ブログトップ

シクロツーリスト&ランドヌールときどき模型の製作日記

cyclo.exblog.jp

開田高原から飛騨高山へ

こんにちは、田村です。

サイクリングには起点と終点が必要です。
開田高原で「昭ちゃんメモリアルラン」に参加した翌日、
どこを走って帰宅するかは、まったくノープランでした。

すると、昭一さんのご友人であるI先生が、
「高山に抜けるのが定番やな」
と、アドバイスしてくれました。
「美女峠を越えていくのがええ」
「いい峠なんですか?」
「名前がええ」
木曽〜飛騨あたりの土地勘が
まったくない自分としては、
すらすらとルートを教えてくださったI先生の
豊かな経験にあらためて驚きました。
さらにKさんが
「朝日ダムの旧道がええがや」
と、教えてくれました。
何十年もサイクリングを楽しんできた
大先輩の方々。やっぱり脱帽です。
自分もムダに二十年ばかり自転車を
趣味にしてますが、たとえ地元であっても、
こんなに当意即妙的にルートを
提案することはできないと思います。
d0211129_010169.png
そんなわけで、走ったルートがこちら。
ガーミンコネクトの地図なので分かりにくいですが、
開田高原から北西に向かい、長峰峠を越えて岐阜県に入り、
国道361号(木曽街道)で高山へ向かいます。
d0211129_0112456.jpg
メモリアルランに集まったみなさんに別れを告げ、
9時前にひとりで走り出します。
クルマを木曽福島にデポして参加された方が多く、
高山をめざすのは自分だけのようでした。
60kmほどのサイクリングです。
d0211129_0123368.jpg
県境の長峰峠。
休業している茶屋が物悲しいですが、
一昨年に、『シクロツーリストVol.10』の
リポートのためにIさんと走った道でもあり、
なんだか懐かしいです。気温は18℃ほどで、
高原らしくとても清涼で、一足はやい秋を感じます。
d0211129_0152155.jpg
峠を下り切ると、野麦峠への分岐です。
以前の訪問では、右折して野麦峠を越えましたが、
今回は直進して、朝日ダム経由で高山をめざします。
d0211129_0163050.jpg
このあたりはダムが多く、
次々に現れます。
d0211129_017728.jpg
道の駅で小休止。
道の駅は、コンビニがないような
人里はなれた場所にもあったりするので重宝しますね。
痛風なもんで(汗)、水分補給は大事です。
3、4人のサイクリストと行き違いました。
地元では、このあたりはメジャーなルートなのかも。
d0211129_0192962.jpg
赤い橋の向こうには、長いトンネルが待ってます。
ここで右の細道に入り、国道を外れます。
d0211129_0201890.jpg
とたんに、サイクリング的には
すばらしい道となります。
分岐地点に「この先行き止まり」と標識があり、
クルマはまったく通りません。
ダムの貯水池に沿った静かな道です。
d0211129_022587.jpg
薄く冠水したトンネルがいくつか。
傷んだ舗装路や散乱した小枝に気を使いますが、
こうした道こそ、タイヤが太めでマッドガードがある
ツーリング車のもっとも得意な状況ではないでしょうか。
なんだかワクワクしてきます。
d0211129_026633.jpg
人造湖とはいえ、とても神秘的に
感じる光景が広がります。しかも独り占め。
d0211129_028283.jpg
ほどなくして車止めが。
国道が平行してますから、
通過する利用者はいないのでしょうね。
d0211129_0293187.jpg
わずかに下り基調の道。
一気に走りすぎるのが惜しくなります。
d0211129_030165.jpg
朝日ダムが見えてきました。
まるでサイクリストのために神様が作った道だと
思いながら進んできましたが、電力のために
作られた道なんですね。
d0211129_0315560.jpg
国道を逸れて、再び国道に戻るまでの
9km弱の道ですが、自分史上、十指に入る
すてきな道でした。
関東のサイクリストにとって、奥美濃や飛騨は
なかなか走る機会が少ないエリアです。
でも、こんなすてきな道に出会えるのです。
教えていただいたI先生、Kさん、ありがとうございます。
周辺の地図を見ると、走ってみたくなる道が
あちこちに通ってます。また訪ねたいですね。
来春、北陸新幹線が全通したら、富山〜飛騨も
東京からもぐっと近くなるはずです。
まだ見ぬ好ルートに思いを馳せながら、
国道に戻ります。
d0211129_039223.jpg
国道361号を進んで、
美女峠をめざします。
うっかり高山方面の標識に従うと、
美女峠を通らないので注意です。
ほどなくして国道を再び逸れると、
ゆるやかな登り坂のはじまり。ここも木曽街道で、
越中の氷見でとれたブリを、江戸時代はこの街道で運び、
飛騨高山を経由して信州に運んだそうです。
だから、信州の人は、ブリは飛騨で採れるものと
思ったとか……。素朴ですね。
d0211129_04055100.jpg

