ブログトップ

シクロツーリスト&ランドヌールときどき模型の製作日記

cyclo.exblog.jp

ゾンダDB & 32T

こんにちは、田村です。
d0211129_2252462.jpg
先日、めでたく半年ぶりに
大洗を訪問できたワタクシですが、
脚力の低下をがっつり実感した
サイクリングでもありました。

昨年末から自転車に乗れるようになったものの、
ちょっとの坂でも、わずかの向かい風でも、
非常にシンドク感じられます。
自分のイメージと、実際が合致しません。
もともと大した健脚でもありませんが、
ここはこんくらいで走れるだろうな〜という
予想と実際がだいたい合っているからこそ、
ツーリングプランも立てられたのです。
(外れることも間々ありましたが)

もちろん、こんな状況は予期しておりましたよ。
半年もほとんど左足を使ってないわけですから。
ですから、手は打っておきました。
d0211129_22115060.jpg
キャノンデールCAAD12 DISCに、
新ホイールと新ギヤをインストールしました!
正確には、ベロクラフト大槻さんにインストールしていただきました。

いまだに賛否両論あるようなディスクロードですが、
マイナスイメージの多くは、手頃な価格の完成車に付いてる
ディスク用のホイールが重めなことに起因してるのでは
ないかと感じていました。
かといって、高価なカーボンホイールは手を出しづらいですし、
選択肢が限られていて、なかなか定番と言えるような
手頃なディスク用ホイールがなかった印象でした。

しかし、カンパニョーロの定番アルミホイール「ゾンダ(ZONDA)」に
ディスクブレーキ用のゾンダDBが登場しました。
価格も78,500円と手頃ですし、注文していたのです。
同価格帯でもっと軽そうなホイールもあるみたいですが、
やっぱりカンパのホイールということで惹かれました。
d0211129_2219826.jpg
大槻さんに手際よく
組み付けてもらいます。
元のホイールは6穴ディスク用だったのですが、
ゾンダDBの同仕様に在庫がないため、
センターロックを注文、ディスクローターも替えてもらいました。
d0211129_22203777.jpg
さっそく、もろもろの重量計測。
手っ取り早く分かる違いですからね。
d0211129_2222423.jpg
同時に、スプロケットギヤを
28Tから32Tに交換していただきます。
もうなりふりかまっていられません(汗)。
坂が楽になる特効薬ですよ。
このため、ディレイラーもGS仕様のアルテグラに交換。

さて、こうした諸々の換装で、
重量的には下記のような変化がありました。

元のフロントホイール Maddux RD 2.0 
重量1.06kg(ローター、QR付き)

ゾンダDBフロントホイール
重量0.96kg(ローター、QR付き)

なんと、100gしか違わない……。
思いのほか元のホイールが重くなかったというか。

元のリアホイール
重量1.30kg(ローター、QR付き)

ゾンダDBリアホイール
重量1.06kg(ローター、QR付き)

こちらは240gも軽くなりました〜!

前後あわせると340gの軽量化ということですね。
78,500円で340gの軽量化って、
費用対効果は微妙な気もしますが……
d0211129_22414482.jpg
フロントもG3組でカッコいい!
きっと走りもシュッとしてる……といいなあ。

ちなみに……

元の12×28Tスプロケ(デュラエースに交換してた )
重量207g

12×32Tスプロケ(アルテグラ。デュラじゃ32Tないでしょ)
重量282g

さすがにデュラは軽い。これでプラス75g。
次はリアディレイラーの比較です。

元の105
重量229g

アルテグラGS
重量210g

やはりグレードを上げると確実に重量は軽くなり
(そうでないと意味ないですが)
ロングケージになっても、アルテグラ化のおかげで
少し軽くなりました。
d0211129_22574324.jpg
おっきくなって男らしい……
って、フロントなら男らしいですが、
リアを大きくするのは乙女ギヤとか
言うんでしたっけ(汗)。
歯数差が少ないクロスレシオ寄りのスムーズな変速も魅力ですが、
辛いシーンを減らしてくれるのは
やっぱりワイドレシオです。
というか、「走れない、登れない」という
致命的なシーンを減らすために、
今の自分には32Tが必要なのです。

結局、軽量化は計算上284gに留まりましたが、
実際の走りは……

近日、確かめたいと思います。
体力の低下を少しでも補ってくれることを
祈るばかりです!


追伸
ツーリスト御用達として、私達の力になっている
ベロクラフトさん。来る5月に、現在の吉祥寺から
高田馬場に移転される予定とのことです。
大槻店長はもちろん店長のまま、
スタッフも売り場面積も増えての
再スタートになるそうです!
by cyclotourist | 2017-02-02 23:12 | おしらせ | Comments(9)
Commented by トシ at 2017-02-03 01:30 x
前後G3って正直どうかなーと思っていましたが、実際に自転車に組み付けられている写真を見ると想像以上に格好いいですね。
リムブレーキ版のZondaは旧ロードで愛用しているので非常に心が揺れ動いてしまいます。
我慢できなくなりそうなので実物を見るのが怖いですね~
Commented by こじま at 2017-02-03 12:33 x
ディスクローターで32Tもあまり目立ちませんね。その若さで32Tですか・・
40代はリア42T シングルロードになり、60代は秘密の電動レーサーになってますよ。
速さや登りきることに拘るのは、若さですね。
Commented by cyclotourist at 2017-02-03 13:26
トシ様
コメントありがとうございます。
ディスクだと、フロントもおちょこ組になるので
G3も理にかなってるのかもしれませんね。
リムブレーキ版ゾンダを愛用されているなら、
DB版との違いが分かって興味深そうです。
って、購買をあおってどうするって感じ?(笑)

