ブログトップ

シクロツーリスト&ランドヌールときどき模型の製作日記

cyclo.exblog.jp

ディスクロード

こんにちは、田村です。

あらためて自分ごときが言うまでもなく、
現在のスポーツ自転車シーンの中心軸は、
ロードバイクであることは間違いないでしょう。

僕のサイクリングはツーリングが主ですし、
ツーリング車が大好きなわけではありますが、
やはり主流の車種というのは勢いがあるもので、
ユーザーの多さとメーカーの開発意欲がマッチして、
ロードはどんどん新しいモノが出てきます。

僕が自転車にめざめた80年代後半から90年代、
今のロードのように人気を集めていたのがMTBでしたね。
だから、ツーリングを含めてなにもかもを
MTBが担っていたような気がします。
もちろん、自分もMTBに乗っていて、
たまにはレースにも出ましたが、
ほとんどはツーリング、しかもキャンプなんかも
MTBで楽しんでいたわけです。
「違うだろ」と分かったのは後の話で、
当時はそれしか見かけないショップが多かったですから、
昔の自分を責めるわけにも……。
身近なショップでは、ランドナーはもちろん、ロードも
あんまり見かけなかった気がします。

時は巡って今世紀、遅まきながら
ランドナーなど伝統的なツーリング車にもめざめた自分ですが、
基本的には新しいモノ好きというか、
道具で楽をしたい派なので、
ツーリング車でもなるべく新しいメカを使い、
便利そうな装備は盛り込んだ自転車に乗ってきました。
そして、舗装路のロングライドであれば、
やっぱりロードが楽なシーンが多いのも間違いないので、
最近はロードに乗る機会が多いわけです。

そして実感として思うのは、
現在の多くのロード乗りにとって、
ロードは「ロードレーサー」ではなく、
「ロードバイク」なんだ な、と。

これは自分が勝手に思ったり、見た範囲での印象や
もちろん言葉遊びではなく、
いろんなお店さんや関係者にうかがっても、
ロードに乗ってレースに真剣に取り組んでるのは、
ほんのごく一部なのですね。
ツールを走ってるようなハイエンドモデルに乗っていても、
楽しんでいるのはサイクリング、ツーリングという方が
ほとんどです。
ロングライドやブルベといっても、
基本はレースではないですから、
広義のサイクリングだと思います。

で、そうした用途なら、
ランドナーやスポルティーフと呼ばれる伝統的な
車種・モデルがあるわけです。
僕もそう思ってますし、実践しているつもりですが、
今や、そうした車種(用途)もカバーしているのが
ロードバイクなんですね。
荷物が少なくて済む環境が整ってますし、
狙って行かない限り、ダートも少ないですから。

そして、多くのメーカーが、
必ずしもレースが主目的ではない(レースができないわけじゃない)
ロードバイクをラインナップしていますよね。
エンデュランスとか、コンフォートロードと謳ってます。
ジャイアントは「デファイ」、トレックは「ドマーネ」、
キャノンデールは「シナプス」、スペシャは「ルーベ」など、
そういったモデル名ですね。

そんなロードバイクの現在進行形のトレンドが、
「エアロ」と「ディスクブレーキ」です。
軽量化と高剛性化が一段落して(もう十分に達成して)、
違う付加価値を設けているわけです。

「エアロ」は、昔も流行りましたが、
今はフツーのロードがエアロになっているモデルが
多くなりました。空気抵抗を減らすエアロ形状によって、
昔は失うものが多かったわけですが、
今はもう、エアロでも軽いし乗りやすい......
モデルが多いみたいです。

僕の用途では、エアロの効果を実感できないでしょうから
(そもそも遅いし、マジメに走ってないので) 気になるのは、
ディスクのほうです。
つまり、「ディスクロード」です。
楽に、確実に制動力を発揮できて、
雨の影響も少なく、リムやシューの損耗も
少ないって……まさにツーリング向きでは
ないのだろうか? と。

