ブログトップ

シクロツーリスト&ランドヌールときどき模型の製作日記

cyclo.exblog.jp

グラベルロード、始めます!

こんにちは、田村です。

最近「グラベルロード」って聞きますよね。
グラベルって砂利道とか、未舗装林道のことだと思うので、
そういう道を走れるロードバイクということなのでしょうが、
それってもう、ロードバイクなの? と
思っておりました。

特に、ランドナーやMTBも
持ってる身としては、「ふ〜ん」くらいに
見過ごしていたのですが、バイクパッキングに身を投じてから
だんだんグラベルロードが気になってきました。

ネガティブにとると、前述のようにわけの分からない車種ですが、
ポジティブにとれば、舗装路でのロードの快速性能に
悪路の走破能力が加わるわけですから、
鬼に金棒じゃないですか。
しかも、シクロクロスのような競技用の
自転車でもありませんから、ツーリングしかしない
自分にもぴったり。

そこで、いろいろ物色したり、以前の
インプレで乗せていただいたグラベルロードの
感触を思い出しながら、欲しいと思える一台を
探しておりました。
しかし、自分の記憶があてにならないのはもちろんですが(汗)、
真摯にグラベルロードに取り組んだうえでの
情報って、あんまりないですね。
イメージで語っているというか、個別のモデルを
紹介してるのにグラベルロード全般の
雰囲気を伝えるのに終始していたり……。

これってやっぱり、自分でグラベルロードを買って、
ふさわしいシーンでちゃんと遊んでる人が
少ないから、なんでしょうね。

そんなわけで、ますます自分のグラベルロードが
欲しくなったのですが、高すぎたり安すぎたりで、
ミドルグレードくらいで魅力あるモデルが
なかなか絞れませんでした。

スペシャライズドの2018ディバージュが
フューチャーショック付きで良さそうですが、
定番すぎてかぶりそう?
フォーカスのパラレーンもよさそうだけど、
ちょっと高い。
ジャイアントのエニーロードは、
逆に安すぎるかな……いい感じですが。
フェルトやジェイミス、コナあたりも
よさそうなモデルを出してますが、
なんでそのブランドを自分が選ぶのか?
という理由みたいのが見つかりません。

ふと、本当になんで見たか
思い出せないくらいなのですが、
エディ・メルクスのホームページをみたら、
しっかりグラベルロードもあるじゃないですか。
メルクスのグラベルロード、意外性ありますよね。

メルクス御大より、三船雅彦さんが今年から乗ってることで
自分なりにリスペクトできるブランドですし、
そのグラベルロードのモデル名が素敵。
「ストラスブール71」。
ストラスブールは、ドイツとフランスが取ったり取られたり
してた街ですが(フランス北東部)、
1971年のツールでメルクスが勝った街だそうで
それが本モデルの由来だそうです。
そして1971年は、
不肖、ワタクシが生まれた年でもあります(汗)。

