ブログトップ

シクロツーリスト&ランドヌールときどき模型の製作日記

cyclo.exblog.jp

伊豆サイクリング

こんにちは、田村です。
先の週末は、再び伊豆を走ってきました。
今度は仲間と一緒に、一泊二日の小旅行。
毎年、FサイクルのT地さんが主催してくれる
南伊豆の集合ランに参加するのです。

昨年7月に骨折してからというもの、
いつになったら仲間と一緒に走れるのだろうかと、
一日千秋の思いで時を過ごしていました。
願いにも似たその思いを、
ようやく果たせる時がきたのです。
d0211129_13594550.jpg
東京7時過ぎ発の
こだま号に乗り込んで、三島へワープ。
普通列車でも十分に行ける距離ではありますが、
新幹線はゆっくりお弁当が食べられるのが魅力です。
d0211129_1413177.jpg
一時間ほどで三島駅に到着。
その北口に出ます。前回で学んだのですが、
新幹線ホームだと北口がとても近いのです。
仲間との待ち合わせは沼津駅なのですが、
乗り換えが面倒なので(歩くのがまだ少し不自由)、
三島駅で自転車を組み立て、走り出します。
天気は上々ですが、富士には雲がかかっており、
姿が見えません……。
d0211129_172219.jpg
20分ほどで沼津駅に到着。
ちょうどラッピングバスが停まっていました。
周辺のお店にはサンシャイン!!のポスターが
目立ちますね。沼津もすっかり「聖地」化してます。
先に到着していたトシさんとも合流。続いて……
d0211129_17235335.jpg
京都から北山さんが到着。
初日はアニメ大好きな三人でサイクリングです。
内浦を経由して、西伊豆スカイラインを目指します。
d0211129_17245546.jpg
沼津から20kmほど南下すると
内浦です。まずは淡島を遠望。
d0211129_17253517.jpg
内浦はもうサンシャイン!!の
舞台が山盛りなのですが、今日はチラ見に留めます。
沼津を走り出したのが9時半で、
宿がある妻良に18時までに着くのが目標。
その距離は約100km。標高900mの仁科峠が
待ち受けていますから、あまり余裕はないのです。
d0211129_17292026.jpg
と言いつつ、最低限の舞台は
巡ってみます。なんのヘンテツもない
バス停に同好の士がわらわらと(汗)。
d0211129_1730960.jpg
真城峠への上りに入ります。
海抜ゼロ地帯から一気に標高500mまでアップ。
序盤にしていちばんシンドイ区間です。
d0211129_1731557.jpg
50分弱で到着。
トシさんも北山さんも健脚なので当然ですが、
自分もだいぶ回復してきたことを実感します。
こうして仲間と一緒に峠に上れる日が
再びやってきました。こんなにうれしいことはない!
d0211129_17332724.jpg
真城峠からさらに上っていきます。
途中、戸田港を見下ろせるスポットがあり、
休みながらしばし鑑賞。
夏みたいに汗だらだらにならないので、
冬の峠越えは大好きです。それができるのも、
積雪の心配が少ない伊豆の魅力です。
d0211129_1735489.jpg
標高700mほどの戸田峠に到着。
13時少し前に到着できたので、
ここから西伊豆スカイラインに入ります。
もし、13時を大幅に回るようだと、妻良着が
暗い時間になってしまうので、ショートカット+輪行も
視野に入れていたのですが、どうやら18時には
着けそうな目処が立ってきました。
自分のペースもまずまずで、さほど足をひっぱらずに
済みそうです。
d0211129_17382978.jpg
西伊豆スカイラインの
絶景ポイントに到着。うれしいことに、
富士山が頭を見せてくれました。
ここで富士山が見えないと、
わざわざ京都からお越しの北山さんに申し訳ないと
心配していたのですが、本当によかったです。
もう少し雲が流れてくれれば、富士の全貌や
南アルプスの壁も見えるのですが、まずは
上出来の景色ではないでしょうか。
d0211129_17405594.jpg
富士をなんども振り返りながら、
淡々と先をめざします。
西伊豆スカイラインは、その最高地点の仁科峠まで
アップダウンが続きます。
d0211129_1742030.jpg
力走するお二人。
頼もしいサイクリストです。
d0211129_17425413.jpg
14時半ころに仁科峠に到着。
標高は900mほどもあるのですが、
