ブログトップ

シクロツーリスト&ランドヌールときどき模型の製作日記

cyclo.exblog.jp

越生〜秩父サイクリング

こんにちは、田村です。

朝夕は本当に寒くなりましたね。
もう標高が高いコースは走れない季節ですが、
我らが郷土の武蔵野には、冬でも
楽しめるコースがたくさんあります。

先の日曜日は、ベテランサイクリストの
441Mさん(Sさん)にお声がけいただき、
埼玉県は越生に出かけてまいりました。
当ブログにも時々コメントをいただく、
鉄分濃いめの先輩です。

「越生」って、知らないと絶対に読めない
地名ですよね。「おごせ」、です。
越生町の人口は1万2000人ほど。
ときがわ町と飯能の間にあって、
秩父山地が平野になっていくあたりにある
「サイクルタウン」です。白石峠あたりと絡めて、
ロード乗りが練習にいそしむエリアとしても
知られています。越生が発着のブルベもありますね。

そんな越生に集まった441Mさんと自分を
案内してくれたのは、
越生在住で、お勤めも越生のKさんです。
d0211129_11545298.jpg
さっそくパン工房シロクマさんへ。
このあたりでは有名な、
サイクリスト御用達のパン屋さんです。
うわさには聞いてましたが、訪問は初めて。
おいしいパンで小腹を満たしてから、
本格的に走り出します。
d0211129_11564527.jpg
さすが地元のKさん、
まるで知らない細道へ我々を誘ってくれました。
d0211129_11574878.png
走ったコースはこんな感じ。
東武鉄道の武州唐沢駅から走り出し、
越生町内からときがわへ抜けて小川町へ。
そして、小川町でみなさんと分かれ、
自分ひとりは秩父へ向かいました。
d0211129_11592322.jpg
樹齢1000年という大クスノキ。
関東でいちばんの大木と、
Kさんに教えていただきました。
一見の価値ありです。
d0211129_1205220.jpg
古い倉の前でくつろぐ441M氏。
妙に里山風景になじんでます。
d0211129_12286.jpg
今回、ひさしぶりに
トーエイのスポルティーフで走りました。
ブルベばかり走らせてますが、
やっぱりこうした癒し系のサイクリングが
似合う自転車ですね。
d0211129_1242713.jpg
見晴らしのよい丘陵を進む我々。
Kさんの自転車は……
d0211129_1245181.jpg
シルク(絹自転車製作所)のスポルティーフ。
来るべきブルベに備えて作ったという一台、
非常にエレガントで端正です。
絹さんというと、折りたたみやデモンタといった
ギミックを盛り込んだハンドメイド自転車で知られますが、
こうした伝統的な自転車作りも見事なんだなと
教えてくれる一台。
d0211129_127755.jpg
Kさんのご希望によって、
ラグメッキや胴巻きカラーリングが
施されています。キャリアも絹自転車製作所が製作。
厚かましくも乗らせていただきましたが、
28Cと太めのタイヤと楽なポジションが好印象で、
これならツーリングからブルベまで
楽しく走れそうだなと思いました。

このシルク号とは別の意味で驚かされたのが……
d0211129_12911.jpg
無銘の小径車。
同行された高校生が乗ってきた自転車で、
自転車マニアからすると一顧だにされない
シロモノです。しかし、高校生君は、この自転車で
島根県まで往復したり、福島まで一晩で走ったり
していると言うのです。
クロスバイクも持ってるそうですが、この小径車のほうに
愛着があり、あえて乗ってるんだそうです。
「シジミ」とか「かつお」とか、訪れた先の
名物とおぼしきシールがあちこちに貼ってあったりして、
なかなかの自転車野郎オーラを発してます。
シルクのKさんとは、とある峠で出会ったそうです。

17歳の彼が夏休みに実行したという島根への旅は、
紀伊半島もぐるっと回り、往復とも自走で
5週間かけたとか。泊まりは駅やマンキツ。
なんともすごいというか、うらやましいというか……。
そういえば、自分もそんな旅を
していた時期があったなあ……。
思わず441Mさんと顔を見合わせ、
お互いに自転車ばかり増えているのに、
走りはスケールダウンしてるなあと、
しみじみ嘆いたのでした。
今日のサイクリングでも、登りはもちろん下りでも
高校生に置いてかれそうになった二人なのです(汗)。
d0211129_12211599.jpg
松郷峠。
d0211129_12214312.jpg
茂みに分け入る441M氏。
道の開削記念とおぼしき碑があり、
ちゃんと峠の名前が彫られていました。
d0211129_12232427.jpg
小川町の外れにあるピザ屋さん、「のこのこ」で昼食。
ここもサイクリストのメッカですね。
当日も10名以上のロード乗りが集まってました。

