ブログトップ

シクロツーリスト&ランドヌールときどき模型の製作日記

cyclo.exblog.jp

大洗日帰りサイクリング

こんにちは、田村です。

季節の変わり目だけあって
天候がめまぐるしく変わりますね。
わざわざ雨や強風の日に出かける気にはなりませんし、
仕事や家事の都合もあって、せっかくの新車
キャノンデールCAAD12 DISCも
玄関で待機中の日々……。

しかし、虎視眈々と、実施を狙っている計画がありました。
d0211129_115550.png
大洗へ夢の自走往復です。
なんだかしょっちゅう訪れている大洗ですが、
片道自走、復路は輪行というパターンが主でした。
池袋から140km前後の距離があるので、
当然と言えば当然なのですが、
往復した場合の300km弱という距離は、
決して自走が不可能な距離ではありません。
これが400kmともなると、フツーは眠くなるので
道中一泊が必要となり、ブルベ以外で一気に
走ることはありませんよね。

そんなわけで、往路は利根川流域を走って潮来から北上、
復路は茨城の内陸部を南下する……という計画を立ててました。
反時計回りの周回コースです。

そしてようやく、丸一日自由になるタイミングが訪れました。
もちろん天気予報を確認。降水確率ゼロ。
さらに風予測を確認すると……
d0211129_11122098.png
茨城全域に渡って、
南東の風が基調です。
ついに、北風が息をひそめ、春の訪れです。
この風予測は33時間前から確認できるので、
サイクリングの前はいつもチェックしてます。

南東の風……風向きは、北と南が軸になるので、
フツーは「東南の風」とは言いませんね。

でも、「東南の風」という表現で有名なのは、
軍師・諸葛亮が赤壁の戦いで吹かせたというアレですね。
不意の東南の風に乗じて、曹操軍を火攻めにしたという……。

実際の赤壁の戦いは、周瑜とか黄蓋とか、
呉の武将が主役だったそうなので、
地の利がある彼らは、風向きが経験的に分かったのかもしれません。
昔、ゲームをきっかけにして三国志にハマっていたので、
「東南の風」というと、ちょっとグッとくる自分です。

神秘的な力も土地勘もない自分ですが、
風予測で東南の風が吹くと分かれば、
利用しない手はありません。
d0211129_11194386.png
周回方向を時計回りに変え、
コース自体も見直しました。
東京から見て、大洗が北東に位置し、往復する以上、
ずっと追い風を利用することが出来ません。
しかし、風に対してなるべく斜めになるような
コースを設定し、向かい風を防ぎたいところです。

そのため、往路はすなおに北東をめざし、
追い風成分が入ってる横風を期待します。そして
向かい風が強まるであろう、東へ向かう区間はぐっと縮めました。
もちろん、強風で知られる霞ヶ浦湖畔はパスです。
できることなら、ヨットのようにジグザグに進んで、
向かい風を揚力にしたいくらいですが、
道から外れることができない自転車には難しいですね。

復路は、往路と同じにしてしまうと
緩い向かい風の区間が長くなってしまいます。
そこで、序盤はやや強い向かい風を覚悟して北浦沿いを南下し、
それから南西へ向かうことで、
追い風成分が入ってる横風を
長時間にわたって受けることができるような
コースにしてみました。
こうすると、交通量が多い国道6号を走らないで
済むのもメリットです。
この東南の風バージョンの往復コースで、
距離は約270km。平均時速18kmを発揮できれば、
所要時間は15時間。ナイトランは覚悟の上ですが、
朝、そんなに早く出発しなくても、
午前様にならないうちに帰れそうです。

