ブログトップ

シクロツーリスト&ランドヌールときどき模型の製作日記

cyclo.exblog.jp

【フィギュア作り】ワンフェス終わりました!

こんにちは、田村です。

仕事と家庭の大部分を放置して
取り組んで来たワンフェスへの参加が、
よ〜やく実現、終了いたしました。
開催の日曜日、当ブースに足を運んでいただいた
みなさまには、あらためてお礼申し上げます。

前回は今年の冬、2月開催でした。
同月の中旬からは大淀さんとマキちゃんを
作りはじめました。半年に一度のイベントは、
やっぱり半年間の準備が必要なのですね(?)

しかし、やはり計4体のフィギュア新造は
実力を越えた無謀な取り組みだったようで、
ワンフェス開催前の一週間は生ける屍のように……。
だいたい、原型と複製作業にめいっぱい時間を
かけてしまう(かかってしまう)ので、
本来は華であり、楽しみである
完成見本づくりが死の行軍のような
悲惨な状況になってしまうのです……。
d0211129_21522897.jpg
自分のフィギュアは、
各部品の勘合部がおざなりなので(汗)、
あらためて軸を打って接続する必要があります。
これを、4体プラス提出用1体の
計5つをこなすわけです。
d0211129_21533522.jpg
当然(?)各部品には
接合線や段差があるので、パテとヤスリで
しこしこと消していきます。
d0211129_21581372.jpg
レジンが回りきらなかった
欠損部もあるわけで……
d0211129_21585821.jpg
そうした場所には
レジン片・棒を瞬間接着剤で埋め込みます。
d0211129_220032.jpg
固まったら、整形。
レジンは瞬接で強力にくっつくので、
大きな欠けは、パテを使うよりも
レジン片を使ったほうが手っ取り早いです。
硬化も早いですしね。
というか、見本作りをはじめたのが
開催の一週間前なので、
もうすべては時間ありきの作業なのです。
趣味なのに、時間に追われて進めるのは
悲しいところですが、そんな締め切りがあるからこそ、
まがりなりにも完成するというものです。
d0211129_2252798.jpg
整形がだいたい終わったパーツ群。
5体分でいくつあったのか、もはや数えたくもなく(汗)。
d0211129_22711.jpg
サーフェイサーという下地塗料を吹きます。
d0211129_2272713.jpg
すると、素材色では見えなかった
キズが無数に見つかり、
また整形作業にゆきつもどりつ……。
d0211129_228850.jpg
肌色の部品は、素材色を活かした
「サフレス」塗装を施すため、
クリアーのサーフェイサーを吹きました。
もはやなにが「サフレス」なのかわかりませんが、
素材の透け感を活かしたクリアーっぽい肌色を
塗るためです。よって、細かいキズは無数に
残ったままなのですが、つや消し仕上げにする限り、
自分のような老眼入門者にはわかりゃしません(笑)。
d0211129_2211146.jpg
で、やっと本来の意味での
塗装に入る訳です。
画像データをみると、すでに火曜日……。
思い起こすだに冷や汗が出ますが、
このころから睡眠時間を削りはじめ、
そもそも仕事もほとんどしてないので(汗)
一日に15時間くらいはフィギュア作りに没頭。
もっとも、集中力が続かないので、
半分くらいの時間はアニメ見たり、タバコ吸ったり
してた気もしますが……。
d0211129_22135085.jpg
塗装でいちばん時間がかかるのが、
色を塗り分けるためのマスキングではないでしょうか。
エアブラシで塗ってるので、マスキング必須です。
テープを切って貼り、切って貼り、切って貼り……。
特に大淀さんは大変。永遠にマスキングしてるような幻覚が。
でもマスキング作業は、意外と好きだったりします。
塗装後、テープをはがした時に、ちゃんと
塗り分けられていると快感なのです。
失敗してると泣けますが。
d0211129_221781.jpg
ほとんど唯一の筆塗り箇所が、
瞳です。
これが自分には難しく、デキも悲しい状態。
瞳は決定的にフィギュアの印象を
決めてしまう箇所ですから、本来なら
何度でも試して、やりなおしたいところですが、
