です。
d0211129_181136.jpg
Kさんのケルビムランドナー。
とにかくフレームサイズが大きいので、
650Bの車輪が小さく見えます。
長いヘッドチューブにWレバーを設けています。
このサイズに合わせたフロントバッグをオーダー中とのことで、
できあがりが楽しみですね。
d0211129_1821724.jpg
ぽつぽつと
山桜が咲いていました。
あっという間に散ってしまう桜ですが、
場所を変えれば長く楽しめますね。
d0211129_1835741.jpg
アピデュラのサドルバッグは、
その巨大な外観に反して、
さほど揺れません。ダンシングしても
違和感は少なく、フレーム剛性が高い自転車なら
快適に走ることができます。
大型バッグはキャリアで支えるもの、という
固定観念を覆してくれました。
d0211129_1893328.jpg
12時半過ぎ、峠に到着。
過去最高の青空が迎えてくれました。
d0211129_18102253.jpg
心に残る切り通し。
やっぱりいいな〜、ここ。
初めて訪れた会長とKさんも大満足。
ほかの峠のほとんどは、登り量が多くて長く険しいほど
達成感が高まるものですが、この三国峠は、
ちょっとのがんばりで最大限の喜びを、
気前よく感じさせてくれます。
d0211129_18134463.jpg
サドルバッグから火器を取り出して、
湯を沸かします。
こうした休憩や下りに備えて
長袖ジャケットも持参したのですが、
まるでいらないほどの好天に恵まれました。
d0211129_18205394.jpg
湯を沸かしてカップ麺を
いただくだけですが、
ツーリングに潤いが生まれます。
みなさんの湯も沸かしたので、ほとんどの水を
使い切ることができ、下りの前に軽量化も成功です(笑)。
d0211129_18373348.jpg
ありがとう三国峠……。
それではいざ……
d0211129_18382287.jpg
見せてもらおうか、
グラベルキングSKの性能とやらを!
d0211129_1839451.jpg
結果、十分に快適です。
さほど太くはないので無理は禁物ですが、
径が大きいので小石やギャップに弾かれることが少なく、
安定感があります。
当然ながらディスクブレーキも申し分なく効き、
セミブロックパターンのタイヤをがっちり制動します。
フロントバッグがないことも好影響だと思います。
以前、650×32Bのランドナーでも下りましたが、
正直なところ、今回のほうが快適です。
もちろん、下りだけならMTBのほうがラクですが。
(自分の26インチでも段違いに)

ロードでも、というかむしろ、最新のロードのほうが、
タイヤさえ変えれば、ランドナーより
ダートも楽に下ることができるという事実……。

ランドナーのスタイルも大好きな自分としては
若干複雑な気持ちですが、個人的には
いつわらざる感想です。

実際、スポルティーフはともかく、
ランドナーはここ数年で出番がめっきり少ないです。
フロントバッグの便利さも、GPSとウエアのポケットで
かなり代替できますし……。
とか考えていると、ランドナーが不要な気もしてきますが、
結局のところ、ロードがランドナー化してるというか、
基本性能と汎用性の高さに秀でたロードが、
ランドナーの機能と役割を包含しちゃってるんでしょうね。
あらためて言うまでもないのかもしれませんが……。

僕はスタイル「だけ」では自転車を選べないので、
ランドナーのあの様式美あふれるスタイルで走るなら、
本当に剛性と軽さやメカにこだわったランドナーを
あらためてオーダーする必要がありそうです……。

さて……

せっかくの中津川林道を、せっかく遠方からの先輩と走ってるのに、
こんなふうに自転車の実験をしているようなオタクには、
やはり罰が下るようです。
d0211129_1855898.jpg
前輪がパンクしたでゲソ!
サクッと直しつつも、どうも原因が分からないのです。
タイヤの表裏を確認しても異物が見当たらず、
チューブの穴はごく小さいので、石が原因の
貫通かリム打ちパンクだろうと判断し、
チューブを交換して再発進。

ほどなくして、再びパンク。
また直すも……パンク。
さすがに予備チューブがなくなり、パッチで直すも、
複数箇所が傷んだようで空気が抜けます……。
そこで、Yさんが手持ちのチューブを提供してくれました。
さいわい、お借りしたチューブが厚手だったせいか、
ようやくパンクの神様が去ってくれたようで、
それからは走り続けることができました。
自分の無用なトラブルでお待たせしてしまったみなさま、
本当に申し訳ありません。

ちなみに、昨日、タイヤをもとの25Cに戻したのですが、
その際、いくら確認しても、パンクの原因が分かるモノや状況は
タイヤやチューブ、リムテープに見当たりませんでした……。
d0211129_19324312.jpg
こんなありさまでしたから、
ダートが終わって麓に出た時は、
心底ほっとしました。
15時には三峰口に着くかなと思ってましたが、
自分のパンクのせいで、林道を出た時点で
15時を回ってしまいました(汗)。
d0211129_19392580.jpg
滝沢ダムです。
いつも、自分は国道をそのまま走っていたのですが、
Yさんの案内でダム南岸の旧道へ。
この日は通行止めではなく、登り返しやトンネルが
ほとんどない、気持ちがよい道を楽しむことができました。
d0211129_1941991.jpg
途中、停まった時に
自転車の激しい汚れにあらためて驚きました。
これは、マッドガードがあるランドナーなら
避けることができるので、もっと長距離や悪天候なら、
ちゃんとタイヤに沿ったマッドガードを備えた
ランドナーが強みを発揮するでしょう。
ちなみに、クリアランスがカツカツのフロントフォークには、
やっぱり擦りキズが付きました。
d0211129_19434449.jpg
三峰口駅まであと数kmというところで、
今度は会長がパンク。
これはきっと、田村の自責の念を和らげるための、
優しい計らいなのです(笑)。
d0211129_19453035.jpg
17時を回った頃、
ようやく三峰口駅に到着しました。
陽が長くなったので助かります。
d0211129_19481120.jpg
お花畑駅で降り、西武線へ乗り換え。
鉄道むすめの「みなのちゃん」も、すっかり
おなじみです。
自分のせいで時間が押してしまったため、
打ち上げが短くなってしまったのは痛恨の極みでしたが、
西武秩父駅前のB級グルメの店で英気を養い、
翌日のサイクリングに備えたのでした。

というわけで、翌日の舞台訪問サイクリングに続きます。


パンク連発は返す返すも情けない出来事でしたが、
ディスクロードとバイクパッキングは、
ダート林道でも十分に通用することは実感できました。
晴天に恵まれ、路面がほぼドライだったことも
好印象につながったと思います。

ロードに太めのタイヤを入れることの是非や、
クリアランスの有無、その大小による安全性などは、
くれぐれもご自身で判断してくださいね。
by cyclotourist | 2016-05-07 20:07 | おしらせ | Comments(8)

フレッシュ2016

こんにちは、田村です。

24時間360km以上をチームで走るブルベ、
「フレッシュ」を今年も体験してまいりました。

最近、とんとブルベがご無沙汰ですが、
フレッシュはやはり走りたくなります。
DNF続きですし(汗)。

早いもので、5回目のフレッシュとなりました。

2012年 仙台〜銚子
 初フレッシュ。先輩方のお導きで、無事に完走

2013年 掛川〜京都
 自分が考えたヘンなコースのせいで、DNF(リタイア)

2014年 名古屋〜鎌倉
 諸事情でDNS(出走取りやめ)。チームは無事に完走

2015年 新潟〜川崎
 メイド喫茶で飲み過ぎて(?)、DNF

つまり、3年連続で完走できなかったという、
お寒い結果が続いておりました。
d0211129_2228769.png
今年は宇治〜静岡の
約370kmのコースを計画。
d0211129_22291559.jpg
ランドヌ東京のスタッフ仲間と
某Hカメラマン、そして自分の4名でスタート。

いろいろとカツカツではあったのですが、
無事に24時間を走りきり、フレッシュを
完走することができました。
300km以上の距離を走るのは久しぶりでしたし、
まるで自信はなかったのですが、
ベテランの仲間と追い風に恵まれたのが
幸いでした。

またあらためてリポートいたします!
by cyclotourist | 2016-05-03 22:36 | おしらせ | Comments(3)

グラベルキングSK

こんにちは、田村です。

そろそろゴールデンウィークの過ごし方が
気になる頃合いになってまいりました。
年中ゴールデンウィークのような自分ですが、
ここのところは本の原稿書きや撮影でバタバタ気味で
(近いうちに書名などアナウンスさせていただきます)
仕事がひと段落する(ハズ)ゴールデンウィークを
楽しみにしております。

