ブログトップ

シクロツーリスト&ランドヌールときどき模型の製作日記

cyclo.exblog.jp

【フィギュア作り】防衛少女

こんにちは、田村です。

ひさしぶりにブルベに出たりして、
健在を無理矢理アピールしている自分ですが、
フィギュア作りを怠ってるわけじゃあ
ありませんよ。
なんの自慢にもなりませんが……。
d0211129_0163244.jpg
懸案だった、1/35の
ちびフィギュアのほうも、
おりをみて進めてはいたのです。
けっきょく、髪を作り直したり……。
d0211129_018638.jpg
「リボンの武者」たる
アイデンティのリボンとか、
がんばって作ってはいたのです。
d0211129_019514.jpg
だから、いちおうカタチには
なったのですが……
我ながら、ショボいです(泣)。
先達の作品や、市販の1/35スケールフィギュアを
電脳空間で目の当たりにしているだけに、
達成感よりも、未到達感が強く……作り直したい。
特に服。

この気持ちって、模型作り的には
たいへんよくない傾向だと思うのです。
上も下も見ず、自分が作ったもので
達成感を得るのが理想だと思いますし、
サイクリングではその域に達してるつもりなのですが
(それこそ、比べてもしょうがないですが)
なんだかフィギュア作りでは、
理想としてる出来映えと、
自分の力量の差を感じてしまうことが多くて……。
d0211129_024292.jpg
いいんです、戦車の添え物なんですから!
と、思い込むためにも、
本来の主役たる、九七式軽装甲車の
プラモデル作りを進めることに。
d0211129_026133.jpg
ランナーに付いてる突起を
切り取ってリベットを再現するとか……
d0211129_0265379.jpg
エッチングパーツとか……
なにこれ? ちょっと最近の
戦車プラモって、こんなレベル高いの!?
出戻りモデラーには難しすぎます(泣)。
はっきりいって、フィギュアの自作より
技量が必要なんじゃないかと……。
このキットはファインモールド社の
ガルパン仕様キットなのですが、これって、
アニメやマンガに惚れた勢いで
買った人(ワタクシです)には
難しすぎませんか〜。

フィギュア作りがうまくいかないことの、
ストレスみたいなモンの解消になるかと
思った戦車キット作りですが、
ますます意気消沈……うーん。
d0211129_033508.jpg
気を取り直して、
アイズたんの
よろいなどを仕上げます。
これまでは、せいぜい400番のペーパーで
お茶を濁していたのですが、
よろいなどは、最終的に半光沢で塗装したいので、
少しは表面仕上げにこだわり、
1000番をかけてみました。
しかし、こうした作業も、楽しくは
ないんですよ……。
複製した後に磨けばいいや、とか、
どうせ仕上がりに大した影響は
ないんじゃないか……とか考えちゃって。

「神は細部に宿る」といいますから、
本当は大切な工程だと思います。
本業でいえば、校正です。
ああ、それも苦手だ……(汗)。
それじゃあダメなんですけどね。
d0211129_0384985.jpg
アイズたんの、眉など、
省略していた箇所を再現します。
これも、塗装だけでも十分に再現できると
思われますが、まあ、凹凸があったほうが
塗装の時に目安になりますからね……。

どうもなんというか、
模型というのは、細かな作業が本質的な
趣味だと思うのですが、
自分は細かな作業が苦手みたいです。
それって致命的な気もするのですが(汗)。

そんな時、護衛艦「いずも」で見かけた
女の子イラストを思い出したりして、
なんとはなしにネットサーフィン(なんか懐かしい?)
したりしてると、すてきなキャラを見つけてしまいました。
d0211129_201596.gif
岡山地方協力本部
イメージキャラクターです。
なんと、島田フミカネ氏のイラストです。

自衛隊の地方協力本部というのは、
自衛官の募集や広報をされている組織です。
いまを去ること二十年前、いちどだけ
「お兄さん、いいカラダしてるね」と、
池袋の駅前で声をかけられたことがあります。
いや、自分はまったく貧弱ですから〜と
逃げちゃったんですが、
そのとき、真摯に応えていれば、
自分にもちがった人生が待っていたかもしれません……。

