ブログトップ

シクロツーリスト&ランドヌールときどき模型の製作日記

cyclo.exblog.jp

思い立ったら大洗

こんにちは、田村です。

特に予定がなくても
明日の天気予報を見たりすることって、
サイクリストに限らずありますよね。
先の日曜日、ふと茨城県の予報を見たら、
月曜と火曜、雨降らない……かも?
d0211129_2039172.jpg
横型輪行袋、マルトのRK-02Lに
ルック595を放り込んで土浦駅へGO。
あんまり好きじゃない横型輪行袋ですが……
d0211129_20403172.jpg
エンド金具を付けておけば、
縦にも置けます。ただ、ハンドルを曲げないで
入れる仕様なので、オーストリッチSL-100など
生粋の縦型輪行袋に比べると、幅が出ます。
それでも、特急の最後尾シートうらに収まったので、
まあまあの実用性です。意外と入れやすくて担ぎやすい。
ただし、付属のベルト類は今いちと感じたので、
すべて他社製に交換して使いました。
d0211129_20425732.jpg
d0211129_20431832.jpg
自作バッグホルダーのデビューです。
全備重量は10.4kg。
バッグを含む荷物重量は2.1kg。
これで、いちおうはキャンプできる装備が入ってます。
さすがに持っても走っても軽いです。
d0211129_20443099.jpg
荷物の軽さはもちろんですが、
やはりデュラエースの軽さが効いてます。
使っていて気持ちいいですし。
使い手も用途も豚に真珠な気がしますが、
まあ、自分の自転車ですから、いいでしょう。
この軽さでディスクブレーキの自転車が
ほしい……先立つ物が(汗)。

バッグホルスターのほうは、
揺れも少なく、きっちりスタッフバッグを
保持してくれます。上りでダンシングすると、
荷物の重さなりに振られる感覚はあるものの、
バッグがゆれて重さをいやに増幅したり、
振動を誘発することはありません。
バッグホルスターが上出来、というよりも、
荷物自体が軽いからでしょうね。
もっとも、上りはともかく、速度が50kmを超えるような
下りが大洗行きではないので(漕げば出るんでしょうが……)、
まだ真価は分かりません……けっきょく、
大洗をめざしているのです。

この日は今年一番の猛暑日になったところが多く、
風向きもよくはなかったのですが、
蒸し暑かろうが向かい風だろうが
大洗に向かっていると、不思議とあまり苦になりません。
骨折空けの2月に土浦〜大洗を走った時は
激しく疲れて遠くも感じたのですが、さすがに今回は
「あれ、もう着くのか」って印象。
距離60kmくらいなので、実際に遠くはないのですが、
自転車の軽さと相まって、あっという間に感じられました。
d0211129_2052535.jpg
セコマを見かける度、
北海道にいるみたいだと、
ちょっと胸が熱くなります。ちょっと前まで
北海道を走っていただけに、感慨もひとしお。
蒸し暑いことを除けば、茨城の北エリアは
なんだか道央あたりに似た印象もありますし。
d0211129_20551125.jpg
涸沼沿いの細道へ。
ダートも現れますが、これだけ
自転車と荷物が軽いと、楽しく走ることができます。
d0211129_2056535.jpg
暑いのに釣り人が多く、
あんこうか岩牡蠣でも釣れんのかな、と(汗)。
自分は釣りという趣味がないのでよくわかりませんが、
暑くても寒くても釣り人は絶えないので、
きっと面白いんでしょうね。
d0211129_20574939.jpg
何度でも帰ってくる。
d0211129_2058148.jpg
装い新たになった、
まいわい市場とガルパンギャラリーへ。
グッズが大量に揃ってて驚きました。
明日、買って帰ろうと思い、まずは
キャンプ場へ。
d0211129_20592929.jpg
先客もちらほら。
平日なのに……人のことは言えない(汗)。
d0211129_210876.jpg
d0211129_2101889.jpg
スタッフバッグを降ろして、
装備一式を展開。
いちおう、着替えも火器もあるのです。そして、
今回は新たな夜の過ごし方を試します。
d0211129_2144416.jpg
輪行袋を広げてタープに。
このRK-02Lは、ほとんど平面に開くので、
こんなこともできるかなと思って選んだのです。
実際はマチがあるので、あまりキレイに
張れませんでしたが、顔周りへの夜露や
少々の雨なら防ぐことができそうです。
d0211129_2161113.jpg
輪行袋にはロープを通す
グロメットがないので(当たり前)
小石や松ぼっくりをくるんで縛ります。
d0211129_217207.jpg
ビビィと呼ばれる、
防水のシュラフカバーとシルクシーツ、
そして軽量マットを組み合わせて寝床とします。
さすがに土の地面に直で置くのは抵抗あるので、
グランドシートも引きました。
キャンプ場の環境、状況が分かってると、
このあたりの目処がついて安心です。
鹿児島〜宗谷岬の時は、ほとんどのキャンプ場が
初見で利用でしたし、天候も読みようがないので、
こうした突っ込んだ装備は試せなかったです。
d0211129_21101572.jpg
クッカーはチタンカップのみ。
肉を焼くだけなら、十分ですな。
d0211129_2110547.jpg
日が暮れていく……。
d0211129_21113987.jpg
日の出と時を同じくして、雨音で
目が覚めました。
これはイカンと思い、速やかに撤収。
不便と思われがちなUL装備ですが、
展開と撤収が楽なのも美点でしょう。
d0211129_21131096.jpg
d0211129_21133129.jpg
6時前には大洗駅に移動し、
迷うことなく輪行で帰宅。
ガルパングッズは次回にお預けですが、
遠からずまた来るでしょうし、
ガルパン列車3号車に当たったのが
うれしかったです。

