ブログトップ

シクロツーリスト&ランドヌールときどき模型の製作日記

cyclo.exblog.jp

【フィギュア作り】「ヤマノススメ」あおいちゃん

こんにちは、田村です。

気がつけば十日ぶりのブログ更新です。
この間、おもになにをやっていたかというと、
やっぱりフィギュア作りなのです(汗)。
明日が、次回ワンフェスの
本申請締め切り日だったりして、
仕事もサイクリングもほとんどせずに(汗)、
せっせと手を動かしておりました。
で、本日、ようやく形になりました。
d0211129_2243279.jpg
「ヤマノススメ」の、あおいちゃんです!
製作をはじめたのは、8月下旬でした。
d0211129_22443628.jpg
8月下旬に、
「ヤマノススメ」を見て感化された娘と、
三ツ峠山に登りました。
この翌日から、作り始めたのでした(笑)。
もっとも、「艦これ」の衣笠さんも作ってたので、
あおいちゃんは後回しの日々。
d0211129_22484074.jpg
写真は、作り始めたころ。
いままで、針金で全身の芯を作っていたのですが、
今回は、体幹と四肢をパテで作ってから、
間接部を針金でつなぎました。
一般的には、このいわゆる「あやつり人形」方式が
主流みたいですね。たしかに、効率いいかも。
d0211129_22503879.jpg
モチーフは、飯能で買った
クリアファイルのイラスト。
いろんなシーン、媒体で使われてる
キービジュアルですね。
このあおいちゃんに似せるべく、あやつり人形で
ポーズを検討していきます。
d0211129_2247148.jpg
このくらいまでには、
しばらく前に進んでいたのですが、
ほとんど放置状態の日々。
十日前に衣笠さん建造がひと段落したので、
ようやく、あおいちゃんに本腰を入れた訳です。
d0211129_2258212.jpg
服を別パーツにしたのですが、
これがけっこう、というか、かなり大変。

すでに作った部分に、リップクリームを塗って、
そのうえにパテを盛ると、硬化後に外せます。
こうした「離型処理」といわれる方法を使って、
別パーツとして服を作っていくのです。
方法としては……


パンツ

シャツ

ジャケット
と、重なり順に離型処理を進めていけば
カタチになるのですが……。
実際は各部の修正のたびに、
構成部品それぞれを、いったりきたり
修正するはめになり、かなり泥沼&長期戦化。
作り始める前は、艦娘に比べれば楽だろ〜と
甘く見ていましたが、あんまり甘くなかったです。
d0211129_2373587.jpg
こうしたザックリとした
状態までは、サクっと進むのですが。
d0211129_2382058.jpg
それでもなんとか、数日前には
表面を整形する段階に。
そして、頃合いをみて、「三ツ峠」を作りだしました。
今回は初の座りポーズ。台座が必須です。
d0211129_2394532.jpg
現地で撮った写真と
段ボールを組み合わせ、
山頂の情景をすりあわせます。
イラストどおりに構成するのは難しそうなので、
現地のようすを反映しつつ、適当にアレンジです。
d0211129_23111381.jpg
碑の写真を適当なサイズでプリントし、
それをプラ板に貼って切り出します。
d0211129_23115520.jpg
カッターで「三ツ峠」を切り込み、
彫刻刀で「海抜一七八六一米」を
彫り込みました。貼った写真の上に刃を当てるので、
かなり忠実に再現できました。
d0211129_23174892.jpg
山頂が机上に現れました(笑)。
なんか、戦車とかのジオラマを
作ってるみたいで楽しい作業でした。
d0211129_2319211.jpg
ストックです。
プラ棒とプラパイプの組み合わせで、
それっぽく。細かいとこは省略で(汗)。

で、こうしてカタチになってくると、
自画自賛というか、できばえを楽しみたく
なるものです。しかし、調子にのって
妻に見せたのが運の尽き……。
「この子、いくつなの? 高1? なにこの腰。まるで子供を産んだ中年のおばさんみたい」
とか、まるで遠慮仮借ないコメント。
議員なら辞任ものの発言、
しかも「お前が言うな」と逆ギレしたくなりましたが、
言われてみれば、あおいちゃんのシュッとした
スタイルとはほど遠いデキにも気づき、
悔し涙で修正をはじめました。
自己満足、だめですね。
服を重ねてるので、ぶくぶくしちゃってたのです。
結局、ジャケットの離型処理をやりなおし、
かなり作り直しました。
d0211129_233041100.jpg
いい加減、本申請に
間に合わなそうなので、荒技を。
パテを盛ったら、トースターに突っ込んで
熱で硬化を促進させます。さすがに余熱で。
あったまったトースターの中に入れると、
4時間は必要だった硬化時間が、
小一時間で済むのです。
d0211129_23325795.jpg
それなりの部品点数に
なりました。
d0211129_23333417.jpg
とりあえず、カタチになりました。
なんとか、明日の本申請ができそうです。
しっかし、何こ作っても、
なかなか上達しないもんですね……。
いつかは、市販のフィギュアと並べても、
激しく見劣りしないものを作りたいものです。
by cyclotourist | 2014-10-14 23:46 | ひまつぶし | Comments(6)
Commented by ばっきー at 2014-10-15 07:49 x
WF申請直前ということで、追い込み作業お疲れ様です。「ヤマノススメ」は山道具がちゃんと実在のものを参考に描かれているので、登山道具を見ているだけでも楽しめますね。しかし、山は女性で一杯なので、自転車の方にも流れてきて欲しいものです(笑)
Commented by まりきち at 2014-10-15 18:06 x
素敵です。
しかもキービジュアル絵からの写しだけではなく現地で本物を見てきた方だからこその空気も感じられて見入ってしまいます。

それに題材的にもウエア等アニメ設定から離れて気に入ったブランドの色に塗ったりシェラカップなんかを自作してリュックにぶら下げたりとやりたいことで夢が拡がりんぐ。

WF当日が出勤にならなく行くことができたら買わせていただくかもしれません。
超人見知りなのですがその時はよろしくお願いします(笑)
Commented by ミウラSV at 2014-10-15 22:42 x
WF申請の追い込みお疲れ様です。
衣装だけでなく道具も付随するキャラクターだと、その再現が大変ですね。
それにしても2次元から3次元へのモックアップ、想像力と立体化するテクニックに恐れ入ってしまいます。
Commented by cyclotourist at 2014-10-16 17:12
ばっきー様
コメントありがとうございます。
ミーティングにも出ず、こんなありさまで
恐縮です(汗)。
山の半分でも、ご夫人がサイクリングを
楽しんでくれるといいですね〜。

まりきち様
コメントありがとうございます。
模型が上手な方に評価していただけると、
本当にうれしいかぎりです。
WF、ご都合よろしければぜひお越し下さい!

ミウラSV様
コメントありがとうございます。
なによりも、ゼロから二次元を生み出す
イラストレーターさんてすごいなあと思います。
とはいえ、ぼちぼちサイクリングのほうにも
注力したい今日この頃です(笑)。
Commented by suutarou at 2014-10-16 19:31 x
三ツ峠の石碑の文字の再現は、まさに書道でいう拓本の技法ですね。フィギィアの世界はよく分かりませんが、この製作記を見て妙に感心してしまいました。
Commented by cyclotourist at 2014-10-21 09:03
suutarou様
コメントありがとうございます。
拓本ですか。考えてみれば、堅い石材に
ああした碑文を彫り込む技術は
たいしたものですね。
<< 飯能さんぽ 【フィギュア作り】衣笠さん進捗その2 >>