ブログトップ

シクロツーリスト&ランドヌールときどき模型の製作日記

cyclo.exblog.jp

1000kmブルベ終了しました!

こんにちは、田村です。

ブルベは、ブルベを走りたい人が
主催しております。
自分もしばらく前からブルベの主催クラブのひとつである
ランドヌ東京」に所属しており、
なかば幽霊部員ながら、時々は
お手伝いさせております。

そんなランドヌ東京による
今年いちばんの目玉的なブルベが、
先に開催された「BRM920東京1000km」でした。
ペットネームは「ええじゃないか伊勢夫婦岩」。
山梨の石和をスタートし、いくつもの峠と谷を越えて
三重県の伊勢をめざし、東海道で横浜まで
戻ってくるという、壮大なコースです。
d0211129_912015.png
ルートラボで概略図を引いてみましたが、
あらためて見るとすごいコースですね。

今回、ワタクシは巡回移動スタッフとして、
全行程にクルマで帯同させていただくことに
なりました。そこで、スタートの
石和健康ランドに前泊することに。
d0211129_914975.jpg
見事なバナーが!
健康ランドの支配人さんが、ご好意で
作成、掲示してくれたものです。
これには参加者もスタッフも大喜びでした。
d0211129_9154731.jpg
20日、100名以上の参加者が集合。
ベテランぞろいのランドヌールですが、
今年からブルベを始めたフレッシュな方もちらほら。
7時、8時、9時と、三組に分かれて
スタートしていきます。
制限時間75時間、三日間におよぶ
大ブルベのはじまりです。
d0211129_9182874.jpg
運転ができない(汗)ワタクシは、
助手席でナビと撮影を担当。
クルマで最後尾から追いかけてゆく訳ですが、
下道ではなかなか自転車に追いつきません。
あらためて、自転車の行動力に驚きます。
d0211129_9191856.jpg
沿道で待っていた応援の方。
これは元気が出ますね!
d0211129_920057.jpg
杖突峠を登ります。
さすがにクルマは楽です(笑)。
走っているみなさまには申し訳なく思いつつ、
やはり自転車で走りたいなとも思いました。
d0211129_9211944.jpg
杖突峠を次々とクリアしていく
参加者たち。幸い、好天に恵まれました。
d0211129_9234883.jpg
こちらは大平街道。
ツーリングなら癒し系の峠路ですが、
1000kmブルベの道中にあると、
なんとも厳しい関門です。
ブルベの制限時間をクリアするために必要な
グロスの平均速度は、時速15kmです。
普通なら、先へ行くほど自然と
時間に余裕が生まれるものですが、
今回のコースは前半に登りが多く、
多くの人にとって、常に時計とにらみ合うような
切迫した展開が続いたようです。
d0211129_9275720.jpg
飯田峠です。
峠で足を止める方は少数で、
みなストイックに先を目指し続けます。
そして、そんなストイックな走りをしなければ、
完走が望めないコースなのです……。
d0211129_9292578.jpg
コース沿いの馬籠宿。
もちろん、立ち寄っている参加者は
皆無でした。
d0211129_930149.jpg
多くの参加者を苦しめた蛭川峠。
自分もまったく存在すら知らなかった峠ですが、
中津川と恵那の境あたりにある
凶暴な峠です。
d0211129_932785.jpg
一夜明け、一宮に束の間だけ集合したスタッフ。
一部はシークレットPCで夜を徹して対応し、
自分を含む巡回隊はホテルで仮眠。
走っている参加者に比べればラクなものですが、
クルマ移動でも長丁場は体力勝負です。
d0211129_9334222.jpg
伊勢へ続く道。ルートは、
無情にもアップダウン続き。
このあたりから、桑名で試走を中断した
自分にとっては、まるで未知の道です。
自分が走ることができなかった道を、
あきらめずに力強く走る参加者の姿を
見ていると、強い畏敬の念が湧いてきます。
d0211129_9582115.jpg
折り返しPCの伊勢浜島。
石和でいただいたバナーに「R」を書き足して
再利用。こちらにはオダックス近畿のスタッフさんにも
来ていただき、力走した参加者を迎えました。
d0211129_9594221.jpg
中盤のハイライトが、剣峠。
かねて関西のサイクリストから
聞いていましたが、道の雰囲気も眺望も
すばらしい峠でした。
願わくば自分も自転車で越えたいものでしたが……。
d0211129_101320.jpg
頂上は豪快な切り通しです。
道は次第に五十鈴川沿いになり、
下りきると伊勢神宮です。
d0211129_1024291.jpg
d0211129_1025514.jpg
そして夫婦岩。
カップルばかりの名所を、
おやじ二人で訪れるのも乙なもの……。
二日目、私ども巡回隊は松坂に投宿。
d0211129_103439.jpg
近場の焼き肉屋に繰り出し、
英気を養いました。
己の痛風を忘れ、しばしの快楽に身を任せたのです。
d0211129_105122.jpg
三日目、岡崎まで高速道路でワープしてから、
コースに戻って最後方をトレースします。