昨年のゴールデンウィークは、遠方からお越しの
サイクリストと一緒に、湘南や秩父を走りました。
そして今年は、信州のあの峠を
ご一緒させていただく予定があります。
d0211129_11262177.jpg
ツーリストに絶大な人気を誇る
三国峠です。信州と秩父の境にあり、
秩父側は18kmも続くダートです。

ここを訪れる時は、自転車選びが大切です。
信州側はロードやスポルティーフが最適な
全舗装の道ですが、それではダートが
下りにくくなってしまいます。
ダートを重視するなら、MTBが
いちばん走りやすいのですが、舗装路の走りが
かったるくて疲れます。
つまるところ、ランドナーのような
ほどほど太いタイヤをはいた自転車が
三国峠にはふさわしいのですが、
正直、ランドナーはどっちつかずの印象が
否めないと感じている今日この頃です。
自分のランドナーは少々重い(11kg強)こともあって、
最近は出番が減ってしまいました。
アルミとかカーボンフレームでより軽く、
自転車としての基本性能が
もっと高いランドナーがあれば言うことないのですが……
……あるかも知れません。
d0211129_11342829.jpg
自分のメインフリートに加わった
キャノンデールのCAAD12 DISC。
柄に似合わず(?)カッコよさげな写真は、
島田カメラマンに撮っていただいたもの。
今度の本に掲載する予定です。

このCAAD12 DISCは、ディスクロードと呼ばれる自転車ですが、
自分にとっては完全にツーリング車です。
d0211129_1137019.jpg
現在は、コンチネンタルGP4000SIIの25Cという
タイヤを常用しております。25Cですが、
幅を実測すると28mmくらいもあります。
それで、十分なクリアランスがあります。
ロードにとって余計なクリアランスは、
フレーム寸法が冗長な証かも知れませんが、
それでも十分に軽く剛性が高いのですから、
汎用性の高さとして評価したいですね。
d0211129_11375597.jpg
試しに、グランボアの30Cタイヤを
入れてみました。問題ありません。
そこで……
d0211129_11382946.jpg
パナレーサーの
グラベルキングSKというタイヤを購入。
700×32Cです。「SK」とはSemiKnobのことで、
低いブロックパターンがあります。
シクロクロス用ほど大きなブロックではなく、
まさにオンオフ兼用でランドナーのタイヤみたいです。
d0211129_11402434.jpg
重量は329g。ほぼカタログどおりです。
GP4000SIIに比べると
100gほど重くなりますが、32Cであることと
パターンがあることを考えれば、十分に軽量です。
d0211129_11465344.jpg
ホイールにセットしてみました。
GP4000SIIの25Cが名目より太いので、
グラベルキングSKの太さが目立ちません。
実測で30mm幅ほどです。
d0211129_11492643.jpg
入りました。
さすがにクリアランスは2mmほどしか残らず、
ドロが詰まりそうですが、三国峠のダートは
閉まった砂利道なので、晴れてれば問題なさそうです……
たぶん。実際はどうなんでしょうね。
ガードがあるランドナーも泥は大いに詰まります。
ドロはけを重視するならMTBかシクロ車が
いいのでしょうが、そうなると舗装路がかったるいという、
最初の話に戻ってしまいます(汗)。
d0211129_11574244.jpg
後輪のクリアランスは十分です。
ディスクブレーキでシートブリッジがないので
異様にすっきりして見えますね。
d0211129_1202745.jpg
サイドが茶色なので
違和感があるかな〜と思いましたが、
自転車がほとんど無彩色なので、
あんまり浮いた印象は受けません。

こうしたグラベル仕様のロードが
林道ツーリングでどのような走りを体験させてくれるか
今から楽しみです。
さすがにキャンプはしませんが、ダートにおける
アピデュラの大型バッグの使い勝手も
試してみたいところです。

ブツを試す、ということに
サイクリングの喜びを見いだすのは、
やっぱり根がオタクだからなんでしょうね(汗)。
by cyclotourist | 2016-04-19 12:12 | おしらせ | Comments(7)

春爛漫の秩父

こんにちは、田村です。

本格的に春です。
暖かくなってくると、無性に秩父へ行きたくなります。
先の日曜日、今年もT地先輩たちと一緒に
春爛漫の秩父を堪能してきました。
d0211129_10142277.png
走ったのはこんなコース。
西武線の横瀬駅から走り出し、
丸山林道で奥武蔵の峠群に突入。
コンパクトに登ったり下ったりを繰り返す
このエリアらしいコースです。
距離は60kmもないのに、獲得標高は1600mを超える
お得な(?)内容です。
今年に入ってからというもの大洗ばかりめざしてましたが、
ひさしぶりに秩父を走ってきました。
d0211129_10193558.jpg
ちょっと山小屋風の横瀬駅に集合。
この日のメンバーは、T地さん、Yさん、トシさん、僕、そして……
d0211129_10191834.jpg
古式ゆかしいフォーク抜き輪行で登場したのは
東叡社の森くんです。
d0211129_10204264.jpg
Yさんのパナソニックロード。
90年代から愛用されているようで、
欧州でパナが活躍していた当時そのままの
レーシングカラーがカッコいいです。
ザ、ロードレーサーという雰囲気。

総勢5名となり、9時頃に横瀬駅をスタートです。
d0211129_1022223.jpg
秩父の象徴、武甲山さんを見ながら
高度を上げていきます。
それにしても、森くんの出で立ちが渋い。
まるで70年代からタイムスリップしてきたような……
圧倒的にいちばん若いのに(笑)。
d0211129_10251098.jpg
丸山林道に入ると、
そこかしこで山桜が迎えてくれます。
都内では葉桜になりましたが、秩父ではまさに満開。
T地さんいうところの「サイクリングのかきいれ時」です。
d0211129_10262060.jpg
みなさん登りが速い。
大野峠、高篠峠を平らげて、白石峠へ。
d0211129_10272547.jpg
11時前に白石峠着。
丸山林道方面から進んでくると
ただの鞍部なのですが、ときがわ町から登ると
ここがピークになります。この日も、ときがわ町側から
たくさんのサイクリストが登っては下っていきました。
d0211129_10313169.jpg
僕らも、ときがわ方面へ下りはじめ、
途中で分岐に入って七重へ向かいます。
秩父の里山は、花の彩りが豊かです。
d0211129_10331187.jpg
七重から林道をぐんぐん登り、
堂平山の北へ向かいます。
このあたりは林業の最前線といったエリアで、
まっすぐ伸びた杉林が続きます。
d0211129_10351776.jpg
林道のピークでは、
バーベキューを盛んに行っている方々が。
香ばしい匂いに食欲が刺激されますが、
我々は手持ちの補給食で我慢。
d0211129_10365490.jpg
レンタサイクルで登ってきた方が
いたのには驚きました。
アシストなしのガチなシティサイクルです。
乗り手の方は、ハイキングへ向かいました。
なんという健脚なんでしょう……。
d0211129_10381334.jpg
気持ちよく下って、
白石の集落で県道に落ち合います。
d0211129_1039497.jpg
三たび林道に入り、
秩父高原牧場がある稜線まで登り返します。
最近では「大洗に帰ろう」というサイクリングばかりでしたが、
秩父も自分にとっては「帰ってきた」感が強いエリア。
輪行すれば、首都圏全域から訪れやすいのが魅力です。
関東近郊で、これだけ峠が楽しめるエリアは珍しいでしょう。
同じ大洗信者のトシさんと一緒だと、
ガルパンの話を心置きなく続けることができ、
登りのしんどさもまったく感じませんでした。
ちなみに……
d0211129_10435856.png
地理院地図の3D機能で俯瞰すると
こんな感じのエリアです。本当に平地が少なく、
起伏に富んだ複雑な地形でありながら、
林道が縦横無尽に走っているのです。
d0211129_10464688.jpg
妙に仲良くなってしまった
T地さんと森くん。きっと、フィルムカメラとか
サンツアーのメカについて
語り合いながら登ってきたのでしょう。
d0211129_10452655.jpg
牧場の売店も大にぎわい。
晩秋からお休みだった
ソフトクリーム屋さんも復活し、大人気。
d0211129_10501349.jpg
我々はおそばを頂き、
小腹を満たします。
時刻は13時半を回り、ぼちぼち
気もそぞろになってきます。
なぜなら……16時過ぎにホルモン屋さんへ
突入するのが、秩父ランの最優先事項だからです。

