ブログトップ

シクロツーリスト&ランドヌールときどき模型の製作日記

cyclo.exblog.jp

久々の大望峠と嶺方峠、そして木崎湖

こんにちは、田村です。

バイクパッキング仕様での
キャンプツーリングにどっぷりハマっている
今日この頃ですが、先日は待望の信州へ。
ようやく、思う存分に信州を走れる
シーズンがやってきました。
d0211129_2210871.jpg
長野駅スタート。
今回も、共にバイクパッキング道を
探求するトシさんと一緒です。
東京やその近郊から、8時前に長野駅に着けるのが
新幹線のスゴいところです。

以下、ハイライトをダイジェストでお届け。
d0211129_22115455.jpg
大望峠。
長野駅から西へ30kmほど。
申し分ない晴天に恵まれ、
連なる白亜の北アルプスを遠望。
d0211129_22142062.jpg
みんな大好き、嶺方峠。
おそらく7回目の訪問ですが、
過去最良の展望に恵まれました。
d0211129_22151512.jpg
そして、小熊黒沢林道へ。
d0211129_22154254.jpg
さすがにキツかったけれど、
やはり上って良かったと思える
絶景が待っています。
d0211129_22163145.jpg
木崎湖でキャンプ。
湖面を渡る風が思いのほか強く、冷たく、
マジで無人駅やトイレへの避難を考えましたが……
d0211129_22172899.jpg
大町の「しまむら」で
売れ残りの秋冬物ウェアを調達して
なんとか人心地。
d0211129_22181649.jpg
トシさん持参の
炭焼きグリルで豪快に肉を焼く。
d0211129_2219569.jpg
最小限の調理器具でも
しっかりお米を炊いて、焼肉丼に。

今回も、さまざまな体験ができた
一泊二日のショートキャンプ旅。
もうすっかり病み付きになった旅のスタイルです。

詳細はまたいずれ、リポートしたいと思います!
by cyclotourist | 2017-04-27 22:21 | おしらせ | Comments(2)
Commented by キナバルの★ at 2017-04-29 14:08 x
素晴らしい景色ですね。

ところでサドルバッグがこれだけ上に出っ張っていると、サドルを跨ぐ際に足が引っ掛かりませんか?それとも足を前に廻してトップチューブを跨ぐ感じでしょうか?些末な疑問ですみません・・・
Commented by cyclotourist at 2017-04-30 22:42
キナバルの★様
コメントありがとうございます。
長大なサドルバッグですが、割と普通に
またぐことができますよ。
足が長いから……じゃなくて、
自転車を自分のほうに
傾けているからだと思います。
<< 一年ぶりのブルベ その1 オルトリーブ シートパック再改良 >>