ブログトップ

シクロツーリスト&ランドヌールときどき模型の製作日記

cyclo.exblog.jp

フレッシュ2015[後編]

こんにちは、田村です。

楽しかったメイドバーから
一夜明け、フレッシュを走る我らは
ホテルのロビーに集合しました。
d0211129_13192781.jpg
リーダーからブルべカードを
受け取ります。
今回、ランドヌ東京では写真のような
鮮やかなフレッシュ専用ブルべカードを
作成しました。スタッフにデザインと印刷に
長けた方がいて、すばらしい仕上がりです。
それぞれのチーム名やPCが
オンデマンド印刷されています。
フレッシュ開催までには、実に
多くのスタッフが陰でがんばってるのです。
あらためて感謝です。
自分はなにもしてませんが(汗)。
d0211129_13244438.jpg
スタートは6時半。
新潟駅前から四人の旅がはじまります。
この南口は近年になって再開発されたようで、
ヨーロッパの〜中央駅のような雰囲気があります。
曇り空ですが、さほど寒くはありません。
写真右から、Sさん。
昨年、ブルベの全20クラブを
走ったという「全国制覇」を成し遂げた
超絶的な猛者です。
右から二人目は、チームリーダーのYさん。
ともすれば好き勝手言い放題の
大きな子供たちをまとめてくれました。
三人目がばっきー氏
自他ともに認めるヘビー級ランドヌール。
左端が不肖田村です。

