ブログトップ

シクロツーリスト&ランドヌールときどき模型の製作日記

cyclo.exblog.jp

飯能さんぽ

こんにちは、田村です。

フィギュアのワンフェス申請を済ませ、
なんとなく自分の中で一区切りついた今日この頃です。
フィギュア作りを続けていると、
大きな問題がふたつ生じてきます。
ひとつは、体力の低下。もうひとつは、
部屋があっという間に汚れることです。
粉塵や端材に加え、作業中に飲み散らかした
ペットボトルや空き缶で足の踏み場がなくなるのです。
そんなわけで、ひさしぶりに部屋を掃除しました。
d0211129_965444.jpg
丸一日かけて、
ようやく床が見えてきました。
すると、いろんなモノが見つかってきます。
d0211129_991385.jpg
散乱、放置していた調理器具の数々。
あらためて見ると、とても一人分の
装備とは思えないほど多種多様です。
ガス、ガソリン、アルコールと、それぞれの火器や
大小のコッヘルなどなど……。
いつのまにか集まってしまうものですね。
とんとキャンプツーリングはご無沙汰ですが、
こうしたブツを目の当たりにすると
使ってみたくなるものです。

そんなわけで、とある日曜日に
娘と「山でラーメン」しに出かけました。
d0211129_914682.jpg
向かった先は、またしても飯能。
以前も登った天覧山へ。
飯能は、すっかり「ヤマノススメ」の舞台として
人気が定着したようで、写真の観音寺には
作中のパネルが設けられてました。
d0211129_9155014.jpg
奉納された絵馬。
自分も描いてみたい……こっそり練習するかな(笑)。
d0211129_9165740.jpg
天覧山のふもとにあるコンビニ。
d0211129_9171468.jpg
「ヤマノススメ」コーナーが
パワーアップしていて、なんと
等身大の人形も! 自分もいつか、
フィギュアを奉納したいです(汗)。
お菓子などのお土産も充実度を増してます。
d0211129_9182946.jpg
登り始めます。
天覧山はその中腹まで舗装されてます。
d0211129_919219.jpg
この日は人出が多く、
頂上が近づくと行列に。
家族連れや、ご婦人同士のパーティーが中心。
天覧山は標高200mほどの低山ですから、
気軽なハイキングスポットとして人気のようです。
d0211129_9205089.jpg
二十分ほどで山頂へ。
ヒロイン、あおいちゃんの登山初(?)体験が、
この天覧山でした。
で、先日放映された第12話(とてもよい話)でも、
天覧山が再登場。しかも、もうひとつの山への
縦走(?)を披露していたのです。
そこで、今回はその多峯主山(とうのすやま)を
我々もめざしたのです。
d0211129_9254592.jpg
天覧山の裏手に道が続きます。
「ここからが本番かな」と、劇中で
紹介されていたのが、多峯主山です。
d0211129_927437.jpg
「まむし注意」の看板。
ヘビが大嫌いな娘はビビってましたが、
劇中どおりの情景です。
d0211129_930735.jpg
いったん下って、「見返り坂」から再び登り。
「昔々、どっかの偉い人が何回も振り返ったんだって」
「さっぱり説明になってない!」
と、ひなたとあおいちゃんが会話してた場所ですね。
現地の看板によると、常磐御前(源義経の母)が
登ったという伝説があるそうです。
現在は杉の木立があたりを覆っているので、
特に展望はありませんでした。
d0211129_9351078.jpg
くさり場が出現。
d0211129_9362160.jpg
くさりは子供用とのこと。
あおいちゃんもひなたも使ってましたが、
高校生だから子供なんでしょう(笑)。
d0211129_937127.jpg
多峯主山の頂上です。
標高は271m。天覧山からの所要時間は35分でした。
距離も高さもわずかですが、しっかり登山の気分を
味わうことができました。
d0211129_9393117.jpg
見晴らしも上々。
スカイツリーと富士山が見えるそうですが、
この日は霞んで確認できませんでした。
d0211129_9411242.jpg
火器と食材を取り出します。
ストーブとコッヘルは二組用意。
もちろん、ひと組は娘に持たせました(汗)。
d0211129_942549.jpg
娘のチキンラーメン。
持参したゆで卵とネギ、焼豚を投入しました。
d0211129_9434112.jpg
自分は棒ラーメン。
この麺は細長いので、「ジェットボイル」のような、
寸胴タイプのコッヘルでも茹でやすいのです。
ただ、ジェットボイルの場合、器に
バーナー部を収納する構造なので、
本当は汚さないほうがいいんでしょうね。
いずれにしろ、タダの即席麺も、
外で食べると美味しいものです。
娘もご満悦の様子で、
「これからは、うちでも玄関の外で食べよう」とか
言い出しておりました(笑)。
d0211129_9515771.jpg
食事を済ませたら、ちょっと急な、
西側の斜面を下ります。
d0211129_953173.jpg
麓に降りたら、
ほど近くにある「吾妻峡」へ。
ここも「ヤマノススメ」に登場してましたね。
セクシーな水着で集合、とか言って(笑)。
最近のアニメには、「水着回」がつきもので、
どこかで半ば無理矢理に水着シーンがあったりします。
d0211129_9561046.jpg
河原を700mほども
歩くことができます。
d0211129_9585590.jpg
飯能駅に到着。
ちょうどラッピングバスが待ってました。
思わず乗りたくなりましたが、それはまた
次回ということで、素直に家路につきました。

なんにしても、「ヤマノススメ」のおかげで、
アニメ大好きな引きこもり小学生の娘が、
山や川にも興味を持ってくれたのは
うれしいかぎりです。
by cyclotourist | 2014-10-21 10:08 | おしらせ | Comments(5)
Commented by 北山広 at 2014-10-21 23:29 x
お一人なのにたくさんのバーナーとコッヘルをお持ちですね。
私もたくさんは持っていませんが、ガス、アルコール、タブレットと
目的によって使い分けています。
わたし的にはアルコールでじわじわお湯を沸かすのが
結構好きです(笑)
Commented by 不眠小僧 at 2014-10-23 14:21 x
なかなかシングルバーナを使う機会がないのでたまにココアを作ったりするときに使ってみたり、年に1回点検の名目で自前のガソリンバーナーを集めて燃焼させたりします。なかなか本来の使い方ができません(笑)
Commented by cyclotourist at 2014-10-23 15:02
北山広様
コメントありがとうございます。
アルコールバーナー、潔いシンプルさが
魅力ですよね。静かですし。次回のランでは、
放課後ティータイムしましょう(笑)。

不眠小僧様
コメントありがとうございます。
これからの季節、ツーリングのお供に
シングルバーナーの出番ですね。
メカニカルなガソリンバーナー、自分も
大好きです。
Commented by けーこ at 2014-10-23 16:36 x
その火器コッヘル群、とてもひとり分の持ち物とは思えません(笑)
しかも同じものが複数とか。。
我が家の火器も人のことは言えませんが、コッヘルはそんなにはないですよ~。
Commented by cyclotourist at 2014-10-29 08:56
けーこ様
コメントありがとうございます。
いつの間にか増えちゃったんですよね。
自転車みたい?(笑)
<< 航空観閲式 【フィギュア作り】「ヤマノスス... >>