ブログトップ

シクロツーリスト&ランドヌールときどき模型の製作日記

cyclo.exblog.jp

舞台訪問サイクリング

こんにちは、田村です。

サイクリングのコースプランニングには、
テーマ・主題が欠かせないと思います。
おいしいものや温泉といった体験型のテーマ、
(どちらも個人的には興味薄いですが…汗)
城郭や町並み散策など観光的なテーマ、
「一周」や「峠越え」といった地理的なテーマが
一般的でしょうか。
練習やダイエットといった、身体的な効果を
求める走り方も、人によっては
コース作りのテーマになりますね。

そして、文字や映像で描かれた舞台を
訪ねてみたい、というのも、サイクリングの
普遍的なテーマではないでしょうか……
といえば、もっともらしくなくもないですが、
自分の場合、アニメの舞台になった地を
訪ねるのが、近年の大きなテーマです(汗)。
秩父(あの花)、小諸(なつまち)、大洗(ガルパン)などなど、
土地もアニメ作品も魅力的ですよね。
「聖地巡礼」とも呼ばれ、いまやすっかり
メジャーになったサイクリングのテーマだと思います。

そんなわけで、先の土曜日は、
アニメの舞台をめざしていそいそと出かけてまいりました。
ご一緒していただいたのは、京都の兄貴、北山さんです。
先週の信州に続いて、お付き合いいただきました。
d0211129_8155764.jpg
輪行袋からMTBを解放したのは、
JR湖西線の大津京駅。
琵琶湖の南端に近いこの場所からスタートした理由は、
それはそれは深いのです。

北山さんと京都・北山の林道を走りたい

せっかく京都へ行くなら、一泊したい

この時期、京都のホテルは満室ばかり

滋賀県の野洲でホテルを確保

中二病でも恋がしたい!」の舞台が近い

同作最大の舞台、「旧鎌掛小学校」が見学できる

上記を北山氏にご連絡

「中二病」に、鉄道趣味と
「けいおん!」と「ちはやふる」をトッピング。

と、いう段階を踏んで決まったのが、
大津京スタートなのでした。
先のブログでも触れましたが、翌日は
本来の目的である林道走行があるので、
MTBの出番となったわけです。
もはや舞台めぐりのほうが
自分のほうではウェイトが大きくなってるのですが(笑)。
ちなみに、密かに結成されている
「舞台サイクリング研究会」の会長が北山さんで、
会員番号二番が自分です。
まだ三番目までしか会員はいません(汗)。
d0211129_827988.png
当日の移動経路です。
緑色で塗ったルートは、鉄道移動です。
ぶっちゃけ、自転車での走行距離より多いです(汗)。
サイクリングは40kmほどでしょうか。
d0211129_8283527.jpg
大津京駅を走り出すと、
ほどなくして京阪の電車に遭遇。
狙い澄ましたかのように、「中二病」ラッピング車両です。
5ヶ月ぶりの再会に胸あつ……。
この電車を追いかけるように、近江神宮前駅へ向かうと……
d0211129_8325429.jpg
「けいおん!」のラッピング電車です。
10月から運行を開始した、放送開始5周年記念バージョンです。
放送当時、その「日常系」とよばれる内容が
ピンとこなかった自分ですが、最近になって見直したら、
すっごくよかったです。これが成長というものでしょうか(汗)。
ちなみに『シクロツーリストVol.9』で、
「けいおん!」の舞台訪問サイクリングを掲載してたりします。