そんな全国の地方協力本部には、
いまや、それぞれにキャラがいるんですね。
なかでも、岡山の防衛少女三人組みは
珠玉です。なんと、PVまであったりして。

島田フミカネ氏といえば、
ガルパンやストライクウイッチーズで
超有名な、神のようなお方。
「艦これ」の大鳳やビスマルクも、
氏のイラストですね。

思い起こせば一年半前、
自分がはじめて作ったフィギュアが、
「艦これ」の大鳳でした。
それと、岡山地本の陸自娘「吉備桃恵」さんは
ポーズが似ています。

大鳳を作った時は、そのポーズを
自分のなかで咀嚼できず、たんに
突っ立てるようなカタチにしかできませんでした。
あれから幾星霜、というか二年弱、
いまなら、もう少しうまく、イラストの
かっこいいポーズを再現できるのでは……。

あと、細かい作業にあきてるので、
ダイナミックにパテをつかう
フィギュアの初期工程を味わいたいんです。
あの、無からカタチを作り出す、
快感をもう一度……
d0211129_123741.jpg
ほぼ1/8くらいで作ることに。
あんまり小さいのは、やっぱムリ。
イラストから、適当な平面図を起こします。
d0211129_143046.jpg
いわゆる素体の各部を
パテで用意します。
この段階で、ウェーブの軽量パテ(60g)を
半分くらいつかいます。
修正作業だと、まめつぶみたいな量を
ちまちま使うのですが、
どかっとパテを使える初期工程は、
それだけで胸がスカッとします。
d0211129_165114.jpg
適当な図にあわせて、
各部をアルミ線でつないでいきます。
d0211129_173147.jpg
あっという間に直立。
はっきり言って、最終工程に至った
アイズたんの髪ひと房、よろいひとつの修正にかける
時間よりも、早くできます。
ああ、気持ちいい。
d0211129_194516.jpg
ポーズをつけて、
各部品の間にパテを
ねじこんで固定します。
これも胸が清々しくなる工程です。
この段階のポーズ付けが、
戦局を大きく左右します。
重心、ひねり、傾き、方向……。
d0211129_1115235.jpg
各部にパテを盛り足しつつ、
削りつつ。どんどんカタチが変わるので、
このあたりも気持ちよい作業が続きます。
d0211129_1134217.jpg
だんだん、ヒトっぽくなってきます。
ぼちぼち、最終的な外皮となる
制服の造作も気になり出します。
もちろん、イラストに忠実に作ればよい、
というか、作ることができればよいのですが、
こういう現実に存在するアイテムは、
資料にあたれば情報量を増やすことができます。
陸自の制服……。
d0211129_1163747.jpg
埼玉県は朝霞にある、
陸上自衛隊広報センターへ。
d0211129_117634.jpg
自宅から10kmほどなので、
自転車で気軽に訪ねることができます。
ルックで行く必要もないのですが、
先のブルベから帰宅後、そのまま
玄関に置いていたので(汗)。
d0211129_118394.jpg
館内の主役は、
九〇式戦車とAH-1Sです。
d0211129_1192219.jpg
屋外には、七四式や一〇式も。
なんども訪れている広報センターですが、
やっぱり戦車はカッコいいなと思います。
d0211129_1203954.jpg
カメラかセンサーか、窓っぽい
造作が多い一〇式。
あと、妙に「コ」の字のフックが多いですね。
どう使うのか気になるところですが……
肝心の制服は、迷彩服とか戦闘服ばかりで、
OLスーツっぽい(?)女性隊員用平服の展示はなし。
展示室にいらっしゃった、案内係の自衛官さんの
おめしものがソレっぽかったのですが、
さすがに「フィギュア作るんで写真撮らせてください」
とか、言える勇気もなく……そもそも、
そんな理由で、神聖な職種を勤める
公務員の方に迷惑をかけるわけにもいきますまい。
d0211129_1253879.jpg
装備品に目が向きがちですが、
陸自の歴史を紹介する
展示も充実しております。
d0211129_1264195.jpg
売店で、ちびフィギュアを購入。
自分のフィギュアは18cmくらいになりそうですが、
この10cmに満たない小さいフィギュア以上の
精密感は出せないでしょうから(泣)、
もうこれで資料的にも十分かと。
d0211129_132589.jpg
スカートを作るために、
パテを伸ばします。
均一に1mm厚とするために、
同サイズのプラ棒をガイドとします。
d0211129_1334736.jpg
巻きました。
d0211129_134846.jpg
並行的に、顔と髪も手をつけてます。
電脳空間でいただいたアドバイスで、
なるべくパテの盛りで、すなわち硬化までの
時間を利用して柔軟に整形するほうが
よいと知るに至ったのですが、
実際はうまくいきません……。