S氏 「自転車に乗るの7ヶ月ぶり」
Y氏 「行けるところまで行こう〜」
ばっきー氏 「2ヶ月ぶり。膝が痛い」
田村 「……(気持ち悪い)」

リーダーをのぞいて、
後ろ向きな姿勢のまま走り出します。
d0211129_13385094.jpg
新潟駅を起点にくるっと旋回してから、
日本海沿いに南下し、長岡方面をめざします。
進路が変わる各地点にPCを設定してあります。
まずは、30km弱先の阿賀野へ。
d0211129_13422585.jpg
さすが蒲原(越後)平野、
直線的で平坦な道が続きます。
関東平野と違って、本当に起伏が少ないのが印象的。
ばっきー氏が猛烈な勢いで引きます。
前方に白く霞むのは、五頭山です。
d0211129_1347937.jpg
平均時速20kmに届く速さで、
あっという間に阿賀野の中心地、水原へ。
ばっきー氏のご実家がある街で、
半年前には泊まらせていただきました。
せっかくならご実家に寄っていけば? と
みなが言いましたが、機関車と化した
ばっきー氏の勢いは止まりません。
d0211129_1349619.jpg
瓢湖に達したところで、
ようやくペダルを緩めてくれました。
白鳥の飛来で有名なところです。
昨年の新潟サイクリングの時は
ちょうどたくさんの白鳥が飛来していたそうですが、
あいにく二日酔いで寝坊した自分は見てません(汗)。
d0211129_13502187.jpg
「現在の飛来数 0羽」
律儀に表示してますね〜。
d0211129_1351894.jpg
PC1に設定したコンビニに到着。
ほぼ予定通り8時です。
みなさん思い思いに補給を取って
再スタート準備完了。しかし、自分が
トイレからなかなか出れません(汗)。
お恥ずかしい話ですが、
朝から気持ち悪くて気持ち悪くて、
なにか飲んだり食べるたびに
戻してしまう始末(大汗)。
食べなきゃ走れないと思って、
おにぎりを口にするものの、すぐに吐き気が……。
このコンビニでは胃薬を買いました。
こんな事態を避けるために、
昨晩のメイドバーではあまり飲まなかった
つもりなんですが……。
年々お酒に弱くなってるのに、
酔うと気分だけは永遠の十代。
なんどくり返しても懲りません。
よろよろと走り出します。
d0211129_13583553.jpg
陽が高くなるに連れ、
雲が消えてすばらしい青空に。
飛ばし過ぎるばっきー氏に代わって、
冷静沈着なS氏が先頭に立ちます。
二人が並ぶと実に勇壮な編成です。
北海道で見た、「北斗星」や「カシオペア」の
重連機関車を思い起こさせます。
おかげさまで、二日酔いで意識朦朧の
自分もなんとか付いていきます。
d0211129_142934.jpg
新発田の街外れのPC2は
羽越本線沿いのコンビニでした。
ばっきー氏の高校時代の
ご学友が応援に来てくださってました。
心強い地元パワー。
高校時代も今も友達が少ない自分には
うらやましいかぎり。
d0211129_1452151.jpg
ここではソバを食べてみました。
口当たりがよく、少し胸の
むかつきが収まってきました。
薬が効いたのかも知れませんし、
時とともに確実に直っていくのが、
二日酔いのよいところです(汗)。
d0211129_1463864.jpg
PC2の先で進路を変え、
海沿いの国道113号に出ます。
松林があって海は見えませんでしたが、
追い風に恵まれた平坦路です。
ここ新潟の天気がよいと、
関東方面はだいたい天気が悪いようです。
この日も、他の多くのチームが
向かい風や雨に苦しめられていました。
まあ、他人の不幸は蜜の味と言いましょうか(汗)、
我らの幸運を喜びつつ、快走を続けます。
d0211129_14153454.jpg
再び新潟市街に入り、
コンビニで小休止。
Sさんの調べでは、このローソンを過ぎると、
40kmほど先の寺泊までコンビニがないとか。
さすがのリサーチ力です。全国制覇の偉業は
ダテではありませんね。
綿密な情報収集に脱帽です。
ここまでで100kmくらい走りましたが、
自分の体調は右肩上がりに回復し、
走るモチベーションが高まってきました。
体内に余計なものが少ないせいか、
体が軽く、近年にないほど快調です(笑)。
d0211129_14142595.jpg
距離1kmを超える
新潟みなとトンネルで信濃川を越え、
再びの新潟の街を通り過ぎます。
d0211129_1424490.jpg
国道402号に出ると、
海岸沿いスレスレを進みます。
飛砂に注意しつつも、追い風の恩恵を
受けて自然と時速30km以上で
巡航することができます。
いつしか自分が前に出ることに。
基本、お調子者なので。
d0211129_14254035.jpg
弥彦山の日本海側です。
荒々しい断崖が現れ、
ダイナミックな光景が広がります。
このあたりは初めて走るエリアなので、
目に入る光景がすべて新鮮で
飽きることがありません。
以前は有料道路だったそうで、
小さな岬をいくつも豪快に越えていきます。
d0211129_14275551.jpg
地理的に近いこともあり、
佐渡によく似た海岸線ですね。
d0211129_14285662.jpg
小さなアップダウンをいくつか繰り返すと……
d0211129_14293259.jpg
寺泊の市場です。
人家がまれな海岸線が続いてましたので、
華やかさと人出の多さに驚きました。
時刻は14時。もう140km走ってきました。
自分のコンビニ長時間滞在でだいぶ無駄な
時間を過ごさせてしまいましたが、
もう大丈夫。この調子なら、日が暮れきる前に
三国峠だって越えられるかも知れない。
そんな楽観的な希望も生まれつつあり、
たぎる思いでペダルを回していたのですが……。
d0211129_14344835.jpg
「そこの海鮮がおいしいらしい」
Sさんの誘惑的な言葉には、
誰も逆らえませんでした(汗)。
自分的にはあんまりグルメに興味がないうえに、
前半に自分のせいで失った時間を取り返したいし、
せっかく調子がよくなって足が回るし、
自分比では得意な登りが待ってるし、
走り続けたいな〜と思ったのですが、
フレッシュはチームで走るモノです。
まだ前半とも言えるこの地点で
大休止することに一抹の不安を
覚えましたが、強く異を唱えられる
立場でもありませんから、
意を決して店に入ります。
d0211129_14401763.jpg
入ったからには、
ということで、いちばん見栄え的に
おもしろい物を頼みました。
かにラーメンです。丸ごと一匹のカニが
乗ってて、なんだか漫画みたいな食べ物です。
d0211129_1442225.jpg
さすがにうれしくなります。
ばっきー氏には、なんでそんなに
元気になったんだと言われるほど(笑)。
地元のばっきー氏には、
決して美味しいもんじゃないと脅されましたが、
自分的には十分においしゅうございました。
もう一杯たべてもいいくらい。

