ブログトップ

シクロツーリスト&ランドヌールときどき模型の製作日記

cyclo.exblog.jp

【プラモ作り】ういにんぐふみな

こんにちは、田村です。

ひさびさのブログ更新ですが、
空気読まずに模型ネタを……。
d0211129_16080562.jpg
いま巷でいちばん人気があるらしいガンプラ、
「ういにんぐふみな」を買いました。
1980年代から脈々と続く、美少女+メカという
日本の萌え文化が到達した、現時点での頂点ではないでしょうか。
d0211129_16113207.jpg
パチパチと組むだけでこの完成度。
柔らかい女の子と硬質なメカの造型が
互いを引き立て昇華しております。ええプラモです。
d0211129_16133768.jpg
各部の強化装甲を外した状態。
頭身のバランスも文句なしですな。
外した強化装甲を組み替えると、SDガンダムになるという
ギミックもあります。
しかし、ここで大人げない考えが芽生えてしまいました。
そのSDガンダムへの組み替えギミックを割愛すれば、
より可愛い「ういにんぐふみな」になるのでは、と。

以下、手を加えた箇所を列記しつつ、
効果と手間を判断していきたいと思います。
d0211129_16162075.jpg
1.肩幅を狭める
効 果:★★★★★
簡単さ:★★★★★
腕をキャッチするジョイントを少し削ることで
肩がより奥まで引っ込むようになります。
d0211129_16185641.jpg
向かって左がキットのまま。
右が手を加えた状態。
ジョイントと二の腕の上部を削り込むことで、
肩がより上体にフィットするようになり、
肩幅が狭く見えます。
この手の美少女キャラは、肩幅が狭いほうが
可愛く見えます。加工の手間も少ないので、
非常に有効だと思います。
なお、胴体側をうかつに削ってしまうと隙間が目立つので、
慎重に判断します。
d0211129_16215079.jpg
2.足のラインを整える
効 果:★★★★☆
簡単さ:★★★☆☆
太ももと下肢の内側を中心に削り込みます。
下肢のパーツは左右共通形状になっているのですが、
本来の人の足は、外側と内側でラインが異なります。
外側はより曲線的、内側は意外と直線的です。
断面も丸ではなく、おむすび状になります。
そう見えるよう、キットのパーツをナイフで大胆に
削ります。プラがかなり肉厚なので削りがいがありますが、
一部は穴が空いてしまうので、そこはポリパテで
埋めておきます。
この時点で塗装が必須になってしまいますが……。
d0211129_16260220.jpg
だいぶ全体がシュッとしたように見える……と思い込みます。
いずれにしろ無改造でもバランスが非常によく、
手足を延長したりするような大改造は不要かと思います。
d0211129_16273027.jpg
3.足の装甲を細くする
効 果:★★★☆☆
簡単さ:★☆☆☆☆
足と装甲のクリアランスが広すぎ、
装備状態だと足が太く見えます。
そこで、部品内部にポリパテを充填し、削り込みます。
足の部品にリップクリームなどを塗っておけば、
パテが硬化後に外すことができます。
また、亀甲状の箇所は、あとで利用するために
丁寧に切り離しておきます。
d0211129_16302967.jpg
正面からの比較。
かなり細くなるまで削り込むことができます。
d0211129_16311614.jpg
側面形状も削り、装甲をつけても
足のカタチが想像できるラインにします。
ただ、前後パーツを勘合させる必要があるため、
パテの盛り削りを何度も繰り返す
面倒な作業になりました。あらかた加工が終わったら、
切り離しておいた亀甲をつけ直します。
d0211129_16333920.jpg
4.髪のボリュームを調整する
効 果:★★★☆☆
簡単さ:★★☆☆☆
前髪を中心に、パテを盛り足して
ボリュームと流れを少しだけ変更します。
特に左右に流れる房が
頬に近すぎるように思われるので、
パテを盛った後に内側を削り込んでみました。
d0211129_16364417.jpg
ポニーテールはポリパテで新造しました。
房をばらけさせて躍動感を出したかったのですが、
なかなか難しいですね。
手間がかかる割りに効果が薄いので、
ここはキットそのままでもよかったかと。
d0211129_16394464.jpg
5.指を伸ばす
効 果:★★★★☆
簡単さ:★★★★☆
安全対策かメカっぽく見せるためか、
キットの指先は平たくなっており、
ゴツく見えます。そこで、
ランナーを適当に切り出した小片を
指先に接着し、滑らかにつながるよう
削ります。
d0211129_16430179.jpg
6.スカートを作り直す
効 果:★★★★★
簡単さ:★☆☆☆☆
キットのスカートは、SDガンダムへの組み替えと
可動を両立させるためか、前半分しかない
ヘンなカタチになってます。
アニメ劇中ではひらひらと翻る素敵な
スカートが描写されていて胸キュンだったので、
それに近づけたいと思います。
d0211129_16445642.jpg
ポリパテの盛り削りで腰に
フィットするスカートを作ります。
前側とベルト状の部品は、キットから必要な箇所を
切り出しておき、あとで合体させます。
d0211129_16464295.jpg
7.胸部装甲の接続方法を変更
効 果:★★★★★
簡単さ:★★☆☆☆
キット標準では、背中から伸びるアームで
胸部装甲を支える構造になってますが、
アニメではそのようなアームは描かれておらず、
二の腕に直接なんらかの方法で
くっついているように見えます。
そこで、二の腕と装甲にネオジム磁石を埋め込み、
