ブログトップ

シクロツーリスト&ランドヌールときどき模型の製作日記

cyclo.exblog.jp

【模型作り】タンケッテ最強! CV33その6

こんにちは、田村です。

ガルパンのフィギュアと戦車をセットで再現したい

戦車プラモは1/35スケールが主流

しかし、1/35スケールのフィギュア作りは難しい

自分が作り慣れてるフィギュアは1/8スケール

だったら、戦車を1/8で作ればいいじゃなイカ

豆戦車のCV33なら、1/8でも手頃な大きさ?

そんな思いつきではじめた
1/8スケールのCV33づくりですが、
本日ようやく、ひとまず完成させることができました。
d0211129_19172431.jpg
全長約40cmのCV33です。
やったー、できたー!
やればナンでもできる(レベルは別にして)。
片手で持てますが、でっかい。
大きな豆戦車なのです。
それでは、
ここ一週間の作業を振り返ってみましょう。
d0211129_19191860.jpg
左側面の視察窓の
位置が違うことに気づきました。
左右対称だと思い込んでいました(汗)。
d0211129_19211796.jpg
あらためて穴を空け……
d0211129_19213928.jpg
元の窓をプラ板で埋め……
d0211129_1922356.jpg
間違いをなかったことに。
さて、全身のボルトのうち、何割かは
マイナスネジです。市販のプラパーツに
適当な大きさのマイナスネジが少ないため、
自分で加工することにしました。
d0211129_19225196.jpg
角度切りのゲージに穴を空けて
丸頭の2mmリベットを固定し、
小さなのこぎりで切れ目を入れていきます。
なんとも地道な作業ですが、ちゃんと真ん中に
筋が入ると気持ちがよいものです。
しかし、筋がずれることも多く成功率は7割くらい。
だいぶリベットを無駄遣いしました(汗)。
d0211129_19413581.jpg
車体にリベットを装着。
立体としての情報量が上がります。
実車とは微妙にリベットやボルトのカタチが
違うようですが、ガルパンのCGではこんな
感じなので、よしとします。
d0211129_19424967.jpg
車体は丸リベットだらけ。
一部、不要なところにもリベットを着けっちゃたり、
逆にはしょったところもありますが、
完成が近づくことが実感できる工程です。
d0211129_19462372.jpg
たいへんだったのが、
プラ版の積層で作った部品の
合わせ目を消す作業です。
切り出した時の精度がめちゃくちゃなので、
やすり掛けとパテ盛りの繰り返し……。
d0211129_2112548.jpg
転輪も顕著にガタガタなので、
せっせと整形します。
やっぱり電動工具が欲しかったところですが、
高望みすると切りがありません。
今回は、素朴な材料と工具でも
自作できるよ、という事例みたいなものです。
d0211129_2151268.jpg
車体と各部品ができあがり……
というか、できたことにして、
塗装に入ります。
d0211129_216018.jpg
玄関先に新聞紙を敷いて、
まずは履帯から塗装。モノが大きいので、
缶スプレーで一気に色をつけます。
履帯の塗装はノウハウの宝庫みたいですが、
いかんせん経験が乏しいので、よくわかりません。
とりあえず、ジャーマングレーを全面に吹き付けます。
d0211129_2175945.jpg
本体は、同じく缶スプレーの
マホガニーで塗りつぶします。
これは、ガルパン特集の「アーマーモデリング」誌に
載っていた作例を参考にしました。
濃い地色を塗ってから、本来の色を載せていくという
方法なのですが、どうなることやら……。
いかんせんデカいので、
車体とすべての部品を塗り終えるころには、
缶スプレーが3本も空になってました(汗)。
家の前でこんなことをしてると、とおりすがりの
ご婦人に「あらあらプラモデル? うちの息子も昔は……」とか
声をかけられて気恥ずかしいものですが、
狭い家の中で缶スプレーを使おうものなら
死んでしまいそうなので、致し方ありません。
d0211129_21124450.jpg
ちなみに、転輪は全体を
ジャーマングレーで塗ってから、必要なゴム部を
マスキングした上で、マホガニーを
