ブログトップ

シクロツーリスト&ランドヌールときどき模型の製作日記

cyclo.exblog.jp

MTBの泥はね対策

こんにちは、田村です。

サイクルツーリングは、
走る環境や行程(あと、気分?)に合わせ、
適切な車種を選ぶ……というのが理想です。
その真理に気づくのに20年以上もかかってしまった
不肖私です(汗)。しかし遅まきながらも、
全方位作戦に対応する
フリートを整えたと勝手に自負しておりました。

ランドナー:
 舗装路〜林道/全天候/日帰り〜宿どまり/のんびり
スポルティーフ:
 舗装路/全天候/日帰り〜宿どまりorブルベ/割とがんばる
ロード:
 舗装路/晴天/日帰り軽装orブルベ/がんばる
キャンピング
 舗装路〜林道/全天候/キャンプ/のんびり
ミニベロ
 舗装路/晴天/日帰り/ゆるふわ
MTB
 林道〜トレイル、山サイ/晴天/日帰り〜宿どまり/割とがんばる

類型化すれば、こんな使い分けでしょうか。
競技をしている方なら、競技種目に合わせて
もっと多様な車種が必要になることも
あるでしょうね。

と、ここまでは前振りです。
実は、明日から一泊二日で輪行遠征サイクリングに
出かけるのですが、
想定される条件が込み入っていて、
車種の選択、仕様に迷っていたのです。

初 日:アニメの舞台めぐり(笑)/降水確率、高い
二日目:林道〜トレイル/たぶん晴天

つまり、街乗りポタとダート走行、雨天と晴天の
いずれも含まれるのです。輪行による遠征ですので、
日によって自転車を替えるというわけにも
なかなかいきません。

けっきょく、行程中にダート、しかもシングルトラックの
いわゆるトレイルが含まれる以上、たとえそれが
短距離・短時間であっても、MTBの出番と
なるのではないでしょうか。
d0211129_1842098.jpg
さいきんになって、ようやく
出番が増えてきた我がMTB。
BSアンカーが誇るスチールフレームの最高峰、
ネオコットです。

他の車種に比べると、
舗装路ではかったるい印象があるMTBですが、
ロード的な高速巡航を求めたりせず、
そんなに走行距離もよくばらなければ、
特に支障はありません。
荷物は背負う必要があるので、
そのあたりの利便性の低さがネックと言えばネックですが、
大きな問題ではありません。

気になる問題、というか課題は、雨天時や路面が濡れている際の
「泥はね」ではないでしょうか。
d0211129_1873987.jpg
先日、中津川林道を走った際の写真です。
泥よけがないものですから、
濡れた路面を走るとあっという間に泥だらけ。
d0211129_18131164.jpg
こちらは、先週末の信州サイクリングにて。
後輪からのはね上げで、お尻とリュックが汚れ、
前輪からのはね上げが顔を直撃。
自転車や装備が汚れるのは仕方ないとしても、
走行中、泥が顔を直撃するのはイヤなものです。

だったら、しのごのいわずに、
MTBに泥よけを付ければいいだろ! と
怒られそうですが、どうも気に入る製品が
ありません。
せっかく身軽なMTBに
ゴツい泥よけをつけるのも気が進みませんし……。
樹脂製でMTB用の後付け泥よけが
無数にあるわけですが、
本格的なツーリング車のマッドガードのように
タイヤにフィットするわけではないですから
泥・水はねを抑える効果は限定的です。
また、タイヤにフィットしてクリアランスが狭いようでは、
悪路での走破性に影響が出てしまい、
だったらランドナーでいいじゃん、となって
しまいそうです。

こうした悩み(?)は、
MTBでマラソンライド(王滝とか)を
たしなむ方にも共通しているようで、
いろんな方がいろんな簡易泥よけを
自作されています。

それらもいいなと思いましたが、
自分のMTBはVブレーキなので、
あまりフォークやシートステー周りに
余計なもの(しかも信頼性が低い自作で)を
付けたくはありません。
また、ナイロンのストラップやバンドを使って
固定するのも、できれば避けたいです。
せっかく細身なスチールフレームなんで、
そのセクシーさは大事にしたいのです。