当初、牧場からさらに北上し、二本木峠あたりも
登り下りする予定でしたが、最優先事項を最優先するため
皆野へ直で降りることに衆議一決。
d0211129_1053822.jpg
お気に入りのパノラマラインを
急降下します。12%を超える斜度で
一気に下り降りる道ですが、こんな時は
ディスクロードの有り難みを実感します。
d0211129_1055032.jpg
皆野へ降りてきました。
ここで、我々は二個小隊に分かれ、
一方は温泉へ、もう一方はアニメ舞台巡りへ。
もちろん自分は後者です。
d0211129_10561547.jpg
トシさんと「あの花」の舞台へ。
この日の秩父橋も、同好の方がちらほら。
名作の人気は根強いですね。
d0211129_10572100.jpg
ほどちかい下水道センターへ。
自分はここを訪れるのは始めてでしたが、
トシさんの案内で広場へ入っていくと……
d0211129_10581789.jpg
あの秘密基地のモデルになったと
いわれる小屋に到着。
最近になってきれいに塗り直されたようで、
中には思い出ノートもありました。
劇中の炭焼き小屋とはだいぶイメージが違いますが、
間違いなく聖地として認知されているようです。
d0211129_1102357.jpg
d0211129_1103513.jpg
あの公園や定林寺をひと巡り。
d0211129_111237.jpg
見事な絵馬。
日付が元旦というのが、ガチ度を示してますね。
私も、つるこ、イチオシです。
d0211129_1134151.jpg
黒い自転車は、光が
バキッと当たらないと、本当に目立ちませんね……。
d0211129_1141148.jpg
羊山公園へ。こちらも桜が見頃で、
多くの方が訪れていました。
有名な芝桜の時期は、大混雑するので
サイクリングどころではありませんので、
ちょうどよいタイミングでした。
d0211129_1151894.jpg
こちらは「ここさけ」の舞台ですね。
峠あり、風情あり、グルメあり、そして舞台あり。
秩父にはサイクリストに大切なものが
ぜんぶ詰まってるんです。
d0211129_1163420.jpg
高砂ホルモンで小隊は合流し、
山のような肉を平らげました。
この日は「アゴの肉」というのが入ったとかで、
ジューシーな焼き肉と野趣あふれるホルモンの食感の
両方を思う存分に味わいました。

こんな感じで、今年も秩父のシーズンが始まりました。
みなさまもぜひ!
by cyclotourist | 2016-04-13 11:14 | おしらせ | Comments(6)

ツェルト買いました

こんにちは、田村です。

妻子にクソニート呼ばわりされている
可哀想な自分ですが(汗)、最近は
けっこう忙しいんです。
そりゃあ、ちゃんと会社にお勤めの方に比べると
自由になる時間をでっちあげてますが、
しばらくサイクリングができてないと、
欲求が不満して過去を振り返るわけです。
d0211129_20542971.jpg
楽しかった大洗への
バイクパッキング式キャンプツーリング……。
美味しかったウスヤの串揚げ……。
先日、あらためてガルパン劇場版を見てきたのですが
(忙しくないじゃん、という突っ込みはヤメて)
自分が利用した大洗ビーチキャンプ場は、
かばさんチームが利用してたっぽい、です。
一方、定休日で利用できなかった神社裏の大洗キャンプ場は
アリクイさんチーム他が利用してたみたいですね。
大洗は平地ですから、暑くなる前に再訪したいものです。

アピデュラのバッグを利用し、その軽快さに感動を禁じ得なかった
バイクパッカースタイルですが、
人間は可能性のケモノといいましょうか、
さらなる可能性を探りたくなります。

仕事でパソコンに向かってるのをいいことに、
あらためて主要なキャンプ装備の重量を確かめてみました。
重い順に主要な装備を並べると……

テント(ポールなど一式)1440g
バッグ類合計800g
ジェットボイル551g
マット502g
シュラフ424g
ツールボトル424g
輪行袋一式416g
レインジャケット326g
レインパンツ242g
USB電源161g
シューズカバー130g
ランタン124g
ポケッタブルリュック71
シート51
シェラカップ49
スプーン・フォーク38
水ボトル35

自転車のライトなどは除いてますが、
計5784gでした。
重量の内訳をグラフにしてみると……
d0211129_2134146.png
エクセルのグラフ機能なんて、まったく
ひさしぶりに使いましたが、算数が苦手な
自分には分かりやすいです。
実に1/4の重量をテントが占めています。

バッグの総重量が第二位ですが、
サドル、ハンドル、トップ、フレームバッグの合計ですから、
十分に軽量ですし、これ以上に軽いのを
見つけることは難しいでしょう。
なんといっても、買ったばかりですし。
ジェットボイルも550gとかさんでますが、
カートリッジやコッフェル込みということを考えると
十分に軽量です(自分のはSOLというタイプ)。

となると、やはりテントが課題になります。
しかし、自分が使ってるアライテントのトレックライズ0は、
前々回のブログでも書きましたが、
自立式など希望条件を満たすテントとしては
いまもかなり軽量な部類に入ります。
これより200gくらい軽いモデルもあるみたいですが、
5万円以上の投資が必要です。
しかもインナーがメッシュになるのがほとんどで、
トレックライズ0をすでに持っている自分には、
費用対効果がよいとは思えません。

そこで、以前から気にはなっていた、
「ツェルト」という、もうひとつの選択肢を考えます。
基本的にはビバーク用の簡易シェルターなのですが、
「キャンプ生活」といったレベルの快適性を手放せば、
選択肢に入るアイテムです。
でも、使ったことないし……
d0211129_21494460.jpg
買ってしまいました。
これが仕事のストレス解消なのです(汗)。
ファイントラックのツエルト1という製品です。
価格は17,280円。さすがにテントに比べれば安価ですが、
新幹線で大阪に行ける金額と思えば、安くはないですね。
(交通費と比べるのもヘンですが……)
一緒に、専用のガイドラインも買いました。
同社のサイトから購入したのですが、
驚いたのが、封筒に入って届いたこと。
写真でもわかるように、輪行袋より小さいのです。
d0211129_2158112.jpg
テントと比べてみました。
この小ささは驚きます。
まあ、本当に自分の用途で使えれば……の話ですが。
d0211129_21544016.jpg
本体実測重量はわずか225g。
ガイドラインが40g、必要なペグ8本が
手持ちのもので101gです。計366g。
d0211129_21552021.jpg
広げてみます。
輪行袋のSL-100よりもはるかに
薄い生地です。
(輪行袋と比べるのヘンですが……)
これだけ薄い生地だと、作るのも
縫うのも大変なのは間違いないです。
透湿性もあるそうなので、すごいです。
d0211129_2203457.jpg
ツェルトだけにフロア(底面)は開放式で、
閉じる場合もヒモで結ぶだけ。
基本的には一枚布です。
d0211129_2214444.jpg
狭いリビングで張ってみました。
張ったというか、本来は必須である四隅の
ペグ打ちができませんので、広げて
ガイドラインの片方を娘に持ってもらっただけです。
いちおうキャンプ経験がある娘が
「ペグ打てば? 後でパテで埋めなよ」とか、
大胆な意見を述べたのには驚きましたよ……。
d0211129_2264557.jpg
入ってみました。
これは……まったく張れてないことを考慮しても、
狭いですね。テントに比べると隙間だらけですので、
仮に寒さはシュラフで補うとしても、
暖かい季節は虫がイヤかも……。それも
スプレーなどで補えばいいのでしょうか。
そもそも、ポールとして使うストックを持たない
サイクリングでは、張れる場所も限られるでしょう……

とか、マイナス思考で考えたら、
こうした割り切ったウルトラライトアイテムを
使うことはできないんでしょうね。
実際、自分が利用するのはキャンプ場ですから、
立木や自転車(?)を利用してガイドラインで
吊ることは可能でしょうし、「寝る時に入ればいい」と
割り切れば、ビール飲むとかあれやこれやは、
ツェルトの外ですればいいんです。
もともと、ヤバい状況での登山家アイテムなので、
自立式テントに匹敵する使いやすさや
優れた居住性などを求めてはいけないのだと思います。

なんといっても、このツェルト一式(ガイドラインやペグ込み)で
重量は……わずか366g!
使っているテントに比べ、実に、1074gもの
軽量化が可能なのです。

これって、メカに20万円かけてデュラに換装したり、
それに近い金額でホイールをキシリウムプロディスクに
替えるよりも、はるかに軽くなるんですよ!