この前、担当させていただいた
八重洲出版さんのロードインプレ本でも 実感したのですが、
ディスクロードに対しては、
たいへん前向きな肯定派と
慎重な懐疑派に分かれるようです。

肯定される方は「疲れにくいから」をメリットとし、
懐疑的な方は「別に速くならない」という理由を挙げます。

つまり、用途の違いなんですよね。
ツーリングやロングライド志向(に理解を示す)の方は肯定的で、
レースに真摯に取り組んでいる方ほど、
ディスクの必要性を感じてない......のかも知れません。

いずれにしろ、こうした新しい装備・コンセプトの
モデルが続々と登場しているのが
昨今のロードバイクであり、
そのシーン・スタイル・市場なのだと 思います。

これってやっぱり、ツーリング車に比べると
ロードは非常に恵まれた環境にあると思います。
ツーリング車には根強い人気があり、
熱心なメーカーも少なくはありませんが、
ロードのように日進月歩の新しい技術が
投入されたりはしませんし、ユーザーの絶対的な数も 多くはないので、
メーカー完成車として
選べるツーリング車は限られているのが現状です。
(現状というか、ずっと前から......)
だからこそ、ハンドメイドのオーダー車の出番になるわけですが、
値段や納期も性能に含めるとしたら
(フツーの人は含めますよね)
メーカー車に対抗しづらいのが事実だと思います。

僕自身、オーダーでディスクのツーリング車が
欲しいと思っていて
(実際、ちょっと前までは持ってたのですが...)、
昨年にはオーダー一歩手前まで行ったのですが、
ディスク対応でガードも付くカーボンフォークがないとか
(スチールのフォークなら作ってもらえるのですが、重い……)
ビルダー側が必ずしもディスクに前向きでないとか、
自分がお支払いできる予算に収まらないとか......
いろんな事情で見送ってきました。

と、だらだら書いてスイマセン、という感じですが、
先に担当した本で試乗させていただいたディスクロード、
フォーカスのカヨ・ディスク・アルテグラの印象がとてもよくて、
これは自分の用途でも「買いだ」と思ったわけです。
しかし、同モデルはカーボンフレームで、
だから軽くて感じがよかったのですが、
47万円というけっこうなお値段は、
いまの半ニートな自分には手が出せないな......と、
思い悩んでいたのです。
買っちまったら離婚されるのは間違いないですし(汗)、
いくら魅力を感じるディスクロードでも、
その自転車が 自分の主力になるかは、
正直なところ分かりませんし。

でも、乗らずに「ディスクは必要ない」と
分かったふりをできるほど 自分に確たるポリシーはありませんし、
諦めるのは惜しいです。
ディスクによって、苦手な下りの怖さが減ったり、
長い下りでの手の疲労が減ることは
おおいに期待できると思っています。
これは以前乗っていたディスクのツーリング車でも実感しました。
それは機械式のディスクだったので、
油圧なら、もっとイイんじゃないかと考えてしまいます。
しかも、重量面では
(すぐ重量の軽さに引かれるのは、我ながら青いのですが)
今時のメーカー車は本当に優秀ですから。

要は、最新スペックで手頃な価格の
ディスクロードがほしいなあ......と。
それが、自分にとって、
今欲しいスポルティーフ的な自転車なのです。
理想と妥協と物欲が混沌とした、
ある意味で現実的な自転車選び、とも言えましょうか(汗)。

こうして選び、決めて、
納品してもらった自転車がコチラ。
d0211129_21391369.jpg
キャノンデールの
CAAD12 DISC 105です。
その名のとおり、油圧ディスクの105を採用した
アルミフレームモデルです。価格は26万円。

去年あたりから、アルミがフレーム素材として
見直されている傾向があり、各社があらためて
新しいアルミフレームモデルを投入していますね。
基本的にはカーボンに次ぐ手頃な価格帯の
モデルという位置づけですが、
非常に優秀なアルミモデルが増えているのです。
なかでも、CAAD12は玄人筋の
評価も高く、そのディスクモデルということで
決めました。
もともと、T1000を持ってるくらいなので、
キャノンデールのアルミには憧れがある自分です。