もうそんな時間は残されてなく、
やっつけ作業になってしまうのです(泣)。
結局、難しいマーク類の塗装は、失敗を恐れて
省略しちゃった箇所もあります……。
d0211129_22207100.jpg
瞳には、下地色に影響されず、
乾燥も早いアクリル絵の具を使ってます。
下地がラッカー塗料なので、エナメル塗料をつかえば
失敗しても洗い落とせるのですが、
サフレスだと結局は下地が汚れてしまうので、
ほとんど一発勝負。
今回も、ほとんど失敗といえる仕上がりで、
本来なら肌色から塗り直したいところですが、
妥協します。何ヶ月もかけて作ってきたフィギュアを、
最後の数日に追われて妥協の産物にしてしまうのは
残念なのですが、時間があればあったで
完成しないだけなので、悩ましいところです。
d0211129_2224597.jpg
各部品が塗り終わったら、
いよいよ組み立てです。
プラモデルと違って部品点数が
さほど多くないですし、合わせ目の修正とかは
なるべくいらないように分割してるので
組み立て自体はあっという間に完了します。
ほとんど半年に及んだフィギュア作りの
ラストシーンとも言える工程で、
ここは本当に楽しい作業です。
d0211129_22255288.jpg
ちなみに、組み立て後は
ほとんど見えなくなる、
おパンツなんかも一応は塗ってますよ(汗)。
d0211129_22263491.jpg
ようやく完成。
メガネとかアンテナは複製できないので
真鍮線で自作。キットして販売するのに、
自作を前提にした箇所があるのは
ど〜かとも思いますが、たいして難しい作業ではないので、
許されるはず、というか、許してください(涙)。
d0211129_22282185.jpg
完成見本ができたら、
遅まきながら複製品の箱詰めに入ります。
もちろん、開催前日、というか日付が変わって、
開催の数時間前まで、かかってしまいました。
5時間、4時間、3時間……と日を追うごとに
減ってきた睡眠時間は、開催当日に至って
ついに1時間になりました。ま、寝れただけいいか。
まるで追いつめられたブルベのようです(笑)。
d0211129_2231878.jpg
今回も、ワンフェスのお供は娘です。
二人してカートを転がし、会場の幕張に向かいます。
利用する駅は、すべてエレベーターがあるので
本当に助かります。
d0211129_22321825.jpg
娘に叩き起こしてもらったおかげで、
幕張メッセには8時半に到着。
開場は10時ですが、すでに入場者が長蛇の列。
その熱いモチベーションに頭が下がります。
この日は気温も高く、本当にたいへんだったと思います。
d0211129_2234038.jpg
受付を済まし、自分のコマに到着。
持参した書籍出荷用の段ボール箱を組み立て……
d0211129_22344497.jpg
白布を張って展示台とします。
本当は、こうした展示にこそ凝りたいとこですが、
毎度のことながら余裕なし。
d0211129_22353332.jpg
開場と同時に、広大な
幕張メッセが人並みでうまります。
この壮観さは、「世界最大の造形の祭典」と
いうにふさわしいと思います。
d0211129_22364231.jpg
自分のブースの前で
足を止めてくれる方も多く、
本当にうれしいです。しかも、今回は
刀剣男子を出展したおかげか、女性の方が
多く足を止めていただき、うれしさも倍増です(笑)。
しかし、刀剣乱舞の効果はてきめんのようで、
女性の来場者が非常に増えた気がします。
d0211129_22393745.jpg
自分が作った光忠さんのフィギュアを見つめる、
光忠さんのコスプレイヤー。なんともシュールな光景ですね。
ワンフェスはコスプレさんも非常に多いんです。
また、サイクリング仲間も多くの方が
足を運んでいただき、話が弾みました。
本当に感謝です。
d0211129_22421190.jpg
おまけのつもりで作った
刀剣男子のフィギュアが、まさかの完売。
しかも、お買い上げいただいたのはすべて女性。
未組み立て未塗装のキットですから、
失礼ながら「大丈夫ですか」と確認しつつ
お渡ししたのですが、みなさん、
「だいじょうぶです!」「がんばります〜」と
意気盛んで恐れ入りました。

