ブログトップ

シクロツーリスト&ランドヌールときどき模型の製作日記

cyclo.exblog.jp

一年ぶりのブルベ その2

こんにちは、田村です。

フレッシュは24時間イベントなので、
必ず夜通し走ることになります。
景色も見えないし、気温は下がるし、
なにもいいことはないのですが、ナイトランが
好きな人ってけっこういるらしいですね……。
自分は、ひさしぶりということもあり、ガクブルです。
d0211129_19145845.jpg
田村市あたりのラーメン屋さんで小休止。
喜多方で食べず、田村で田村が食べるという(汗)。
d0211129_19163046.jpg
夜が更けるにしたがって、
コンビニで買うものが怪しくなってきます。
そんなに眠気に悩まされるほうではないのですが、
眠くなるのが怖いので、予防的に買ってます。
d0211129_19173160.jpg
日付が変わる頃に
いわき市に到達。
道は磐越東線沿いで、本来なら
夏井川の渓谷に沿った風光明媚なところですが、
ライトの光を返す反射板しか見えません(泣)。
d0211129_19185523.jpg
漆黒のエリアを抜けて、
いわき市の駅前に出てきてみると、
なんて都会なんだろうと感じます。
常磐線ですから、電車に飛び乗りたくもなりますが、
時刻は2時……。もう走るしかありません。
新潟からここまで、ずっと南東に進んできて、
弱いながらも追い風に恵まれてきました。
いわき市から南下するので、風向きが
悪くなるかと覚悟していましたが、ほとんど無風で
助かりました。
d0211129_19245549.jpg
気温はどんどん低下し、
10度くらいになりました。
日中が30度でしたから、この気温差は手強いです。
幸い、比較的多めに予備のウェアを持参していたので
事なきを得ましたが、こうした着たり脱いだりのための
停止時間がバカにならないんですよね。
魔法少女みたいに一瞬で着替えたいものです。
d0211129_19271730.jpg
最近はイートインを設けたコンビニが
多くなって助かります。深夜はスペースを
閉じるところも多いですが、こちらは我々のために
開放してくれました。たしか小名浜の
コンビニだったかな。感謝です。
d0211129_19284459.jpg
5時前には明るくなりました。
日が出るとだんだん向かい風になってきたうえ、
平坦だと思ってた国道6号線は意外と
小刻みにアップダウンがあります。
もうすっかり惰性で走ってるだけで、
早く9時になって24時間が経過してくれと
願うばかり。しかし、他のメンバーは淡々と
ペダルを回して行きます。タフだなあ……。
d0211129_2012871.jpg
大甕(おおみか)で7時を迎えました。
22時間かけて、距離340kmほどを走ってきたわけです。
フレッシュには、最後の2時間で25km以上走るという
ルールがあります。きっと、24時間たっぷり走らせるため
なのでしょう。まったくニクい……。
しかし、もう何も怖くありません。
大甕から大洗までは30km弱ほどですから、
その香りまで感じ取れる距離です。
好きな街の吸引力によって、不思議と元気が沸き上がり、
向かい風もアップダウンも苦にならなくなります。
d0211129_20181225.jpg
キタ━(゚∀゚)━!
d0211129_2019394.jpg
d0211129_20375078.jpg
商店街の外れで24時間を迎え、
セイコーマートでゴールとしました。
本当に新潟から走ってこられるとは、感無量。
前夜のメイドバーで、メイド長さんが
「がんばってくださいね」と言ってくれたことが
心の支えだったのは言うまでもありません(汗)。
自分の脚もよくもってくれました。
なによりも、終始、頼もしかった仲間に感謝です。

こうして、不安しかなかった新潟〜大洗370kmを
無事に走りきることができたのでした。
もう走らなくていいんだ……という安堵感でいっぱい。
道中のシンドサをリアルに記憶していたら、
きっと二度とブルベは走らないと思うのですが、
思い出はすぐに美化されてしまうのが
困ったものです(汗)。