このCAAD12 DISCが、
自分にとっての新しいツーリング車、
新しいスポルティーフに
なるのではないか……と思っているわけです。

今時は珍しい、ほぼホリゾンタルなフレームです。
自分はホリゾンタルフレームが
大好きというわけではありませんが、
こうしたスタイルで、この仕様、価格(大事)の
モデルは他には探すのが難しいと思います。
他社のアルミモデルは、よくもわるくも、
カーボンと見まがうような
複雑に曲がりくねったフレームが多いのです。
もっとも、このCAAD12も、非常に
凝ったパイプ形状なのですが、
ぱっと見はシンプルな印象を受けます。

もちろん、マッドガードもキャリアもない
アメリカンブランドの自転車を
「スポルティーフ的な」とか言うと
諸先輩にぶっ飛ばされそうですが、
自分がそれを期待しているのだから、許してください。

さて、写真の背景で分かりそうですが(?)、
納車していただいたのは、ご存知ベロクラフトさんです。
注文させていただいたのは、
同店のグループであるCWSさんなわけですが、
いつもお世話になっている大槻店長に
またお世話になりたく、お願いしたわけです。
ここでお世辞っぽいことを言う気もないのですが(汗)、
自分の自転車趣味において、
先生であり、主治医であり、コンサルでもある
頼れるプロのひとりが、大槻さんなのです。

で、またも大変なお手数をおかけしました。
「え、完成車だから、できてますよね?」とか言ってしまった
自分の浅はかさを悔やむばかり。
そもそも、自分は52cmサイズを希望したのですが、
それだとシートポストがでませんよ、と
アドバイスいただいたのも大槻さん。
キャノンデールは、サイズ表記以上に
シートチューブが長いんですよね......。
というわけで、50cmサイズにしました。
これでも、シート長(BB中心〜シートクランプ上部)は
55cm近くあるのですよ。
身長171cmでサドル高さが68cmしかない
自分としては、ホリゾンタルだと……(汗)。

そして、完成車であっても(だからこそ)
長過ぎるホースやケーブル類の調整を
行っていただきました。
d0211129_2213217.jpg
フロントフォークです。
コラムまでカーボンで、ポストマウントの台座やエンドは
アルミ(継ぎ目が見えない!)。
細身ながら独特の湾曲を見せます。
重量は実測406g。十分に軽いですね。
d0211129_223175.jpg
オイルホースを抜いて、作業開始。
油圧ディスクのこうした作業を拝見するのは
初めてなので、なにもかも興味深いです。
入っていたオイルがぽとぽと出てきますが、
思ったより量は少ないんですね。
d0211129_2241416.jpg
専用のカッターでホースを 切ります。
5cmくらいは短くなりました。
念のために書いておくと、
自分がやってるわけではありません。
大槻さんにしていただいてるのを、
自分は見ているだけです(汗)。
d0211129_2252254.jpg
切ったホースに、
あらためて接続金具を圧入。
こうした作業にも、シマノの専用工具が用意されています。
ちなみに、油圧のホースはライナーが樹脂なので、
ワイヤーのアウターより、かなり軽量です。
d0211129_226487.jpg
再びキャリパーを
仮付けします。
d0211129_227296.jpg
ブラケットにある
注油口を開き、
ジョウロをセットします。
d0211129_2281421.jpg
キャリパー側にリザーバーを装着。
これが、オイルを通したときの受け皿になります。
経験的にも技術的にも道具的にも
自分ではまったくできる気がしません(汗)。
d0211129_229267.jpg
d0211129_2294357.jpg
リザーバーまでオイルが
通ったところで、
キャリパーの栓を締めます。
また念のためですが、こうした作業の
理解度が低い自分ですので、ここに書いてる
説明が正しいかどうかは微妙です(汗)。
詳しくは、大槻さんに訪ねるか、
シマノの説明を読んでください(大汗)。
本に書くならちゃんと調べますが、
ブログなので勘弁してください……。
d0211129_2212676.jpg
ジョウロの栓を
キュポキュポしたり、レバーを握ったりして、
エアを抜いていきます。
心なしか、フィギュアの複製に 似てるような(汗)。
フィギュアと違って、ある意味、ブレーキは 人命に関わるので、
プロにやっていただきたい工程だと思いました。
オイルが劣化するので、
一年くらいで 交換したほうがよいとか。