さて、小川町から平野部へ向かうみなさんと分かれ、
自分は 奥武蔵エリアへ向かいます。
顔振峠や定峰峠が連なるグリーンラインが人気ですが、
今回は、それと直交するように南北に並ぶ峠、
釜伏峠や二本木峠、粥仁田峠を走ってみようと思いました。
d0211129_12274631.jpg
東秩父、落合橋の交差点。
奥武蔵グリーンラインの出入り口のような交差点で、
ここを左折すれば定峰峠ですが、
今回は、もう少し先で左折します。
d0211129_12292727.jpg
県道を外れると、
もうクルマはほとんど通りません。
ひとりで登る峠路はさびしくもありますが、
淡々と過ぎる時間と景色も悪くないです。
d0211129_12334327.jpg
釜伏峠に着いたのは15時半。
もう夕闇が近いです。
ここからは、よく整備された県道が
高原牧場の先まで続いています。
d0211129_1235277.jpg
高原牧場の前後は木立がまばらになり、
視界が開けます。
釜伏峠を越えてしまえば、
もうまとまった登りはありません。
d0211129_12355575.jpg
二本木峠。北から来ると、
下った先にあるお得な(?)峠です。
しかし、昼飯が多かったからか、冷え込んできたからか、
このあたりで少々お腹が痛んできました。
トイレに行きたくて仕方ありません。
小はともかく、こんなところでキジ打ちしたくありません。
最近、「妖怪ウオッチ」の影響かなにかで、
娘が「う○こ漏れちゃうよ〜」とかアホみたいに叫ぶことが多く、
そのたび自分に怒られているのですが、
まさにそんな台詞を心のなかで叫びながら
走ることしばし……。
d0211129_12431063.jpg
無事、高原牧場に到着。
「モーモーハウス」でトイレを借りて
ことなきを得ました。
d0211129_12442454.jpg
林間の奥武蔵グリーンラインに比べ、
高原牧場が通る道は、展望が広いです。
このまま粥仁田峠まで行ってから秩父の街へ
降りるつもりでしたが、間違えて粥仁田峠の
手前の道に入ってしまいました。
d0211129_1246957.jpg
思いがけず広がる牧場風景。
真新しい舗装の道が草原を
貫いてました。偶然に通った道ですが、
まるで九州のような光景。
d0211129_12474752.jpg
標高500mから200mくらいまで、
一気に降下します。
d0211129_1248197.jpg
秩父の街に入ったのは、
もう17時になるころでした。
とりあえず秩父橋を眺め、
めんまと脳内会話してから、西武駅へ向かいます。
d0211129_1252725.jpg
駅前のいつもの場所で、さくっと輪行準備。
最近、タイヤを外すたびに、
「レリーズ!」とか叫びそうになります。
d0211129_12523335.jpg
クラシックカラーのレッドアローに乗車。
乗ってしまえば、1時間半で自宅なのです。
ここのところ、信州や京都へ行ったりと、
遠征サイクリングが多かったですが、
奥武蔵のように半ば地元といえるエリアの
サイクリングも楽しいなあと再発見。
知ってるようで知らない道ばかりです。
by cyclotourist | 2014-12-10 13:04 | おしらせ | Comments(10)
Commented by 輪太郎 at 2014-12-10 22:04 x
すごいですね。やっぱりサイクリング良いですね。オイラは今日、登山道だけで、10キロ。押し、かつぎ、階段降りなどで、苦しかったけど、面白かったです。もちろん、自転車はツーリング車ではなく、MTBです。
Commented by はじ~ at 2014-12-10 22:05 x
パンから始まり、ピザ、牧場、眺めの良い景色。
どれも好きなものだらけ。
今は輪行準備が苦痛なので、楽に輪行が出来るようになって、いつもと違ったツーリングを楽しみたいです。
Commented by ミウラSV at 2014-12-10 23:05 x
間違えて入った道も素晴らしい景色で、怪我の功名?でしょうか。
こういう偶然もまた、いいものかと。
奥武蔵方面は千葉からではちょっとアクセスが厳しいので、もう少し日が伸びてから行こうかと思います。
Commented by 北山広 at 2014-12-10 23:12 x
3週連続でサイクリング、最近走ってますねー。
秩父方面のコース、東京の方にとってはホームグラウンドみないな物なのでしょうね。
首都圏遠征の際には是非とも441Mさんともご一緒したいところです。
>「レリーズ!」
ほえ~、また何かのアニメにはまっているのですね(笑)
Commented by 441M at 2014-12-11 00:41 x
えぇ~なになに、たまにみょぉ~なコメントして、鉄分が濃くって、里山風景になじんでいて、藪に分け入って・・・ん~確かにその通りだわ(笑)
冗談はさておき、御参加有難う御座いました。
たまには他流試合(?)も新しい発見(今回は高校生かな?)が有って、楽しかったでしょ?(笑)
この武蔵の地、トレーニングのバイカーだけに占領させておくのは勿体無いですね。
裏道に分け入れば、ツーリング魂を揺さぶる路が沢山有りそうでした。
Commented by 輪太郎 at 2014-12-11 22:19 x
シルクのスポルティーフ、めっちゃ、かっこよいですね。あれが、サイクリング車だなぁ。良いなぁ。ああいうのが、欲しいですね。
Commented by まりきち at 2014-12-11 23:31 x
記事中の高校生くんが乗っていた自転車に感銘を受けました。
もともと自転車には興味が薄かったぼくがスポーツ自転車デビューをしたのは今乗っているビアンキKUMAに一目惚れをしたからです。
スポーツ自転車としては安価で、MTBとしても本格的なトレイルランなどはできない機種故に専門誌やサイト等を見てもどこか後ろめたいような気遅れしてしまうような気持ちにもやもやとしていました。
でも、この高校生くんの赤い小径車には正直参りました。
そうですよね。
一目惚れして買い、いまでも超お気に入りなんだから堂々としてればいいんですよね。
(もちろん命を預ける乗り物ですからドンキとかで9000円程度で売っている物はどうかとは思いますが…)
寒さに挫けかけていましたが無性に乗りたい気分が高まってきましたよ。
(でもここ1週間微熱中……(涙))
Commented by cyclotourist at 2014-12-12 11:32
輪太郎様
コメントありがとうございます。
山サイおつかれさまでした。
この季節は山もいいですね。