好天と上りのおかげで寒さに苦しめられることは
ありませんでした。
ここからは延々20kmの下りで松崎に出ます。
先日、この周辺でサイクリストの事故もあったことなので
慎重にも慎重を重ねて下っていきます。
ディスクブレーキが心強いです。
d0211129_1745144.jpg
松崎に降りると、反対車線に
見覚えのある方を発見。
あわてて追いかけてみると、
以前にフレッシュなどブルベで
何度もご一緒させていただいた、けーこさんでした。
この日は、所属するブルベ主催クラブの試走だとか。
ケルビムのオーダーロードが素敵です。
うれしい偶然でした。気をつけて〜と
互いにエールを交わして別れます。
d0211129_17485425.jpg
松崎は「なまこ壁」で知られる港町です。
d0211129_17492633.jpg
蛇石峠に到着。
ここを越えれば、妻良はすぐそこ。
もう早くビールが飲みたくて仕方ありません(汗)。
d0211129_17502658.jpg
妻良に到着したのは17時50分ころでした。
まさに想定どおり! ようやく、
自分の予想と実際のペースが一致する感覚を
取り戻したような気がします。
昨年は、同じ時間に三島をスタートして、
16時には到着していたわけですが(汗)。
d0211129_17515783.jpg
宿にはすでに皆さん到着済み。
総勢8人が集合です。
ひさしぶりにお会いする方も多く、
うれしい限りです。
ぱっぱとお風呂に入って浴衣に着替えたら……
d0211129_1753375.jpg
お刺身を心ゆくまで楽しみます。
d0211129_17532892.jpg
伊勢エビも登場。昨年は
不漁とのことでお目にかかれませんでしたが、
やっぱりコイツがいると華やかですね。
ビールも進みます。8人で
大瓶を24本以上平らげたみたいです。
しかし、自分はだいぶセーブしましたよ。
最近、飲んでやらかしてしまうことが多いもので(汗)。
おかげで、翌朝は比較的すっきりと目覚めました。
d0211129_17551891.jpg
昨夜の伊勢エビが
お味噌汁に変身して登場。
ご飯もおかわりして、二日目のランに向かいます。
d0211129_1805171.jpg
また来年もお願いします、と
宿の女将さんにご挨拶して出発。
d0211129_1814753.jpg
小さな峠をひとつ越えて、
石廊崎をめざします。が、止まる度に
自転車談義が始まってなかなか前に進みません(汗)。
それが仲間と走らせていただく
大きな楽しみでもありますし。
以下、勝手にみなさんの自転車を紹介。
d0211129_183194.jpg
トシさんのスペシャライズド・ルーベエリート。
昨年末に導入された最新モデルです。
ご存知の方も多いと思いますが、2017年の
新型ルーベは、フォークコラム上部に
「フューチャーショック」という20mmトラベルの
サスペンションを組み込んでいて、従来のロードとは
次元が違う振動吸収性を発揮します。
シートポストをしならせる構造も秀逸で、
本当に乗り味のやさしい自転車です。
ルーベエリートは標準仕様では機械式ディスクブレーキですが、
トシさんは油圧式に換装しています。
タイヤは32Cが入りますし、ツーリング車として
非常に優れている一台だと思います。
d0211129_186533.jpg
北山さんの「山と旅の自転車」。
京都が誇るビゴーレさんのセミオーダー車で、
26インチのMTBをベースにしたツーリング車です。
走るシーンを選ばないモダンな一台。
メカはMTB用をアッセンブルされているので、
そのクルクル回せる軽いギヤ比が、
昨日はとても羨ましく思えました。
d0211129_1894854.jpg
あるびさんのトーエイ・ランドナー。
いつもキレイで旅行車のお手本といった感じ。
昨日はダート林道を越えていらっしゃったとか。
ディレイラーなどは初代XTRを装備していて、
高い実用性がうかがえます。
d0211129_18115631.jpg
やすごんさんのサーリー・クロスチェック。
カンパのエルゴパワーでシマノのメカを操作する仕様。
リクセンカウルのアタッチメントを利用した
前後バッグの装備スタイルなどが合理的です。
汎用性が高いサーリーのスチールフレームは、
乗り手によってさまざまに姿を変えるのが面白いです。
d0211129_1814588.jpg
すどうさんのトーエイ・ランドナー。
26インチの車輪を採用しています。
