ブログトップ

シクロツーリスト&ランドヌールときどき模型の製作日記

cyclo.exblog.jp

【フィギュア作り】複製覚え書き

こんにちは、田村です。

今年の梅雨はよく雨が降りますね。
サイクリング的にはもどかしいですが、
涼しい分、部屋にこもっての
模型趣味には悪くないですね。
湿度が高い日は、塗装には向かないのですが、
いまは複製作業の真っ最中なので、
あんまり問題ないのです。

フィギュア作り、特にワンフェスとか
イベントに出るようになると、欠かせない工程が
複製作業です。
ひとつだけ作ったフィギュアを、
シリコンゴムで型取りして、レジンキャストを
注ぎ込んで量産するのです。

しかし、この複製作業、自分の場合は
半年に一度のワンフェスの前しか、やる機会がありません。
そのワンフェスも次回でまだ三度目の参加なので、
複製スキルがなかなか向上しません。
というか、半年に一度しかしないので、
前回の教訓とか反省とか忘れちゃうんですよね(汗)。

そこで、自分のための備忘録として、
今回の大淀さん複製工程を記しておきます。
サイクリング仲間からは、「複製ってナニ?」と
聞かれることもあるので、ご興味ある方は
ご覧下さいませ。
d0211129_1935618.jpg
苦節数ヶ月、なんとか
カタチになった大淀さんの部品です。
けっきょく50点以上になり、
5つくらいの型に分けることにしました。
作業スペースや効率的に、
ひとつの型をあんまり大きくできないのです。
d0211129_1951719.jpg
まず、油粘土を平らに伸ばします。
A4の雑誌(CSとかBCとか…)を台にすると、
移動させる時に便利です。
伸ばすには擂り粉木棒を使います。
去年、台所からかっぱらって使ったら
ひどく怒られたので、粘土用に買いました。
ちなみに、粘土は去年から使ってるもので、
そのままだと固いです。ですので、
レンジで40秒くらいあっためると、
伸ばしやすくなって楽になりました。もちろん、
粘土をレンジに入れるとか、やばい気もしますので、
自己責任ですよ。
d0211129_1981434.jpg
油粘土に部品を埋めていきます。
この配置とか、レジン樹脂の流れ口を
どう通らせるかとかが重要です。
あと、四辺に余裕を持たせるのも大事ですね。
今回も、少しケチッたせいで、あとの複製作業で
型がやぶれそうになったりして苦戦中です(汗)。
色付きのブロックは、シリコンゴムを流す際の
壁になるのです。
d0211129_1917313.jpg
髪とか、うねった形の部品は、
埋めるのがけっこう大変。最大幅のところで
埋めないと、型から外せなくなります。
ですので、埋め方はもちろん、部品自体の
作り方や分割状態が大切なんですね。難しいっす。
d0211129_1910051.jpg
粘土に埋め終わり、
シリコンゴムを流す準備ができた状態。
レジンの流し口はもちろん、各部品から空気を抜くための
通路も、針金などを埋めて設けておきます。
この通路(ゲート)は、型ができたあとに
カッターや彫刻刀で切り開くことも可能ですが、
型を作る段階で、設けておいたほうが
レジンが流れやすい型が作れると思います。
d0211129_1912190.jpg
シリコンゴムに硬化剤を入れ、
粘土埋め+ブロック壁に流し込みます。
これで型の片面ができるわけです。
このA4より一回り小さいくらいの型で、
片面に500gくらいのシリコンが入っちゃいます。
使ってるシリコンは、1kgで3000円以上するので、
全体では、けっこうな出費です。
しかも、自分が買ってるシリコンは、
NET 1kgと書いてあるものの、実質は
700〜800gしか入ってないのが悲しいところ……。
だから型の余白を小さくして節約したいのですが、
そうすると注型時にトラブルを起こすので、
悩ましいのです。
d0211129_19193047.jpg
8時間くらいでシリコンが固まります。
そしたら、ひっくり返して粘土をはがします。
d0211129_1920475.jpg
粘土と部品の隙間から、
シリコンゴムが裏にも回っちゃってます。
そのあたりはカッターでちまちま切り取ります。
d0211129_1921996.jpg
もう片面(粘土があった側)にも
シリコンゴムを流すために、離型剤を塗ります。
これを忘れると、両面のシリコンゴムが一体化してしまい、
原型を包み込んだゴミになってしまいます。
離型剤、自分はGSIクレオスのシリコンバリアという
製品を使ってます。
一度、スプレー式の離型剤を使ったら、
うまく離れずに悲しい思いをしたので、
面倒でも筆でぺたぺたしっかり塗ることにしてます。
d0211129_19243198.jpg
粘土があった側にも
ブロックを継ぎ足し、シリコンゴムを流します。
大淀さんだけで5つの型が必要になるので、
複数の型を並行して進めてます。
ただ、粘土とかブロックの数にも限りがあるので、
せいぜい3つくらいの並行作業が限度。
あと、最後のひとつの型は、ほかの型ができて
試し抜きをするまで、作らないでおきます。
過去の教訓でそうしてます。
なぜなら、他の型で上手く抜けなかったり、
失敗率が高い部品を、最後の型に
いま一度入れこむためです。
d0211129_1928996.jpg
シリコンゴムが硬化したら、はがします。
無事に離型剤が効いてると、いつもホッとします。
d0211129_19285064.jpg
原型を外したら、
注ぎ口などを切り欠きます。
d0211129_19292256.jpg
レジンの入り口と、空気の抜け道も、
切り欠いていきます。
d0211129_19295986.jpg
ひととおりゲート類を切り開いたら、
スプレータイプの離型剤を吹いておきます。
しかし、この後でレジンを流すと、
思った以上に型にレジンが癒着して苦労することに……。
前回はすんなり型から外れたような部品も、
今回は妙に外れづらく、苦労してます。
結局、筆塗りの離型剤も使用中です。
d0211129_19315941.jpg
話が前後しますが、
離型剤スプレーを吹いたら、
ベビーパウダーを軽くまぶしてから、
はたき落としておきます。こうすると、わずかに残った
ベビーパウダーのおかげで表面張力が薄れ、
レジンが凹部にもよく流れるとか。
ものの本に書いてあったのですが、
パウダーなしでも、たいていの場合は
大丈夫なような気がします。今回は。
d0211129_19333438.jpg
型の大きさに切った
ベニヤ板を用意し、
それで型を挟んで、ゴムバンドで固定します。
この固定方法にはいろいろあるみたいですが、
自分は板挟み式に落ち着きました。
板に、部品の内容やレジンの必要量などを
書くことができたりして、意外と便利。
ただ、この板の切断面や角を丸くしておかないと、
手を傷めるので注意が必要かと思います。
d0211129_1936647.jpg
流し込むレジンキャスト。
これが「製品」の素材となるわけです。
A、B量液を混ぜると、数分で
硬化が始まるのです。
d0211129_19365819.jpg
型に流し込みます。
床にこぼしたりすると大変。
といいつつ、今回もこぼしまくり(汗)。
d0211129_19373380.jpg
湯口からドボドボながすと、
空気抜きの穴にも上がってきます。
レジンが型に回ってる証拠なので、
このプクプクを見ると、ほっとするのです。
d0211129_2013928.jpg
レジンが固まったら、
型を開きます。
レジンは数分で白く固まり始めるのですが、
完全硬化まではそれなりに時間がかかります。
艦娘は細かい部品が多いので、
念のため1時間くらい放置してから
開くようにしてます。
d0211129_2034691.jpg
取り出した複製品です。
バリが多いですが、まあ問題ありません。
欠けた場所には空気抜きを追加するなどして、
改善を計ります。しかし、指とか帯状の部品の先端とか、
どうしても欠けちゃうところはありますね……。
d0211129_205893.jpg
一体分そろったら、
ゲートから切って一通り確認。
複製の一、二回目の部品は欠けが多いので、
完成見本用(自分用)として利用します。