磁力で着脱できるようにします。
これによって、アームなしで
すっきり装甲を身に付けることができます。
d0211129_16494158.jpg
がらんどうの内側をプラ版で塞ぎつつ、
装甲に付く肩パーツを細くしました。
d0211129_16504249.jpg
こうした幅ツメなどには、
極薄のカットソーがとても役立ちます。
足もそうでしたが、あとで利用したい箇所を
キレイに切り出せるので、無駄に自作する
労力を抑えることができます。
d0211129_16540157.jpg
胸の上に付く装甲も背部と連結しているのですが、
胸の上に置けば済むデザインなので、
そのようにカタチを変えておきます。
d0211129_16522150.jpg
ついでに、手首に付く装甲の
開口部もプラ版でふさいでおきます。
d0211129_16530701.jpg
8.アンテナを拡大
効 果:★★★★★
簡単さ:★★★☆☆
前髪の上に付くアンテナ(リボン?)を
かなりボリュームアップします。
プラ版にポリパテを盛り、菱形断面を
再現しておきます。
d0211129_16570566.jpg
9.パンツのラインを変更
効 果:★★★☆☆
簡単さ:★★★☆☆
可動を優先するためか、腰の下部・パンツの上部が
すぱっと水平に分割されています。
形状自体は異常ともいえるほど
優れているのですが、この分割ラインのせいで
色っぽさが減っているように思われます。
そこで、パンツの前側は削り込みつつお腹を伸ばし、
パンツの後ろ側には腰の下端を切って移植します。
これによって、横から見てパンツのラインが
斜めに見えるようになります。こうすることで、
ちゃんとパンツを履いてる感が増すと思われます。
ただ、前側をあまり削ると
とたんにエロくなってしまうので、
やり過ぎは禁物でしょう。
いずれにしろ微妙なパートなので、
キットの造型を損なわないように
注意したいものです。
d0211129_17043001.jpg
10.足の形状変更と小型化
効 果:★★☆☆☆
簡単さ:★☆☆☆☆
靴状の部品が、とても足や指が入ってるようには
見えないカタチをしているので、
実際の靴を参考に側面を削り込みつつ、
先端に少しパテを盛ってボリュームを増します。
その靴が収まる装甲パーツは大振りなので、
パテ埋め&削り込みで小さくします。
ただ、かなり手間がかかるうえ、足の装甲は
大きいほうがメカ的にはカッコいいので、
やらなくてもよかったかな、とは思います。
d0211129_17091737.jpg
各部の改修を終えた状態。
素体+強化装甲に分かれると言うコンセプト故、
塗装工程に入る段階になっても
部品点数がぜんぜん減りません。
全体を一気に塗装できる戦車プラモなどに比べると、
眼がくらむほど面倒です(汗)。
d0211129_17113994.jpg
串を突っ込み、塗装に欠かせない持ち手とします。
部品によっては、見えない箇所に穴を開け、
串を差し込みました。
d0211129_17130571.jpg
部品を保持する塗装ベースがないとやってられないので、
買ってきました。
装甲は光沢塗装にしたのですが、自分の拙い
下地処理と塗装技術だとあまりキレイに光りませんね……。
なにより根気が続きません……。
d0211129_17145813.jpg
11.ビーム部品の先鋭化
効 果:★★★★☆
簡単さ:★★★★☆
ういにんぐの特徴として、ビームで形成されたという
盾や刃があります。
とても美しい透明プラで再現されていますが、
安全性のため、先端がことごとく丸いです。
そこで、ヤスって尖らせます。
180番でカタチを変え、400番、800番、1500番で
研ぎ(本当はもっと番手を刻んだほうがいいかも)、
コンパウンドで磨きます。
コンパウンドは、タミヤの粗めと仕上げの
二種類を使いました。
ここも根気がいるところなので、塗装の乾燥待ちの
間にちまちま進めました。
元の透明度には及びませんが、まあなんとか
それなりに見えるくらいには磨きました。
d0211129_17195942.jpg
完成。
ガンプラ(これはガンプラです)を塗装したのは
高校生以来からもしれません(汗)。
下地を白く塗っても、肌色はなかなか思うように
発色しないので(冷たい色味になりがち)、
赤みを強くした肌色でいったん全体を塗った後、
狙う色味にした肌色を拭き重ねました。
その後、靴と腕輪(?)以外はつや消しクリアーで
仕上げ、ほおなど一部にパステルで
赤みを追加しました。
眼はキット付属のシールを貼ってます。
自分が手で描くより100倍はキレイに
仕上がりますね。素晴らしい。
d0211129_17251378.jpg
いよいよ装甲をセットします。
一度つけたら外すことはもうないでしょう。
塗装すると、剥げや色写りが避けられないので、
こうした可動や組み替えを重視したキットは、
素直に無塗装で楽しむのがイイんでしょうね(汗)。
d0211129_17272872.jpg
虹色の戦士、ういにんぐふみな!
半月間、自転車にも乗らず仕事もさぼりながら作り続けたので(汗)
感無量でございます。
塗装したこともあり、あまり派手なポーズは取れませんが、
可動フィギュアは完成した後も楽しいものですな。
ちなみに、上体と顔を逆方向に動かし、
体をひねったようなポーズ(いわゆるモデル立ち)を
取らせると映えます。
d0211129_17285662.jpg
キットの完成見本だと、各部にキレイなスミが入ってるのですが、
自分の技術と道具ではうまくできませんでした……。
d0211129_17303532.jpg
おしまい。



