ブログトップ

シクロツーリスト&ランドヌールときどき模型の製作日記

cyclo.exblog.jp

【プラモ作り】1/48 IV号&ティーガー その5

こんにちは、田村です。

連日のブログ更新で恐縮です。
模型作りは……もしかしたらサイクリングも
そうかもしれませんが、終盤が近づくと
気が急いてしまい、早く終わらせて
ほっとしたくなります。
そんなわけで、ガルパン劇場版の
最終シーン(ちょっと手前)のジオラマを
完成させました。
d0211129_23345044.jpg
ドドド〜っと、
富士山みたいなアトラクションを
下るIV号とティーガーです。

「おねえちゃん、下りきったら空砲だよ」
「本当にだいじょうぶか?」
「だいじょうぶ。後ろも装甲あるから」
「IV号は薄いぞ」
「衝撃には耐えられる」
「そもそも、空砲で加速するのか?」
「だいじょうぶ。これで決めます」
「いや、履帯の抵抗などを考えると……」
「だいじょうぶ。これが私の戦車道」
「……黒森峰に帰ってこい」

妄想がはかどります(汗)。
入院中に作ろうと思ったシーンを
ようやく再現したのですが、ベースの
仕上げで数々の未熟っぷりを露呈しました。
d0211129_23425386.jpg
スタイロフォームで階段などの
基本地形を作ったまではいいものの、
周囲に流した石膏が、枠のプラ版と
くっつきません。当然といえば当然なのですが、
そこで衝動的にポリパテを周囲に盛ったのですが、
スタイロフォームが浸食されました(汗)。
そのうちポリパテが硬化するので、
溶ける範囲は限定的でしたが……。
d0211129_23455150.jpg
ベース色を塗りました。
が、ラッカー系の塗料を使ったため、
またもやジュクジュクとスタイロフォームが
浸食されます。さすがにポリパテで懲りていて、
事前にラッカー塗料を不要なスタイロフォームに
塗って、浸食がほとんどないことを確認したのですが、
実際のジオラマベースにベタベタと大量に塗っていくと、
階段の縦方向(踏み板じゃないほう)だけが
溶けていき……
d0211129_23481292.jpg
なんだか今にも
踏み板が抜けそうな廃墟同然に……。
これでは、ガルパン最終シーンというよりも、
凄惨なスターリングラード攻防戦みたい。
d0211129_23504291.jpg
激しく溶けた箇所は
エポキシパテで埋めました。
こんな用途なら紙粘土とかで十分だと
思われるのですが、手元にエポパテしかなく……。
ああもったいない。
d0211129_23515243.jpg
タミヤの情景テクスチャーペイントという
塗料を階段周りに塗りました。
セラミック粒子が入っているというジオラマ用の
メイクアップ剤で、自然な風合いが出るらしいです。
d0211129_23533041.jpg
こんどこそ懲りたので、水性の
アクリル絵の具で最終的に着色しました。
劇中シーンの描写をPCで見ながら、
明るい灰色に青を混ぜたような色で
全体を塗りたくりました。
灰色だけだとマジな市街戦に見えそうなので、
なるべく青みや白っぽさを出したいと思ったのですが、
あんまりうまくいきませんね……。
やっぱり、パテや塗料の浸食でベースが溶け、
それによってスッキリした平面が出なくなったのが
痛いですね。しかしまあ現状をヨシとするのが
自分のポリシーなので(汗)、さっそく戦車を
載せたいと思います。
d0211129_2359537.jpg
完成です。
ベースの枠は、手元にあった
ジャーマングレーの缶スプレーで塗りました。
本当は真鍮板かなにかに文字を入れて、
「お姉ちゃんと一緒♡」とか
ベースに銘板を付けたいところですが、思いとどまりました。
d0211129_0032100.jpg
戦車が縦にならび、
地形の高低差がこれだけあるという
ジオラマはリアルでは難しいかも。
アニメならではの構図といえるかもしれません。
d0211129_02940.jpg
デキはともかく、360度から
好きなアングルで眺められるのが
模型の醍醐味ですね。
後ろに青い紙を置いて接写すると、
けっこう特撮っぽくなって楽しい。
d0211129_025074.jpg
まほのアングル。
「私が打って、白旗が出たらどうしよう……」
友軍相撃でバッドエンドにならなくてよかったです。
d0211129_045315.jpg
転輪の位置を変えて履帯を波打たせましたが、
実はベースの形状と合ってません(汗)。
それでもまあ、何もしないよりは
変化がついたとは言えるのではないでしょうか。
d0211129_0738.jpg
こんな感じで、プラモ、フィギュア、ベースと
三位一体の模型作りはひとまず終了。
入院中の夢計画をカタチにできて
それなりに満足です。