はじ~様
コメントありがとうございます。
輪行の支度は、なれれば絶対に楽に
なります。積極的に実行されてください。

ミウラSV様
コメントありがとうございます。
奥武蔵、ぜひぜひお越し下さい。
半日でも十分に楽しめますよ。

北山広様
コメントありがとうございます。
奥武蔵は、まさに京都における北山の
ようなエリアかも知れません。
秩父に飯能も加わり、舞台の
気配もたっぷりしますよ〜。

441M様
先日はありがとうございました。
楽しいひとときを過ごさせていただきました。
またご一緒してください、ぜひ!

まりきち様
コメントありがとうございます。
自分の価値観で選んだ自転車が、
いちばん頼もしい相棒になって
くれるんだな〜と、高校生くんを見て
あらためて思いました。
自分の自転車はサイコーだぜ、と
悦に入りながら楽しみたいですね。
まりきちさんのビアンキKUMAは
正真正銘の立派なMTBですから、
トレイルも林道も楽しめるはずですよ〜。
Commented by スナフキン at 2014-12-24 23:37 x
やっと、このブログを見つけました。
遅まきながら、当日はお世話になりました。
途中でお別れでしたが、いろいろお話できて楽しいサイクリングでした。
秩父高原牧場方面は埼玉とは思えない景色が広がっていますよね。たどりつくまでが大変ですが・・・
ぜひ、また越生方面においでください。
ご案内させていただきます。
Commented by cyclotourist at 2014-12-26 12:06
スナフキン様
コメントありがとうございます。
先日はお世話になりました。
またご一緒できる機会を
楽しみにしております!
<< 【フィギュア作り】あおいちゃん... MTBで峠ざんまいin京都北山 >>