しかし、やはりこの大休止が
運命の分かれ目でした。
ばっきー氏が膝の痛みを訴え、
もうダメとリタイア宣言。
自分も膝痛の経験がありますが、
いったん足を止めると、しばらくは
さらに痛くなるような気がします。
ゆるゆる走るうちによくなることもありますが、
この先の峠越えを考えると、
早めにリタイアを決めたほうが得策なのは
確かです。
結局のところ、途中で輪行するとかしないとか、
三国峠を越えるとかどうすっかとか、
そんな判断をする地点に至る前に、
我らのフレッシュは終了を迎えたのです。

フレッシュは、3名が完走すれば認定されます。
5人で走れば、2人を置いていっても
ルール上は認定されます。

しかし、昨夜のメイドバーにおける作戦会議で、
輪行しないことと、もうひとつを決めていました。
それは、一人でもリタイアするなら、
全員でリタイアしよう、ということです。

一人は全員のために、
全員は一人のために……。


なんかカッコいい(笑)。ぶっちゃけあんまり
フレッシュの認定にどん欲ではないし、
R5000とか目指してる人もいません。
そういえば、「ラブライブ!」にも
ありましたよね。感動の名シーン。
「この9人がミューズなんだよ」
「一人でも欠けたらミューズじゃないの〜」
全員で海に向かって叫ぶシーン。
やべ、思い出したら泣きそう(汗)。

ミューズは女子高生アイドル、
こちらは40代のおっさんですが、
シチュエーションは似たようなもんです。
「一人でも欠けたらフレッシュじゃないの〜」と、
心のなかで日本海に向かって叫び、
近くの駅をめざしました。

結局、明るいうちに140kmほど走っただけで、
我らのフレッシュは終わったのです。
d0211129_14581410.jpg
リーダーSさんの自転車は
キャノンデールシナプス。
d0211129_14584344.jpg
ハブダイナモ、専用バッテリー、
乾電池互換と3タイプ揃った
電装が圧巻です。
d0211129_14592982.jpg
Sさんのトレックドマーネ。
GOKISOハブ採用です。
d0211129_1513077.jpg
二基のGPSの間にあるのは、
パイオニアのパワーメーター。
ペダリングを左右独立して計測できるという
すごい機器で、効率を意識した走りが
できるとか。
d0211129_1532939.jpg
ばっきー氏のマキノ号。
d0211129_1535159.jpg
最近評価が高いオレゴンを装備。
フロントバッグはやっぱり便利そうでした。
d0211129_1457466.jpg
分水駅から輪行開始。
「泣かないんだから!」
ミューズのみんなは駅で
号泣したものですが、
我らおっさんランドヌールは、
意外と心地よい開放感に包まれ、
車中の人となったのでした。
一瞬、新潟に戻ってもう一泊すっかとも
思いましたが、ちゃんと帰宅しました。

おかげで、というのもナンですが、
翌日のゴール受付では、自分を除く
3名はスタッフ業務で大活躍。
特にPC作業が得意なばっきー氏は、
獅子奮迅の働きをみせ、
がんばってゴールしてきた
チームのみんなを、温かく
迎えていました。

フレッシュを走ったみなさん、
おつかれさまでした。
またどこかでお会いできる日を
楽しみにしております!
by cyclotourist | 2015-04-07 15:19 | おしらせ | Comments(10)
Commented by けーこ at 2015-04-07 16:45 x
お疲れ様でした。
そーいえば過去3年間はずっと田村さんと同じチームでしたね(笑) 今年はどうされるのかと思っていましたが…。

みんなでDNFするか、走れる人だけ走るか、判断はチームそれぞれ。
チームで走るのはとても楽しいのですがいろいろ難しくもありますね。 ゴールのお楽しみはまた来年(^_^;)

