ブログトップ

シクロツーリスト&ランドヌールときどき模型の製作日記

cyclo.exblog.jp

【フィギュア作り】防衛少女 その3

こんにちは、田村です。

今年のお正月は短い印象でした。
4日から仕事始めだった方も多いようですね。
自分も原稿書きがあったりして、
あまり休んだ気がしません。
もっとも、元旦から大洗へ走ったりして
楽しんでましたが(汗)。

劇場版ガルパンのCMで、「大洗に帰ろう!」という
フレーズがあるのですが、それを聞くたびに
「うんうん、僕も帰りたい」と思ってしまいます。
だんだん、「行く」というより「帰る」場所になりつつあります(笑)。
さて……
d0211129_1823288.jpg
だいぶ前から作っていた吉備桃恵さん。
自衛隊岡山地方協力本部の公式キャラクターです。
11月には写真くらいのカタチになっていたのですが、
ホビーラウンド出展用のブツを
優先していたので、半ば放置状態でした。
d0211129_1844959.jpg
ホビーラウンドで買ってきた
ハイグレードなガレージキットを参考にして、
作業をぼちぼち進めていきます。
d0211129_1854344.jpg
顔パーツは表情が豊かで
たいへん勉強になります。
塗装してある完成フィギュアだと、意外と
カタチそのものが分かりづらいのですが、
キットだとよくわかります。

まあまあイイかと思っていた、
自作中の吉備桃恵さんですが、
こう比べてしまうと、あまりに残念なデキであることに
遅まきながら気づいてしまいます。
特に、口元の造形は、真姫ちゃんのほうは
とても表情が豊かです。
d0211129_1883254.jpg
髪の分割もすごいです。
d0211129_189285.jpg
接合精度もすばらしい。
ダボもしっかりしていて、
プラモデル感覚で組み上がります。
このあたりは、シロートがおいそれと
真似ができないレベルです。
d0211129_18104094.jpg
せっせと改修します。
d0211129_18111522.jpg
顔と同じくらい、下半身も
たいへん参考になります。
見えにくい部分の作り込みもすばらしいです。
どこが参考になるとか具体的にいうのも
気まずいエリアですが(汗)。
足の肉付きも変化に富んでいて、人体を
ちゃんと再現してることに驚きます。
今回の吉備桃恵さんは、艦娘や剣士さんと違って
素足がすらっと伸びているので、
真姫ちゃんを手本にして修正を加えます。
このように参考にするだけでも、真姫ちゃんを
買った甲斐が十分にありました。
d0211129_18154122.jpg
イラストではよくわからない
インターカムをでっちあげます。
d0211129_18162284.jpg
帽子と襟には徽章があるので、
それっぽくデッチあげます。
ルーペで見るとヒドいできですが、
もはや肉眼ではよくわからないので、ヨシとします。
d0211129_1817335.jpg
足もだいぶ表情がついてきた……
と思うことにします。
太ももに段差がありますが、これは
タイトスカートが密着してるように見せるための
彫り込みです。
もうちょっとパンツを作り込んだほうが
健全な男子としては真摯な態度のように思えますが、
完成すると見えなくなりますし、
これは頒布する予定もないので、手を抜きます。
d0211129_18214713.jpg
市販のプラパーツを使って
ジャケットのボタンを再現します。
これでひとまず完成でございます。
d0211129_18223947.jpg
腰が入った独特の立ちポーズです。
この姿勢が当初は立体として理解できず、
試行錯誤を重ねることになったのですが……。

ちなみに、吉備桃恵さんの原画は
島田フミカネ氏です。
ガルパンのキャラ原案も同氏ですから、
やっぱり通じるモノが多いなと思います。
吉備桃恵さんを作ったモチベーションのひとつは、
いつかガルパンのキャラを作るために、
経験値を獲得することだったりします。
そういう意味では、吉備桃恵さんは
たいへんよいモチーフでした。
d0211129_18273437.jpg
ぐっと胸を反らした分、
後ろ姿がやや不自然になってしまった印象もあります。
イラストで描かれてない角度を作るのは
難しいですね……。
d0211129_1829358.jpg
帽子の構造もよくわからず、テキトー。
本物を見たかったところです。
d0211129_18301615.jpg
なにはともあれ、カタチになりました。
そこそこ似てると思いますが、
どうなんでしょうね……。
ちなみに、いつもは娘が出来映えを辛口批評するのですが、
「誰これ? 興味ない」と無視。
アニメにもゲームにも出てきませんからね……。

折りをみて、複製してレジンに置き換えたら、
塗装して本当に完成させたいと思います。

さて、ガルパンは誰を作りましょうか。
やっぱり島田愛里寿ちゃんかなあ……。
継続高校のミカもいいし、あえて私服のお姉ちゃんとか……
魅力的なキャラばかりで迷います。
センチュリオンMKIのプラモデルが出たら、
もしくはBT-42が手に入るようになったら、
1/35のフィギュアにも再挑戦したいものです。

こんなことを考えてる時が、いちばん楽しいですね。

追記
写真で見ると、左側の腰のラインがヘンなことと、
肩章(が付くとこ)を忘れていたのを発見……。
d0211129_12381092.jpg
パテを盛り足します。
d0211129_12383364.jpg
直しました。
特に変わらない(汗)。
by cyclotourist | 2016-01-10 18:45 | ひまつぶし | Comments(4)
Commented by ミウラSV at 2016-01-11 10:30 x
ますますフィギュア製作にも磨きがかかってきたいるように思います。
スカートの裾と太腿の密着の表現とか、見えないところへの気配り、こういったところが全体の完成度を高めるのかなと。なんか自転車の組上げとも共通するものがあるような、無いような?・・・、ありますね!(笑
Commented by cyclotourist at 2016-01-11 12:52
ミウラSV様
コメントありがとうございます。
自転車の組み立ては、ヘタだと
旅が台無しになったり、事故の原因に
なるのが怖いですが、
フィギュア作りは、ヘタでも
かまわないので、その点は気が楽です(汗)。
Commented by 真り姫ち at 2016-01-11 21:11 x
ヴェェッ!?
ちょっとあなた!
お手本に使っただけで私を作ってくれないつもりなの?
イミワカラナイんだけれど。
ねぇ、にこちゃんもこのヒトに何か言ってよ!
Commented by cyclotourist at 2016-01-12 06:06
真り姫ち様
つくるってばあ〜。
めんどくさい人ね!

……今年もよろしくお願いします。
<< 【フィギュア作り】クラーラ その1 大洗初日の出ラン >>