ブログトップ

シクロツーリスト&ランドヌールときどき模型の製作日記

cyclo.exblog.jp

ロードバイク・コンシェルジュ2016

こんにちは、田村です。

先週、八重洲出版さんから
新しいムックが発売されました。
d0211129_18581846.jpg
ロードバイク・コンシェルジュ2016」。
いわゆるインプレッションとカタログ要素を
併せ持った本です。
まず新鮮なのが、10人もの選者さん(コンシェルジュ)が
登場していることでしょう。
従来は、メイン一人プラス一人か二人というのが
インプレッション本の定石でしたが、この本では
キャラクターや来歴が異なる10人の方が登場します。
d0211129_1914348.jpg
末席に僕もいるし(汗)。
錚々たるメンバーに混じって
お恥ずかしい限りなのですが、
ある意味、自分のようなタダのサイクリストが
出ていることにも、本書の特徴が表れています。

従来のインプレ本ないしカタログ本は、
最新モデルをなるべく多く網羅することが主眼でしたが、
この「ロードバイク・コンシェルジュ2016」は、
“選ぶ”ことに主眼を置いてます。

まず価格帯。これを三つに区切ってます。
次に用途です。
「ロードなんだからレース一択だろ」というのは、
現状のロードバイクのラインナップや乗り手の
実情からは外れていると思います。
もちろん、本流はレースなのですが、
ロングライド向きだったり、ダートも視野に入ってたりと、
従来のツーリング車の役目も
広い意味での「ロードバイク」が担っているのが
実際のところだと思います。

そこで本書では、
レース全般 ・ヒルクライム ・ロングライド/ブルベ ・
シクロクロス/グラベル ・ツーリング
と、5つの用途をカテゴリーとして設定し、
それと価格帯を合わせて選んだ自転車“だけ”を
掲載しています。

この“選んだモデルだけ”というのが
ある意味で画期的で、10人の選者さんが、
自分の経験と好みで選んでいるのです。
編集部オーダーで選んだとか、
ブランドを網羅するために選んでいるとか、
そういった政治的(?)な理由ではなく、
それぞれの方が、それぞれの価格帯と用途に応じて、
「これが絶対にイイ」というモデルを
選んでもらっているのです。

ですから、同じ価格帯で同じ用途では、
一人の方が一台しか選んでいないのです!

逆に言えば、漏れている大手ブランドも多々ありますし(汗)、
複数の人が同一モデルを選んでいても
そのまま載せています。

これまでのインプレ本は、レーダーチャートや
グラフなどで相対的な評価を表現してましたが、
本書ではそうした点数表的な要素はありません。
なぜなら、その価格帯と用途では、
その人が満点を出せるベストなモデルだけを
選んでもらっているからです。

たとえば、あの三船さんには、ロングライド、つまりブルベ向きの
モデルを重点的に選んでいただきました。
田代さんにはヒルクライムが強いというイメージがあり
(どんなレースでも強かったのですが)
それに応じた用途を重点的に選んでいただきました。
ちなみに、自分などがレースとかヒルクライム用の
モデルを選べるわけはありませんから、選んでません。
ロングライド向きとツーリング、グラベル系だけ
選ばせていただきました。

こうした趣旨を汲んでくださると、
この本はかなり面白いと思います。
掲載したモデル一台一台が、
選んだ人にとってはベストなのです。
トータルでは100モデル“しか”載ってませんが、
だからこそ、価値がある本だと思っています。
d0211129_1916968.jpg
自分がハイエンド価格帯でロングライド向けに
選ばせてもらったのは、フォーカス・カヨの
ディスクロードです。
これは本当に良かったですね。財布に余裕があれば
買っていたところです。
ほかには、ミューラーのチタンロードも
ハイエンド価格帯では選ばせてもらいました。
d0211129_19172440.jpg
エントリー価格帯でツーリング用途では、
ビゴーレの「新・山と旅の自転車」といった
渋いところも選びました。
これがロードかは激しく意見が分かれると思いますが(汗)、
ガチの山サイ以外は、ほとんどの用途を
ロード系モデルが席巻している
現状を表している……と、言えなくもないと思います。
多くのサイクリストにとって、もはや
ロードがツーリング車というのが
偽らざる使い方だと実感している今日この頃です。

もちろん、自分はハンドメイドのオーダー車が大好きです。
ちゃんと、そっち系の記事も載ってますからご心配なく(笑)。
ただし、マキノ、ケルビム、東叡社だけというのが
また自分らしいと言うか……(汗)。

実はこの本、企画段階からご相談を受け、
タイトルや方向性を決める段階から
関わらせてもらいました。
その過程で、サイスポさんが誇る自転車ジャーナリスト、
吉本司さんと親しくお話しさせていただいたのは、
自分にとって本当に得難く
勉強させていただく機会になりました。
おそらく二十年以上、継続してインプレを担当されている
吉本さんの見識は流石だなあと、
打合わせやメールをやりとりする度に思いました。