輪行であれば、追い風区間だけを走ることも出来ますが、
往復自走をめざすなら、向かい風も避けられません。
僕は向かい風が大の苦手なので、
追い風の成分が減っても、向かい風の区間を
短くしたいなと思ったわけです。
「東南の風」を利用した諸葛亮を彷彿とさせる、
見事なプランニングと言えなくもないような気がしないでも
ありません(汗)。
d0211129_11435877.jpg
朝7時すぎに自宅を出発。
序盤は信号が多くてペースが上がりません。
20km弱走って江戸川を渡れば、千葉県です。
このまま国道6号を進むのは避けたいので、
距離が少し伸びてしまいますが、
流山、守谷を経由して牛久に出ました。
d0211129_11462556.jpg
流鉄の流山駅です。
そういえば、この駅はアニメ【ろこどる】に
よく出てましたね。作中では「流川」でしたが。
なぜ実際の地名を使わなかったんですかね……。
d0211129_11493855.jpg
時刻は10時半、利根川を越えて
茨城県に入ると、ようやく
交通量が少なくなってきます。
d0211129_11533070.jpg
空からブオーンと鈍い音がしたので見上げると、
YS-11でした。とても懐かしい……。
自衛隊ではまだ現役なんですね。
周囲の音がよく聞こえるのも、
サイクリングの魅力でしょうか。
d0211129_11555673.jpg
北関東らしい平坦な地形が続きます。
風向きは予測どおり追い風含みの横風。
たとえ微風でも、追い風成分があると非常に助かります。
d0211129_12214179.jpg
牛久から先は、国道6号に乗ります。
ただ、写真のようなバイパス区間は
クルマが猛烈に飛ばして怖いので、避けていきます。
あと、国道6号沿いには、セイコーマートが存在しないのが
誤算でした。
d0211129_12225948.jpg
石岡、小美玉を過ぎ、茨城町に
入ったところで県道へスイッチ。
立派なお家や蔵が目に入ります。
d0211129_122712.jpg
かと思うと、見事な編隊を組んだ
F-15が飛来します。百里基地が近いですからね。
d0211129_1225471.jpg
涸沼に到着。
このあたりは予測どおり向かい風でしたが、
小さな漁港が点在する長閑な風景に癒されます。
涸沼ではしじみが採れるそうです。
d0211129_12263872.jpg
14時40分頃、大洗に到着。
距離130kmを所要7時間でしたから、
平均時速は18.5kmほど。
風のおかげで、まずまずのペースです。
マリンタワーの下では、週末のお祭りに向けての
準備が着々と進んでおりました。
d0211129_12303468.jpg
郵便局でガルパン切手を購入。
娘のお土産にしましょう。
d0211129_1231350.jpg
金丸釣具店で砲弾型の浮きを購入。
お目当ては、おまけでいただけるクラーラのバッジです。
d0211129_12324442.jpg
こちらの喫茶店で
「ペパロニの鉄板ナポリタン」を食べるのが
今回の大洗訪問の目的だったりしましたが、
満員で準備中の札が……。
平日なのに、ガルパンおじさんの行動力は
恐るべし、ですね。まあ自分もそうなんですが(汗)。
ナポリタンは次に訪れた時のお楽しみということで、
大洗滞在は小一時間で切り上げ、家路につきます。
ちなみに、今日は輪行袋を携帯してません。
もってると、衝動的に使っちゃいそうなので(汗)。
おかげで、レインジャケットなど少々の防寒着を携えても、
サドルバッグMひとつに収まりました。
d0211129_1236599.jpg
鹿島鉄道に沿って南下。
やはり向かい風になり、速度が出ません。
無理すると自滅するので、時速20kmに届かない
スローペースに甘んじて進んでいきます。
たぶん、風速5mもないと思うのですが、
わずかでも向かい風だと、自分はまったく
速度を出すことができません。
d0211129_12412225.jpg
北浦の湖岸道路へ。
17時が近づくと陽も傾き、
ぐんぐん気温が下がります。
北関東の夜は思いのほか冷えるので、
夜が更ける前にどんどん南下したいのですが……。
d0211129_12461416.jpg
ちなみに、北浦は注ぎ込む小川が多く、
そのたびに小さな橋を渡るのですが、
そのたびに未舗装路が出現します。
ディスクブレーキだからと悪路に強いわけではないので、
慎重にのろのろ進みます。
d0211129_12474622.jpg
結局一時間くらいも
北浦沿岸を走ることになり、
17時半過ぎにようやく北浦大橋へ。
約1300mもある長い橋ですが、広い歩道があるので
安心して渡ることが出来ました。
プチしまなみ街道みたいです。
そして、この橋で進路が西へ変わります。
ついに向かい風とおさらば。自分のターン到来です。
d0211129_12501039.jpg
18時以降はライト点灯。
今回はVOLT800と300の二灯体制です。
ふたつ同時に点けることはないのですが、
一本だと点灯時間が足りず、予備バッテリーを保つくらいなら、
トラブルに備えて二灯にしたほうがいいかなと。

サイクリストは、メーテルのようにライト探しを続けるのが
大好きですが、最近はキャットアイのVOLTシリーズが
鉄板ですね。特に800の明るさは申し分なく、
コンパクトなのも魅力ですが、使用時間はもう一歩、ですね。
メーカースペックでは……

●VOLT800
ハイ:約2時間
ミドル:約3.5時間
ロー:約8時間

●VOLT300
ハイ:約3時間
ノーマル:約8時間

です。ローないしノーマルで、やっと一晩もつかどうか。
今回は、環境光がない細道でVOLT800のハイを30分ほど
それ以外はミドルとして使いましたが、
計4時間ほどでバッテリーがなくなり(カタログスペックより保った?)、
それ以降はVOLT300をおもにノーマルで使いました。

それぞれ、どのていどの明るさか気になりますよね。
そこで、新利根川沿いの細道に入り込んだ時に
比較のために撮影しておきました。ちょうど環境光がなく、
クルマが入ってこない未舗装路でしたので(汗)。
d0211129_13454784.jpg
d0211129_13455848.jpg
いずれも露出を固定して撮影したので、
明るさの比較にはなると思います。
こう見ると、そして実際に点けて走っても、
VOLT800のハイは非常に明るく、照射範囲も広く、
悪路や速度が出るシーンでも、安心感は高いです。
ミドルでも実用的です。
しかしローは、暗すぎて闇夜では不安です。
VOLT300は、ハイなら800のミドルより明るく、
ノーマルでもそこそこの安心感はあります。