さて、近江神宮前駅は車庫の最寄りなので、
ここで折り返す「けいおん!」号をじっくり拝見できます。
もちろん、それを狙っての集合場所・時間なのでした。
北山さんのプランニングに感謝です。
では、目の保養を始めましょうか(笑)。
d0211129_8363726.jpg
ふむふむ……
d0211129_8371725.jpg
みお姫、かわいい……
d0211129_8384671.jpg
d0211129_839417.jpg
d0211129_839191.jpg
折り返してきました。
同好の士がちらほら……。
d0211129_8401319.jpg
北山さんイチ押し、あずにゃん……。
d0211129_8422890.jpg
d0211129_8424245.jpg
みお姫、こっち側も素敵。
d0211129_8432040.jpg
堂々のフルラッピングです。
すばらしいです。今回、主題が「中二」ということもあり、
乗車はしませんでしたが、次は乗りたいっす。
ちなみに、「中二」の電車は、前回6月の訪問時に
たっぷり乗車しました。
d0211129_8465860.jpg
「けいおん!」号を見送ったら、
近江神宮へ。ここが舞台の「ちはやふる」も良作。
アニメ第三期はないのでしょうか。
d0211129_8511685.jpg
反転して、近江大橋へ向かいます。
あいにくの雨模様ですが、
橋の向こうに「中二」の舞台があると思うと、
ペダルが妙に軽やかに回ります。
d0211129_8535555.jpg
自作のマグネットフェンダー。
ちゃんとくっついてますよ。
例の技術と違って、走りは速くなりませんが、
着脱の手間がないので(磁力で付いてるだけですから)
輪行の時は非常に便利でした。
もっとも、ブロックタイヤだとタイヤ前方からの
水しぶきも多く、ダウンチューブ下の泥よけだけでは
顔への水跳ねは抑えきれませんでした。
d0211129_8582793.jpg
橋をわたって測道へ。
すでに濃厚な中二病ゾーンです。
何の変哲もない風景ですが、それすら
特別なものに感じさせるのが、アニメの力です。
d0211129_8595621.jpg
JRの高架下。
d0211129_904563.jpg
国道一号が見えてきました。
主人公たちが恋人の契約を結んだ舞台ですね。
d0211129_925826.jpg
主人公たちが……
d0211129_933325.jpg
ヒロインが……
なんの変哲もない風景を撮影しまくる我々。
年頃のお方がいたら通報されそうな行為ですが、
雨ということもあり周囲に人は少なく、
おじさん二人でやりたい放題です(汗)。
d0211129_963567.jpg
日本三名橋のひとつ、瀬田の唐橋。
d0211129_972596.jpg
石山駅へ向かい、その駅前のマックへ。
ここも舞台だったりするので、
早めの昼食をいただきました。
そして、石山駅から輪行です。
d0211129_911585.jpg
貴生川駅で近江鉄道に乗り換え。
車両は西武線のお古。まるで地元の池袋線に
もどったようなデジャブー感あり。
d0211129_912277.jpg
車内もコレですから、
親近感が高まります。
d0211129_913321.jpg
日野駅で降ります。
瀬田〜日野も自走できなくはないですが、
輪行を駆使することで時間を節約。雨ですしね。
d0211129_9141097.jpg
レトロ駅舎が渋い日野駅。
d0211129_915152.jpg
中二病ポスターきた〜!
絵柄と素朴なキャッチコピー(ようこそ歓迎)の
ミスマッチ感にしびれます。
d0211129_9173329.jpg
日野は近江商人の町です。
「蒲生氏郷公を大河ドラマに」と訴える駅前。
d0211129_9195072.jpg
駅周辺にも、ちらほらと
中二病アピールあり。
戦国武将よりも、町おこし効果ありそう?
d0211129_921291.jpg
さくっと自転車を組み立て、
旧鎌掛(かいがけ)小学校をめざします。
走ること20分少々で……
d0211129_9222551.jpg
d0211129_9223812.jpg
めざす校舎に到着。
1930年(昭和5年)に建てられたという木造校舎です。
2001年に廃校、いまは地域のイベントや
交流のために維持されてます。
そして、「中二病でも恋がしたい!」で
主人公たちが通う高校のモデルなのです。
毎週土、日と祝日が見学可能。
無料で入れますが、修繕費用の寄付として、
300円を求めています。
d0211129_9273425.jpg
校舎に足を踏み入れた瞬間から、
2次元と3次元の垣根が吹き飛びます。
劇中の描写そのままの光景が広がり、
ヒロイン六花や丹生谷さんが今にも現れそう。
d0211129_9313545.jpg
体育館。館といっても、教室棟と
同じ屋根の下でつながってます。
d0211129_9322998.jpg
廊下には、農機具などが
わりと無造作に陳列されております。
d0211129_933133.jpg
とある教室のなかでは、
大正〜戦前の図書が山積みに。
d0211129_9343071.jpg
連合艦隊が表紙に描かれた学習参考書。
奥付を見ると、昭和12年刊行でした。
そして……
d0211129_9353076.jpg
主人公たちの教室です。
d0211129_9363044.jpg
劇中どおりに机が配され、
その上には名前まで……。
d0211129_9371395.jpg
設定どおり、全員の名前が。
d0211129_9381948.jpg
黒板。
ここにも劇中どおりの文字が踊り、
訪れた我々を狂喜させてくれます。
なかなかどうして、恐るべき学校です。
d0211129_94161.jpg
二階へ進みます。
d0211129_941412.jpg
劇中の部室が近づくと、
胸の高まりが苦しいほどに……。
d0211129_9424252.jpg
ついに……
d0211129_9431267.jpg
六花と魔方陣。
なんという再現度でしょう。
作品の魅力とファンと地元の理解が昇華した
夢のような空間。
「中二病」を見たことがある方なら、
バニッシュメント必至の理想郷です。
d0211129_9473621.jpg
d0211129_9474868.jpg
来てよかったです。
しみじみ幸せ。