ツーリングだと、出先でメンテができる・できないを
過度に気にする向きがあると思いますが、
ちゃんと組んでいただけば、STIにしろ 油圧ディスクだろうと、
トラブルはほとんどないと自分は思っております。
(落車とか、事故系は除きますよ)
以前、トラブル対応の理由でWレバーを
選ぶ......という意見をうかがったこともありますが、
ちょっと首肯できませんでした。
もちろん、Wレバーを使うこと自体を
否定するわけではありませんよ。念のため。
好みは自由です。好みこそ大切だと思います。
d0211129_22154976.jpg
リアは、フラットマウントという
規格のディスクブレーキです。
フレーム側が長穴になっていて、
クリアランスなどの微調整ができるように
なっているんですね。
パッドの大きさがフロントより小さいです。
ちなみに、パッドのエッジに軽くヤスリを
当ててくれました。
d0211129_2219474.jpg
リアのブレーキに
オイルを通すために、自転車を
縦にしてます。ホースが内蔵なので、
いろいろ大変とのこと。これ、背が低い方は
作業がいっそう面倒ですね……。

こうして、オイルディスクのホースと、
シフトワイヤーをフレームに合った長さに
調整していただき、かなりすっきりした
見た目と実用性を確保していただきました。
メーカー完成車だから、と、軽く考えていた
自分の想像を圧倒する技術と手間を
かけていただきました。
こうした作業を目の当たりにすると、
通販で自転車を買うのはありえない、というか、
逆にもったいないなと、あらためて思いました。

ちょっと余談ですが、自転車って、
「自分で組める」と思って、実践してる方が
とても多いと思います。それはそれで
ひとつの見識であり、趣味だと思いますが、
せいぜい数台〜10台くらい組んだだけで
「分かってる」と言うのは、おこがましいと思います。
プロは、ひと月でそれくらい余裕で組んでるわけですから、
スキルは雲泥の差だと思っております。
もちろん、趣味だから「好き」を大事にすれば
いいのは間違いないですし、
いじることでの満足感は愛おしいものですが、
本来の性能を発揮するためには、
なんでもプロに頼むのがいいと思いますよ。
自転車はもちろん、
フィギュア作りでソレを痛感している
今日この頃の自分ではあります(汗)。フィギュアは
しょぼくてもまあいい(?)のですが、
自転車の場合、それで走れないとか、
トラブルが起きると旅が台無しですからね。
d0211129_22294996.jpg
キャノンデールなので、
BBはBB30Aという独自規格。
ヘッドの上下異径やブレーキ台座など、
あらためてメーカー車の
技術的な高まりを実感しました。
d0211129_22315612.jpg
こうして完成。
メーカー車であっても、
自分の一台になったと感無量。
思いのほか、大槻さんの手を
煩わせてしまったことを実感しました。
そして 「自分だけの一台」という満足感が生まれます。
重量は8.6kg(ペダルなし)。
余分なピラー(すっごい切れるのがなんとも短足で......)を
切っていただいたおかげで100gも減った状態ですが、
メーカーカタログ値どおりでした。
シマノ105、そして決して高級品ではない
ホイールとタイヤを装備していることを考えると、
十分に軽いのではないでしょうか。
もっとも、油圧ディスクにこだわらなければ、 もっと安い価格で
105仕様のフルカーボンフレーム完成車も
珍しくないのが最近のロードのすごいところですが......。

なにはともあれ、
こうして、ワタクシの新たな翼が完成いたしました。

実際に走ってどうなのか、
自分のスポルティーフ的な用途に合うのか否か、
アルミフレームの乗り味はいかがなものか、
カーボンとの優劣は、そしてディスクの実用性や
輪行との相性は如何......。