しかも、走行性能を損なうバッグの中身が
軽くなるのですから、「走り」の快適化には
絶大な効果があるはずです。

それでいて、バス停で寝ちまう的な
破れかぶれな状態ではなく、いちおうは
キャンプというテイが取れるはずです、たぶん。
そのあたりは自分のスキル次第でしょうが、
サイクリングの場合、厳しい環境を避けることが
プランニングで十分に可能なので、
登山はもちろん、ハイキングよりも
ツェルトのようなライトアイテムを利用しやすいんじゃなイカ?
と、夢想しております。

こうしたツェルトを使っているキャンパーを
見かけたこともありましたが、その時は、
不便だろうな〜としか、思うことができませんでした。
しかし、バイクパッカースタイルで軽さの
恩恵を実感したので、試したくなりました。
走りと宿泊のトータルというか差し引きで、
「快適」という結果が出ればいいんだろうな、と。

考えてるだけじゃ意味がありませんので、
近々、実践したいと思っております。

思う存分に走って、キャンプ場で原稿書いて、
ツェルトの中でフィギュアを磨いたりするのが、
今の夢かもしれません(汗)。

なんにしても、二十年ぶりに
キャンプツーリングに燃えてキタ〜、のであります。
by cyclotourist | 2016-04-05 22:50 | おしらせ | Comments(6)

バイクパッカー実践

こんにちは、田村です。

モノ頼みの物欲オジさんにも
春がやってきました。
d0211129_1552437.jpg
新しい自転車と新しいバッグが可能にする、
「バイクパッキング」という
新しいキャンプツーリングのスタイル。

アピデュラのバッグにキャンプ道具一式を積載し、
近場を10kmほど怪しく走ってみたのですが、
さすがに大型サドルバッグは揺れますね。
発進時や立ち漕ぎ時は気になります。そこで……
d0211129_15543367.jpg
サドルバッグが当たるシートステー部に
ゴムを巻いてみました。
タイヤからはがしたトレッドゴムです。
(モノによっては、はがしやすい)
これによってサドルバッグがズレにくくなり、
揺れをかなり抑えることができました。
見た目的にはアレですが、とりあえずヨシとします。

しかし、時あたかも小学校は春休み。
娘が家でゴロゴロしている今日この頃です。
妻も(妻「が」?)働いているので、プチニートの自分は
子守りを厳命されていたのですが、
「お願い、一泊だけ。二日目はなるはやで帰るから」と
泣訴哀願して外出許可をもらい、
いそいそと出かけてまいりました。

積載したキャンプ道具は前回のブログどおりです。
冬用のシュラフが見つかったので、
それだけ詰め替えました。
もちろん、リュックは使わず、すべての荷物は
アピデュラの各バッグとジャージのポケットに収納。
総重量15kg少々に収まった
バイクパッカーの小さな旅がはじまるのです。
d0211129_1602773.png
めざしたのは、またも大洗(汗)。
今回は筑波を経由してみます。
不動峠、風返峠、道祖神峠という
筑波の三大峠(?)を盛り込んだ野心的な160kmコースです。
いずれも300〜400m程度の峠ですが、
従来のキャンプツーリングなら絶対に
走ろうと思わなかったコースです。
そもそも、自宅から自走でキャンプツーリングするのは
二十年ぶりです(たぶん)。
最近も年に一、二回はキャンプしてましたが、
いずれも輪行スタート。
あの重装備で都市部を走るのはイヤですからね。
もっとも、その輪行も従来スタイルでは
超大変だったわけですが。
d0211129_1652623.jpg
草加まで北上してから東へ。
三郷のあたりで江戸川を越えます。
菜の花の香にむせます。
d0211129_1665623.jpg
新大利根橋を渡り、
茨城県に入ります。
向かい風基調であまりペースは上がりませんが、
春らしい穏やかな気候です。
d0211129_1683418.jpg
とある学園都市を突っ切ると、
筑波山がくっきり見えてきました。
これまで、こうした交通量がある道をキャンピングで
走るのは非常に緊張しました。
左右に張り出したサイドバッグが気になりますし、
路面のちょっとした凹凸にハンドルが取られがちです。

しかし、今回のバイクパッカースタイルだと、
左右への張り出しがないため、いつもと
ほとんど同じ感覚で走ることができます。
発進時に、ギヤが少し重い印象があるくらい。
15kgていどの重量は、日帰り装備のランドナーと
だいたい同じくらいですから、
ロードらしい軽快感は薄れるものの、
走りづらいということはまったくありません。
自分がキャンプツーリングしているんだということを
忘れてしまうくらいです(笑)。
d0211129_1613301.jpg
つくばりんりんロードを経由して、
どんどん筑波山に近づきます。
廃線跡の自転車道路は気持ちがいいですね。
d0211129_1615599.jpg
北条の街から峠路に入ります。
平日なのにロード乗りがちらほら。
勾配6〜8%くらいを淡々と登ります。
坂だから汗もかきますが、ギヤが足りないということはなく、
それなりにスイスイと進んでいくことができます。
従来型キャンピングだと、フロントトリプルのお世話に
なったものですが、36×28Tで十分に進みます。
ときおりダンシングを交えても、いやなバッグの揺れや
フレームのたわみは感じません。

キャンピングこそ、実はフレーム剛性が重要なので、
CAAD12のような高剛性アルミフレームが
ふさわしいのかもしれません。
こんなレーサーをキャンピングとして使ってるのは
我ながらなんだかなあ〜とも思いますが(汗)
相性はバツグンです。
d0211129_16201567.jpg
不動峠で道が分岐します。
北上する道に入って風返峠へ向かいます。
d0211129_16224292.jpg
風返峠についたのは13時すぎ。
現地標識だと「し」の送り字が入るんですね。
自宅を7時前には出て、
ようやく走行距離は100kmほど。
重さはさほど苦になりませんが、弱い向かい風のせいで
だいぶ時間がかかってしまいました。
d0211129_16253797.jpg
転げ落ちるような激坂を
ディスクブレーキに感謝しつつ下り、
石岡側のふもとに出ます。
d0211129_16264233.jpg
展望が広がる区間も。
北関東らしいのびのびした景観です。
直線的な下りになると、自分でも時速50kmは
出てしまいますが、走りは安定感を失いません。
荷物の分散搭載でバランスがよい効果か、高速でも
不安はありませんでした。
d0211129_1627349.jpg
セイコーマートを見つけて休憩。
思わず例の豚丼を食べてしまったのですが、
さすがに時間が気になります。17時までが、
大洗キャンプ場の受付時間なのです。

そこで、道祖神峠は割愛し、国道6号に出て
とっとと大洗へ向かうことにしました。
走行距離は減りませんが、獲得標高が減るので同じことです。
珍しく身の丈にあった冷静な判断が出来ました。
d0211129_1631059.jpg
傾き出す日差しに少し焦りながら、
せっせとペダルを回します。
自分と自転車の影を見て、そういえばキャンプ道具積んでんだなと
思い出すくらい、もう違和感がありません。
d0211129_16335340.jpg
向かい風成分が強く、
涸沼にもさざ波が立ってます。
走り心地にはすっかり慣れましたが、
バッグが推進力を発揮するわけではないので
(なんかバーニアとか補助ロケットっぽいですが。笑)
やっぱり疲れてきます。たかが150km、とか
思いそうになるときもありますが、やっぱり100km以上は
立派なロングライドです。ワタクシごときが疲れるのは
当たり前でしょう。
「大洗に帰ろう、大洗に帰ろう……」と
心の中でつぶやきながら、トボトボ進みます。
d0211129_16382236.jpg
16時20分くらい、
ようやく帰ってきました(笑)。
10日ぶりの大洗です。
d0211129_16392550.jpg
大洗磯前神社の裏手にある
大洗キャンプ場へ。予約不要と聞いてましたので、
居合わせた管理棟のおじさんに
「今晩よろしく〜」と声をおかけすると
「明日は休みなんで、今日は泊まれないよ」と
衝撃の事実。今日は火曜日。水曜日が休場日とのこと。

我ながら、う・か・つ。

聞けばビーチのほうにもキャンプ場があるとのことで、
電話番号を教えてもらい、さっそく電話。
そちらの大洗サンビーチキャンプ場も
17時まで受け付けてるそうで、あと20分……。