アニメに登場する学校としては、
同じ滋賀県の豊郷にある「けいおん!」の学校が有名ですね。
ウォーリズの名建築でもあり、
作品の人気と相まって知名度が高いですが、
こちら日野の旧鎌掛小学校も、これからもっともっと
有名になるのではないでしょうか。
実際、豊郷とセットで訪問するファンが多いみたいです。
もっとも、僕たちが訪ねた時は、
他に誰も見学者がいませんでしたが……。

旧鎌掛小学校、
こんなに素朴で味わい深い校舎は、
全国でもまれだと思います。
世界舞台遺産に登録すべきでしょう。
アニメを知らない人も一見の価値ありです。
d0211129_1011073.jpg
小一時間ほどして外に出ると、
雨はすっかり上がり、
清々しい青空が広がっていました。
d0211129_1021492.jpg
d0211129_1022957.jpg
部員募集中のシーンも再現済み。
d0211129_1025727.jpg
またひとつ、想い出の場所が増えました。
d0211129_103347.jpg
名残惜しくも学校を後にし、
日野駅に戻りました。
この近江鉄道は「サイクルトレイン」でもあります。
d0211129_1034580.jpg
せっかくなので、利用しない
手はありません。
そのままの自転車と共に乗り込み、
八日市までワープです。

八日市駅で下車したら、近江八幡までサイクリング。
八日市〜近江八幡も近江鉄道が結んでいるのですが、
その区間はサイクルトレインを実施してないのです。
乗車される方が多い区間だから、でしょうね。
d0211129_1053043.jpg
洋風の駅舎が見事な新八日市駅。
本当は、安土の街にある「六花の実家」も
訪れたかったのですが、ちょっと時間が押してきたので、
近江八幡へ直行することに。
見事な町並みが残る近江八幡ですが、
我々がめざしたのは……
d0211129_10104855.jpg
八幡山ロープウェーです。
近江八幡は何度か訪れたことがあるのですが、
今回の訪問で、はじめてロープウェーの
存在を知りました(汗)。
d0211129_1012423.jpg
おめあてはこちら。
「ヤマノススメ」ラッピングなのです。
同アニメと八幡山は関係なさそうですが、
メインの舞台(埼玉の飯能)を走る西武線つながりで、
西武グループの八幡山ロープウェーでも
実施されているみたい……です。
d0211129_10143144.jpg
記念乗車券、ゲットだぜ。
d0211129_1016075.jpg
ボディが小さいこともあり、
やや地味なラッピングですが、
ファンとしてはやはり胸が高まります。
d0211129_10172866.jpg
乗車時間は4分ほど。
なかなかの眺望が広がります。
d0211129_1018046.jpg
到着した展望館では、
「ヤマノススメ」のパネルを展示中。
あおいちゃんかわいい、かえで先輩すてき♡。
ここなちゃんの家庭の事情も気になります。
d0211129_1019379.jpg
d0211129_10191450.jpg
オリジナルグッズ販売中。
思わず買った缶バッジ。
水着というところがニクいです(汗)。
d0211129_10203520.jpg
高尾山でも実施してほしいですね。
d0211129_10211032.jpg
夕暮れの近江八幡。
大津京からはじまった舞台めぐりの旅も、
これにて終了です。
そして、宿をとった野洲で、
北山さんと二人たのしく打ち上げ。
「旧鎌掛小学校、最高」と、
お互いに100回くらい言った気がします(笑)。

舞台めぐり、名所旧跡、鉄道、グルメ(?)……
サイクリングは、いろんな趣味を包含できる
すばらしい遊びだなあと、あらためて実感できた
一日でした。

さて、翌日は、峠がたくさん待ってる
京都北山へ向かいました。
いよいよMTBの本領発揮……できたのか?(汗)
荒れた林道で
マグネットフェンダーは役にたったのか?
次回の更新にご期待ください〜!
by cyclotourist | 2014-12-02 10:48 | おしらせ | Comments(5)
Commented by 441m at 2014-12-02 13:29 x
かえで先輩、好きです!
Commented by ひばにゃん at 2014-12-02 14:18 x
近江大橋ですよね、
Commented by cyclotourist at 2014-12-02 14:24
441m様
ついに目覚めましたか。

ひばにゃん様
失礼しました。直しときました。
Commented by ミウラSV at 2014-12-02 22:59 x
娘(自分も)が北山行きた~い!と叫んでます。(笑
ラッピング電車に聖地巡り、血が萌えます!!
Commented by cyclotourist at 2014-12-04 14:29
ミウラSV様
コメントありがとうございます。
兄貴にはよろしく伝えておきました(笑)。
近未来的に三人で訪問したいですね。
<< 【フィギュア作り】あおいちゃん... MTBの泥はね対策 >>