要は、ツーリングしてどうなのか、ですよね。
もちろん走りましたよ〜。
走らずにいられるわけがありません(笑)。
納車された翌日、
さっそく100kmほど伊豆を走ってまいりましたので、
近々リポートしたいと思います。

やっぱり新車は楽しいな〜。
我ながらワクワクします。
by cyclotourist | 2016-02-28 23:07 | おしらせ | Comments(12)
Commented by やの at 2016-02-28 23:50 x
田村さん、買っちまったんですね^^。

ディスクブレーキ、雨の日走るとありがたさがわかりますね。ブレーキフィーリングが変わりにくいのもさることながら、リム周りのあとのお手入れが楽なのはありがたいです。

今時の自転車のころころ変わるBBとヘッドの規格には戸惑っていますが、便利なものは取り入れていきたいなぁとわたしは思っています。

リポート楽しみにしています。
Commented by 不眠小僧 at 2016-02-29 10:57 x
ブレーキホースを切って調整するのには驚きました。やはり専用工具を使うのですね。オートバイや車と同じフルードを使用する時は塗装面にフルードが付かないように注意しています。オートバイの話です。インプレ楽しみにしています。
Commented by キナバルの★ at 2016-02-29 16:09 x
新しいバイク、楽しみですね。進化したアルミフレームってどんなだか、次回のレポートに期待しています。

ところで下記の製品が発売されるようです。ロードのSTIとMTBの後ディレイラーのワイヤー引き量の差を吸収して、ロードでMTB用のディレイラーでを使えるようにするようです。
http://www.cxmagazine.com/new-product-spotlight-tanpan-wolf-tooth-lindarets-shimano-cable-pull-adapter

これを使ってロードバイクで36~42Tなどのスプロケを使えたら、ロードバイクがもっとツーリングバイクなどに使いやすくなりそうだと思うのですがいかがでしょうか。あとキャリアやフェンダーのタボ穴付きのロードが出てくればですね、もっと用途が広がると思うのですが。
Commented by たなか at 2016-02-29 21:27 x
どしゃ降り、真夜中、一車線しか無い細い県道、急勾配の下り、というブルベで下りが下手っぴの僕は泣くほど怖かったので、今はディスクブレーキです。メカ式ですが、時期が来たら油圧にしたいと考えています。雨でも随分楽になりました。
Commented by ミウラSV at 2016-02-29 21:31 x
油圧ディスクブレーキの工程に興味津々でしたが、基本的にはエア抜きは自動車もオートバイも同じですね。
専用の道具とそういった経験があれば自分でもやれますが、プロの整備は一味もふた味も違うのが良く判ります。
シフト&ブレーキや、この場合のブレーキホースの長さ調整の妙とかにプロの何たるかが見えるように思います。
おっと、新車おめでとうございます。輪行も含めた新車のインプレ楽しみです。
Commented by Kitayama at 2016-02-29 22:41 x
納車おめでとうございます。
アルミのディスクロード、ツーリングへの使い向きが良さそうな、
田村さんらしい選択だなあと思います。それからメーカー車とは
言え、きっちり手を入れられるO槻さんもさすがプロですよね。
私自身はリジッドのMTBをベースにしてるんで、機材の開発が
どんどん進んでいるロードバイクの状況が羨ましくもあります。
今のMTBの状況は、ほぼ2000年前後から進化が止まってる様に
思えてなりません。11速化はロードの後追いで果たしましたが、
ラージホイールやMidFatなど未だ迷走してる感じを受けています。
私もディスクブレーキもVブレーキのラインナップが無くなれば、
必然的に導入することになるでしょう。MTBも色んな走りに対応
できる万能車であるのに、注目されないのはさみしく感じます。
特にフルリジッドのMTBは原点にして、最良だと思っています。
Commented by ZENON at 2016-02-29 22:54 x
自分は07年からLEMONDのPopradDiskと言う、機械式ディスクの700Cシクロクロスに乗ってますが、やはり路面や天候が読めないコンディションでは、普通のロードに比べて遥かに気が楽ですね〜。(スチールフレーム+ディスクなので重量は・・・)