意外性、好きな方が乗ってる、そしてモデル名。
これだけ揃えば、もう選んじゃっていいんじゃない?
d0211129_15294185.jpg
買っちゃいました(笑)。
ストラスブール71、Sサイズです。
シマノ・105装備のミドルグレードとはいえ
28万円もしますので、それなりに悩みましたが、
買えば素敵なバイクパッキングツーリングが
できそうな予感があり、我慢できませんでした。
一ヶ月の旅でもだいぶ散在したし、
これでもうスッカラカンだぜ(汗)。
d0211129_15361390.jpg
このグラベルロードも、
ベロクラフトで購入させていただきました。
高田馬場に移転してからますます近いですし、
なにより、大槻さんの技術と見識におんぶに
抱っこのワタクシなのです。今回も無理言って、
「メルクスほしいんですけど……」と取り寄せを
お願いしたら、新たに取り扱いをしてくださりました。
大槻さんは、こうしたグラベルロードも前向きに
評価していて、ストラスブール71も好印象のようでした。
d0211129_15424041.jpg
ブレーキの取り回しを右前にしたり、
ホースの長さを最適化していただきました。
オイルディスクのセットアップを再び拝見しましたが、
やっぱり自分にはできる気がしません(汗)。
やってみれば、何倍も時間がかかったすえに、
家中オイルだらけにして
カタチだけはできるかもしれませんが、自分の命を
間違いなく左右するブレーキだけに、
やっぱりプロにお任せしたいと強く思いました。
d0211129_15455396.jpg
タイヤは最初から交換。
標準だと32Cのセミスリックが付いてましたが、
やはり太めのタイヤを履かせてみたいので、
パナレーサーのグラベルキングSKの35Cを選択。
セミノブです。以前、これの32Cを使って印象がよかったので、
メルクスでも使ってみます。
d0211129_1548651.jpg
さっそく重量測定。
メルクスのホームページには完成車重量が
載ってなかったので一抹の不安がありましたが、
ペダルを付けて、グラベルキングSKの35Cに
した状態で9.1kg。
タイヤが一本400gあることを考慮すれば、
ミドルグレードのアルミフレーム・ディスクロードとしては
悪くない重量だと思います。
d0211129_15505070.jpg
フラットマウント&12mmスルーアクスル。
あっという間に、これがディスクロードの
標準規格になりましたね。
ストラスブール71は、マッドガード用の
アイレットを完全装備しています。
ローターは小振りな140mm。
d0211129_1552149.jpg
チェーンステーにブリッヂがあり、
ここにもアイレットがあります。
なにかカッコいいマッドガードをつけたいですね。
d0211129_15523314.jpg
クリアランスたっぷりのフォーク。
40Cまで対応するそうですが、
35Cを入れた感じでは、40Cだと
クリアランスが残り少なくなって、泥がつまりそうな
感じではあります。
d0211129_15544273.jpg
大槻さんに整えてもらったので、
ワイヤーやホースもすっきり。
ハンドルやステムはデダで、
ヨーロッパブランドらしいアッセンブル。
いつものハンドル高さにしたら
ばっさりフォークコラムを切ってもらうところですが、
今回はとりあえずそのまま。ダートを走ってみたら、
ハンドルを上げたくなるかもしれませんから。
d0211129_15574924.jpg
渋いカラーリング。
また黒い自転車が増えてしまいました。
d0211129_15585734.jpg
さっそく、ライト類やボトルケージを
装着してみます。
メーカーから借りたりした自転車だと、
こういう当たり前の装備を付けないので、
意外と使い勝手の善し悪しに気付かないんですよね。
d0211129_1604384.jpg
各社ごとに使い方が異なるスルーアクスルですが、
メルクスはシンプルにアーレンキーで回すタイプ。
d0211129_1612599.jpg
さっそくエンド金具を付けてみます。
オーストリッチのスルーアクスル用です。
自分の場合、輪行できないとマズいですから。
d0211129_162375.jpg
立ちますね。
片持ちなのでズレやすいという話も聞くので、
意識して注意したいと思います。
d0211129_1631776.jpg
さっそくバイクパッキングしてみます。
この自転車にはブラックバーンの
シートパックとトップチューブバッグを付けてみます。
さすが、スローピンがきついフレームだけに
大型のサドルバッグが苦もなく付きます。
目論見どおりとはいえ、
ホリゾンタルのキャノンデール・CAAD12に
苦労してオルトリーブのシートパックを付けた時の
自分を遠い目で振り返りたくなります(汗)。
スローピングだと、サドルバッグをかなり前傾して
取り付けることができ、結果として前後長が減るので、
走りの安定感を高めやすいです。
いっぽう、前三角のスペースは小さくなるので、
長いツールボトルは使えなくなりました。
フレームバッグはもとより使う気がないからいいのですが。
トップチューブバッグが妙に大きく
(公称1Lですが、ぜったいもっとある)
ちょっとカッコ悪い気もしますが、そのおかげで
フロントバッグなしですべてのキャンプ装備が収まりました。
全装備重量は14.1kgです。
d0211129_16104212.jpg
スタッフバッグを抱え込む
ホルスタータイプのシートパックです。
バックルなどが頑丈で安心感があります。
なにより、自作のなんちゃってバッグホルダーより
異次元のカッコよさがあります。
d0211129_1612120.jpg
大振りなトップチューブバッグ。
固定ベルトがしっかりしており、
ずれたりする心配は少なそうです。
d0211129_16125341.jpg
シートパックの中身。
ツェルト、マット、シュラフ代わりのシルクシーツ……
どれもコンパクトなので、もうフレームバッグや
フロントバッグを必要としないのです。
着替え、調理器具、三脚まで入りました。
d0211129_16142491.jpg
トップチューブバッグの中身。
なにか忘れてないか……と心配になるほど、
必要な装備があっさり収まりました。

こうして、新しい旅の可能性が
現実のものとなりました。
明日からさっそく、
グラベルダート&プチトレイル走行&キャンプの
旅に出ようと思います!