ちなみに、このジオラマを見た娘は、
「おお〜。……みぽたんの背中にあんこうがない!」と、
一目で突っ込みどころを見つけました(汗)。

なにはともあれ、ガルパンは模型好きには
たまらないコンテンツですね。
次もきっと、ガルパン戦車を作りそうです。
by cyclotourist | 2016-09-08 00:24 | ひまつぶし | Comments(6)
Commented by 腹ペコ山男 at 2016-09-08 22:57 x
完成おめでとうございます。このシーンを情景にしようと思った着眼点がお見事ですね。思いもしませんでした。娘さんの突込みもお見事ですが(爆)さくっと改修しちゃうテクニックは私も見習いたいところです。
Commented by cyclotourist at 2016-09-09 02:46
腹ペコ山男様
コメントありがとうございます。
ジオラマはまた違う難しさがありますね。
ここ最近はフィギュアばかり作っていたせいか、
改造とか自作に抵抗はないのですが、
仕上がりを追求する根性と技術もないのが
お恥ずかしい限り……。締め切りもないのに、
早くカタチにしたくしてしょうがない
貧乏性なのです。
Commented by ミウラSV at 2016-09-09 06:04 x
完成おめでとうございます。
素晴らしい出来栄えではないですか、また劇場版を観たくなってしまいました。
お嬢さんの突込み、鋭い感性ですね!
>早くカタチにしたい
その気持ちよくわかります。
次の作品も楽しみにしております。
Commented by ばっきー at 2016-09-09 08:45 x
無事完成おめでとうございます。
うーん、実物見てみたいですが、このサイズだと持ち歩きは厳しいですよね。ジオラマは保管も大変そうですが、仕上がりは素晴らしいですね。

ゴールが見えてくると焦って完成させたくなる気持ち、よく分かります。自分も作っていて、後はデカール貼りだけとなになってくると、つい焦って作業をしてミスしたり…という事がしょっちゅうです。

しかし、スケールモデル、フィギュア、ジオラマと幅広い応用力には脱帽ですわ。次回作を楽しみにしてます。
Commented by まりきち at 2016-09-09 11:57 x
ジオラマ最高です!
なんといっても昭和のミリ寄り男児だったぼくの愛読書はタミヤニュースでありパチッコンテストが憧れでしたからね。
今では気軽に簡単できてしまうデジタル合成に逃げてしまっていますが、やはりストーリーを感じることができるジオラマは心ときめくものがあります。
Commented by cyclotourist at 2016-09-09 12:14
ミウラSV様
コメントありがとうございます。
劇場版は何度見ても発見がありますね〜。
ミウラSVさんのIV号やVF-31製作記も
ぜひブログにアップしてください!

ばっきー様
コメントありがとうございます。
お互い模型道に邁進中ですね(笑)。
ぜひ拙宅にお越しいただき冷やかしてください。
次回は、以前こりごりだった
1/35フィギュア作りに再挑戦したいと思います。

まりきち様
コメントありがとうございます。
同世代の我々にとって、タミヤの
存在や影響力は絶大ですね。
今回のジオラマは1/48を選ぶことで、
A4より一回り大きいくらいのサイズになり、
本棚に入るのがポイントだったりします。
<< 【プラモ作り】継続高校BT-4... 【プラモ作り】1/48 IV号... >>