つづら折れの道を進むと美女高原です。
いつの間にか青空が広がり、
マッドガードが日差しを強く反射させます。
d0211129_0472728.jpg
近くにあった「走り乃神社」。
なにか古式ゆかしい由緒ありかと思ったら、
2001年にクルマ好きの方々が建てたとか……。
d0211129_0505341.jpg
峠に向かうと、旧街道を示す柱あり。
d0211129_0513141.jpg
しかし通行止め。
ちょっとスポルティーフでは乗れなそうな
砂利道でもあり、あっさり元の道に戻ります。
d0211129_052942.jpg
期待の(?)美女峠へ。
道のピークにも峠名を掲げた標識などは
見当たりませんでしたが、林間の静かな道でした。
さきほどの美女高原の休憩所に解説があったのですが、
昔、この峠には800歳を越えても
なお若々しい比丘尼が住んでいたそうな。
池の主の大蛇とも言われ、眼もさめんばかりの
美女だった……そうな。
モリサマちゃん的な中二病設定ですが、
美しければ年齢も正体も関係ないと言えば
関係ないですね(笑)。
d0211129_0594056.jpg
下りきって国道361号に復帰。
もう田の稲穂が実りつつあります。
d0211129_112297.jpg
d0211129_113580.jpg
13時前に、高山の街に到着。
僕が苦手な(?)メジャーな観光地です。
日曜日ということもあり、人出が多いです。
海外からの方もたくさん。
そんな高山も……
d0211129_134084.jpg
アニメの舞台だった(笑)。
観光案内所で、舞台巡りパンフをいただきました。
しかし、お恥ずかしながら、
この「氷菓」は未視聴。しまった……。
絵を一見して分かるとおり、京アニ作品です。
きっと秀作なのでしょうね。帰ったら見なくては!
d0211129_161276.jpg
「氷菓」オープニングに登場する橋……
だそうです。さすがに見てないアニメの
舞台では心が高ぶりません(泣)。
同じ景色を見ても、感動したり面白がれるかどうかは、
けっきょく、見る人の心持ち次第なんですね。
なんか旅の真理に近づいた!?
d0211129_181254.jpg
とりあえず、アニメ由来の
お土産は買ってみました(笑)。
d0211129_18528.jpg
高山駅です。
名古屋〜富山を結ぶ高山本線は
今年で80周年とのこと。日本海側と太平洋側を結ぶ
偉大なローカル(?)線です。
富山から名古屋まで、あちこち寄りながら
サイクリングしたら楽しいだろうな、と思ったり。
d0211129_195675.jpg
名古屋行き特急の待ち時間で、
飛騨ラーメンの昼食。
一昨年のトーエイオーナーズミーティング後にも
同じ店で同じものを食べたような……。
d0211129_1121876.jpg
ホームをのぞくと、国鉄型気動車の代名詞、
キハ40が往年の姿でたたずんでました。
d0211129_1125437.jpg
古い車両と女子高生って、妙に
似合うなと思ったり(汗)。
d0211129_1132848.jpg
ホームには手洗い場があります。
ススで汚れた蒸気機関車時代の名残でしょうね。
d0211129_114978.jpg
そんなわけで、特急に乗って名古屋に出て、
新幹線で帰京いたしました。
ほんとうにひさしぶりにツーリングらしいツーリングを
堪能することができた二日間でした。
新幹線を使いまくったので、
ほぼ無職休業状態(おいおい……)の自分には
重めの交通費がかかりましたが、
やっぱり輪行は楽しいですね!