ショップの人が言ってましたが、エアロフレーム等でワイヤーの曲がりがキツくなると、フリクションが増えてしまうので、結果“電動コンポ+油圧ブレーキ”に収束するんだろうなと・・・。
大前さんのお店で電動コンポのツーリング車を組んでいるのを見た時にも「ワイヤーテンション気にしなくて良いから楽だ〜」と言ってましたし(笑)
Commented by キナバルの★ at 2016-03-01 17:42 x
zenonさんのコメントを見てふと思ったのですが、電動シフトであればシフターとディレイラーとのやり取りは電気信号なので、原理的にはロードもMTBも変わりないような気がしたのです。例えばDi2であれば、ロードのシフター(STI)でMTBのディレイラーを動かせるかと妄想したわけです。でもやはりロードとMTBとでは、Di2の信号制御などは別々の設計なんでしょうか・・・
どなたか詳しい方が居れば、ご教示ください。
Commented by cyclotourist at 2016-03-01 17:58
やの様
コメントありがとうございます。
買っちまいました(汗)。
雨天走行での汚れは、ほとんどが
シューやリムの削れかすですから、
それがなくなるだけでも
ディスクだと多いに助かりますね。

不眠小僧様
コメントありがとうございます。
ホース、専用工具を使うと、
サクッと簡単に切れ、切断面も
きれいでした。さすがシマノ、ですかね。

キナバルの★様
コメントありがとうございます。
STIでMTBのディレイラーを
動かしている方は珍しくないですよ。
今のロードコンポは、32Tのスプロケが
普通に使えるので、フロントが34Tなら
もう十分だとも思います。
ダボ穴付きのロードも多いですよ。
探してみてください。

たなか様
コメントありがとうございます。
ブルベは、自転車の耐久テストには
このうえないシーンですよね(笑)。
油圧だといっそう手が楽になりますね。

ミウラSV様
コメントありがとうございます。
輪行、してきました〜。
次の更新でリポートいたします。

Kitayama様
コメントありがとうございます。
MTBの万能車的な領域も、
どんどんロード系の自転車が
浸透(浸食?)してるのが現状ですね。
これまでのところ、ディスクが起因の
ネガティブな印象は皆無です。

ZENON様
コメントありがとうございます。
最近のロードフレームは、ほとんどが
電動コンポ対応なので、必然的に
ワイヤー内蔵になってますね。
ショップの方がおっしゃるとおり、
電動+油圧によって、自転車からケーブルが
消える日が近づいてる気もします。
そんなモデルも登場してますしね。

キナバルの★様
コメントありがとうございます。
電動のSTIで、MTBの電動メカは
動かないみたいです。
裏技とか、将来的にどうなるかは
もちろん分かりません(汗)。
Commented by キナバルの★ at 2016-03-04 13:46 x
田村様
わたくしの妄想コメにご返事いただき、ありがとうございます。電動STIとMTB電動メカとは互換性が無いのであれば、STIは諦めてボタンスイッチ型のシフターだったらMTB電動ディレイラー使えますかね。その場合フロントはどうしましょう?フロントシングルで行きますか。(また妄想ですみません・・)
Commented by みやたけ at 2016-03-05 12:52 x
ディスクロード購入おめでとうございます。油圧ディスクいいですね。私はマグラの油圧キャリパーブレーキを使ってますがこっちもいいですよ。普通のキャリパーブレーキからサクッと取り替えられるのが魅力でもあります。ぜひ一度お試しください、マキノ号で(^^;
Commented by cyclotourist at 2016-03-05 16:04
キナバルの★様
コメントありがとうございます。
電動メカの互換性は、自分も
まったく詳しくありませんので、
ショップさんのプロの方に
ご確認されることをおすすめします。

みやたけ様
コメントありがとうございます。
リムブレーキで油圧というのも
興味深いですよね。
さすがにもう試す気はしませんが(汗)
<< ディスクロードで伊豆へ BD-1でポタリング >>