中盤以降、高い峠はないのですが、
意外とアップダウンや右左折が多く、
参加者にとっては、どこまでも楽ができないコースです。
好天であることと、風向きがよいことが
救いでしょうか。
驚くべきことに(!?)、DNFの連絡は思いのほか少なく、
7割の参加者がゴール目指して力走を続けています。

ちなみに、スタッフによる事前の試走は
自分を含め6名が実行しました。
本番の二週間前に自分が、
一週間前に5人が走り、結果は……
完走できたのは1人のみという結果(汗)。
それに引き換え、本番の参加者の力走ぶりには
感嘆するしかありませんでした。
d0211129_1012259.jpg
三度目の夜。
写真は熱海峠へ向かう参加者です。
箱根に比べれば標高こそ低いものの、
すでに900kmも走ってきた参加者にとって、
恨み節が集中する峠となりました。

ちなみに、もっとも速い方は、
三日目の夕方前にはゴール済み。
所要50時間少々です。
制限時間は75時間ですから、ゴール待機組みの
スタッフもたいへんです。
仮眠と交代を繰り返し、散発的に到着される
参加者の受付を行っていたのです。
巡回組は、興津の健康ランドで仮眠後、
ふたたび最後方を追ったのでした。
さいわい、大きな事故は皆無で、
巡回組にたいした出番はないまま、
1000kmブルベのフィナーレが近づきました。
d0211129_10165289.jpg
暁の熱海峠。
d0211129_1017142.jpg
ゴールは、横浜みなとみらいの
万葉の湯。
続々と到着する参加者は、
疲労困憊ながらも輝いて見えました。
そして、23日の12時に最終スタート組の
制限時間を迎え、1000kmブルベは
終了したのでした。
みなさん、三日間本当におつかれさまでした。
d0211129_10304122.jpg
個人的に興味津々だった一台。
Sさんのケルビムです。
あえてボトルケージを設けず、
オーダーのフレームバッグを装着するなど、
乗り手の経験がつぎ込まれた仕様です。
そして、なんと……
d0211129_10313937.jpg
内装14段変速。
厚歯チェーンで信頼性確保です。
d0211129_10342274.jpg
こちらも気になった一台。
リンスキーのディスク車。
AJ副会長様の実践的なマシンです。

根がオタクな自分にとって、
こうした個性的な自転車をじっくり見ることができたのは、
大きな収穫でもありました。

しかし、スタッフとして帯同した三日間は
なかなかの葛藤が心にうごめき、
教訓というか、反省と後悔を与えてくれました。
やっぱり、自分が完走できなかったブルベの
スタッフ業務は、心中が穏やかならざるものが
あるのでした。
力走している参加者の姿と、早々にあきらめた
自分の不甲斐なさを比べてしまうと、
なんともすっきりしない気持ちになるのを
抑えることができず、
やっぱり自分も諦めなければよかったとか、
あーすれば、こーすれば
きっと走りきれたはずだとか、あげくの果てには、
みんなもDNFしちまえ、といった
悪魔的な気持ちにもなるのでした(泣)。

DNFしたブルベほど記憶に残るものですが、
やっぱり完走しないとダメですね。
もしくは、自分が納得できるほど、
力を出し切らないと悔いが残るんだなと、
あらためて実感しました。
来年はPBPがある年ですが、
まずは1000kmをリベンジしたいなと
心に誓ったのでした。
d0211129_10401772.jpg
試走中の大平街道にて。
d0211129_10404072.jpg
ちょうど夕暮れ時に通過した
木曽見茶屋。豚に真珠のルックで
走ったものの……
d0211129_10413695.jpg
暗闇の蛭川峠で心が折れ……
d0211129_1042649.jpg
桑名で仮眠用に取ったホテルに到着後、
再スタートできませんでした。
ああ情けない……。
楽観的すぎた予定では、ホテルで3時間ほど
寝るつもりでしたが、実際は1時間しか寝れない
タイミングでの到着。
けっきょく、睡眠と飲酒(汗)を優先して、
走り続けるのを止めてしまったのでした。
走行距離は330km。全行程の三分の一しか
走れなかったわけです。
それだけに、本番で完走するみなさんの姿が
神々しくも悔しくも見えたのです。