電話、誰も出ないし〜。
「近いから、行ってみれば大丈夫だよ」とのこと。
その言葉を信じたいので信じて、
再びマリンタワー沿いの道に出て、サンビーチへ。
国道51号の下、「潮騒の湯」の奥にある
大洗サンビーチキャンプ場へ滑り込みます。
17時まであと数分、間に合った……
d0211129_16474575.jpg
「本日の業務は終了しました」
無情な札が下がる管理棟……。
受付は16時までだとか。
ここまで来て、輪行で日帰りとか悲しすぎるし、
さりとて、この歳でガチのステルスキャンプも
ためらわれるし、うっかりブログにも書けません。

ふと、終了札を見ると、管理人さんの携帯番号が
書いてありました。
一縷の望みをたくし、プルプルと電話すると
「……はい」
「管理人さん好きじゃ〜、じゃなくて、キャンプさせてください!
お金は明日払いますから、お願いします、お願いします!」
「……いいですよ」
 やった。
d0211129_16532759.jpg
松林のなかの
海を見下ろすキレイなキャンプサイトです。
さっそくバッグから装備を取り出し、
設営します。
d0211129_16542062.jpg
自立型のテントなので、
ものの2分もあれば完成します。
アライテントのトレックライズ0という定番モデルです。
もう7、8年くらい、とても満足して使ってます。
1300gくらいあり、今はもっと軽いのもあるみたいですが、
自立式、ダブルウォール(フライがある)、長辺に入り口、
インナーがメッシュじゃない、という自分の希望を
満たしているテントは他に見当たりません。
知ってたら教えてください。

なにはともあれ、マットやシュラフ、火器を放り込んでひと段落。
まさに「帰ってきた」感が湧いてきて安心です。
d0211129_1701066.jpg
「潮騒の湯」に入ってサッパリ。
劇場版のサービスシーン(?)を思い出しますね。
洗い場でも「ダー様が……」「プラウダの……」とか、
ガルパンおじさんたちの会話が飛び交ってました(笑)。
d0211129_1724987.jpg
ウスヤさんへ買い出しに。
串カツやメンチカツを10点くらい大人買いしても
800円というリーズナブルさ。
住みたい街ナンバーワンですね。
d0211129_1751728.jpg
夜の静かな商店街もいいものです。
d0211129_176018.jpg
キャンプ場から1kmも
離れてないところにセイコーマート。
至れりつくせり。
d0211129_178526.jpg
すっかり暗くなった
キャンプ場に戻ってきました。
ランタンの灯りに浮かぶテントはいいものです。
d0211129_1793942.jpg
ひとり楽しく晩酌。
料理しないんならバーナーなんて
いらないじゃん、という突っ込みは甘んじて受けます(汗)。

潮騒はともかく、国道が近いこともあって
あまり静かなキャンプ場ではありませんでしたが、
買ってきたビールが空になる頃には
いい具合に酩酊状態。
気温5℃くらいまで下がったと思いますが、
ジャージの上にレインジャケットを羽織って
テントに入ってれば快適でした。
d0211129_17155418.jpg
輪行袋を枕に就寝。
d0211129_1717899.jpg
6時前に起床。
d0211129_17184543.jpg
魚肉ソーセージを
トッピングした華麗なカップヌードルと、
ツマミの残りが朝食。
こんなモノを食べるためにバーナーを
持ってきたのかと言われると赤面するしかありませんが、
さりとてまったく火器がないのも
キャンプっぽくないですし……。
d0211129_1721471.jpg
撤収します。
順次、シュラフやフライシートなどを干しながら
収納していきます。
d0211129_17234588.jpg
管理人さんがいらっしゃらないので、
とりあえず近場サイクリングに出かけます。
d0211129_17245043.jpg
那珂川を越えて、ひたちなか市へ。
バレー部のお二人がお出迎え。
d0211129_17252174.jpg
サイクリング仲間のトシさんが
「渋い」と教えてくれた那珂湊駅へ。
微妙な萌えキャラが地元物産をアピール。
d0211129_17263024.jpg
駅舎も渋いけれど、
留置されている車両がいろいろ渋い。
d0211129_17271285.jpg
キハ20……
自分よりお年を召した気動車です。
d0211129_1729413.jpg
那珂湊の街をしばしポタリング後、
また大洗へ。9時頃キャンプ場に戻ったら、
ちょうど管理人さんがやってきたので、
利用料をお支払いしつつ、突然の利用を謝しました。
d0211129_1730505.jpg
大洗駅へ。名残惜しいのですが、
二日目はトッとと帰ることを条件に許された
プチ家出でしたので、輪行します。
d0211129_1732356.jpg
そして、このバイクパッカースタイルの
走行性と並ぶ利点が、輪行のしやすさだと思います。
それを確かめるためにも、輪行です。
ちょうど列車の時間にも間があり、
各作業工程の写真を撮ったので、紹介します。
d0211129_17342189.jpg
サドルバッグと、ハンドルの
GPSとライトを外します。
d0211129_1735152.jpg
輪行袋はSL-100。
今も理想的な輪行袋だと思います。
これとフレームカバー二枚、サドルカバー、
エンド金具をひとまとめにしてます。
d0211129_17355880.jpg
エンド金具のスペーサーと、
ブレーキパッドのスペーサー。
油圧ディスク&エンド幅135mmの輪行で必需品。
d0211129_17375622.jpg
サドルバッグ以外は付けたまま。
サドルにカバーを被せ、
シートチューブとトップチューブにカバーを巻きます。
d0211129_1739538.jpg
パッドにスペーサーをセット。
パチッとはまります。これで、
パッドが締まって開かなくなる事態を防ぎます。
以前も書きましたが、
やっぱり「ディスクは輪行できんの?」という
声を聞くので、もいっかい紹介しておきます。
d0211129_17402023.jpg
エンド金具にもスペーサーを入れ、
幅135mmに対応させます。
チェーンを通してからセットすると、
チェーンにテンションがかかってフレームに触れません。
d0211129_17412384.jpg
エンド金具で立たせた状態。
前回の輪行で、リアディレイラーのアウターが
地面に触れて怖い(調整ボルトが折れそう)と書いたところ、
ベロクラフト大槻さんが手を加えてくれました。
アウターをノコン式の分割式に交換することで、
よりスムーズなカーブとしつつ、長さを縮めてくれました。
これでエンド金具で立たせてもアウターが
地面に触れなくなりました。
これぞプロの配慮ではないでしょうか。感謝です。
d0211129_17443746.jpg
車輪でフレームを挟みます。
ディスクローターは左右とも外側。
予想どおり、フレームバッグに当たりますが、
カバーしているので問題ありません。
d0211129_17462363.jpg
できました。
フツーのロードと、手間は変わりません。
従来型のキャンピングだと、キャリアの脱着や
バッグの持ち運びにそれはそれは難儀したものですが、
バイクパッカースタイルなら、いとも簡単でした。
d0211129_17475470.jpg
グローブはフォークにはめておきます。
万一、何かに触れても(相手に)大事ないように。
d0211129_17484072.jpg
縦型輪行袋の空きスペースを利用して、
ヘルメットを入れ込みます。
d0211129_1749185.jpg
準備完了。
d0211129_17493824.jpg
とおりすがりの同好の士に
撮ってもらいました。
輪行袋を肩にかけ、サドルバッグを片手に。
歩きやすく、改札を通るのも楽でした。
キャンプツーリングでこれほど
輪行が簡単にできるとは、あらためて驚きます。

こうして、一泊二日ならぬ一泊1.5日くらいの
小さな旅は終わりました。

これまでのサイドバッグ式キャンプツーリングは、
準備も輪行も走行も、大変に手間がかかるものでした。
それゆえ、キャンプ場では楽しいひと時を送ることが出来ましたが、
一泊くらいの日程では出かける気になれず、
できれば二、三泊はしたいと思ってました。
で、実際はなかなか休みを取れないので、
ますますキャンプツーリングと縁が遠くなりがちでした。

そのすべてを良い方向に変えてくれるのが
今回のようなキャリアレスの
バイクパッカースタイルだと思います。

キャリアがないから軽い、
キャリアがいらないからロードでもMTBでも可能。
(ツーリング車にも応用できるでしょう)
軽いから走りも輪行も楽。
だから、一泊とか限られた日程でも
気負わずに出かけることが出来ますし、
自走メインのロングライドでも、
キャンプツーリングを「やる気」にさせてくれます。