最後に、みなさんの愛機を紹介します。
d0211129_20253598.jpg
リーダー・ゆんさんの
キャノンデール・シナプスカーボン。
サドルバッグはレベレイトデザイン。各所に設けた
収納スペースが、ブルベの見本のような仕様です。
d0211129_20264675.jpg
ばっきー氏のサーヴェロ。
スラムeTapがうらやましすぎる。
楕円チェーンリングにパワーメーター付きの
クランクと、やりたい放題。
d0211129_20283931.jpg
YUKI隊長殿のリドレー・エクスキャリバー。
ただ一人、ショートケージの
ディレイラーなのが男らしいです。
d0211129_20301798.jpg
ワタクシはキャノンデール・CAAD12 DISC。
ブルベをコレで走ったのは初めてでしたが、
やはり油圧ディスクブレーキの心強さは絶大。
下りで疲れにくいというのは、アップダウンのある
コースでは本当にありがたいです。
オルトリーブのシートポストバッグは、
ブルベ装備の収納には過大ではありますが、
激しい気温差に備えた多めのウェア類や輪行袋を
余裕で収めることができました。

なにはともあれ、一年ぶりで骨折以来初の
ブルベはかなりシンドイものでしたが、
完走できてうれしい限りでございます。
by cyclotourist | 2017-05-10 20:39 | おしらせ | Comments(7)
Commented by 輪太郎 at 2017-05-10 22:14 x
やっぱり田村さんの原稿をバンバン読みたいです。僕は36年間の教員生活を3月末を持ってやめ、現在59才の無職です(1年だけ早期退職)。4月、5月と短めのサイクリング(40~50キロ程度)をバンバンしました。こんなに遊ぶとバチが当たると思っていたら、当たりました。足の裏に見事なでき物で、湯船つかり、長い歩き、水泳禁止(4月から水泳を習っています)、サイクル自粛です。退屈なので、田村さんがバンバン、サイクリングのアップをしてくださると信じています。よろしくお願いします。
Commented by NOM at 2017-05-11 07:30 x
田村さん。お帰りなさい!!今まで以上にバンバン走りましょう!!
Commented by cyclotourist at 2017-05-12 13:57
輪太郎様
コメントありがとうございます。
永きにわたっての教職お務め、
おつかれさまでした。
自分が学生の時は、教員に感謝したことは
ほとんどなかったですが(汗)、
子供が学校でお世話になってるのを見ると、
教員は本当に大変なお仕事だなと
あらためて感謝しております。
サイクリング、早く再開できるといいですね。
自分もバンバン走りますよ〜。

NOM様
コメントありがとうございます。
フレッシュは何度走っても難しいですし、
楽しさも感じますね。
SR600の完走条件が緩和されたらしいので、
もう少し回復したら、挑戦してもいいかなと
思ってはおります。
Commented by スナフキン at 2017-05-13 15:00 x
お疲れ様でした。
早く記事をまとめていただき、ランドヌールの続きの発刊待ってますよー。
Commented by cyclotourist at 2017-05-13 18:23
スナフキン様
コメントありがとうございます。
ランドヌールの続きもいつかは……と
思っておりますが、
その前にバイクパッキングの本を
出したいなあと思っております。
Commented by はじ~ at 2017-05-13 20:21 x
フレッシュ完走おつかれさまでした。
僕も初めてフレッシュに参加して完走でき、久々に田村さんの姿を生で見ることが出来ました(≧▽≦)
ほぼブルベしか走ってませんが、それでも何でこんな辛い距離を走っているのだろう?と走っている最中は思っているのに、7月には600km走る予定でいたり、ランドヌールの脳みそは辛さに対して忘れっぽいようです( ̄▽ ̄)
Commented by cyclotourist at 2017-05-22 18:22
はじ~様
コメントありがとうございます。
参加されていたんですね! お話しできれば
よかったです。
ほんとに、どうしてシンドイことを
忘れちゃうんですかね〜。それだけ
達成感が大きい、ということでしょうか。
またよろしくお願いします。
<< 新ベロクラフトさんに行ってきた 一年ぶりのブルベ その1 >>