ブログトップ

シクロツーリスト&ランドヌールときどき模型の製作日記

cyclo.exblog.jp

【フィギュア作り】大淀さんと「紫電改のマキ」

こんにちは、田村です。

数日前に自宅の階段で転落し、
(狭小住宅なもので急なんです)
腰を強打してしまいました。
その日は「いてえな〜」くらいだったのですが、
昨日から妙に痛みだし、
階段の登り降りがおっくうな週末でした。
来週は遠征の予定があるのに大丈夫かな……。

こんなオジイさんみたいな状況にあると、
サイクリング以外の趣味もあると
救われるものです。
というわけで、またもフィギュア作りでございます。
すいませんねえ、本当にもう飽きずに……。

さて、フィギュア作りでいちばん楽しいのが、
「なにを作るか?」考える段階です。
サイクリングも、机上旅行の段階って
けっこう楽しいですよね。
それと似たようなところがフィギュア作りにもあって、
妄想だけならどんなキャラも作れそうな気がします。

【ろこどる】もいいし、ヤマノススメのかえで先輩もいいし、
SHIROBAKOも面白いし、いまさらながら
コードギアスも魅力的なキャラが多いし……。
しかし、いったん作り出したら、数ヶ月は
いじりますから、本当にいいなと思える
キャラでないと心が折れてしまいそうです。
d0211129_0254063.jpg
けっきょく、また「艦これ」を選びました。
連合艦隊旗艦、「大淀」です。
軽巡洋艦ですが、オレの大淀は
戦艦なみに強いっす!
前作の衣笠さんとイラストレーターさんが同じで、
とってもスリムなデザインです。
しかも……めがねキャラ!
いつかは挑戦したいと思っていた設定です。
実艦は、軽巡洋艦なのに1万トンに達する巨艦。
でも、日本海軍の最新にして最後の軽巡だっただけに、
とっても優秀だったらしいです。
ある本によると、旧連合艦隊の艦船を
戦後の海自で用いることができるなら、
大淀がいちばん望ましいとまで言われたとか。
そんな優等生さんです。
d0211129_0312963.jpg
おもな素材は、これまで同様の
軽量エポキシパテです。
d0211129_032572.jpg
カラダの芯をひねりだします。
自分のバイブル『フィギュアの教科書』で
解説されている方法です。この本、ほんとうに
わかりやすくて、まがりなりにも自分が
フィギュアを作れるようになったのは、
この本のおかげです。
d0211129_034353.jpg
各部をアルミの針金で
つなぎます。
d0211129_0343040.jpg
イラストのポーズに近づけます。
フィギュアといっても、自分にとっては
「模型」なので、設定どおりに作りたいです。
オリジナルのポーズとかキャラとかは、
好み的にも技術・センス的にも、
ちょっと自分には難しいですね。
ワンフェスとかで、オリジナルキャラや、
自由なポージングの作品を見ると
すっごいなあと思いますが……。
d0211129_0391248.jpg
だいたいポーズが決まったら、
各間接部をパテで埋めます。
d0211129_0394267.jpg
ここまでは、あっという間なんですよね。
娘にこの段階を見られると、
いつも「ぷっ」と笑われるのですが(怒)、
そのうち似てきます……たぶん。