この新しい可能性を、
今後も体験していきたいと思います!
by cyclotourist | 2016-03-30 18:52 | おしらせ | Comments(10)

「バイクパッキング」入門

こんにちは、田村です。

近年、大容量のサドルバッグを
見かけることが多くなりました。

ロングライドやブルベでは、以前から
オルトリーブのサドルバッグLが定番でしたが、
より大容量のサドルバッグが、各社から
登場しております。
アピデュラ、レベレイト、スエウなどなど、
最近ではついにジャイアントからも登場しましたね。

サドルバッグに加え、フレームバッグ、フロントバッグも
同一ブランドで揃えることができるようになり、
キャリアやリュックを使わなくても
キャンプツーリングができる……らしいです。
また、そうしたスタイルが「バイクパッキング」と
呼ばれています。

「バイクパッキング?……輪行のこと?」とか
思ってしまいそうですが、
バックパッカーとか、バックカントリーでのMTB遊びとか、
そうした流れから出てきたスタイルのようですね。

ロングライドやブルベでは、さほど大容量のバッグを
必要としませんが(自分の場合)、
キャンプツーリングができるほどの容量が
「バイクパッキング」で本当に稼げるなら、
試してみたいなあと思っておりました。
そして先日……
d0211129_10451117.jpg
アピデュラのバッグを購入。
さっそくキャノンデールCAAD12 DISCに
装着してみました。
購入したのは
サドルバッグレギュラー
ハンドルバーコンパクト
フレームバッグスモール
トップチューブパックラージ
です。
総計で4万円以上の出費となりますが、
キャリア類がいっさいいらないため、
従来型の前後大型キャリア+4サイド+フロントバッグの
キャンプツーリングに比べて
必ずしも高価な投資が必要とはいえないと思います。
「キャリアレス」であることが、このバイクパッキングスタイルの
大きな特徴ではないでしょうか。

ちなみに、アピデュラやレベレイトデザインのバッグは、
オルタナティブ バイシクルズさんという
川口にある会社が輸入代理店をされています。
d0211129_10581621.jpg
独特の迫力を醸し出してます。
アーマードパックを装着したバルキリーというか、
ガルパン劇場版で大活躍のBT-42というか……
見慣れてないスタイルなので
違和感があるのは否めませんが、
モノトーン基調のバッグと黒いフレームが
それなりに似合ってるような?

あらかじめ、特定のバッグを付けるように作ってもらった
トーエイやマキノのオーダー車に付ける気にはなりませんが、
こうしたメーカー車なら、なんでもアリだと思えてしまいます。
ロードバイクといっても、僕にとっては
実質的にツーリング車ですから。
d0211129_1163334.jpg
ハンドルバーバッグ。
左右ともロールアップなので、
構造的にはタダの筒です。従来のフロントバッグのように、
乗車中に荷物を出し入れすることはできません。
収納スペースと割り切ったデザインです。
前面のドローコードは、外したグローブの固定などに
便利そうですね。
取り付けは、ハンドルにラダーストラップを
通すだけのシンプルな方法。
自分のCAAD12 DISCはヘッドが短いため、
タイヤとの干渉を防ぐため、コンパクトタイプを選びました。
これで最大容量9リットルとのことですが、
ドロップハンドルの場合、
左右をかなりロールアップしないと干渉するので、
実質的な容量は半分くらいでしょうか。
バッグの実測重量は220gでした。
d0211129_11123953.jpg
フレームバッグです。
スモールでも長さ44cmあり、50サイズのフレームにぴったり。
ボトルケージも残したかったのでコレを選びましたが、
前三角ぜんぶを埋めるような形状のバッグもあります。
取り付けは、上部が幅広のベルクロ、前後がラダーストラップ。
このフレームが角張っていることもあって、
フィット感は良好です。
容量は5.5リットルとのこと。
実測重量は130gと、カタログスペックより軽量でした。

デッドスペースともいえるフレームの三角内を使うことができ、
重量的にもバランスのよい位置にあるフレームバッグですが、
フレームサイズや形状の影響によって、
取り付けの可否が制限されるのが難しいところですね。
ちなみに、ドリンクボトルを取り出しやすいよう、
一方のケージは、横から引っ張り出せるタイプに変更しました。
また、大きなボトルは入らなくなってしまったので、
夏場は給水に気を使いそうです。
d0211129_11151295.jpg
トップチューブパックです。
こちらは取り付けスペースに余裕があるので、
容量1リットルのラージタイプを選びました。
実測重量は75g。
使ってる方が多いトップチューブパックですが、
おもな用途はGPSへの給電と補給食入れでしょうか。
自分のGPSは乾電池タイプで給電が不要なことと、
補給食などはバックポケットに入れればいいので、
これまでトップチューブパックはほとんど使ってませんでしたが、
(いくつも試しに買いましたが)
今回は「せっかくなら」ということで買ってみました。
d0211129_11182059.jpg
そして、圧倒的な存在感がある
サドルバッグ。このレギュラーサイズで
容量は17リットル。もっとコンパクトなタイプもありますが、
キャンプ装備の主要な搭載スペースになるので、
大きなものを選びました。
実測重量は375g。
固定方法は、サドルレールにストラップベルトを通しつつ、
シートピラーにベルクロを二本巻き付けます。

オルトリーブの場合、樹脂製のアタッチメントと内部プレートによって
がっちりサドルバッグが固定され、ダンシングしても
あまり揺れないよう洗練されているのですが、
アピデュラのようにベルトで固定するタイプだと、
どうしても揺れが大きくなりますね。
もっとも、これだけ大きいサドルバッグだと、
アタッチメントだけでは不安な気もします。
実際の運用を経て、改善したいと思ってます。

アピデュラのバッグは、いずれもナイロン製なので
軽いのが最大の魅力です。
生地に防水性はあるそうですが、裏側にシーリングがないので
完全防水とはいえなそうです。
(防水タイプも発売されました)

自分が購入した、ハンドル、トップ、フレーム、サドルの
バッグ4点セットの実測重量合計は800gでした。

愛用していたオーストリッチの帆布製バッグだと、
サイドバッグひとつが880gもありましたから、
軽さという面では比べるのが可哀想なほど、
圧倒的にアピュデュラに軍配が上がります。
そして金属製のキャリアが不要ですから、
ますます重量面では有利ですね。

容量は、アピデュラの4点合計で32.5リットル。
これはハンドバーバッグを最大容量としてますから、
実質は30リットル以下ですね。
容量の半ば以上を特大サドルバッグで稼いでます。

一方の伝統的なキャンプツーリングスタイルだと、
自分のオーストリッチ製サイドバッグ4つとフロントバッグで
容量は64リットルに及びます。
いろいろ問題は多い4サイドスタイルですが、
やはり容量という面では圧倒的ですね。

そこで、アピデュラの4点セットに
ちゃんとキャンプツーリング道具一式が収まるのか、
試してみました。
d0211129_11391321.jpg
ハンドルバーバッグは、
自己膨張式のマットだけでほぼ一杯。
マットの重量は502g。
もっと軽量でコンパクトなマットも持っていたのですが、
パンクしたり保温力が乏しかったりしたので、
写真のモンベル製150cmの物を選びました。
d0211129_11412670.jpg
さすがにサドルバッグには
ガンガン入ります。
テント本体、シュラフ、クッカー類、
レインウェア上下とシューズカバー、
そして輪行袋一式です。

軽量志向で装備を考える場合、
個々の重量をちゃんと測っておくことが欠かせません。
あらためて測ってみると……
テント本体907g
シュラフ599g
ジェットボイル551g
レインジャケット326g
レインパンツ242g
シューズカバー130g
輪行袋一式416g
シェラカップ49g
計3220g