ようやく涼しくなってきたことですし、
今年の秋もいろんなところを走りたいものです。

d0211129_1191249.jpg
まったく別件ですが、
自分が主催させていただいた
ブルベ(BRM719東京200km小諸)の
認定カードとメダルは、
一昨日に発送いたしました。
参加されたみなさま、あらためて
おつかれさまでした。
by cyclotourist | 2014-09-04 01:32 | おしらせ | Comments(9)
Commented by 隊員2号 at 2014-09-04 09:49 x
こんにちは。別件のグループでいつもお世話になっております。
開田高原から、長嶺峠、美女峠を越えて高山までいかれたのですか。
以前、自二に乗っていた頃、良くツーリングにいきました。
つい最近と思っていましたが、考えるともう35年くらい前でしょうか(笑
その頃は全て旧道経由だったかと思います。
あそこは良い道ですよね。

このルートのアプローチで高山ゴールのコースを考え、
春に下見にも行ったのですが、
全ルートの高低差が厳し過ぎボツになりました(笑
Commented by 441M at 2014-09-04 20:11 x
一昨年の「TOM」の帰路に逆コースを辿りました。
あまりの山深さに「シテイボーイ(?)」の私はビビりまくりで、旧道に分け入る勇気など完全に消滅してましたね。
鉄道ネタの間違いは見て見ぬ振りと致します(これが微妙ってか!笑)
Commented by ミウラSV at 2014-09-04 22:49 x
ツーリング車にピッタリなコース。
前記事での木曽福島は自分も走ったことがありますが、このコースは未踏です。
国道から外れてというところが旅情あふれて、いい雰囲気に。
>この「氷菓」は未視聴。しまった……。
自分もです・・・
いつかは走ってみたいところです。
Commented by 北山広 at 2014-09-04 23:09 x
開田高原から高山まで、まさに私が昨年の秋に走ろうとして
叶わなかったコースであります。
飛騨高山、ここも聖地と化していましたか。
有名どころの「氷菓」より、私は「星空へ架かる橋」ですかね(笑)
また、岐阜、美濃太田、郡上八幡方面などへ
日帰り巡礼サイクリングと考えたりしています。
Commented by 不眠小僧 at 2014-09-05 14:27 x
美女峠はトンネルができる前の国道時代に一度通過して野麦峠へ向かった道です。まだ通れるようですね。旧道を通るのは先の状況がわかれば楽しいですが、崩れてたり 路面が苔むしてたりしてスリルと危険がありますね。
Commented by cyclotourist at 2014-09-06 15:17
隊員2号様
コメントありがとうございます。
高山あたりは自分も知らない道ばかりで
新鮮でした。また走りたいものです。

441M様
コメントありがとうございます。
鉄道ネタ、いろいろ教えてください。
TOM、今年も楽しみですね。

ミウラSV様
コメントありがとうございます。
こんど、舞台サイクリング研究会でも
発足しましょう。

北山広様
コメントありがとうございます。
舞台サイクリング研究会の会長は
北山さんにお願いしますね(笑)。

不眠小僧様
コメントありがとうございます。
未体験の旧道や林道を走るときは、
時間と心と体力に余裕が必要ですね。
そんなサイクリングを楽しみたいなと
思っております。
Commented by IKE at 2014-09-11 06:35 x
はじめまして!
いつも楽しく読ませて頂いております。
質問です。
フロント&サドルバックはどちらの物でしょうか?
コンパクトでいいなあっと思い気になりました。
私もツーリング車で楽しんでおります^^
Commented by cyclotourist at 2014-09-11 15:53
IKE様
コメントありがとうございます。
自分が愛用しているのは、
RSAサンバックスという名古屋の
オーダーメイド工房によるものです。
品質も価格も良心的ですよ。
Commented by IKE at 2014-09-11 18:02 x
RSAサンバックス、早速見てきましたが、大変好みでした。
有難うございました。
<< ルック+デュラの真価 「昭ちゃんメモリアルラン」 >>