ところで、人生も自転車も浮気性、もとい
博愛主義の自分は、ついつい
「もうひとつ……」となってしまいます。
d0211129_042068.jpg
『紫電改のマキ』のヒロインを作り出しました(汗)。
アニメでもゲームでもなく、
はじめて、漫画のキャラを作ります。
女子高生がレシプロ戦闘機で通学するという、
「ガルパン」に一脈通じるような荒唐無稽設定の
漫画ですが、ノリがよくてお気に入り。
作者は、ミリタリー系のイラストでも有名な方ですね〜。
d0211129_0453236.jpg
作り方は大淀さんと同じで、
完成予定寸法で書いた正面図に沿って
各部をつくり、針金でつないでポージング。
コミックス第一巻の表紙です。
動きがあっていいなあと思ったイラストなのです。
d0211129_0471336.jpg
カラダの芯ぽいのができたら、
ただの丸だった顔を
それっぽくしていきます。やりだすと
きりがないので、この段階では適当に……。
d0211129_0482519.jpg
作業机。ちょっと前に
ロフト式のベッドを導入し、
その下を模型づくり専用スペースにしました。
これで、パソコンを汚さないですみますし、
仕事と遊びを分けることができます(汗)。
フィギュア作りのいいところ(?)は、
市販品という最良のお手本が手に入ることですね。
d0211129_0503644.jpg
d0211129_0505067.jpg
う〜ん、早く似てきてくれ〜と
祈りながら手を動かします。
d0211129_0512964.jpg
鎖骨とか作ると、
それっぽくなってきます。
もっとも、大淀さんもマキちゃんも、
鎖骨は服の下ですが……。
d0211129_052209.jpg
なんとなく見当をつけたら、
d0211129_0525276.jpg
後頭部をカットし、
勘合用の突起をつくって、
d0211129_0532611.jpg
髪をつくります。
後頭部、前髪のベースをつけた状態。
あらかじめリップクリームなどを塗っておくと、
硬化後に外せるのです。
このあたりの製作ノウハウは、前述の
『フィギュアの教科書』の賜物です。
d0211129_0545141.jpg
髪を作り出さないと、
似てるか似てないか五里霧中なので、
あせる気持ち一杯でつくりだします。
d0211129_0553060.jpg
大淀さんの髪は長いので、
プラ棒で芯を作ります。
これまでは針金を使っていたのですが、
あとで処理に困ったので、今回は
実験的にプラ棒にしてみました。
d0211129_0562497.jpg
ライターであぶって、
プラ棒を曲げていきます。
芯がプラ棒なら、後でパテと一緒に
削りやすいだろうと。
d0211129_0572047.jpg
芯にパテを盛っていきます。
パテ盛り中に芯を曲げられないので、
やっぱり針金のほうがよかったかも(汗)。
d0211129_058208.jpg
とりあえず、最初の盛り。
超もっさりしてますが、
これからの削りと盛りで、きっと似るんだから、
と思い込む(泣)。
d0211129_0591839.jpg
こちらはマキちゃん。
意外と髪の房が多く、難しい……。
d0211129_0595487.jpg
余ったパテがもったいないので、
マキちゃんの「肩乗りウサギ」をでっちあげ。
しかし、大きすぎた(泣)。
d0211129_111895.jpg
そんなわけで、
またも二体同時に作り出しました。
うう、ほんと、早く似てきてくれ〜。
by cyclotourist | 2015-02-16 01:12 | ひまつぶし | Comments(5)
Commented by sisi at 2015-02-16 02:22 x
コードギアスやりましょうよ!いろいろ資料おわたしますよ!
Commented by cyclotourist at 2015-02-16 14:31
sisi様
ご無沙汰です。
そこに食いつかれましたか(笑)。
カレンとかいいですよね〜。
ナイトメイア搭乗姿勢とか……はあはあ。
でも、すでにいっぱいモノが
あるみたいですから、
いまさら自分が作っても……。
Commented by まりきち at 2015-02-16 20:25 x
こんばんは
「紫電改のマキ」にきましたか。
いいですよね~
では同じ作家繋がりで「第三飛行少女隊」も……(って無責任~)

やってもやっても似ていかないっていうのはどんどん袋小路にハマってしまうものですが、似すぎていなく作家さんの個性が全面に出ているのがアマチュア作品の面白いところだと思うのでそれもまたいいものだと思いますよ。(えらそうですみません…)
ぼくもイラストを描くときにはそんなに似せることに拘らなくなりました。
もちろん誰だかわからないってのは論外ではありますが……

それと作業卓すごすぎます。
もうすっかりその道にどっぷりですね。
ぼくは自分専用のスペースが家に無いのでプラ棒や真鍮線のストックが立てかけてあるなんてちょっと憧れるビジュアルです。
なにげに「おぎのや峠の釜めし」がツボりました。
Commented by cyclotourist at 2015-02-16 23:32
まりきち様
コメントありがとうございます。
サンジョは……よいかも(笑)。
プラモデル出そうですね?
自分としては、やっぱりイラストを
描ける人がいちばんすごいなあと思います。
釜めしは、パテをひねる時に
指につける水入れです。
けっこう重いので、ひっくり返らなくて
いいんです。
Commented by ミウラSV at 2015-02-17 21:24 x
2体同時進行とは、田村工房恐るべし!
大淀さんとは意外な選択ですね。
なんにせよ完成を楽しみにしております。
<< ルックでリュック? 東京湾一周やってみた >>