そんなわけで、7月26日のワンフェス目指して、
せっせと複製に励んでいる今日この頃です。
型が壊れるか、モチベーションが保てるか、
そもそも間に合うか、いろいろと心配事が
多い今日この頃。
原型はもちろん、複製も上達したいです。

こんな引きこもり作業を続けていると、
ふつふつとサイクリングしたくなってきます。
自転車趣味と模型趣味が、
相互に心を補完してくれるのかもしれませんね。
by cyclotourist | 2015-07-10 20:15 | ひまつぶし | Comments(7)
Commented by   at 2015-07-13 11:40 x
シリコンは比重1.2くらいなので1kgが800cc弱になるのは正しいですぞ、もし800グラムなら詐欺でござる
Commented by cyclotourist at 2015-07-14 16:00
重量で計ってるのですが、少ない感じがしますね。
Commented by まりきち at 2015-07-17 17:58 x
作業おつかれさまです。
過去、小説「宇宙の戦士」に登場するパワードスーツのガレージキットをマニア向け模型店で買った時には、なんでこんなに小さい物がこのような値段になっちゃうんだろう…と思っていた時期もありましたが、改めてこうして複製現場を見てみると、あまりにも手間暇がかかっており、高価になってしまうのも納得ですよ。
それにカタパルトみたいな物でも結構綺麗に抜けるんですね。
昔はそういったものはムク状態で塗装で誤魔化すか、自分で繰り抜いていくしかなかったので、素材技術の進歩も製作ノウハウの上昇も目を見張るものがありますね。
Commented by 腹ペコ山男 at 2015-07-18 08:27 x
こんにちは。複製はわたしはやったことがないので、参考になります。いよいよちかづいてきましたね。ディーラー名はなんという名前で出展されるのでしょうか?
Commented by cyclotourist at 2015-07-18 10:49
まりきち様
コメントありがとうございます。
趣味なので、手間はゼロ円としても、
シリコンやレジン代がけっこうかかるので、
材料費を回収するためには
それなりの価格になっちゃいますね。

腹ペコ山男様
コメントありがとうございます。
ディーラー名は「ひびき出版」で、
卓番号は5-26-05になりました。
1/48のマキちゃんは体を作り直しましたが、
それでも微妙なデキです。
腹ペコ山男さんのブログを見て
精進したいものです。
Commented by リナミキ at 2015-09-08 22:09 x
最近フィギュアの髪のレジン複製に挑戦しているんですが、なかなか上手く型取りができません。顔パーツと髪のパーツの段差が上手くうめれません。
ご助言いただけないでしょうか?
Commented by cyclotourist at 2015-09-10 14:41
リナミキ様
コメントありがとうございます。
自分も初心者なのでよくわかりませんが、
どんな段差なのでしょうか……。
複製後の整形が手間でも、
空気の抜け道をいっぱい設けるのが
成型不良を防ぐ近道かなと
感じております。
<< 【フィギュア作り】ワンフェス目前です 妄想ツーリング >>