いったいお前は何を望んでるんだ!
我がまま言いたいだけなのか! と
怒られそうですね(汗)。

結局、明日に備えて下記のようにしました。
d0211129_18285814.jpg
サドルバッグを、オルトリーブの定番、
Lサイズにします。
経験上、これで後輪からの自分への泥はねを
かなり減らすことができます。
もちろん、後続者への迷惑は防げないのですが……。

だからどうした! アホ! と怒られそうな解決策ですが(汗)、
ここからが今回のブログの本題です。
懸案である、顔への泥はねを軽減するために……
d0211129_18322185.jpg
ダウンチューブ下に
マッドガードを装着しました……。
そんなもん、いくらでも市販してるし、大昔からあるし、
やっぱりアホだな、コイツ……と思われるでしょうが、
よく写真を見てください(懇願)。
固定にストラップもビスも使ってないのです。
これ、100均アイテムで、さっき自作したのです(汗)。
d0211129_1835586.jpg
バインダーファイルを切って
凹型に折り込み、
磁石を取り付けました。

そう! フレームへの固定は、磁力なのです。
中央に見える凸は、ずれ防止のスポンジ、
左右の銀色の物体がネオジム磁石(磁力が強い)で、
その左右にある切れ込みは、
これもずれを抑えるため、ファイルの一部を
折り返しているのです。

そんなわけで、本邦初の
マグネットフェンダーをでっちあげたのでした(笑)。
長い文章のわりに、しょうもない自作ネタですいません。
磁力が強いので、意外としっかり付いてます。
スチールフレームならでは、ですね。
そして、使い物にならなければ、
グシャッと丸めてリュックに入れればOK、
晴れたら捨てても惜しくないですし(汗)。
明日明後日で、できばえを試してきます〜。
d0211129_18414072.jpg
真っ黒で寂しいので、
丹生谷さんのシールを貼ってみました(反対側は六花)。
どこ方面へ行くか、ばればれ?
by cyclotourist | 2014-11-28 18:53 | ひまつぶし | Comments(5)
Commented by 輪太郎 at 2014-11-28 19:42 x
前の泥よけのアイデアがすごい。でも、磁力で保ちますかね? それが心配です。気づいていたら、落ちていたなんてのだと困りますからね。後日のレポートを楽しみにしています。
Commented by kitamuramasa at 2014-11-29 00:59 x
磁石で固定すると、そのうち砂鉄をくっつけて塗装面が傷だらけになる危険性が(^^;
Commented by suutarou at 2014-11-29 02:50 x
ネオジム磁石を鉄フレームに付けるとフレーム自体が大きな磁石となって、GPS等の動作に悪影響が出てしまうのでは?10年ぶりに鉄フレームにサイクルコンピュータを付けたら、センサーが反応せず、スペーサーを多めに入れて鉄フォークから離したら反応するようになったことがあったので。
Commented by ミウラSV at 2014-11-29 07:10 x
何処に行くかは解りました。
お兄さんにヨロシクお伝え下さい♪
磁石はグッドアイデアですね~。ネオジはメッキしてあっても錆びやすいので注意です。
土曜日は天気が悪そうですが、楽しんで来てください!!
Commented by cyclotourist at 2014-12-02 11:06
輪太郎様
コメントありがとうございます。
マグネットフェンダー、おすすめです。
でも、チタンには付きませんね(汗)。

kitamuramasa様
コメントありがとうございます。
街中&林道では、砂鉄の付着は
認められませんでした。
土質によって変わるとは思いますが。

suutarou様
コメントありがとうございます。
GPS(eTrex30J)に影響はありませんでした。
自分も鉄フレーム車が多いですが、
過去にコンピュータ系のトラブルは
ほとんどありません。

ミウラSV様
コメントありがとうございます。
兄貴には、よろしく伝えておきました(笑)。
今度は関東方面でも
研究会の活動をしたいですね〜。
<< 舞台訪問サイクリング 新車導入! >>