吹きました。コンパスカッターでマスキングテープを
いちいち切り出すのが面倒なようですが、
プラ版に比べれば楽なもの。
しかし、同一の径で切り抜いたテープを貼っていくと、
ぴったりだったり隙間ができたりで、
あらためて工作精度の低さがわかりますね……。
d0211129_211751100.jpg
なんかすごい色になってますが、
ここからはエアブラシで本来の
ダークイエローを乗せていきます。
d0211129_21183391.jpg
Mrカラーのいわゆるダークイエローを
ベースに、少し白を混ぜた
基本色を作りました。まぜた色をプラ版に塗り、
「アハトゥンク」掲載イラストと比較して調整。
モニターで劇場版を見ると、本よりも鮮やかな
黄色に見えます。悩ましいところですが、
悩んでいても先に進まないので、
えいやっとエアブラシ塗装工程に入ります。
d0211129_21214468.jpg
エッジや細部を避けて、
エアブラシでダークイエローを吹き付けます。
自分はタミヤのエアブラシとコンプレッサーを
使っているのですが、手入れが悪いのか元々パワー不足なのか、
広い面積を吹くのは苦手です。
しかも、かなり薄めないと吹けないので、
なかなか色がつきませんし、吹きムラが激しいです。
その適当なムラ加減が、
CGのテクスクチャ表現に似てないこともない……
と思い込みます。
d0211129_21243981.jpg
どんどん吹き重ねていくと、
だんだんダークイエローになってきました。
あんまり吹き続けると、下地にマホガニーを
吹いた意味がなくなるので、加減が難しいところ。
先に暗い色を吹いたので、自然にシャドーが残る
感じはしますが、発色的には、下地を明るくして、
先にメインの色を吹いて、
後からシャドー吹きしたほうが、
見た目はキレイかもしれないですね。
いかんせんデカいので、塗装でなんとか
メリハリをつけたいところですが、難しいものです。
d0211129_21272959.jpg
履帯には、エナメルの
ハルレッドに黒を混ぜたものを
薄く溶いて塗り付けます。
アニメ車両なので、あんまり汚したくないのですが、
多少はサビっぽさやほこりっぽさを加えないと
らしく見えません。劇場版でのCV33は
カール戦でかなり汚れていたので、
色はもちろん、形状的にもダメージを
再現するのもアリなのかもしれません。
自分はしてませんけど(汗)。
d0211129_21302586.jpg
ライトのレンズ面は、
1mm厚の塩ビ版を径14mmに切り出し、
縦線を何本か毛がいてから、1000番のペーパーで
軽く曇らせました。
本当はレンズ形状なのでしょうが、
そんなのは再現できないので、
あっさり妥協しました。
ソービッツとかジョスとか、古い自転車の
ライトにそっくりです。
ほかになにかよい流用部品が見つかったら、
改修したいところではあります。
d0211129_21345152.jpg
塗装は二日半くらいで終了。
軽くスミ入れして、とりあえず、完成です。
クラーラのフィギュアは身長約20cm。
ほぼ同スケールのフィギュアと比べると、
模型としては巨大ですが、戦車としては
本当に小さいですね。
いつか、アンツィオ三人娘と合わせたい……。
というかソレが目的なので、
まずはチョビ子から作りたいものです。
アンツィオのキャラは、みんな笑顔が似合うので、
楽しそうなフィギュアを作りたいです。
d0211129_21382689.jpg
製作開始から一ヶ月弱。
乗りと勢いが消える前に、
なんとかカタチになって満足です。
それだけヒマなんじゃなイカ、という
話ですが(汗)。
d0211129_21395479.jpg
ガチのAFVモデラーさんからすると、
造りも塗装も荒っぽい限りでしょうが、
これが自分のいまの限界でございます。
d0211129_21404812.jpg
下地のマホガニーのおかげで、
それなりに立体感はでたような……。
モノが大きいので、ルーペとかピンセットをあまり使わずに
済んだのが幸いです。最近の超絶ディティールの
1/35の戦車プラモデルを
本気で作るより、実は楽だったのかも?
d0211129_21432730.jpg
でかいので、外で写真を
撮ってみました。
薄曇りだったせいか、
リアルっぽくてうれしい(照)。

