ブログトップ

シクロツーリスト&ランドヌールときどき模型の製作日記

cyclo.exblog.jp

バーナーについて

こんにちは、田村です。
d0211129_19221810.jpg
走りもキャンプも、
近年まれにみるほど充実したぜ〜と
自画自賛している先日のバイクパッキング旅ですが、
いまの装備やプランニングに
100%満足しているかというと、
実はそうでもありません。自転車+装備の
総重量が15kgを切るまでになってはいるのですが、
ヒトの欲望には限りがないもので、
もっと軽ければ、もっと楽に遠くへ走れるのではないか?
と、日々夢想しております。

ひまつぶしも兼ねて、バイクパッキングの装備・携行品を
すべてリストアップし、個々の重量を量ってみました。
実に60品目近くのアイテムを持って走っていたことが
あらためて分かったのですが、
重量だけでみるなら、以下がワースト10です。

スリーピングマット508g
シュラフ421g
輪行用具一式418g
サドルバッグ375g
ジェットボイル(ガスなし)340g
レインジャケット313g
フロントバッグ255g
レインパンツ245g
ツェルト229g
レーサーパンツ221g

もちろん、体重が圧倒的に一番重く、
次が自転車なのですが、そのふたつには
当面は目をつぶるとします(汗)。
ホイールをマヴィックキシリウムプロディスクあたりに
交換すれば、たぶん900gくらい軽量化できるのですが、
巨額の投資はいまは避けねばなりません。
d0211129_19284498.jpg
マットやシュラフをケチると
途端に快適性が落ちて疲労に直結するので、
それ意外に軽量化の的をしぼるとなると、
やはりジェットボイルの重量と寸法が
気になってきます。
こうした調理器具を持たない、という選択も
ありだと思いますが、個人的には
キャンプの楽しみが減ってしまうので、
やはり携行したいところです。
ハイカーさんたちはアルコールバーナーなど
より軽量で小さなタイプを使う方も多いようで、
自分も試したことはあるのですが、
あまりにも火力が低く、湯を沸かすのに時間がかかり、
燃料のアルコールもたくさん消費するので、
敬遠しています。もちろん、不便でも
小ささを優先するという方もいます。
そのあたりの好みや判断が、
見識というものでしょう。

さて、以前から持っている
コンパクトなガスバーナーとソロ用コッフェルのセットと、
ジェットボイルを比較してみることにしました。
d0211129_19345376.jpg
左がソロ用コッフェルセットで、
なかにプリムスの114ナノストーブというのを
収納してます。もちろん、ガスカートリッジも入ります。
ジェットボイルよりひと周りコンパクトですね。
d0211129_19361467.jpg
281gとそれなりに軽量。
小さなカップ兼フライパンもセットなので、
なにかと便利です。アルミ製なので、
安くて使い勝手も良好です。
d0211129_19365976.jpg
ジェットボイルは340g。
軽量チタンモデルですが、
前者のコッフェル+114バーナーより重いですね。
なお、いずれの重量もガスカートリッジは
含んでません。
ジェットボイルの場合、付属のクッカーだけでは
あまりにも不便なので、シェラカップも
持っていくことにしてます。
これが49gあるので、
重量とスペースの両面でやっぱり不利。
わかってはいたんですが、
ジェットボイルの火力と耐風性は
魅力なんですよね……魅力なのですが、
次のバイクパッキング旅では
コッフェル+114バーナーを使ってみたいと思います。

そう思うのですが、114バーナーは風に弱い印象があり、
風防(ウインドシールド)が必携に近いです。
しかし、別途、大きな風防を持つくらいなら、ジェットボイルを
使えばいいだろうというジレンマ……。

そこで、使うコッフェルと114バーナーに
フィットした小型風防を自作することにしました。
d0211129_19442514.jpg
東急ハンズでコンマ3mmの
アルミ板を買ってきました。
長さは30cmです。失敗に備えて
二枚も買ったという小心者です(笑)。
d0211129_19462727.jpg
コッフェルと一緒に
スタッキングできる高さに切断。
d0211129_1947878.jpg
三カ所に穴を空け、
ゴトクの先に差すだけという簡易風防です。
当然ながら、ゴトクからはみ出すサイズの
コッフェルは使えませんが、使わないと決めれば問題なし。
というか、そんな時は風防を外せばいいですね。
d0211129_19493038.jpg
さすがに見た目がアレなので、
通風をうながすという名目で
下部に切り欠きを設けます。
d0211129_19503413.jpg
なんとなく製品ぽくなりました(笑)。
重量は10gで、前述のとおり
コッフェルの隙間に収まるので、
これならバイクパッキングの装備品に加えても
いいんじゃないでしょうか。
d0211129_19521852.jpg
風防なしの状態。
横から扇風機で弱風を送ると、
炎が激しく揺れます。当然ですが。
d0211129_1953348.jpg
簡易風防をセット。
炎の揺れが減った……ような印象はあります。
そこで、実際に湯を沸かして、
その所要時間を比べてみることにしました。
d0211129_19535298.jpg
500mlの水を湧かします。
新品のカートリッジ(ジェットボイル用で恐縮です)で
沸騰まで4分9秒ほどかかりました。
d0211129_19545246.jpg
簡易風防をつけると、
沸騰まで3分40秒ほどでした。
なんとなく耐風性がアップしたとは思いますが、
誤差の範囲ですかね(汗)。
ちなみに、簡易風防のヘリが少し溶けました。
フォークランド紛争で、アルミを用いていた
イギリスの駆逐艦がミサイル一発で撃沈された
出来事を思い出しました(汗)。
d0211129_19573894.jpg
ちなみに、同じ条件で
ジェットボイルは1分55秒で沸騰。
さすがの湯沸かし性能ではあります。

