ブログトップ

シクロツーリスト&ランドヌールときどき模型の製作日記

cyclo.exblog.jp

一年ぶりのブルベ その1

こんにちは、田村です。

最近どうもバタバタしていて、
ブログをマメに更新する気になりません(汗)。
心身ともにおおむね元気ではあるのですが
時間に余裕がないと、プラスαの物事には
なかなか手が付かないんですよね……。

そんな自分的に珍しい繁忙期も
ようやくひと段落してきました。
そして、ゴールデンウィーク中は、
一年ぶりにブルベを走ってまいりました。
d0211129_18573286.jpg
チームで24時間走るブルベ、
「フレッシュ」でございます。
このフレッシュにはなぜか縁があって、
今年で6回目の挑戦となります。
ちなみに、完走できたのは過去二回のみ(汗)。
それでも毎年走りたくなるのは……なんなんでしょうね。
バカなのかも知れません(大汗)。

いろいろとややこしいルールがあるフレッシュですが、
コースを自分たちで設定できることが大きな魅力です。
今回、ランドヌ東京のフレッシュなので
川崎が最終目的地なのですが、走行ルートのゴールは
必ずしも川崎でなくても構わないルールです。
スタートから最終目的地に近づくよう、
仲間と24時間力をあわせ、距離360kmを走れば
OKといわれています。

さて、今回のメンバーは、写真左から
物欲大王の最重量級ランドヌール・ばっきーさん
沈着冷静なリーダー・ゆんさん
骨折空けのブルベでドキドキの自分
一昨年に過酷な宇治行きを共にしたYUKI隊長殿
です。この4名で走ります。

スタートは新潟駅の南口。なぜ新潟かというと、
ばっきー氏の故郷であり、氏のご希望で決定。
決して、自分が新潟古町のメイドバーを
訪問したかったからではありません。
まあ、前泊したので行きましたけどね(笑)。
二年ぶりの訪問にも関わらず、メイド長さんが
自分たちを覚えていてくれ、いたく感動しました。
こんなことを書いていたらいつまでも
フレッシュに進まないので、ほどほどにしておきますが、
本当に、スキルの高いメイドさんです。
d0211129_19644100.png
想定ルートはこちら。
日本海に面した新潟から、本州を横断して
太平洋岸の大洗をめざします。
もちろん、川崎に近づくのが目的なので、
余力があればもっと南下するつもりではありますが、
大洗までで370kmあります。

骨折してから10ヶ月、もう歩行もサイクリングも問題ありませんが、
まだ無理すると痛みますし、昨年末から
サイクリングを再開したものの、一日で100kmくらいの
距離しか走ってません。
そんな状況なので、360kmも走れるかまったく
自信はなかったのですが、それはそれで心構えとしては
悪くないとも思いました。
いつになく緊張感をもって挑むことができましたし、
どこでDNF(リタイア)しようと、言い訳が
たちやすいじゃないですか(笑)。
d0211129_19113162.jpg
9時にスタートして、
序盤は国道49号線をゆるゆると
西進していきます。
もともと平地が大好物で、今年絶好調の
ばっきー氏が先頭を引いてくれるのですが、
ともすると時速30kmを越えそうなので、
なんども「もっとゆっくり走ってくれ〜」と
泣訴哀願しました。
このあたりが、チーム走の難しいところで、
自分のように足を引っ張るヤツがいると、
ソロより効率が下がっちゃうんですよね(汗)。
しかし、自分の場合、平地で高速巡航が苦手、
無理すると足がもたないので、致し方ありません。
d0211129_19163347.jpg
国道459号に入ってからは、
クルマも少なく風情があります。
この道を走りたかったので、チェックポイントを増やしたのですが、
やはり正解だったと思います。
もっとも、喜多方に出るまでに峠がポコポコあるので、
ペースはなかなか上がりません。
楽しい道を走るのがツーリングの醍醐味ですが、
制限時間があるブルベだとそうも言っていられないのが
キツイところであり、走りがいがあるところでしょうか。
最近の自分が、ちょっとブルベから距離を置いてしまったのも、
距離を伸ばすこと重視のコース取りで走るのが
ちょっと苦手に思えてきたからでもあります。
だから、こんな素敵な道を選べるフレッシュなら
走ろうかと思った次第でもあります。
d0211129_19204524.jpg
80kmほど走ると、福島県入り。
d0211129_1923784.jpg
d0211129_1924108.jpg
180度折り返しの連続で、
500mくらいまで標高を上げて行きます。
晴天に恵まれ、路上では気温30度近くあるのに、
路肩には雪が残っていたりします。
d0211129_2081578.jpg
ピークを越えると、
飯豊の山並みを望むことができました。
さすが2000m級の山地、輝く残雪がすばらしい。
大町あたりから眺める北アルプスに
勝るとも劣らない景観です。
少し下ったあたりには桜が咲いていたりして、
国道459号は変化に富んだ道筋。おすすめです。
d0211129_20105059.jpg
アップダウンを経て喜多方へ。
喜多方に設定したPCに着いたのは16時過ぎ。
走行距離120kmを越えました。
ここでラーメンでも食べて、輪行で家路につけば
幸せな一日だったな〜と思えるのですが、
完走に必要な距離のまだ三分の一というのが
なんとも……。
d0211129_20161353.jpg
猪苗代湖に上る頃には
日が暮れました。
幸い、ルート沿いに磐越西線・東線が伸びているので
いつでも輪行できる? のが救い(汗)。

しかし、幸いというか何というか、
疲れはするものの、どこかが痛いとか辛いとかはなく、
DNFして帰宅するきっかけがつかめません(笑)。
日が暮れてからは景色も見えませんし、
もう止めてもいいや〜と思いつつも、
誰もそんなコト言い出しませんので、
とぼとぼ走り続けます。
あ〜、ブルベってこうだったよなと思い出すのでした。
やれやれ……。

果たして、大洗に帰ることができたのか……
じゃなくて、フレッシュ完走できたのか?
生温く続きます。
by cyclotourist | 2017-05-09 20:27 | おしらせ | Comments(0)
<< 一年ぶりのブルベ その2 久々の大望峠と嶺方峠、そして木崎湖 >>