こうして、思い立って大洗でキャンプし、
とっとと帰ってきました。

幸い、バッグホルダーはなんの異常もなく、
務めを果たしてくれました。
形状やサイズに改良の余地はあるなと思いましたが、
軽さを突き詰めるなら、その意味もあるそうと実感。

いんちきタープとゴロ寝スタイルは……
次回も積極的に採用するかといえば、微妙。
虫除けと蚊取り線香(もちろん現地で買った)の
おかげで虫刺されなどはありませんでしたが、
特に開放感が大きいわけでもないのが真実。
それをタープの売りにする記事などを目にしますが、
テントもツエルトでも、寝るまでは外に敷いた
グランドシートの上で過ごすから、おんなじです。
わかってましたが、実感できたのは
それだけで価値あるかなと。
この時期は、防寒より涼しさを求めたいですが、
その面でもタープ+ゴロ寝は不利。
誰も見やしないとはいえ、タープの下で
着衣を脱ぐわけにもいきませんし(汗)。

必ずしもキャンプ向きの天気や装備では
ありませんでしたが、それでも気軽に
出かけることができるのが、大洗の魅力であり、有り難さ。
お礼をいわせていただきます!
ありがとう〜。
by cyclotourist | 2017-07-04 21:31 | おしらせ | Comments(6)
Commented by 輪太郎 at 2017-07-04 22:10 x
田村さんの行動力、フットワークの軽さは素晴らしいです。こういう事は自分には出来ないけど、2日目パッと撤収し、帰還するという考え方は見習いたいと思います。今は日帰りサイクリングしかしませんが、日帰りでも大雨とかありえるので、輪行セットは持って行く方が良い時もあるかもしれませんね。
Commented by はじ~ at 2017-07-04 22:19 x
早速軽量キャンプ装備で大洗へ出かけたのを見て、翌朝の雨はどうだったのかと心配してましたが、ギリギリで本降りは避けられたのですね。
夏の暑さからすると、ゴロ寝スタイルも良いかと思いますが、虫対策を考えるとテントなどで包まれているほうを初心者の僕は採用しようと思います。
Commented by cyclotourist at 2017-07-05 08:13
輪太郎様
コメントありがとうございます。
東京に住んでると、輪行なしでは
つまらないコースばかりになってしまいます。
だから輪行がかかせません。

はじ~様
コメントありがとうございます。
すべての面で、最初はテントがおすすめですね。
ぜひ、キャンプツーリングに出かけて下さい。
Commented by トシ at 2017-07-06 00:28 x
ビビィってシェルターみたいなやつだと思ったら、これだったんですね!
確かに夏場はツェルトの中は暑そうだしこれもいいかもしれませんね。
だけど、顔を出して寝るのは大洗だと虫よりカラスが怖いかも(汗)
今週は仕事も天気もはっきりしませんが、僕も久しぶりに行ってみたいと思っています。
Commented by cyclotourist at 2017-07-06 23:32
トシ様
コメントありがとうございます。
ビビィ、保温力ありすぎて蒸し暑かったです(汗)。
ツェルトのなかでパンツ一丁、というのが
サマーキャンプ(笑)にはいいですね。
あと、カラスも怖かったですし、
猫が目の前にやってきて驚きました。
Commented by maki at 2017-09-23 10:27 x
初めまして。
田村さんのブログを毎日楽しみに読ませて頂いています。
拝読させて頂いているうちに自分でもブルベやバイクパッキングをしてみたくなり、愛車エモンダでサイクリングを楽しんでいます。
ひとつお伺いしたいのですが、田村さんのお乗りになっているロードやグラベルのサイズはどのくらいのものですか?
実は、サドルバッグの大きさが、私の場合、バイクパッキングの悩みになっており、サドルとタイヤとのクリアランスが、確保できておらず、例えばアピデュラのミドルサイズが、入らない状況なので、ご意見を伺いたいなぁと思った次第です。
<< グラベルロード、始めます! 次なる旅へ(予定) >>