ブログトップ

シクロツーリスト&ランドヌールときどき模型の製作日記

cyclo.exblog.jp

【プラモ作り】1/48 IV号&ティーガー その2

こんにちは、田村です。

引き続き、ティーガーの組み立てです。
d0211129_22225926.jpg
手を入れたのは……

・防楯の形状変更
 (出っ張りを削るだけ)
・エアクリーナーの形状変更
・車外装備品を降ろす

といったところで、IV号に比べれば小変更です。
砲塔上面のディティールも、キットと作中では微妙に
違うのですが、ちょっと面倒そうなので割愛。
d0211129_2226478.jpg
車体後部に付くエアクリーナー。
ガルパンでは筒が二本ある
極初期型らしいです。
d0211129_22275467.jpg
極初期型のキットから
流用できるらしいですが、もったいないので
それらしく自作しました。元のパーツを切断、
ポリパテで穴と不要なディティールを埋めつつ、
5mmのプラパイプを接着。
二本のパイプを横に貫通するパイプは、2mmのアルミ針金で。
d0211129_22301295.jpg
車体上面には、いろんな工具が
タミヤらしい精緻なモールドで再現されてますが、
ガルパンではほとんどが外されています。
d0211129_2231421.jpg
もったいなくも削り落とし、
取り付け金具だけを再現。
0.1mmの銅板を曲げただけですが……。
車体側面のワイヤーも外されているので、
同様に金具だけをでっちあげておきました。
d0211129_22325846.jpg
車体上面のワイヤーも
潔く外されているので、
その固定台だけを再現するため、
切り込みを入れたプラ版を貼付けました。
工具類がなくなったことで、ティーガーの
シンプルな面構成がはっきり分かり、これはこれで
カッコいいかも。

さて、こうしてIV号、ティーガーとも、
それなりに劇中仕様を再現したので、
いよいよ最大の難関に取り組みます。
d0211129_22355263.jpg
IV号には、非常にデキのよい
コマンダーの半身像が付属してますが、
これを乗せるわけにはいきますまい。
劇中のジオラマを作る以上、
みほとまほを乗せたいものです。
1/35スケールなら、各種フィギュアが
発売されてますが、1/48となると皆無なので
自分でデッチあげるしかありません。
d0211129_22405261.jpg
付属のフィギュアを参考に、
2mmのプラ棒で芯を作りました。
背骨や肘関節は、ライターであぶって
適当に曲げてます。
以前、1/35で「リボンの武者」のフィギュアを作った時は、
真鍮線を芯にしたのですが、切削中に露出すると
加工が難しくなって困ったので、
削れるプラ棒を芯にしようと考えた次第。
プラ棒だとポーズは付けづらいですが、
さいわい半身像なので、なんとかなるかと……。
d0211129_2244224.jpg
ポリパテを盛っていきます。
こうした小さなフィギュアはエポパテで
作るのが一般的なようで、自分もそうしてましたが、
ポリパテのほうが圧倒的に硬化時間が短いので、
削る工数を稼ぐことができます。
d0211129_22462138.jpg
硬化前のポリパテはドロッとしてるので、
粘土のように造形することはできあませんが、
何回か盛りと削りを繰り返していくことで、
じわじわと望むカタチに近づけていきます。
d0211129_22474392.jpg
さんざんフィギュアを作ったので、
顔の造形はなんとなく分かったような
気がしているものの、それをこの小ささで
再現できるかというとまた別の話で……。
d0211129_22513681.jpg
髪を作っていくと、
どんどん頭が大きくなっていきます。
胴体の大きさは1/48の付属キットに合わせたのですが、
比べてみると異様に大きく見えます。
アニメキャラなので、顔が大きいのは事実なのですが……
d0211129_2254547.jpg
戦車と合わせてみると、
あまりにも大きい(泣)。
フィギュア単体で飾る場合、なりゆきで
大きさが決まっても許されることもあるかと思いますが、
同スケールの戦車と組み合わせる場合、
最初から仕上がり寸法をきちっと
見込んでおかないとダメですね。
d0211129_22562592.jpg
作りかけた顔と髪を
潔くバッサリと削り落とし、小さくします。
胴も削り、腕も短くして再スタート。
d0211129_2258289.jpg
髪やえり周りは、やっぱり
エポキシパテで作ることにしました。
d0211129_22593621.jpg
ひとつまみのエポパテを
どんと頭に乗せます。
そど子ならこのままでもいいか(笑)。
d0211129_230382.jpg
20、30分して、少しパテが
硬くなってきた頃合いで
髪の房をヘラで再現していきます。
なかなかイメージするカタチになりませんが、
ポリパテを削るよりは、試行錯誤しやすい
部分かもしれません。
d0211129_233284.jpg
結局、かなり
オーバースケールではありますが、
これより小さく作るのは自分の指先では
無理っぽいです。
d0211129_2342715.jpg
かなりザツですが、
二日間でとりあえずカタチにはなりました。
これは複製もしないので、まあ良しとします。
あんまり時間をかけると気力が尽きそうなので(汗)。
d0211129_2363818.jpg
う〜ん、フィギュアが
もう少し戦車のなかに
入ってるほうがいいですね。
早く塗装に入りたいものです。
by cyclotourist | 2016-09-03 23:16 | ひまつぶし | Comments(3)
Commented by ミウラSV at 2016-09-04 13:57 x
ジオラマだと俯瞰的に見たりするから十分に雰囲気が伝わるのではないでしょうか。
細かいところへの拘りに意気込みを感じます。完成が楽しみです。
ちなみヨドバシでは田村さんも作られたマクロスデルタの小さいプラモデルを買いました。ハヤテ&ミラージュ機とドラケンです。ドラケンは本家?のエリア88モデルも販売されてました。
また欲しいものが増える~。(汗
Commented by トシ at 2016-09-04 20:43 x
写真で見ると拡大されているので大きく見えますが、実際にはかなり小さいですね。それでこれだけ精巧に作れるなんて流石です。
それにしても、やはりティーガーは格好いいですね。
大きいサイズのものも作ってみたくなります。
Δのキットも流行っていますが、僕はボトムズが作りたいと思っています。
Commented by cyclotourist at 2016-09-05 00:44
ミウラSV様
コメントありがとうございます。
西住姉妹をせっせと直しつつ、
ティーガーの塗装も進めております。
メカコレ、一気に三機買いとは
大人らしいですね(笑)。
ドラケンは人気ありますね。
一度は実機を見たいものです。

トシ様
コメントありがとうございます。
ティーガーは本当に男前です。
まほにピッタリですが、そのまほが
しょぼいデキなのが悲しいところ(汗)。
ボトムズも戦車っぽいですね。
ぜひ、むせる情景を作ってください〜。
<< 【プラモ作り】1/48 IV号... 【プラモ作り】1/48 IV号... >>