ブログトップ

シクロツーリスト&ランドヌールときどき模型の製作日記

cyclo.exblog.jp

走り納め

こんにちは、田村です。

おそくなりましたが、
今年もよろしくお願いいたします。

みなさま、走り納めや走り初めは
いかがでしたでしょうか。
走り初めはまだ、という方も
いらっしゃることと思います。
新しい一年も、みなさんと充実した
サイクリングが過ごせることを祈っております。
d0211129_22564791.jpg
走り納めは沼津スタートでした。
この日もトシさんとご一緒させていただきました。
集合は年も押し迫った30日の12時、お昼です。
ふつう、なるべく早い時間に集合するのが
セオリーですが、今回は急ぐ必要がない、むしろ
遅い時間が望ましいサイクリングでした。
d0211129_22584666.jpg
まずは沼津港の沼津バーガーでランチ。
駅から2kmくらいですから、いきなり休憩です。
d0211129_23000189.jpg
人気メニューの「深海魚バーガー」なるものを
いただきました。経験済みのトシさんいわく、
ただのフィレオフィッシュバーガーだよ、と夢のない
コメントをいただきましたが、そのとおりでした(汗)。
d0211129_23013142.jpg
15kmほど南下して内浦へ。
漁港では大漁旗をかかげた船ばかり。
年末だからお祝いモードなのでしょうか。
d0211129_23024791.jpg
富士山がよく見えます。
冬らしいスカッとした空気が気持ちいい。
d0211129_23033355.jpg
しばし内浦を散策した後、セブンイレブンで買い出し。
4kgほどの重量となるでしょうか。
この夜の「天体観測」に備えての食材です。
今回のサイクリングは、西伊豆スカイラインの途中にある
土肥駐車場で星を見よう! というのが
テーマだったりするのです。
なにそれ? といぶかる方が多いと思いますが、
星を見るのがけっこう好きだったりするのです。
特に最近……。
輝く星を見るのって、みんな好きですよね!?
星は夜じゃないと見えませんから、
そのためにスタート時間を遅くしたわけで、
プチナイトランの実行なのです。
d0211129_23075897.jpg
フル装備のメルクス・ストラスブール71。
天体観測に備えた各種の耐寒装備と買い出しスペースを
確保するため、リュックも併用です。
d0211129_23091029.jpg
トシさんもほぼ同様の装備。
d0211129_23135893.jpg
15時半から戸田峠へ上り始めました。
いつもは考えられない行動ですが、
夜も走る、とあらかじめ決めていたので
躊躇はありません……ありませんが、
この季節、この時間帯に、標高700mの峠まで
上るのは覚悟がいるのは確かです。
d0211129_23161484.jpg
途中の真城峠までの急登がしんどいのなんの……。
食材をがっつりかかえているため、
通常のキャンプツーリング装備よりも
ずっしり重いのが堪えます。
d0211129_23175802.jpg
真城峠を越える頃には、
月が煌煌と輝き出しました。
d0211129_23194568.jpg
17時過ぎには沈みゆく夕陽。
戸田港の輝きが眼下にきらめき、
非日常的な光景が広がります。このルートを
この時間帯に走っていることが
新鮮でなりません。
d0211129_23214476.jpg
戸田峠に着いたのは17時半。
やはり荷が重いことと自分が衰えていることが相まって、
けっこう時間がかかりました。
夏場であれば明るい時間ですが、今はもう夜です。
d0211129_23230877.jpg
西伊豆スカイラインきっての絶景が広がる
達磨山のふもと。その絶景は闇に沈んでいますが、
駿河湾に輝く街並が幻想的でした。
d0211129_23245669.jpg
戸田峠を過ぎてしばらくすると下りになるので、
寒さに震えながら土肥駐車場へ。
到着は18時半近く。やはり日中以上に
時間を要しましたが、目的地に着いて感無量。
自分はこれまで知りませんでしたが、
この駐車場は天体観測の有名スポットなのです。
年末でもあり、ここまで来る酔狂な人も
いないだろうと思ってましたが、
そこは有名スポット、後から後から
同好の方々がやってきました。
「シャイニー!」と、歓声がしばしば聞こえます。
もちろん、みなクルマですが、一組二人だけ、
自転車でやってきた方もいて驚きました。
彼らはしばらくして三島方面へ下るとのことでしたが、
(それはそれで凄い)
手前どもは夜を徹して
天体観測を遂行します。
d0211129_23293589.jpg
稜線にある駐車場だけあって風が激しく、
そのままでは冗談ではなく凍死しそうだったので
持参の耐寒装備を展開します。
駐車場の東屋ですが、このような条件下での
展開に備え、ふたりともペグなしで自立できる
シェルターを持参しました。
気温は2°ほどまで下がったようですが、
外に出ていると体感気温は
いっそう激しく低く耐え難く、
シェルター内からの天体観測となりました。
d0211129_23324221.jpg
持参した火器で暖かい食事をいただきつつ、
ふたり静かに天体観測。
煌めく星々のドラマは期待を上回るものでした。
気がつけば日付が変わり、
大晦日を迎えた我々は、時間が経つのも忘れて
天体観測にふけったのでした。
d0211129_23352591.jpg
夜半から薄い雲が流れ出し、
満点の星とはなりませんでしたが、
月と雲の競演は悪くありませんでした。

