ブログトップ

シクロツーリスト&ランドヌールときどき模型の製作日記

cyclo.exblog.jp

春の奥武蔵ラン

こんにちは、田村です。

ここのところ、天候が不順ですね。
初夏を思わせる暖かい日と
真冬に戻ったような寒い日が
入り乱れてます。季節の変わり目は、
なかなかサイクリングが予定どおり
できませんね。
そんな日々ですが、先の日曜日は
幸いにも好天に恵まれそうでしたので、
ひさしぶりに奥武蔵エリアへ出かけてまいりました。
d0211129_1412899.jpg
池袋駅から西武線の特急に乗り、
9時少し前に降り立ったのは横瀬駅です。
秩父の手前ですね。
d0211129_142878.jpg
山小屋風の横瀬駅。
集まったのは……
d0211129_1424245.jpg
奥武蔵マスターのT地氏(中央)と、
アニマルSさん(左)、健脚のYさん(右)です。
それぞれこだわりのツーリング車に
またがって、奥武蔵の峠群をめざします。
d0211129_145393.jpg
T地さん立案のコースだけに、
アップダウンばかりで
すばらしく入り組んだ行程です(笑)。
奥武蔵エリアは、グリーンラインを軸に
東から登る人が多いようですが、
今回は南側から登り、まるで右往左往するように
峠をなめていきます。
距離およそ70kmで獲得標高は2000mも。
だいじょうぶか、自分……。
d0211129_1481163.jpg
走り出すとすぐに、
満開の桜が迎えてくれました。
都内では先週に散ってしまった桜ですが、
秩父近郊ではまさに見頃でした。
d0211129_1491216.jpg
棚田ごしに武甲山を望みつつ、
徐々に標高を上げて行きます。
d0211129_1495333.jpg
時折、見事なしだれ桜が現れます。
d0211129_14103730.jpg
最初のピーク、大野峠でひと休み。
横瀬駅の売店で買った
おまんじゅうをほおばります。地元の銘菓
らしいですが、味はいたってフツー。
d0211129_14113253.jpg
白石峠に至ると、
大勢のロード乗りが。
このあたりでは、坂道練習の定番といえる
峠です。この日はロード乗りをたくさん見かけましたが、
彼ら・彼女たちが走るルートは決まっていて、
それを逸れるとまったく会いません。
このあたりが、練習系のサイクリストと、
新鮮な風景を探すツーリストとの
違いなんだろうなと思いました。
d0211129_1415245.jpg
ほどなくして定峰峠へ。
いったん稜線に登ってしまえば、
いくつもの峠を楽につなぐことができるのが
グリーンラインの魅力ですね。
サイクリストのほかオートバイの人も多く、
茶屋は大にぎわい。
d0211129_14162898.jpg
バイクラックも満杯。
茶屋でコーヒーをいただいてから
再スタートです。
d0211129_1418554.jpg
定峰峠を北へ向かうと、
東秩父村へ下り降りますが、
我らは分岐する林道に入り、
粥仁田峠方面へ登り返します。
d0211129_14191953.jpg
このあたりの集落は
どこも花をつける木々が多く、
思わずほっとする光景が待っています。
d0211129_14201878.jpg
下ったり登ったりを繰り返し……
d0211129_14204094.jpg
視界が広がる稜線に出ると、
もうすぐ秩父高原牧場です。
d0211129_14211069.jpg
食事どころや売店がある
秩父高原牧場。ここはクルマで
おとずれるフツーの(?)観光客が多いですね。
d0211129_14215261.jpg
おソバをいただきます。
さっぱりとのど越しが爽やかで、
たいへん美味でした。
d0211129_1423522.jpg
大きなソフトクリームを買って
ご満悦のT地氏。ツーリングを楽しむことに
おいては、他に類をみない天才というか、
永遠の少年のような兄貴です。
d0211129_14304090.jpg
まさに牧歌的な
広がりある風景をたっぷり満喫。
d0211129_14313151.jpg
少し戻ってから、
皆野へ豪快に下ります。
この道は本当に勾配が急で、
標高差300mがあっという間。この斜面には、
5月になると一面にポピーが咲くそうです。
d0211129_14335886.jpg
いったん下りきってから、
10%を越える急斜度の道で
粥仁田峠へ登り返します。風景は抜群ですが、
かなりシンドイ道のり。
自分のスポルティーフは、
インナー34Tでリアが最大29T。これで
たいていの峠は十分だったのですが、今回は
少々足りない感じ。コースの険しさに加え、
足掛け2年におよぶフィギュア作りの
影響を顕著に感じます(汗)。
d0211129_14352576.jpg
わずかですが砂利道もあります。
d0211129_14372796.jpg
ようやく粥仁田峠へ。
いやもうこれだけ登れば自分としては
お腹いっぱいです。
しかし、ここから再び麓へ下り、
別の峠をめざすのがT地氏プランニングの
真骨頂?
d0211129_14395483.jpg
いったん県道付近まで降りてから、
細い林道で二本木峠へ登り返し。
ここでは珍しく(?)トーエイの
ツーリング車に乗ったサイクリストに会いました。
我らはさらに北にある釜伏峠を攻略してから、
ふたたび皆野へ下り降ります。
d0211129_14413195.jpg
秩父鉄道です。
SLの汽笛が聞こえましたが、ほんのわずかで
見逃し、写真が撮れたのは電車でした(笑)。
で、あとは線路と平行する国道か県道を進めば
秩父の街へ帰り着くのですが、
そんなフツーの道をT地氏は走らせてくれません。
d0211129_14433259.jpg
激坂が待つ旧道に入り、
曽根坂峠を越えます。
d0211129_14442100.jpg
桜並木をかきわけるように
前に進み、今度こそようやく
麓に降りて秩父の街へ。
日暮れまでは時間がありますが、
気が急いてなりません。なぜなら……
d0211129_14463998.jpg
早くホルモンを食べたかったから(笑)。
秩父の名店、高砂ホルモンへ。
自転車に乗ると、なぜかみんな肉食系に
なる気がします。
実は、朝走りはじめた時から、みんなの頭は
ホルモンのことばかり。
まるで人参を目の前に吊るされた馬のように、
ホルモン食べたさに峠を走り回った感じ(笑)。
これまでは、お花畑駅の近くにある
高砂ホルモン(支店?)へ行っていたのですが、
今回は、秩父駅に近いほうの本店へ。
こちらはお座敷があって、のんびりできます。
薄暗いカウンターで食べる支店も悪くないですが、
本店のほうが落ち着きますね。

