ブログトップ

シクロツーリスト&ランドヌールときどき模型の製作日記

cyclo.exblog.jp

『自転車で100kmをラクに走る』

こんにちは、田村です。

足かけ一週間の旅から戻りました。
家のカギが変えられたりしてたらどうしよう……
という不安も杞憂に終わり、無事に帰宅できました(汗)。
d0211129_10183593.jpg
献本が届いておりました。
私の新しい著書、
自転車で100kmをラクに走る
でございます。
技術評論社という老舗出版社が
ラインナップしている、趣味の新書シリーズです。

ご担当いただいた編集さんが、最初に打合わせをした際、
「距離100kmって、やっぱり最初の目標じゃないですか」と
おっしゃっていたことから生まれた一冊です。
副題に「~ロードバイクでもっと距離を伸ばしたい人に」と
あるとおり、自分にとっては珍しく、というかむしろ初めて、
ロードバイクを中心に扱った内容です。

とはいっても、賢明な本ブログの読者さんなら
お察しのとおり、サイクリングに求められる基本的な
スキルやノウハウは、どんな車種でも共通です。
本書の内容も、これまで自分が出させていただいた
ロングライド系の装備ノウハウやプランニングのヒントを、
ロードバイクという切り口であらためて
解説したものです。

100kmって、長いと思いますか? 短いと思いますか?
あらためて考えると、僕は長いなあと思います。

ブルベとかに慣れてしまうと、
100kmなんて余裕余裕と思い上がってしまいますが、
コースや装備をちゃんと自分で計画して、
予定どおりに、しかもツラい思いをしないで
走りきるためには、さまざまなノウハウが必要です。
そして100kmを走りきった経験があれば、
いずれ200kmだろうと1000kmだろうと走れるようになり、
必要な装備やノウハウもほとんど共通です。

本書を書いてあらためて思ったのは、
サイクリングは旅であり、時間をどう使うかを考える
一種のゲームみたい、ということでした。
走った距離は、過ごした時間の結果です。
時間を水平面の距離に置き換えるか、
標高の上下に費やすか、それとも
グルメや立ち寄りに充てるか……。
風向きや地形を読み、
いかにして時間に余裕を持たせるかという、
自分を主人公にした実験的なゲームなのです。
そんなゲームを有利に進めるためのヒントを、
この一冊に集めてみました。

競技として自転車に取り組むなら、
真剣で継続的な練習が欠かせないと思います。
けれども、サイクリングで走る距離を伸ばすためには、
練習と気負って取り組む必要はありません。
自転車の装備のちょっとした工夫や、
コンビニを活用する補給プランのほうが
役立ちます。
今回の本もやっぱり非体育会系なので(笑)、
自転車の選び方や装備のうんちくが多くを占めます。
担当編集さんには「チート技ばかり」と
指摘されましたが(汗)、
それが「100kmをラクに走る」秘訣です。
練習して速くなる、というのは競技の世界だから
求められることであって、趣味で楽しむサイクリングは
経験とノウハウが圧倒的に大切なのです。

とはいえ、はじめて100kmを走る、といった
リアルな経験を、僕が味わうことはできません。
二十年以上前に体験してしまいましたから、
それを思い出せと言われても無理があります(汗)。

本書には、「はじめての100km」といった初々しい
リポートを載せたいなあと当初から思っていたのですが、
周りを見回しても、僕と似たような
距離不感症気味のオッサンばかり(汗)。

そこで、M,マキノサイクルファクトリーの坂西さんに
「まだ100km走ってない人、どなたか紹介して」と
相談したのです。マキノさんのお客さんなら、
たとえ初心者でも志の高い方がいらっしゃるのではないかと……。
年齢性別不問ですので、本に協力してくれる方を
ご紹介してくださいと坂西さんにお願いしたところ……
d0211129_10575352.png
なんと、声優さんを連れてきてくれました!
東城咲耶子(とうじょうさやこ)さんという、
アニメやゲームで活躍中のうら若き女子!
この秋から放映されるアニメ「ろんぐらいだぁす!」にも
出演が予定されているお方なのです。

一年ほど前にマキノのオーダーロードを
手に入れた東城さん。これまでの最長走行距離は
70km程度とのこと。
そんな彼女と、我孫子から大洗まで100km少々、
ガチでサイクリングを体験してきました。
どんな結果になったのか、ぜひ紙面で
ご確認ください。やっぱり100kmって
大変な距離だし、いろんなノウハウが必要なんだなと
僕自身、たいへん勉強になった体験でした。
ある意味、東城さんの体験リポートが
本書最大の売りかもしれません(笑)。
d0211129_11105556.jpg
『自転車で100kmをラクに走る』は、
本日頃から全国書店様に並ぶ予定です。
価格は1280円+税。オールカラーです。

どうぞよろしくお願いします!
by cyclotourist | 2016-05-25 11:11 | おしらせ | Comments(0)
<< 九州〜四国バイクパッキング旅・熊本編 【フィギュア作り】ワンフェス本... >>