そして、気がつけば朝。
我々は土肥駐車場で見た輝きのドラマを胸に、
下界へ戻ったのでした。

ブルベ以外でナイトランを実践することは
ほとんどありませんでしたが、
装備をキチッと整えたうえで(重要)、天体観測のように
夜しか楽しめない目的と強いモチベーションがあるのなら、
ナイトランも悪くないものです。

サイクリングは、走ること自体が趣味です。
だから、走るだけでもいいのですが、
他のさまざまな趣味を融合できるのも
大きな魅力です。
グルメしかり、写真撮影しかり、名所巡りしかり……。
「走る」という本質がもたらす
充実感が、ほかのプラスαの楽しみも
倍加してくれると感じます。

走り初めも実施済みなので、
またの機会にリポートしたいと思います。

あらためて、今年もよろしくお願いいたします!




by cyclotourist | 2018-01-06 23:52 | おしらせ | Comments(5)
Commented by やす at 2018-01-07 18:44 x
あけましておめでとうございます。

大変申し訳ありません。
田村さんのお話ででてくる「天体観測」ですが
これは通常の星の観測でしょうか?
それても「天体観測」という名前のアニメ鑑賞でしょうか?

今年もブログ期待しております。
Commented by まりきち at 2018-01-08 10:39 x
この寒空の下ナイトランとはすごい気合いですね。
輝く星を見る天体観測なるほどねー……あれ?
確か田村さんの推しは善子(だからヨハネよっ!)ちゃんだったような覚えがあるのですが最近ルビィちゃんをよく見る気がしますが……
Commented by cyclotourist at 2018-01-08 19:59
やす様
コメントありがとうございます。
今年もよろしくお願いします。
今回の天体観測は、本当に星を見る
天体観測です。
同行の方は星座版も持ってきましたよ。
もっとも、自分はオリオン座くらいしか
わかりませんが(汗)。

まりきち様
コメントありがとうございます。
まじで寒かったです。
やっぱりクルマで行かないとダメですね。
最近の推しは理亞ちゃんですが、
みんな大好き! ということで(笑)。
Commented by トシ at 2018-01-09 16:32 x
先日はご一緒いただきありがとうございました。アプリでは味気ないと自作キットで作った星座盤など持参しましたが、いまいち役立ちませんでした。市販のものは蓄光塗料でも塗ってあるんでしょうね。
星空もミラーレス一眼ではあまりよく写っておらず残念でしたが、あの場にいた者だけが見ることのできた、私たちの輝きだったんだと思えば、より尊いものだったと感じています。
寒さや暗さの峠道、今後長距離のブルベに参加するときの為の良い経験にもなりました。
Commented by cyclotourist at 2018-01-09 18:12
トシ様
コメントありがとうございます。
サイクリングをご一緒する度に
どんどんタフになっているトシさんに
驚きます。そのうち置いてかないでくださいね。
星座盤、よかったです。
いろんな星座を教えていただき
ありがとうございました。
<< 走り初め 沼津・内浦詣で >>