でした。サドルバッグの荷物としては
ちょっと過大ですね。
スペース的にも、サドルバッグの最大容量に近いので、
もうちょっと削りたいとこですが……。
便利なジェットボイルを諦めて、もっと軽くて小さな
火器にするか……悩ましいところです。
レインウェアをケチるのは怖いですし。
また、上記のシュラフは夏用なので、
冬でも使えるタイプはもっとかさばります。
これも持ってるのですが、どこへいったか見つからず(汗)、
夏用シュラフでは、今の季節は夜を越えられませんが、
とりあえず容量検討のために夏用を入れてみました。
なお、サドルバッグも上面にドローコードがあるので、
そこへ荷物を搭載することも可能ですが、
荷物を外付けすると一気に「家出」みたいな
放浪スタイルになってしまうので、自分は好みません。
d0211129_1153392.jpg
フレームバッグの中身です。
長さ43cmのテントポールが
ぎりぎり収まってホッとしました。
このテントポールの収納がいつもネックになっていたのですが、
これがキレイに収まるだけで、フレームバッグの
価値はあると思います。
空いたスペースに、LEDランタンや水ボトル、
ポケッタブルなリュックなども収めることが出来ました。
d0211129_11554834.jpg
トップチューブはおまけのような
スペースなので、とりあえずモバイルバッテリーや
サプリ、お財布などを入れてみました。

こうして各バッグにキャンプツーリング道具を
入れてみると、とりあえずなんとか収まることが
分かりました。
しかし、慧眼の読者さんならお分かりのように、
割愛しているモノがふたつあります。

それは、食料と着替えです。
4サイドスタイルなら、ある程度の食料と着替えも入るのですが、
自分のバイクパッキングスタイルでは難しそう。

食料は、夜と翌朝の分を現地調達。
そのため、一時的に増える荷物を背負うため、
ポケッタブルなリュックが必要なのです。
着替えは無視するか(汗)、コインランドリー利用ですね。
ちなみに、洗濯中はレインウェアを着て過ごすんですよ(笑)。

調味料もなく、火器も実質は湯沸かし専門なので、
キャンプ生活をじっくり楽しむ、というレベルにはなりません。
つまり、キャンプツーリングとはいえ、
かなり都市依存型とならざるを得ないスタイルです。
実際のところ、何日分もの食料を持って走る意味は
国内ではありませんから、これでも大丈夫、でしょう。
自転車で滞在型のキャンプ生活を
送ることもないでしょうし。あくまで走行重視です。

こうしたキャンプツーリングの本当のメリットは、
気が向いたところでテントを張ったところで寝る、という
自由度が高くて持続性のある(費用が抑えられる)
旅ができることですが、これも現実は難しいです。

昔は、河原でもどこでも「ステルスキャンプ」ができましたが、
最近では通報されそうですし、行うほうも怖いです。
また、こうしたバッグやギアを揃えるだけで、
まともな宿に何泊も出来る費用がかかってるので、
実は費用面のメリットもありません。

結局、好きだからキャンプする、自由な雰囲気を味わうために
キャンプする、というところだと思います。
あえて不便なことをしてニヤけるという、
倒錯した趣味ですね(笑)。いいんです、趣味だから。

さて、自重8.5kgのCAAD12にバッグを装備し、
とりあえずのキャンプツーリング道具一式を積載した
総重量は……
d0211129_1262624.jpg
15,4kgです。
十分に、快適なツーリングが楽しめる
重量に収まっているのではないでしょうか。
ちなみに……
d0211129_1274631.jpg
5年くらい前に
編集させていただいたムック
「自転車と旅Vol,2」(実業之日本社)さんで
紹介した自分の4サイドキャンピングは、
総重量35kgです。
自転車も装備方法も荷物量もぜんぜん違いますが
(数日分の食料と着替え、十分な火器も含んでます)
目的は同じわけです。
しかし、ロードでのバイクパッキングスタイルとは、
実に20kgもの重量差があるわけです。
半分以下ですよ!
これだけ違いがあると、走りはもちろん、輪行も
格段に楽になるのは間違いありません。

ロードでのバイクパッキングスタイルが、
実際のところ、どんな旅を体験させてくれるのか?
軽いだけで実は不便でキャンプが楽しめないのか、
それとも、キャンプツーリングの敷居が下がって
あらたな可能性が広がるのか?

まだ春浅い今日この頃ですが、
近日中に、出かけてみたいなと思っております。
家人のお許しがいただければ(汗)。
by cyclotourist | 2016-03-26 12:36 | おしらせ | Comments(6)

大洗日帰りサイクリング

こんにちは、田村です。

季節の変わり目だけあって
天候がめまぐるしく変わりますね。
わざわざ雨や強風の日に出かける気にはなりませんし、
仕事や家事の都合もあって、せっかくの新車
キャノンデールCAAD12 DISCも
玄関で待機中の日々……。

しかし、虎視眈々と、実施を狙っている計画がありました。
d0211129_115550.png
大洗へ夢の自走往復です。
なんだかしょっちゅう訪れている大洗ですが、
片道自走、復路は輪行というパターンが主でした。
池袋から140km前後の距離があるので、
当然と言えば当然なのですが、
往復した場合の300km弱という距離は、
決して自走が不可能な距離ではありません。
これが400kmともなると、フツーは眠くなるので
道中一泊が必要となり、ブルベ以外で一気に
走ることはありませんよね。

そんなわけで、往路は利根川流域を走って潮来から北上、
復路は茨城の内陸部を南下する……という計画を立ててました。
反時計回りの周回コースです。

そしてようやく、丸一日自由になるタイミングが訪れました。
もちろん天気予報を確認。降水確率ゼロ。
さらに風予測を確認すると……
d0211129_11122098.png
茨城全域に渡って、
南東の風が基調です。
ついに、北風が息をひそめ、春の訪れです。
この風予測は33時間前から確認できるので、
サイクリングの前はいつもチェックしてます。

南東の風……風向きは、北と南が軸になるので、
フツーは「東南の風」とは言いませんね。

でも、「東南の風」という表現で有名なのは、
軍師・諸葛亮が赤壁の戦いで吹かせたというアレですね。
不意の東南の風に乗じて、曹操軍を火攻めにしたという……。

実際の赤壁の戦いは、周瑜とか黄蓋とか、
呉の武将が主役だったそうなので、
地の利がある彼らは、風向きが経験的に分かったのかもしれません。
昔、ゲームをきっかけにして三国志にハマっていたので、
「東南の風」というと、ちょっとグッとくる自分です。

神秘的な力も土地勘もない自分ですが、
風予測で東南の風が吹くと分かれば、
利用しない手はありません。
d0211129_11194386.png
周回方向を時計回りに変え、
コース自体も見直しました。
東京から見て、大洗が北東に位置し、往復する以上、
ずっと追い風を利用することが出来ません。
しかし、風に対してなるべく斜めになるような
コースを設定し、向かい風を防ぎたいところです。

そのため、往路はすなおに北東をめざし、
追い風成分が入ってる横風を期待します。そして
向かい風が強まるであろう、東へ向かう区間はぐっと縮めました。
もちろん、強風で知られる霞ヶ浦湖畔はパスです。
できることなら、ヨットのようにジグザグに進んで、
向かい風を揚力にしたいくらいですが、
道から外れることができない自転車には難しいですね。

復路は、往路と同じにしてしまうと
緩い向かい風の区間が長くなってしまいます。
そこで、序盤はやや強い向かい風を覚悟して北浦沿いを南下し、
それから南西へ向かうことで、
追い風成分が入ってる横風を
長時間にわたって受けることができるような
コースにしてみました。
こうすると、交通量が多い国道6号を走らないで
済むのもメリットです。
この東南の風バージョンの往復コースで、
距離は約270km。平均時速18kmを発揮できれば、
所要時間は15時間。ナイトランは覚悟の上ですが、
朝、そんなに早く出発しなくても、
午前様にならないうちに帰れそうです。