こじま様
コメントありがとうございます。
速さや登りにこだわってはいませんし、
もはや若くもありませんので(汗)、
見た目にこだわって
押し歩かざるを得ない自転車よりも
遅くても乗車していける自転車が欲しいのです。
遅くても自力で進む、というのが
サイクリングの醍醐味なので、
電動には手を出さないと思いますが……。
Commented by ばっきー at 2017-02-03 18:38 x
回復状況は順調のようで安心致しました。
もう大洗に行っているとは流石です。

うちは二台とも32Tにしました。やっぱり登りが苦手なデブとしては32Tには非常に助けられています。4月のフレッシュや春以降の山岳コースに備えて、徐々に体を作っていかなければです。

リハビリとしてブルベにも走りに来てくださいませ。
Commented by ミウラSV at 2017-02-03 21:41 x
32Tいいじゃないですか!自分のにもつくならそうしたいです。
とか言いながらランドナーは26x32ですからね。
どっちにしても苦しい思いするなら少しでも楽な方がイイです。
それにしてもZONDAでディスク用が出ているとは気づきませんでした。
カッコいいですね!旧モデルのZONDAを使ってますがいいホイールですよ。
Commented by カネキ at 2017-02-03 22:26 x
田村さん
自分は一昨年前に『BRM1024 東京200ヤビツ峠』で途中からご一緒させていただいた、ピナレロ乗りのカネキと申します。
その時は田村さんがブルべで有名な方とは知らず、大変失礼しましたm(_ _)m
実は自分がブルべというものを知ったのは3年前、本屋で偶然『 RANDONNEUR 』を見つけ、それっきりブルべにのめり込んでいます。
東京200ヤビツ峠を一緒に走った方がまさか、ブルべのバイブルとしている本の編集長さんとは(笑)
そのとき、田村さんがpcのコンビニで「ディスクブレーキはいいよ!」と話してくれたので、去年の春からディスクロードに乗っています。
実は新しいホイルが欲しくなり、先日自分もゾンダDBを買ったばかりです。(まだ乗ってはいませんが!)

そういえば足の具合はどうでしょうか?去年の事故はビックリしました。
またブルべでお会いできるとうれしいです。その時はまた一緒に走ってください。よろしくお願いします。
Commented by まりきち at 2017-02-04 08:33 x
まだまだ完全復調ではないのかもしれませんがまずは大洗サイクリング復帰おめでとうございます。

340g軽量化で自分の愛車KUMA1台分の78,500円というのはトンデモナイセカイダーとため息が出てしまいますが、きっとTVできっちり録画しているにもかかわらずちょっと画質が良くてちょっとおまけがつくだけで5万円近くをかけて1期12話のBDを揃えてしまうよりはよっぽど健康的な出費なのでしょうね。

共働きの我が家では娘のことを考えるとどうしてもひとりで出かける時間が限られてしまっていたのですが、この春から高校生となり少しは放っとけるようになると思うので、自転車生活戻った時にはよろしくお願いします。
まぁ未だKUMAが大好きでロード購入の予定は考えていないのでくっそ遅くて迷惑はかけてしまうでしょうが……
Commented by 輪太郎 at 2017-02-04 11:40 x
軽いギアは大好きです。33年前、ロードを作ったとき、インナー34,リア28にしました。今は常識ですが、当時はインナー42,リア21がスタンダード。僕は反則と言われました。今はチタンロードで、フロント三枚でインナー30,リア27。MTBフルサス車はフロント24でリア42。世界最高の低ギアを自認しています。どうせスピードは出さないので、とことん軽いギア追求。みんなで軽ギア、追求しましょう。
Commented by cyclotourist at 2017-02-05 09:02
ばっきー様
コメントありがとうございます。
32Tのスプロケ、快適です。実際に32Tに
入れる機会はあんまりありませんが
(平坦基調の道だと)
軽めのギヤが揃ってると、インナーを使う
機会が減って、なんとなく走りやすいですね。
もうちょっと回復して、もうちょっと暖かくなったら、
ブルベも走りたいと思っております。

ミウラSV様
コメントありがとうございます。
ZONDA DBにして、さすがに走りが
軽快さを増しました。ちょっと硬い気もしますが、
空気の抜けもよい感じですし、
走っていて楽しくなるホイールですね。

カネキ様
コメントありがとうございます。
ブルベ、ご一緒してたんですね。お世話になりました。
ゾンダDBコンビとして(?)
またご一緒できる日を楽しみにしています。

まりきち様
コメントありがとうございます。
大洗に着いた時は、マジでうるっときましたよ。
こっちの世界(?)では、10万円以下の
ホイールなんてローエンドもいいところなのですが、
イゼッタのBDを揃えてることと相まって、
財政は破綻寸前です(汗)。
自分もMTBは好きなので、ぜひKUMAちゃんと
一緒に走りたいですね。いまの自分は
遅いことには自信ありますし(笑)。

輪太郎様
コメントありがとうございます。
いまは完成車でも32Tがセットされてるロードが
珍しくないですから、いい時代になりましたね。
自分もスピードは出せないので、
楽に走れる軽いギヤはうれしい限りです。
<< 西伊豆サイクリング 近況ご報告 >>