もっとも、試走でDNFした時は、
このうえない開放感に浸ってしまい、
輪行の旅を満喫……。
d0211129_1047962.jpg
桑名から出ている
三岐鉄道北勢線を体験。
ナローゲージといって、レールの幅が狭い
めずらしい路線なんですよね。
d0211129_10475780.jpg
車両もコンパクト。
いつもの輪行袋が小さく
見えました。
で、二日目用に取っておいた岡崎の宿へ移動。
キャンセルして早々に帰宅してもすることはないので、
d0211129_10483225.jpg
岡崎城で開催中だった
刀剣とマンガの世界展を見たりして、
ぽっかりと空いた時間を無駄に
過ごしたのでした。

今年、もうエントリーしているブルベはありません。
ブルベ以外のサイクリングを楽しみつつ、
来年のブルベシーズン開始まで、今回の反省と悔いを
忘れずにいたいものです。
by cyclotourist | 2014-09-26 10:59 | おしらせ | Comments(8)
Commented by 441M at 2014-09-26 20:30 x
まぁ何はともあれお疲れ様でした。
道は逃げないのでまたの機会に頑張りましょう。
我々ツーリストはこれからが本番!いろんなプランが有りますので、気が向いたら御参加の程、お願いします。
Commented by はじ~ at 2014-09-26 20:35 x
伊勢夫婦岩1000kmのスタッフお疲れ様でした。
600kmまでしかエントリーしたことないので、来年以降の課題にしたいと思います。
また、確かにDNFしたブルベは記憶に残りますね(;´Д`)
去年DNFしたSR600KNが心残りなので、今年の経験を活かしてリベンジ頑張ってきます('◇')ゞ
Commented by 竜胆急行 at 2014-09-26 21:19 x
スタッフお疲れ様でした!
にしても試走で完走一名とは(汗 タフなコースですね
私も(主に走力以外の部分で)600km超は未経験なんですが、
来年以降、一度はチャレンジしたいと思っています。

AJ宇都宮からも出走して完走した者がおります^^*
そういう知らせを受けると、こちらもモチベーション上がりますね♪
Commented by 輪太郎 at 2014-09-26 21:59 x
1000キロのブルベなんか、考えられません。と言うか、オイラは200キロでも無理です。今年、1日で250キロ走りましたが、コースに登りが少なかったですからね。あと、報告。ブルベとは比較にならないけど、今日の40キロで、9月の走行距離が1000キロに達しました。自分としては、月間最長距離です。ささやかに、喜びます。
Commented by 北山広 at 2014-09-26 23:02 x
1000キロブルペ、試走に巡回スタッフにとお疲れ様でした。
伊勢志摩、ブルペで走り抜けるのも良いですが、
これから冬にかけてはやっぱり「牡蠣」ですよ。
剣峠、浜島、対岸の御座岬、大王岬、県道750号線の渡し船。
みどころ、食べどころ一杯です。
12月になると近鉄の乗り放題の安いキップがでるので、
また行く予定であります。
Commented by 不眠小僧 at 2014-09-26 23:34 x
ブルベスタッフお疲れ様でした。伊勢1000は参加してみたいなと思ったのですが、結局同日の別のブルベに参加してしまいました(汗)スタッフもランドヌールであるので葛藤もある中、サポートに徹してブルベを支えているのですね。私は遠方の人間なので、遠征するのに制約がありますが、いつかはランドヌ東京のブルベに参加してみたいです。
Commented by cyclotourist at 2014-09-27 02:18
441M様
コメントありがとうございます。
そういえば、一緒に走ったのは
御前崎だけでしたね。
ぜひ、お供させてください。

はじ~様
コメントありがとうございます。
去年は1000kmも完走できたのですが、
これも歳のせいですかね(汗)。
600kmもそうですが、長いブルベは
気持ちの強さが完走を左右しますね……。

竜胆急行様
コメントありがとうございます。
試走完走率の低さは、
時の運だと思います。
自分は心の弱さが理由ですが(汗)。
1000kmは、参加者にとってはもちろん、
クラブにとっても、全力挙げての
イベントでした。

輪太郎様
コメントありがとうございます。
200kmを走ることができれば、
1000kmもその延長です。決して、
不可能ではありません……走れなかった
自分が言っても説得力ありませんが(笑)。
なにはともあれ、月間最長距離の達成、
おめでとうございます。
Commented by cyclotourist at 2014-09-27 02:18
北山広様
コメントありがとうございます。
牡蠣……大好きですが、プリン体おおそうですね(涙)。
伊勢に宿を取って、東西から
集合ラン、なんてのも楽しそうですね。
伊勢が舞台のアニメ、あったかな(笑)。

不眠小僧様
コメントありがとうございます。
ご存知のとおり、基本、
サポートなしがブルベなので、
特にサポートしている訳ではないのですが、
長距離のブルベは巡回スタッフが
必要だなと思いました。
遠征ブルベはとっても楽しいので、
ぜひ東京にもお越し下さい。
<< 大弛峠&三国峠へ行ってきました! 【フィギュア作り】衣笠さん進捗 >>