本書の巻頭に、吉本さんと、なるしまフレンドの小畑さん、
そしてサイスポさんを代表するもう一人のジャーナリスト、
安井さんの対談(鼎談)記事があるのですが、
これは本当に見識にあふれていて、
ロード乗りでなくても一読する価値があると思います。
いまは、ロードが変わろうとしている、激動期なんだなと
よくわかります。

と、いうわけで、少しだけ
最近のロードバイク事情に詳しくなった田村でした(汗)。
やっぱり一台、新調したいところですね〜。
by cyclotourist | 2016-02-15 19:32 | おしらせ | Comments(11)
Commented by トシ at 2016-02-15 23:29 x
まだ新車を買う予定はありませんが、気になるモデルが掲載されていたり、昨今の時流を知ることが出来てとても参考になりました。
将来的にはカーボンかクロモリで、ディスクブレーキで…とか、気に入った色が出たら買おうかなぁ~などと妄想が捗っています。
Commented by cyclotourist at 2016-02-15 23:49
トシ様
コメント&お読みいただき
ありがとうございます!
故きを温ね新しきを知ると言いますが、
新しきは新しいモノに触れないと
わかりません(笑)。
自分は新車を決めましたよ!
Commented by YUKI(某隊長) at 2016-02-17 02:01 x
ムック本買いました!とても読み応えがあって面白いです。自分も今のフレームが5年目?なのでそろそろ次を…とか考えたくなりますね。今のところこれが欲しい!というモデルもないので、本を見てあれこれ想像する毎日です。新車のお披露目楽しみにしております~。
Commented by cyclotourist at 2016-02-17 08:01
隊長様
コメントありがとうございます。
ご購読感謝です!
自転車は選んでるときも
楽しいものですよね。隊長ご愛用の
リドレーは、最新モデルも評判がいいですね。
Commented by bakky at 2016-02-18 11:29 x
昨年、新しいフレームを買ってしまったので、この本を買って欲しいモデルが出てくるとしんどいです、目の毒です。

最近は自分の所有自転車に満足していることもあり、この手の本はご無沙汰なのですが、是非手にとって読んでみたいですね。
Commented by はじ~ at 2016-02-18 21:03 x
一昨年、昨年から新しいロードバイクが欲しいと思っていたので、この本を買いました。
ジャンルが分かれているもののブルベ+ディスクブレーキな完成フレームが思いのほか増えている印象です。
が、いいと思ったフレームを見ると欲しい部分にフェンダー取り付けダボがなかったりするので、やはりオーダーかなあ、と思いなおしてます。
Commented by cyclotourist at 2016-02-19 07:57
bakky様
コメントありがとうございます。
自転車と畳と○○は新しいほうがイイ、
のかもしれません(汗)。
僕も自分の自転車に満足してますが、
たまに新しいモデルに触れるのは
新鮮でした。

はじ~様
コメントありがとうございます。
ディスクでダボ付きでブルベ向きな完成車は
パナのORCD03でしょうか。
ディスクのオーダー車は自分も
検討しましたが(以前は持ってましたし)、
諸事情で保留中です。
ちゃんとマッドガードを付けたいとなると、
なかなか市販の完成車では
難しいですね。
Commented by つるた at 2016-02-19 13:02 x
拝読しました。今回も読み応えある一冊で、感服致しました。
従来のレビュー本って次々わたされるわんこそばから一杯選べ!って迫られてるようなイメージがありましたが、この本はコンシェルジュの皆さんの温かみが感じられてがいいですね。ダブってるモデルは「何が惹きつけるんだろう」と特に熱心に読みました。
個人的にはいまマキノさんのクロモリをオーダーしているので、ビルダー紹介コーナーが嬉しかったです。欲を言えばハンドメイドもコンシェルジュの批評があればよかったなあと思いましたが、全員分作らないと公平な評価ができないので、現実的には難しいのでしょうね。
Commented by cyclotourist at 2016-02-20 22:48
つるた様
コメントありがとうございます。
わんこそば……面白いたとえですね〜。
マキノ号の完成、楽しみですね。
オーダー車は、オーダー主の希望次第で
すべての性能を変えることができるので、
第三者による評価は難しいですよね。
それが魅力でもあると思います。
Commented by rindo-express at 2016-02-28 13:43
早速買いました!
ようやく日本の大手自転車雑誌もレース一辺倒から、こういった視野の広い記事を扱ってくれるようになったか と感慨もひとしおですね^^*
この調子でブルベやロングライドにも、もっと目が向けられるとうれしいです。
Commented by cyclotourist at 2016-02-28 21:16
rindo-express様
コメントありがとうございます。
レースの魅力はもちろん大きいわけですが、
実際にレーサーな方は少ないわけで、
自転車選びも実際に即した
視点が必要かなと感じている今日この頃です。
たまに、ロードバイクはF1に
例えられますが、フツーの人には
フォーミュラーカーより屋根のある
乗用車が便利ですからね、たぶん。
各社のロードバイクも、実質的には
ツーリング車といえるモデルが
多くなっていると感じました。
<< 【フィギュア作り】島田愛里寿 その1 【フィギュア作り】クラーラ その5 >>