おまけ
以下、ブラックバーンのシートポストご愛用者へ。
このバッグ、最初に付けた時は、
「うわ、揺れるなあ」とガッカリしました。
d0211129_16172344.jpg
おもな原因は、サドルレール下に
通すベルトが、バッグ本体に固定されておらず、
左右に動いてしまうこと。
ベルトループがふたつあるので、ベルト位置を付け変えることが
できるように……という仕様なのだと思いますが、
ベルトを通す位置は後ろ側のループ一択です。
なるべくサドルレールの後ろからバッグを
引っ張ったほうが、バッグがサドルの下に密着して、
格段に安定するからです。
d0211129_16215416.jpg
そこで、ループ・ベルト・バッグ本体を
ボルト&ナットで固定しました。
左右への揺れが格段に減りますよ。
by cyclotourist | 2017-07-07 16:36 | おしらせ | Comments(10)
Commented by はじ~ at 2017-07-07 18:33 x
骨折して自転車に乗れなかった時間を取り戻すかのような活発な活動ですね。
新しい自転車の写真を見て、泥除けを付けられるダボが後ろにはあるんだ、ということに目が行ってます(;´∀`)
フォークの先端と付け根にもダボが有るのか気になってしまいます。
僕は次に買う自転車の予算を2年後にフランスへ行くために残そう、、、って考えて手をつけてないですが、オーダーを第一候補として考えつつも既製モデルでも望みの装備のものがお手頃に取得出来そうなら、フランスとニューバイクの二兎を得ることができないか気持ちが揺らぎそうです。
(今日もですが)明日からも暑そうですが、天気は良さそうなので新しい自転車で楽しいグラベルキャンプをしてきてください。
Commented by 輪太郎 at 2017-07-08 00:16 x
やっちゃいましたか・・・。実はワタクシも1年半ぐらい前に28万ほどのフォーカス・アルミ車、油圧ディスク仕様を買いました。グラベルロードと言って良いかどうかは、わかりませんが、レースには使いません(というか、もう10年あらゆるレースに出ていませんし)。タイヤ交換はしたけど、ブロックをライン型にした感じ。32cなので、35にしたいかな。でもお金ないし、仕事辞めたから収入ないし。田村さんはお金バッチリですね。さすがです。
Commented by ZENON at 2017-07-08 08:26 x
こんにちは。
CAADディスクも、それなりの幅のタイヤが入ったかと思いますので、特性としてカブる部分が有るかと思いますが、グラベルロードには、また別のメリットが有るということでしょうか?
>片持ちエンド金具・・・
前から思っているのですが、この手の部品って、地面に設置するアームになるパーツと、軸になるパーツに溝や摩擦を高めるギザギザの様なものを設けて、回転防止を測れないもんでしょうかね!?
田村さんが言えば、どこかが開発してくれるかも?(笑)
Commented by cyclotourist at 2017-07-09 21:11
ZENON様
コメントありがとうございます。
CAAD12ディスクに32Cを入れたりもしましたが、
カツカツでよろしくないので、
もっと太いタイヤが余裕で入るモデルが
ほしくなったのです。あと、バイクパッキング的に
スローピングが有利な面が多いので。
エンド金具は、悩ましいですね。
回転を防止するとフレームに負担が
増えそうですし……。
Commented by cyclotourist at 2017-07-10 11:31
はじ~様
コメントありがとうございます。
PBP、もう2年後なんですね。
自分も一度は走りたいと思いつつ……。
新車は、やっぱり気分がいいです。
ぜひ、二兎を追い求めて下さい!

輪太郎様
コメントありがとうございます。
フォーカスのパラレーンですか?
自分もいいなあと思ったんですよね。
収入は、自分もあまりないですよ(汗)。
輪太郎さんは教師を勤め上げたのですから、
きっとたっぷり……。

Commented by キナバルの★ at 2017-07-11 18:02 x
田村様
グラベルロード デビュー、おめでとうございます。ひとつ教えてください。これ用のスルーアクスルなんですが、規格はMTBのと同じですか。あるいはそれより細いですかね。また対応するハブは、例えばシマノ辺りの汎用品が出てますでしょうか。
Commented by cyclotourist at 2017-07-11 20:14
キナバルの★様
コメントありがとうございます。
12mmスルーなので、15mmとかある
MTBとは合わないことが多いかと。
自分もよく分かってませんが、シマノの
完組ホイールは12mmスルーアクスル対応が
増えましたね。
Commented by キナバルの★ at 2017-07-13 12:53 x
度々すみません。
これは前後輪とも12mmのスルーアクスルでしょうか。
Commented by キナバルの★ at 2017-07-13 13:35 x
シマノのホームページを見たら、アルテグラで前後のセンターロックディスク対応のハブが出てました。規格は下記。
前:12mm Eスルーアクスル、100mm O.L.D.
後:12mm Eスルーアクスル、142mm O.L.D.
これがディスクロードの標準となりつつあるのでしょうか・・・
Commented by cyclotourist at 2017-07-13 14:37
キナバルの★様
コメントありがとうございます。
メルクスは、まさに上記どおりの
仕様だと思います。
シマノが製品を出したら、
それがもう標準になるのではないでしょうか。
どうなのでしょうね?
<< 見せてもらおうか、グラベルロー... 思い立ったら大洗 >>