たっぷり峠を登って、花見も眺望も楽しんで、
最後は豪快なホルモンでお腹いっぱい。
ひさしぶりに、ツーリングの醍醐味を
思う存分に楽しむことができた一日でした。
今年はあと何回、
秩父を走ることになるかな〜。
by cyclotourist | 2015-04-13 14:58 | おしらせ | Comments(3)
Commented by スナフキン at 2015-04-13 20:18 x
なんと、近くまでおいでになっていたのですね。
しかも面白いコースとグルメタイムもあって、とても楽しそうです。
さしつかえなければ、ぜひこんどはご一緒させてください。
Commented by ミウラSV at 2015-04-14 23:23 x
豪快なコースですね。
グルメもいいですし、ホルモンも豪快。これなら確かに目の前に何とかもうなずけます。
Commented by cyclotourist at 2015-04-27 15:11
スナフキン様
コメントありがとうございます。
ぜひぜひ、ご一緒しましょう。
ミクシィのコミュニティ「FCYCLE」で
いろいろ企画されてますので、
のぞいてみてください。

ミウラSV様
コメントありがとうございます。
東京西部に住んでる自分としては、
秩父は本当にありがたいエリアです。
今度ご一緒できるのが
楽しみです。
<< MTBで御荷鉾スーパー林道へ フレッシュ2015[後編] >>