ブログトップ

シクロツーリスト&ランドヌールときどき模型の製作日記

cyclo.exblog.jp

新潟サイクリング二日目

こんにちは、田村です。

新潟・古町のメイドバーで轟沈しかけた
私ですが、翌朝、奇跡的に蘇生しました。
d0211129_1124178.jpg
「朝ラー行きますよ」という
W氏に引率され、
古町で朝7時から営業しているラーメン屋さんへ。
二日酔いにも優しい素朴なお味でした。
しかし、朝イチからグルメを楽しませてくれる
W氏のホスピタリティと、地元の方ならではの
土地勘に脱帽です。
ちなみに、このラーメン屋さんのはす向かいに
「まんがの家」という資料館(?)があるのですが、
まだ開館前でした。新潟のマンガ家さんと言えば、
赤塚不二夫が筆頭のようですが、
自分的にはやはり高橋留美子大先生ですかね。
いずれ入館したいものです。

さて、二日目に走らせていただいたコースは、
こんな感じでございます。
d0211129_11261851.png
あいかわらずMacで
ルートラボにGPSファイルがアップできないので、
ガーミンコネクトの画面で失礼します。
新潟市の中心部をスタートし、平野部を新発田(しばた)市まで
走ったら、うわさの廃線跡サイクリングロードを体験し、
「新発田いちの激坂」が待つという林道を超え、
阿賀野市に至る行程です。距離は85kmほどでした。
d0211129_11315896.jpg
信濃川の河口をくぐる、
「新潟みなとトンネル自歩道」。
長さ1.4kmのトンネルですが、車道とは別に、
写真のように立派で未来的な自歩道があるのです。
大型フェリー(佐渡汽船とか)がとおる河口なので、
橋じゃなくてトンネルにしたのでしょうか。
「新潟は土建王国だから、こんなの作っちゃうんですよ」
と、自虐的に話しておられたW氏ですが、
東京にもない海底トンネルが、
ちょっとご自慢のようでもありました(笑)。

さて、一行はクルマが多い国道7号を避けるようなルートで、
まずは新発田の中心を目指しました。
新潟からの距離はおよそ40km。
地形はまったく平坦で、新「潟」らしいなあと
実感させてくれました。こんなに広い平地があるのは、
関東平野か北海道くらいかもと思いました。
ご存知のように、越後は国内屈指の米所ですし、
聞くところによると、江戸時代は日本でもっとも
人口が多い地域だったとか。
d0211129_1145211.jpg
新発田城です。
堀と石垣、櫓が見事です。
昔、ゲーム「織田信長の野望」で上杉謙信を
愛用していた自分としては、初訪問にも関わらず
なんとなく親近感のあるお城です。
新発田重家という強い武将がいたなとか思い出してると……
d0211129_11475531.jpg
堀部安兵衛の像が。
赤穂浪士の剣客は、新発田藩が
出身だったんですね。
d0211129_11482731.png
飽きもせず、初音ミクを
踊らせてみたり。
d0211129_11485998.jpg
堀部安兵衛の顔出し看板。
これもARみたいなものですね(笑)。
d0211129_11501652.jpg
新発田は十万石の城下町ですが、
駅前の商店街は少々さびれてました。
最近の地方都市は、郊外の大型店に客足が向かってしまい、
中心部はさびしくなっちゃってることが多いですね……。
d0211129_1152295.jpg
お待ちかねの、
赤谷線跡のサイクリングロードです。
新発田駅にほどちかい住宅地から、内陸部へ向かって
12kmほども整備されています。
プチ鉄ちゃんの自分としては、廃線跡の
サイクリングロードに興味津々です。
d0211129_11561527.jpg
点々と、旧駅が
休憩所として整備されています。
d0211129_1157444.jpg
どこまでも伸びやかで
平坦な道です。列車は勾配が苦手ですから、
この廃線跡も勾配は非常にゆるく、田畑を
直線的に貫いています。
d0211129_11582394.jpg
d0211129_11583349.jpg
進むに連れ、
だんだんと周囲に山が迫ります。
d0211129_1158481.jpg
終点です。
きれいなトイレがありますが、
熊注意の看板も……。近くには内の倉ダムがあり、
そこも展望がよいらしいのですが、あんまり寄り道してると
予約した昼食に間に合わないとのことで、
先をめざすことになりました。
そして、想像を超える激坂が現れるのです。
d0211129_1224391.jpg
林道新発田南部線です。
赤谷線CRの少し先から、五頭連峰を横断して
阿賀野市へショートカットできる林道です。
W氏も初体験の道ですが、お仲間の地元サイクリストによる
情報だと、かなりの激坂らしいとのこと。
「らしい」というのは、この林道はルートラボの地図に
描かれてなく、標高プロフィールが不明なのです。
自分のハンディGPSで使ってる地図(TOPO)には
道が表示されたので、等高線を頼りに標高を
判断すると、最高地点はだいたい400mくらい。
最近は、ルートラボによって、初めて走る道でも
正確な標高プロフィールや線形を把握できるものですが、
今回の林道越えは、ぶっつけ本番です。
d0211129_1295455.jpg
7%くらいの勾配で、
どんどん山中に分け入ります。
d0211129_12102855.jpg
進むほどに、見事な紅葉が現れます。
しかし、登りが終わりそうで終わりません。
下りになったと思いきや、再び登らされます。
先がわからない道は怖いものですが、
新鮮でもあり、ルートラボに頼らないサイクリングも
悪くないなと再発見。
d0211129_12124890.jpg
瞬く間に標高が400mを超えます。
道の幅員は広く、路面もきれいです。
一方で勾配はきつくなり、10%越えも……。
d0211129_12133587.jpg
真のピークが近づくと、
すばらしい展望が開けてきました。
色鮮やかな山肌の向こうに、
さきほどまで走っていた、赤谷線沿いの谷間が
見えます。ひさしぶりの本格的な登りで、
息も絶え絶えですが、登ってよかったと思える
素晴らしい林道です。
d0211129_12164624.jpg
ピークでは、バードウオッチングでしょうか、
カメラを構えた方がたくさん。サイクリストも
お二人お見かけしました。
GPS実測で、最高標高は480mほど。
赤谷線CR終点のふもとが100mほどで、
距離6kmほどで380mの上昇ですから、
やっぱり大した登りでした。
自分の所要時間は30分。力つきる寸前です。