フィギュアを乗せる日がきたら、
少しは内装も再現したいと思いますが。
ひとまず1/8スケールCV33の製作は
終了でございます。

なにはともあれ、
ワンフェスの開催が、あと20日に迫りました。
島田愛里寿と西住まほの複製を
はじめなければ……。
CV33も展示だけはしようかな。
それまでに終えないとならない仕事も
少しあるのですが、なんとかなるでしょう(汗)。
by cyclotourist | 2016-07-03 22:14 | ひまつぶし | Comments(7)
Commented by まりきち at 2016-07-04 19:17 x
すっげー!!
とんでもないものを見てしまったー
マネしたくなる。
でもできない。
物が大きいだけに制作途中で放置もできないし……
とにかくすごいとしかいいようがありません。

ワンフェスで展示したら間違いなく販売していないのか?と聞かれますよ。
でもプラ板工作だから複製できないんですものね。
その現物を?万円で売ってくれって人も現れそうな素晴らしさですよ。
ワンフェスに拝見しに行きたいけれど松葉杖では厳しそうだなぁ…

そしてもう一つ、その後の奥様のご機嫌のほどが気になります(笑)
Commented by ミウラSV at 2016-07-04 20:15 x
完成おめでとうございます!!
そしてお疲れ様でした。
それにしてもデカいのに小さい、フィギュアにぴったりですね。
ワンフェス何とか行きたい所です。
Commented by cyclotourist at 2016-07-05 00:24
まりきち様
コメントありがとうございます。
ついに完成させました、ぜえぜえ……という
感じです。そしてさっそく置き場所に
困ってます(笑)。
ガルパン好きの娘は素直に感動してくれましたが、
調子にのってドヤ顔で妻に見せたら
「フツーの人はこんなの作る時間ないのよ」と
逆ギレされました(汗)。
体調がよろしければ、ぜひワンフェスにも
お越し下さいませ〜。

ミウラSV様
コメントありがとうございます。
サイクリング記事がとんと絶えてしまった
最近ですが、温かいコメントを
くださりありがとうございます。
お嬢さんと一緒に、ぜひまた
ワンフェスにもお越し下さい!
そのあとは、一緒にキャンプですね〜。楽しみです。
Commented by 腹ペコ山男 at 2016-07-05 08:32 x
完成おめでとうございます。プラ板工作もここまで出来るとは!ちょっと感動してしまいました。(私にはそういう技術はないので)実物見てみたいですね~。自慢していい作品だと思います!フィギュアも楽しみにしています。WFは行けそうにありませんが応援してますね。
Commented by cyclotourist at 2016-07-05 21:17
腹ペコ山男様
コメントありがとうございます。
模型作りの先輩に、感動なんて
言っていただけると、こちらが感動します。
実際は、技術というより
根性とヒマの合作みたいなものですが(汗)。
フィギュアもがんばります!
Commented by ばっきー at 2016-07-07 13:59 x
いやぁ、タンケッテ、想像以上に素晴らしい出来です。
確かに欲しがる人が多そうな出来です。是非実物を見てみたいですな~~。

奥様の機嫌はその後いかが?というのが少し気になります。
久々にカラオケでワルキューレを熱唱する会などやりたいなぁ、と思ったり。
Commented by cyclotourist at 2016-07-07 14:50
ばっきー様
コメントありがとうございます。
タンケッテ、ぜひワンフェスに
見に来てください〜。
妻の機嫌、今月は生活費を入れたので
まずまずです(汗)。
カラオケもいいですね。行きましょう!
大井埠頭で熱唱ライドでもいいです(笑)。
<< 近況報告 【模型作り】タンケッテ最強! ... >>