なにはともあれ、こんな小さな積み重ねでも
軽さや省スペースと、使い勝手のバランスを
高めていきたいなあと思っております。

本音は、ホイールを早く替えたいのですが(汗)。
by cyclotourist | 2016-06-01 20:52 | おしらせ | Comments(8)
Commented by やっぱりSW at 2016-06-01 21:51 x
MSRのウィスパー付属品みたいなぐにゃぐにゃのアルミでいいんじゃない?小さく丸められます。
Commented by cyclotourist at 2016-06-01 22:21
やっぱりSW様
コメントありがとうございます。
自分が持ってるSOTOにも
ぐにゃぐにゃの風防がありましたが、
(MSRは高くて持ってません!)
あのタイプの風防は、バーナーと燃料部が別体の
タイプじゃないと使いづらいと思います。
今回の自作のほうが、軽くてコンパクトかと。
肝心の防風性能がイマイチですが(笑)。
Commented by ボードマン at 2016-06-01 22:45 x
エバのチタンアルコールいきましょ。
(* ̄∇ ̄)ノ
Commented by やっぱりSW at 2016-06-01 22:58 x
ま、アルミホイルちょいと余計に持っていけば事足りそうですね。一番軽量だし・・・・
Commented by cyclotourist at 2016-06-01 23:26
ボードマン様
コメントありがとうございます。
エバのチタンはかっこいいですよね。
でもやっぱり、サイクルツーリングで
総合的に優れてるのはガスかな〜と
個人的には思います。

やっぱりSW様
コメントありがとうございます。
アルミホイルですか〜。どうなんでしょ?
実践リポートお待ちしてます。
Commented by トシ at 2016-06-01 23:36 x
長期出張(?)お疲れ様でした。
今回も望んだのものとは違っていたとはいえ、出会いがありましたね。レポート笑いながら見せていただきました。
装備に関して言えば、ツェルトの軽さと省スペースさ加減は僕も試してみてびっくりしました。それと同時に火器が(重さはともかく)かさばるのが悩みの種でした。
まだまだ装備の吟味は奥が深そうですね。
そろそろ天気が怪しい季節になりましたが、チャンスがあればもう一回くらい装備を変えてキャンプのテストをしてみたいと目論んでいます。
Commented by ばっきー at 2016-06-02 08:25 x
火器のネタは楽しいですよね(笑)

自分も色々と試して、結局一週してジェットボイルで妥協してます。プリムスの小型携帯バーナーは自分も所有しているので、定期的に「軽量化!」と称してジェットボイルを持たずに出かけるのですが、結局湯沸かしメインならジェットボイルの安定感には敵わずです。

しかし、チタン製のヤツを買ったとは羨ましいです。自分は初代型をまだ使ってます。新型になってから、メーカーは推奨してないですがガスボンベをバーナーに取りつけたままカップに収納できなくなったのが気に食わず、買ったんですがすぐ手放しました。

色々と装備を試して試行錯誤しているときが一番楽しいですので、色々と試してレポート期待しております。
Commented by cyclotourist at 2016-06-02 09:17
トシ様
コメントありがとうございます。
雨の日でもツェルトが使い物になるのか、
体験したいような、したくないような(笑)。
装備選びは枝葉とか目的達成の
手段に過ぎないといわれますが、僕の場合、
だんだんと目的そのものになります(汗)。
それはそれで面白いからいいですよね〜。

ばっきー様
コメントありがとうございます。
ジェットボイルの性能が素晴らしいのは
確かなんですよね。使うたびに
よくできてるなあと感心しつつ、
もう少し小さくならないかなと思いつつ……。
たしかに、試行錯誤が楽しいんですよね。
いつかはキャンプもご一緒してくださいませ。
<< 【フィギュア作り】継続ちゃん(... 【フィギュア作り】島田愛里寿 その6 >>