帰宅してから、ネットでこの林道を検索したところ、
平成21年に竣工したとのこと。延長は12km。
開通まで、なんと22年の歳月をかけたとか。
地元でも、工事中からその眺望のよさが話題になり、
林業以外に観光資源になるのでは、と期待されているようです。
ちなみに、国土地理院の地形図も、まだ全通前の
途切れた状態でした。まさに隠れた名林道ですね。
「林道新発田南部線」、自分の脳内名道100選にランクインです。
こんなすばらしい林道を走る機会を作ってくれた
W氏にあらためて感謝です。
d0211129_12262569.jpg
午後2時、月岡温泉に近い
国道290号沿いの釜飯屋さんで待望の昼食。
ここもW氏おすすめの名店。
ほくほくしたお米がたいへんおいしゅうございました。
d0211129_1228686.jpg
昼食を済ませると、外は雨。
W氏のご実家がある阿賀野市の中心街を
めざします。
道沿いの田んぼには、なんと白鳥が!
阿賀野にある瓢湖という用水池は、
白鳥が渡来することで有名だそうです。
d0211129_123051.jpg
無事、阿賀野市の中心部である
水原(すいばら)に到着。
こちらの商店街も閉まったシャッターが
多いですが、歴史を感じさせる町並みです。
d0211129_12321327.jpg
薄型LED信号。
W氏によると、省エネで導入されたものの、
発熱が少ないため降雪が解けず、
冬はかえって視認性が悪くなってしまうとのこと。
雪国には関東人にはうかがい知れない
苦労があるんですね。

この日、一行はW氏の広いご実家に泊めていただき、
再び夜は宴会モード。地元のサイクリストも合流されて、
痛飲したのでございました。
お付き合いいただいたみなさま、
ありがとうございました。

ちなみに、三連休最終日となる翌日は、
天候が悪いためサイクリングはナシに(泣)。
まあ、個人的には、連日の飲酒で
体力ゲージが回復しませんでしたので、
ホッとした次第であります。

で、長岡から新幹線で東京に戻ってみれば
悔しいほどの快晴というオチでしたが、
とても充実した連休となりました。
すっかりもう、新潟のファンです。
今度はいつ、どのような道のりで訪れ、
いかにメイドバーを行程に組み込むか、
妄想が止まりません(汗)。
d0211129_12401412.jpg
久々の登板となったマキノ号。
自分の晴れ男ぶりを過信して、
泥よけナシの本機を選んだのですが……。
さっそく洗車、ピラーを抜いて乾燥、ピカピカにしてあげました。
カーボンで軽量なルックを導入してから、
出番が減ってしまったマキノ号ですが、
走りの実力はまったく遜色ないことを再確認できました。
むしろ、速度はこちらのほうが
維持しやすいですね。GOKISOですし。
メカのグレード差もあって、ルックより1.5kg以上重い
マキノ号ですが、惚れ直した今日この頃です。
by cyclotourist | 2014-11-06 12:55 | おしらせ | Comments(5)
Commented by 輪太郎 at 2014-11-06 13:32 x
新潟、良いですね。自分は地理ゼミで1週間いましたので、けっこういろいろ行きました。信濃川は、確かに大きな船が川に入ってきていましたね。やはりスケールの大きな川であると感じたものでした。いつかは、自分もサイクリングで行きたいですね。
Commented by ばっきー at 2014-11-07 02:27 x
新潟サイクリング合宿、お疲れ様でした。林道新発田南部線は11月中旬から5月のGWぐらいまで冬季閉鎖されるようなので、ギリギリ助かりました。GWの時期も大変良いので、そのくらいの時期にまた企画しましょうかね。
Commented by 441M at 2014-11-07 15:59 x
好きな道100選かぁ〜、次の企画になりますね(笑)考えておきましょう。
Commented by cyclotourist at 2014-11-07 18:32
輪太郎様
コメントありがとうございます。
信濃川ももちろん、阿賀野川も広かったです。
これからの季節は厳しいでしょうが、
ぜひ、おりをみて走られてください。

ばっきー様
三日間丸ごとありがとうございました。
さすがに新潟の林道は冬期閉鎖が
早いようですね。ぜひまたお供させてください。

441M様
コメントありがとうございます。
それは素晴らしい企画ですね(笑)。
今度はぜひ、441Mさんイチ押しの道を
ご一緒させてください。
Commented by 輪太郎 at 2014-11-09 13:26 x
北関東とか新潟、富山とか、比較的縁の薄い土地ですが、何となく走りたいと思っています。いつか新潟、行きたいです。話それますが、また東京に行き、再度、市川雅敏さんのヴィテスに行き、マシンに乗せてもらいアドバイスを受けました(有料ですが、お得)。クランクを回すことの意味がよくわかり、セッティング変更も示唆してもらいました。市川さん、人間性も大好きです。友達の約束もしたので、今後「市川選手の友達の輪太郎」と自己紹介します(笑)。
<< 晩秋の信州 新潟サイクリング初日 >>