以前は26インチがもっともリムやタイヤの選択肢が
広かったものですが、あっという間に650Bなどが
主流に返り咲いてしまい、本人も嘆いております。
氏はブルベの猛者でもいらっしゃるので、
バッグなどは様式美にとらわれず、
合理的に選んでいるのがうかがえます。
その一方、チェーンリングはシイテイズ謹製の
エルス風というのが激渋。お高いらしいです。
d0211129_18183747.jpg
会津若松からお越しの大先輩、
ku-riさんのアプレ・ランドナー。
浅草のオオマエジムショさんのブランドですね。
フレーム制作はライジンとのこと。
とてもキレイなラグレス仕上げで、MTBだけじゃなくて
こうした旅行車も得意なんだなと知ることができました。
ハンドル位置を高めるために、あえて
スローピングを採用したとのこと。そうした希望どおりに
フレームを作ってもらえるのが、オーダー車の醍醐味ですね。
タイヤは650×42Bで、いかにも乗り心地がよさそう。
フロントバッグは、大学生の頃から使っている物だそうです。
また、リアディレイラーのワイヤーの取り回しを工夫されており、
輪行時に地面と接触しない構造になっております。
名古屋由来のすぐれた加工です。
d0211129_18244137.jpg
T地さんのケルビム・ランドナー。
なにかと突っ込みどころ……もとい、見所が多い
ロー仕上げ(未塗装)フレーム。これが、もはや氏の
アイデンティティです。メカはサンツアー中心で、
コマンドシフターをご愛用。その効能を語らせてしまうと
いつも長くなりすぎて困ってしまうほど(汗)。
巨大なフロントバッグの中身も気になるところですが、
ご本人の愛がたっぷり注ぎ込まれた一台なのは
間違いありません。いつも素敵なオフを企画していただき
ありがとうございます。
あと、先日は酔っぱらって大迷惑をかけまして、
あらためてお詫びいたします(大汗)。
d0211129_18323355.jpg
自分はキャノンデール・CAAD12ディスク。
ここ最近、こればっかり乗ってますね。
ホイールのゾンダDBも気に入ってます。
サドルバッグは、これまでミニベロで使ってた
縦長タイプを付けてみました。足が短いので
シートポストの出しろは少ないのですが、
ブレーキ本体がシートステーにないので、
吊るすスペースに余裕があるのです。
ここに輪行袋と宿用のパンツなどを収めてます。
このサイズ・形のバッグだと、輪行時に外さずに済みます。
トップチューブバッグには
補給食や歯ブラシなどを突っ込み、
ウインドブレーカー兼用のレインジャケットなどの防寒着は
ジャージのバックポケットに突っ込んでます。
カメラもポケット内で、リュックなどは背負ってません。
自分でいうのもナンですが、宿泊まりのパッキングとしては
かなりコンパクトだと思います。その分、
ジャージの着替えなどは持ってきてないですけど、
冬なら許されるのではないでしょうか……。
むしろ、ここまで軽装にしないと、昨日の西伊豆スカイラインを
走りきれる気がしないのが今の自分なのです。
d0211129_1839338.jpg
自転車のことを書き出すと
いつまでもブログが更新できないので(汗)
先を急ぎます。道中は春らんまんムードで、
さすがは南伊豆といった風景が広がります。
d0211129_1840288.jpg
海岸線に出て、石廊崎をめざします。
開放感溢れる青い海と空。それだけで
胸がわくわくします。
d0211129_18415963.jpg
石廊崎です。この日は
伊豆諸島もよく見えました。
しかし、突端まで行くには階段の上り下りがあるので、
自分は上の方から眺めるだけに留めました。
自転車はだいぶイイのですが、歩くのが
不安なんですよね……。
d0211129_18432197.jpg
下賀茂の桜は、
すでにだいぶ散っており、葉桜でした。
これはこれで悪くないですね。
d0211129_1844217.jpg
菜の花畑の香にむせたり……
d0211129_18442594.jpg
田牛(とうじ)の竜宮窟で
水上戦闘機を脳内ARしたり……
d0211129_1846359.jpg
ペリーって、ヒトの国を
無理矢理に開国させたくせに、
なんでこんなに有り難がられてんだろうと
疑問に思ったり……
d0211129_18472065.jpg
無事に伊豆急下田駅に到着。
各自、輪行袋に自転車を収納して、
家路に着いたのでした。