あ、ちなみに私は今年のフレッシュは走りませ~ん。
Commented by ばっきー at 2015-04-07 19:05 x
いやはや膝痛でご迷惑おかけしました。
しかし、自分の運動不足がありありと分かる写真ですねぇ。
足を止めてノンビリとしてしまったら、流石にもう一度走り出せなくなってしまいました。またチームでどこかに走りに行きたいですが、まずは膝を直さないとですね。

どうもお疲れ様でした!
Commented by はじ~ at 2015-04-07 23:21 x
フレッシュはDNFでも仲間とワイワイできて楽しそうですね。
来年こそエントリーしたいです。
こちらの404~5は雨の房総半島600kmでした(涙)
Commented by NOM at 2015-04-08 08:10 x
こーいうおちだったんですね?どうりで会場で余裕そうな感じでしたもんね。でも楽しそうでよかったです。
Commented by cyclotourist at 2015-04-08 08:12
けーこ様
コメントありがとうございます。
チーム走は難しいけれど、やっぱり
楽しいですね。ゴールできなくても
思い切り楽しんでるのが問題でしょうか(汗)

ばっきー様
お世話になりました〜。
膝、じっくり直してくださいませ。
調子がよくなったら、東京〜新潟ランでも
挑戦しましょう。もちろんゴールは
古町で(笑)。

はじ~様
コメントありがとうございます。
この季節の雨は怖いですよね〜。
600kmおつかれさまでした。
Commented by cyclotourist at 2015-04-08 16:11
NOM様
明るいオチでしょう(汗)。
懇親会の時にお伝えした気が
してましたが、失礼しました。
締まりませんが、
楽しいサイクリングでした。
Commented by 風磨堂 at 2015-04-09 17:48 x
こんにちは!
R東京のFlecheに参加させて頂きました。
懇親会場でお見かけしましたが、
DNFされてたとは思いませんでした。
ランドネはライブなんで、その日その時その場所での
ジャッジメントが正解なんだと思ってます。
それにしてもFlecheは毎回難しい(いつもギリギリ隊(笑))
個々のコンディショニングがあるし、当日の天候や風向きに左右されるし。
でも、チームで走る楽しさは確かにありますね。
おつかれさま&ありがとうございました。
ではまた、いつかどこかで。
Commented by trinity at 2015-04-10 11:53 x
お疲れさまでした。
当日は自分が所属するAJたまがわのブルベ(定峰200)に参加していたのでなかなかTLを追えませんでした。
それにしても輪行での峠越えというプランは斬新でしたね。
列車運行ダイヤが正確な日本ならではの意外な盲点なのでしょうが、ただやっぱり『矢のように走る』という理念からは逸脱している気がしなくもないかなあ(^_^;
DNFは残念でしたが前夜とカニラーメンで充分元がとれたようなさまが伺えるのでちょっと(?)羨ましいw
わたしは来週末にAR日本橋さんのFlecheに参加する予定でいますので前夜飲み過ぎないように教訓とさせていただきます(* ̄ー ̄)
Commented by ジェームズ中野 at 2015-04-12 18:54 x
明日アマゾンから、「頭脳で走るロングライド」配達されます。ゆっくりとじっくりと読ませていただきます。
Commented by cyclotourist at 2015-04-13 15:05
風磨堂様
コメントありがとうございます。
わりと孤独ないつものブルベに比べると、
フレッシュはお祭り気分が
味わえて楽しいものですね。

trinity様
コメントありがとうございます。
定峰も、すっかり定番ブルベになりましたね。
フレッシュ、自分たちとしては
理念に基づいたコースを走るために、
明示された規定を守ったうえで
輪行を組み込んだのですが、ダメだった
ようですね。
「理念」は恣意的に解釈できるので、
なかなか難しいなあと思いました。
trinityさんのフレッシュが
楽しいものでありますように!

ジェームズ中野様
コメントありがとうございます。
ご購読、感謝です。
ひとつでもお役に立つヒントが
あるとよいのですが……。
<< 春の奥武蔵ラン フレッシュ2015[前編] >>