by cyclotourist | 2017-12-02 18:10 | 模型作り | Comments(2)
Commented by まりきち at 2017-12-12 09:45 x
抜かりない改造流石です!……ってか大人気なーい!(笑)
まぁメカなら仕方が無いと割り切れても、脚のラインとかのフェチな部分はそこから少しでも外れてしまうと逆に嫌悪となってしまうので徹底して修正してしまいますよね。

このキット買おうかどうかかなり店頭で悩みました。

ぼくはおヘソが見えたりするような過度な露出がダメな性癖?があるので購入には至りませんでしたが。

同じ理由でコトブキヤのフレームアームズシリーズも今のところ敬遠しているところ。

でもバンダイの最新の超技術を体験したくて時々はガンプラを買って作りたくはなりますね。
Commented by cyclotourist at 2017-12-12 19:07
まりきち様
コメントありがとうございます。
ずいぶん頑張ってつくったので、
お一人でも(?)見ていただけると
うれしいです。
このふみなは軽量化しすぎの感もありますが(汗)、
プラモとしてはひとつのブレークスルーじゃないかと
感じました。フィギュアとしての造型が
前作から長足の進歩を遂げてますし、
価格もFAガールの半分ですし。
ただ、塗装するとなると、変なところに
パーティングラインがあるのが気になったり、
スケール物に比べて細かい造型が元からないので
塗っても意外と映えなかったり……と、
考えさせられるものがありました。
なお、これを見た娘は「エロ!」と言って
立ち去って行きました(汗)。
<< またまた林道サイクリング 娘と伊豆サイクリング >>