ご一緒していただいたみなさんに、
あらためてお礼申し上げます。
どちらかというと、ボッチも好きな自分ですが、
やっぱり仲間とのサイクリングは楽しいですね。

次は秩父かな〜。大洗も冬のうちに再訪したいし、
九州や四国へも……。
ようやくサイクリングが楽しめるカラダに戻り、
いまは行き先を考えるのが楽しくて仕方ありません!
by cyclotourist | 2017-03-07 19:01 | おしらせ | Comments(6)
Commented by 輪太郎 at 2017-03-07 20:38 x
素晴らしいサイクリング。宿も良いですね。そして、自転車紹介がさらにありがたい。ビバ、サイクリングです。田村さんが元気になられ、ツーリング記が増えるのは嬉しい。まとめてムック本になると、もっと嬉しい。期待しています。
Commented by はじ~ at 2017-03-07 21:34 x
前回の八丈島サイクリングに続き、西伊豆ツーリング(再)の様子を楽しく読ませてもらいました。
思いがけず知り合いとすれ違ったり、それを気が付けるのも自転車の速度ならではですよね。
また個性豊かな自転車が揃って、お互いの自転車を眺めているだけでも仲間同士のツーリングは楽しいです。
Commented by けーこ at 2017-03-09 22:43 x
見つけてくださってありがとうございます(^^;
まさかあそこでお会いできるとは、ビックリです。

ちょうど前日地図を見ながら妻良って田村さんがツーリング旅行に行ってたところだよなぁ と思ってたところでした。
土曜日の午前中は雲が多かったですが、午後からすっきり富士山見えましたね。

歩くのはまだ不安が… と言いながら自転車ならOKっていうのはわかるような、やっぱりおかしいような。。。

またそのうちどこかでご一緒できるのを楽しみにしていますね。
Commented by トシ at 2017-03-10 00:53 x
先日はお疲れ様でした。
内浦から西伊豆スカイライン、蛇石峠と見処も多くて、達成感のある良いコースでしたね。
距離も登りの多さも皆と走るのが楽しく、辛さは感じませんでした。
ブログでも書かれているように、今回は遠方から参加のお二人を含め、各地から、
車種のバラバラな個性的な自転車が集結するさまは、まるで大洗連合のようで胸熱でした。
またよろしくお願いします。
Commented by YUKI(某隊長) at 2017-03-10 01:55 x
充実したツーリングのレポート、楽しく読ませてもらいました。キレイな景色と何より美味しそうなお刺身が羨ましい…ゴールでご褒美が待っていると頑張れますね!他の皆さまの愛機の解説も興味深いです。
秩父は一昨年ご一緒した時のホルモンのお店がとっても良かったので、自分もまた行ってみたいです。もし宜しければ是非お声がけください~。
Commented by cyclotourist at 2017-03-15 00:11
輪太郎様
コメントありがとうございます。
やっぱりツーリングは楽しいですね。
いつか、自分らしい本も
出したいと思っております。

はじ~様
コメントありがとうございます。
仲間と一緒のサイクリングは
楽しみが多いですね。
走りながらも、停まっても
会話が楽しめるのは
自転車ならではかもしれないです。

けーこ様
コメントありがとうございます。
こちらもビックリしました〜。
さっそうと走ってらっしゃって、
思わず眼が奪われ、けーこさんかも? と
思って、声をかけてよかったです。
またブルベもご一緒できる日を
楽しみにしております。

トシ様
コメントありがとうございます。
たいへんでしたけど、やっぱり良い
コースでしたね。
我々が大洗連合というのは、
妙に納得してしまいますね。
自分は機材優秀な黒森峰かプラウダを
目指したいです(笑)。

YUKI隊長様
コメントありがとうございます。
秩父もいいですよね〜。
今年も企画したいと思いますので、
ぜひまたご一緒しましょう。
<< バイクパッキング改 その1 八丈島サイクリング その2 >>