どちらも、配光は無難なデザインで、
中心部から周囲まで自然に光が拡散します。
EL540などは角形配光で、それも好きでしたが、
VOLTも必要にして十分ですね。
また、VOLTは本体を下にして取り付けることも
OKと明記されており、ハンドルの下に懸吊できるのが
便利です。
EL540は、防水のためか配光のためか、
本体を下にするのはダメとありましたから。
自分はVOLTをハンドルに下側に付けてますが、
そうするとハンドル上面がすっきりして握りやすい反面、
ライトのオンオフが少々しづらく、
電池残量を知らせるインジケーターが見れないのが不便でしょうか。

さて、闇夜で一人こんなことをしてるのは怪しく、
いい加減にしないと家にいつまでも付かないので、
ほどほどにして走り出しました。
d0211129_13535724.jpg
我孫子市に入るまで西向きに走り続け、
追い風の恩恵をたっぷりいただきました。
ほとんど無風に近いそよ風でしたが、
向かい風でないだけでも御の字です。
千葉県に入ったのは、もう20時40分でした。
夜は景色が分からないので、コンビニと標識しか
写真がありません(笑)。
d0211129_13555875.jpg
松戸から国道6号に入り、
しばらく進めば東京都に入ります。
もう22時過ぎ……。まあここまで来れば、
なんとか本日中には帰宅できるだろうと
胸を撫で下ろしていたら……
d0211129_13571146.jpg
痛恨のパンク。
ここまでの平均時速はちょうど18kmでしたが、
このパンク修理の間に17.7kmになってしまいました。
ほんと、停まるとあっという間に下がりますね。

結局、帰宅したのは23時30分で、からくも
午前様にならず。一部、アドリブでコースを変えたりしたので、
走行距離は288kmになりました。
これで、大洗は日帰りサイクリング圏内だと
自分自身に証明することが出来ました(笑)。

さて、キャノンデールCAAD12 DISCの印象は……
平地ロングライドでも、やっぱり優秀ですね。
アルミフレームだから体力が削がれるとか、
いっさいありません。
非力な自分が大洗往復できたのですから、間違いないところかと。
お尻が痛いとか、そういう路面からの突き上げに伴う
不快感もありませんでした。
前回の峠ランほど、ディスクブレーキの恩恵は
なかったかも知れませんが、やはり安心感は高いです。

ロングライドは決して運動強度が高くないので、
剛性とかハンドリングの応答性とかは、
正直なところ自分にはよく分かってません。
しかし、16時間以上も一緒に過ごして、
特に不満がないというのは、優秀な自転車なのでは
ないでしょうか。
26万円でここまで満足できるなんて、
最近のメーカー完成車は本当にすごいなあと
あらためて感じた次第でございます。

高い、重い、部品が少ないと、欠点が挙げられることも多い
ディスクロードですが(汗)、実際に乗ってみると、
ロングライドでは、メリットのほうが大きいでしょう。
少なくとも、体験しないで否定するのは
もったいないカテゴリーだと思いますよ。
by cyclotourist | 2016-03-18 14:17 | おしらせ | Comments(4)
Commented by yasx at 2016-03-19 19:31 x
いつも愛読させていただいているものです。

ディスクロード。自分もほしいのですがなかなか手が出ません。
いっその事、フロントフォーク交換して前だけディスク化しようかな。。
と企んでいます。

所で田村様は花粉症対策は何かしてらっしゃるのですか?
自分は30km走っただけで眼と鼻がとんでもないことになるのですが
この時期に300km近く走れるとは。。。。

では失礼致します。
Commented by cyclotourist at 2016-03-19 19:53
yasx様
コメントありがとうございます。
ディスクブレーキは、
サイドプルなどのリムブレーキとは
フレームへの負荷が異なり、
ヘッドやダウンチューブに一層の
強度が必要……らしいです。
ですので、既存フレームの
ディスク化は避けたほうがいいと思います。
ところで花粉症ですが、さいわい自分は
あまり影響を受けません。受ける時は
風邪気味だと思うことにして、
花粉症ではないと信じています(汗)。
Commented by james_y1964 at 2016-03-19 23:55
VOLT800を購入したばかりの私です、大いに参考になります。限定製品シルバーVOLT300に心が揺れましたが(だってカラーコーディネートが云々)、いずれ800で出たら買っちゃうかも・・・!

そんなことより、劇場版早く見なくては(焦)。
Commented by cyclotourist at 2016-03-20 08:29
james_y1964様
コメントありがとうございます。
いよいよブルベですね。
VOLT800はスマートなので、
スポルティーフにも似合いそうですね。
貴兄のご武運を祈っております!
<< 【フィギュア作り】島田愛里寿 その4 【フィギュア作り】島田愛里寿 その3 >>