輪行であれば、追い風区間だけを走ることも出来ますが、
往復自走をめざすなら、向かい風も避けられません。
僕は向かい風が大の苦手なので、
追い風の成分が減っても、向かい風の区間を
短くしたいなと思ったわけです。
「東南の風」を利用した諸葛亮を彷彿とさせる、
見事なプランニングと言えなくもないような気がしないでも
ありません(汗)。
d0211129_11435877.jpg
朝7時すぎに自宅を出発。
序盤は信号が多くてペースが上がりません。
20km弱走って江戸川を渡れば、千葉県です。
このまま国道6号を進むのは避けたいので、
距離が少し伸びてしまいますが、
流山、守谷を経由して牛久に出ました。
d0211129_11462556.jpg
流鉄の流山駅です。
そういえば、この駅はアニメ【ろこどる】に
よく出てましたね。作中では「流川」でしたが。
なぜ実際の地名を使わなかったんですかね……。
d0211129_11493855.jpg
時刻は10時半、利根川を越えて
茨城県に入ると、ようやく
交通量が少なくなってきます。
d0211129_11533070.jpg
空からブオーンと鈍い音がしたので見上げると、
YS-11でした。とても懐かしい……。
自衛隊ではまだ現役なんですね。
周囲の音がよく聞こえるのも、
サイクリングの魅力でしょうか。
d0211129_11555673.jpg
北関東らしい平坦な地形が続きます。
風向きは予測どおり追い風含みの横風。
たとえ微風でも、追い風成分があると非常に助かります。
d0211129_12214179.jpg
牛久から先は、国道6号に乗ります。
ただ、写真のようなバイパス区間は
クルマが猛烈に飛ばして怖いので、避けていきます。
あと、国道6号沿いには、セイコーマートが存在しないのが
誤算でした。
d0211129_12225948.jpg
石岡、小美玉を過ぎ、茨城町に
入ったところで県道へスイッチ。
立派なお家や蔵が目に入ります。
d0211129_122712.jpg
かと思うと、見事な編隊を組んだ
F-15が飛来します。百里基地が近いですからね。
d0211129_1225471.jpg
涸沼に到着。
このあたりは予測どおり向かい風でしたが、
小さな漁港が点在する長閑な風景に癒されます。
涸沼ではしじみが採れるそうです。
d0211129_12263872.jpg
14時40分頃、大洗に到着。
距離130kmを所要7時間でしたから、
平均時速は18.5kmほど。
風のおかげで、まずまずのペースです。
マリンタワーの下では、週末のお祭りに向けての
準備が着々と進んでおりました。
d0211129_12303468.jpg
郵便局でガルパン切手を購入。
娘のお土産にしましょう。
d0211129_1231350.jpg
金丸釣具店で砲弾型の浮きを購入。
お目当ては、おまけでいただけるクラーラのバッジです。
d0211129_12324442.jpg
こちらの喫茶店で
「ペパロニの鉄板ナポリタン」を食べるのが
今回の大洗訪問の目的だったりしましたが、
満員で準備中の札が……。
平日なのに、ガルパンおじさんの行動力は
恐るべし、ですね。まあ自分もそうなんですが(汗)。
ナポリタンは次に訪れた時のお楽しみということで、
大洗滞在は小一時間で切り上げ、家路につきます。
ちなみに、今日は輪行袋を携帯してません。
もってると、衝動的に使っちゃいそうなので(汗)。
おかげで、レインジャケットなど少々の防寒着を携えても、
サドルバッグMひとつに収まりました。
d0211129_1236599.jpg
鹿島鉄道に沿って南下。
やはり向かい風になり、速度が出ません。
無理すると自滅するので、時速20kmに届かない
スローペースに甘んじて進んでいきます。
たぶん、風速5mもないと思うのですが、
わずかでも向かい風だと、自分はまったく
速度を出すことができません。
d0211129_12412225.jpg
北浦の湖岸道路へ。
17時が近づくと陽も傾き、
ぐんぐん気温が下がります。
北関東の夜は思いのほか冷えるので、
夜が更ける前にどんどん南下したいのですが……。
d0211129_12461416.jpg
ちなみに、北浦は注ぎ込む小川が多く、
そのたびに小さな橋を渡るのですが、
そのたびに未舗装路が出現します。
ディスクブレーキだからと悪路に強いわけではないので、
慎重にのろのろ進みます。
d0211129_12474622.jpg
結局一時間くらいも
北浦沿岸を走ることになり、
17時半過ぎにようやく北浦大橋へ。
約1300mもある長い橋ですが、広い歩道があるので
安心して渡ることが出来ました。
プチしまなみ街道みたいです。
そして、この橋で進路が西へ変わります。
ついに向かい風とおさらば。自分のターン到来です。
d0211129_12501039.jpg
18時以降はライト点灯。
今回はVOLT800と300の二灯体制です。
ふたつ同時に点けることはないのですが、
一本だと点灯時間が足りず、予備バッテリーを保つくらいなら、
トラブルに備えて二灯にしたほうがいいかなと。

サイクリストは、メーテルのようにライト探しを続けるのが
大好きですが、最近はキャットアイのVOLTシリーズが
鉄板ですね。特に800の明るさは申し分なく、
コンパクトなのも魅力ですが、使用時間はもう一歩、ですね。
メーカースペックでは……

●VOLT800
ハイ:約2時間
ミドル:約3.5時間
ロー:約8時間

●VOLT300
ハイ:約3時間
ノーマル:約8時間

です。ローないしノーマルで、やっと一晩もつかどうか。
今回は、環境光がない細道でVOLT800のハイを30分ほど
それ以外はミドルとして使いましたが、
計4時間ほどでバッテリーがなくなり(カタログスペックより保った?)、
それ以降はVOLT300をおもにノーマルで使いました。

それぞれ、どのていどの明るさか気になりますよね。
そこで、新利根川沿いの細道に入り込んだ時に
比較のために撮影しておきました。ちょうど環境光がなく、
クルマが入ってこない未舗装路でしたので(汗)。
d0211129_13454784.jpg
d0211129_13455848.jpg
いずれも露出を固定して撮影したので、
明るさの比較にはなると思います。
こう見ると、そして実際に点けて走っても、
VOLT800のハイは非常に明るく、照射範囲も広く、
悪路や速度が出るシーンでも、安心感は高いです。
ミドルでも実用的です。
しかしローは、暗すぎて闇夜では不安です。
VOLT300は、ハイなら800のミドルより明るく、
ノーマルでもそこそこの安心感はあります。

どちらも、配光は無難なデザインで、
中心部から周囲まで自然に光が拡散します。
EL540などは角形配光で、それも好きでしたが、
VOLTも必要にして十分ですね。
また、VOLTは本体を下にして取り付けることも
OKと明記されており、ハンドルの下に懸吊できるのが
便利です。
EL540は、防水のためか配光のためか、
本体を下にするのはダメとありましたから。
自分はVOLTをハンドルに下側に付けてますが、
そうするとハンドル上面がすっきりして握りやすい反面、
ライトのオンオフが少々しづらく、
電池残量を知らせるインジケーターが見れないのが不便でしょうか。

さて、闇夜で一人こんなことをしてるのは怪しく、
いい加減にしないと家にいつまでも付かないので、
ほどほどにして走り出しました。
d0211129_13535724.jpg
我孫子市に入るまで西向きに走り続け、
追い風の恩恵をたっぷりいただきました。
ほとんど無風に近いそよ風でしたが、
向かい風でないだけでも御の字です。
千葉県に入ったのは、もう20時40分でした。
夜は景色が分からないので、コンビニと標識しか
写真がありません(笑)。
d0211129_13555875.jpg
松戸から国道6号に入り、
しばらく進めば東京都に入ります。
もう22時過ぎ……。まあここまで来れば、
なんとか本日中には帰宅できるだろうと
胸を撫で下ろしていたら……
d0211129_13571146.jpg
痛恨のパンク。
ここまでの平均時速はちょうど18kmでしたが、
このパンク修理の間に17.7kmになってしまいました。
ほんと、停まるとあっという間に下がりますね。

結局、帰宅したのは23時30分で、からくも
午前様にならず。一部、アドリブでコースを変えたりしたので、
走行距離は288kmになりました。
これで、大洗は日帰りサイクリング圏内だと
自分自身に証明することが出来ました(笑)。

さて、キャノンデールCAAD12 DISCの印象は……
平地ロングライドでも、やっぱり優秀ですね。
アルミフレームだから体力が削がれるとか、
いっさいありません。
非力な自分が大洗往復できたのですから、間違いないところかと。
お尻が痛いとか、そういう路面からの突き上げに伴う
不快感もありませんでした。
前回の峠ランほど、ディスクブレーキの恩恵は
なかったかも知れませんが、やはり安心感は高いです。

ロングライドは決して運動強度が高くないので、
剛性とかハンドリングの応答性とかは、
正直なところ自分にはよく分かってません。
しかし、16時間以上も一緒に過ごして、
特に不満がないというのは、優秀な自転車なのでは
ないでしょうか。
26万円でここまで満足できるなんて、
最近のメーカー完成車は本当にすごいなあと
あらためて感じた次第でございます。

高い、重い、部品が少ないと、欠点が挙げられることも多い
ディスクロードですが(汗)、実際に乗ってみると、
ロングライドでは、メリットのほうが大きいでしょう。
少なくとも、体験しないで否定するのは
もったいないカテゴリーだと思いますよ。
by cyclotourist | 2016-03-18 14:17 | おしらせ | Comments(4)