一方で、前回は完売だった艦これフィギュア(衣笠さん)ですが、
今回の大淀さんは何個か残っちゃいました。
自分的には、前作よりもデキはいいと思ってたのですが、
どうなんでしょうね。艦娘があきられつつあるのか、
やはり軽巡の大淀さんよりは、重巡の衣笠さんが強いのか、
たんに自分がヘタなだけなのか……。
必ずしも、売れるためにフィギュア作りの対象を
選んでいる訳ではないのですが、売れ残ると
やっぱり悲しいですね。というか、作り過ぎだったかも。
刀剣男子は10体前後しか用意しませんでしたが、
大淀さんは30体近くも量産しちゃいましたから。
とはいえ、大淀さんは善戦してくれたほうで、
「紫電改のマキ」のマキちゃんは、
買ってもらった数より、持ち帰った数のほうが
はるかに多かったという(泣)。
まあ仕方ないですね。なにはともあれ、
出展料とか材料費とか、出ていった金額よりは
たくさんの売り上げをいただくことができましたので、
ほっとしつつ感謝でございます。

今回も娘との店番でしたが、やはり小学生を
長時間放置する訳にもいかず、他のブースを
ほとんど見ることができなかったのが
たいへんに心残りでした。次回、
自分は出展せず、来場者として心行くまで
見て回りたいなとも思いますが、
どうなんでしょうね。出展という体験はやっぱり
非日常的なので、次回も出たいなとも思いますし、
悩ましいところです。

なにはともあれ、4体も新造するとか、
もう止めようと思います(笑)。
根が浮気性なのか、ついついいろんなものを
作りたくなってしまうのですが、
その全労力を唯一体に注ぎ込んで、
渾身のデキをめざしたいなと思いました。
そんなにデキは変わらない気もしますが……。

というよりもむしろ、
ひさびさに思いっきりサイクリングしたいですね。
そもそも、ちゃんと仕事しろという話ですが(汗)。
by cyclotourist | 2015-07-27 23:05 | ひまつぶし | Comments(3)
Commented by まりきち at 2015-07-28 10:41 x
こんにちは。
ワンフェスディーラー参加お疲れ様でした。

ぼくはこのくっそ暑い中会場前から長時間並んでまで大手ディーラーの作品を買うわけでもなく、目下緊縮政策施政中でメーカーの限定グッズなども購入を控えているので昼過ぎの入場列が無くなったあたりにゆっくりいってご挨拶がてらぶらりと回ってみようかな~と考えていました。
でもぼくは報道関連で仕事をしているので、あの調布で小型機が市街地に墜落炎上の速報を昼前に聞き急遽出勤となってしまいました。
もうワンフェスの神様に来るなと阻まれているようにしか思えません(涙)

フュギュアを自作、ましてや複製までやった経験は無いのですがさすがに半年に4体はとんでもないことなんだろうなとはわかります。
それを仕事としているならともかく。
でも、そういったお祭りは終わった直後は”もうやんねーっ”と思っていてもしばらくするとまたやりたくなるもんなんですよ、きっと。
Commented by ミウラSV at 2015-07-28 20:29 x
お疲れ様でした!
ほとんど完徹状態だったんですね。しかも会場も暑かったし、帰宅後はゆっくり休めましたでしょうか。

娘たちも喜んでおりまして、お友達の方もお兄さんがモデラー系のようで何とか組めそうとのことでした。

初めて会場に行きましたが、見て回るだけでも楽しいですね。
文末になりましたが、当日はありがとうございました。
Commented by cyclotourist at 2015-07-28 23:07
まりきち様
コメントありがとうございます。
報道系のお仕事だったんですね。
事件があると、本当にたいへんみたいですね。
勝手にゲームかアニメ系かと
妄想してました(汗)。
次のイベントでは、
お会いできることを楽しみにしてます。

ミウラSV様
コメントありがとうございます。
あの猛暑の中、足を運んでいただき
本当にありがとうございました。
お土産までいただいてしまい、恐縮です。
自分が食べる間もなく、妻子が
食べ尽くしました(笑)。
刀剣男子、完成させるのが
難しいようでしたら、ご連絡ください。
自分でよければ仕上げますので。
あらためて、お越しいただき
ありがとうございました。
<< サイクリングの準備 【フィギュア作り】ワンフェス目前です >>