「響け! ユーフォニアム」で、久美子ちゃんが、
至る目標はわかってんだけど、
そこにたどり着けないというもどかしさを
泣きながら語りまくってましたが、
まさにそんな感じです。
吹奏楽で全国大会をめざす、という
アニメです。念のため(汗)。

「うまくなりたい、うまくなりたい」と、
久美子ちゃんは心の中で絶叫してました。
まさに、ミートゥーです。
キモかろうとなんだろうと、
あらゆる次元とジャンルを越えて共感したワタクシです。
d0211129_1415796.jpg
かなりヘンですが、
二日目にはここまでカタチに。
だから、フィギュア作りの初期段階は本当に
進捗がめざましくて、おもしろいんです。
d0211129_1432253.jpg
なにをしてるかというと、
スカートと太ももの段差を減らすために、
太ももを彫り込みつつ、スカートの内側に
パテを盛り足している状況です。
なるべくなら、タイトスカートっぽく
したいですからね……ここまできて、
実は意外とセクシーなフィギュアになるかもしれん、
と、あらぬモチベーションを高めた
段階でもありました。
d0211129_1455083.jpg
前髪は、いつもながら
一発ではうまくいきません。
開き直って、いったん盛った房を
切り分けて、切り貼りして様子を見ます。
盛りとヘラで形作ることが理想だと思いつつ、
それができない自分は、
匍匐前進のようにジワジワ進むのです。
d0211129_1484955.jpg
上着側のすそを作っています。
この前に、腰で分割してます。
ウエストラインなど、イラストに近づけるよう、
さらにパテを盛ることにします。
ちゃんと人体の肉付きを再現しようとするほど、
イラストにも近づいていきます。
さすがです。
d0211129_1515010.jpg
三日目の状態です。
試行錯誤は続きそうですが、
なんとか、近未来的に
完成させたいものです。

首尾よく完成して、
それなりにヒトサマに見せれる仕上がりに
なったと思えれば、
岡山地本さまに送りつけたいなと思ってます。
もちろん、
「いらなければ捨ててください」
と、メッセージを添えて(汗)。
by cyclotourist | 2015-10-31 02:20 | ひまつぶし | Comments(6)
Commented by ミウラSV at 2015-10-31 07:12 x
また新しいモデルが見つかったのですね。自衛隊系とは、そのうち護衛艦や戦車、機体にもメンタルモデル・・・、イメージキャラクターができたりすると嬉しいかも。
そうそうやはり小さく作るのは難しいですよね~。
またまた完成を楽しみにしてます。
Commented by cyclotourist at 2015-11-02 16:24
ミウラSV様
コメントありがとうございます。
アイズたんが完成してないので、
他のコに手を出してる
場合じゃないのですが(汗)。
航空自衛隊は、わりと前から
機体に女の子を描いたりしてる
みたいです。メカと萌えは
相性が抜群なんですね〜。
Commented by 腹ペコ山男 at 2015-11-02 18:17 x
こちらのアイテムも完成が楽しみです。また機会がありましたら塗らせてくださいまし。マキちゃんは年内には関西のイベントで展示をする予定です。その際は連絡しますね。
Commented by USED☆隊長 at 2015-11-02 19:38 x
自衛官キャラ!いいですね~!
リボンのテケ車は、実際ムズイです・・・根性あるのみッス!
Commented by まりきち at 2015-11-03 10:20 x
今や地本の数だけ萌えキャラかあるいはゆるキャラがいる時代ですからね。
明るい開かれた自衛隊をアピール……というより自分たちが楽しいからやっているだけという感じもしますが……

陸海空3人娘が揃うのを楽しみにしています
(えっ?だれも3人共作るとは言っていないって?)

10式戦車のあのフックはネットやゴムバンドを掛けて草木をくっつけるカモフラージュ用の物で、その数実に220個以上もあります。
プラモであれを再現して……死にました。

Commented by cyclotourist at 2015-11-04 11:46
腹ペコ山男様
コメントありがとうございます。
マキちゃんを拝見できる日を
楽しみにしております!

USED☆隊長様
コメントありがとうございます。
テケ、やっぱり難しいですよね。
貴ホームページを拝見しては、
すげえなあと、ため息をついております。

まりきち様
コメントありがとうございます。
さ、さすがに三人は(汗)。
海か空は、まりきちさん作りませんか?
フック、そんなにたくさんあるんですね。
プラモはもちろん、実車でも
作るのが大変そうですね……。
<< 第一次大洗ラン ひさびさのブルベ BRM102... >>