ブログトップ

シクロツーリスト&ランドヌールときどき模型の製作日記

cyclo.exblog.jp

「昭ちゃんメモリアルラン」

こんにちは、田村です。

先の週末は、木曽へ出かけ、
「昭ちゃんメモリアルラン」に参加させていただきました。

名古屋のサイクリングクラブである
「サイクリストクラブはづき」の代表を長く務め、
去る5月に76歳で亡くなられた鈴木昭一さんの
追悼ランです。

鈴木昭一さんのご面識を得たのは、
4年ほど前でした。
当時、トーエイの写真集を作っており、
鈴木昭一さんのお力を借りて、
たくさんの素晴らしいトーエイ車を撮影させていただきました。
また、その際にお願いして、
「はづき」に入れていただきました。

クラブ活動にはほとんど参加できてないのですが、
トーエイオーナーズミーティングや御前崎オフで
鈴木昭一さんにお会いするたび、
いろいろとお話を聞かせていただきました。
まだ国道1号が未舗装だった頃に、
名古屋から東京まで走ったエピソードなど、
楽しそうに話してくれたのが思い出深いです。
今年の2月にも、御前崎で一緒に走らせていただいたので、
5月に訃報を受け取ったときは、本当に驚きました。

そんな鈴木昭一さんと「はづき」が
何十回も訪れてきた木曽の開田高原で、
追悼ラン「昭ちゃんメモリアルラン」が開かれることになり、
自分も参加させていただいたのです。
d0211129_12585185.jpg
名古屋から中央本線に乗って、
集合場所の木曽福島駅をめざします。
新宿〜塩尻の「東線」は平凡な車窓が続く中央線ですが、
名古屋〜塩尻の「西線」は、木曽川に沿って山間を進むので、
車窓に変化があって楽しいですね。
もっとも、東京から木曽福島駅へ行くためには、
長野回りのほうが安いのですが、
時間的な都合で名古屋経由を選びました。
おかげで、寝覚の床などの奇勝を
車窓から眺めることができました。
d0211129_1343968.jpg
9時半に木曽福島駅へ着くと、
ほとんどの方がすでに到着済み。
自転車を組み立て、さっそく走り出します。
開田高原まではほんの30kmほどですが、
有名な峠が待ち受ける好ルートです。
d0211129_1371465.jpg
開田高原を共にめざしたのは
20人ほどでしょうか。
曇り予報でしたが、青空を望む好天となりました。
d0211129_1383381.jpg
d0211129_139020.jpg
ほどなくして旧道に入ると、
峠までの登りがはじまります。
d0211129_1394579.jpg
ちょっと走ると唐沢の滝。
この道は飛騨街道と呼ばれ、
日本海と信州を結んできた歴史ある道なのです。
初めてこの道を走ったのは、
3年前に参加した「はづき」の合宿でした。
d0211129_13114431.jpg
地蔵峠に到着。標高1335m。
全国にたくさんある「地蔵峠」のなかでも、
ここ木曽の地蔵峠がいちばん趣があるのでは
ないでしょうか。
d0211129_1314435.jpg
昭一さんのツーリズムも登場。
この自転車は、1970年に昭一さんが
初めて作ったトーエイ車です。
ご自身の分身のような存在だとおっしゃってました。
その偏芯タイプの変速レバーや千鳥は、
ご友人のI先生が手作りされたもので、
その後、東叡社でも参考にされたものだとか。
d0211129_13165914.jpg
Aさんの現代的なスポルティーフ。
d0211129_13172214.jpg
奥様の手縫いだという
ボトルカバーが素敵です。
d0211129_13175799.jpg
地蔵峠を降りれば開田高原。
d0211129_13182058.jpg
下りの途中で、御岳山を望む
ポイントがあるのですが、あいにくと
山頂は雲の中。今回で4度目くらいの訪問ですが、
山頂が見えたことは一度しかありません(泣)。
d0211129_13194411.jpg
開田の入り口に立つ灯籠と道祖神。
こうした情景にはスチールフレームの
ツーリング車がこのうえなく似合います。
d0211129_13225675.jpg
末川で昼食。
素朴な味わいのおそばをいただきます。
サイクリストやライダーは、二枚盛りの値段で
三枚でてきます。ペロッと完食し、次の峠をめざします。
d0211129_1326337.jpg
国道361号の九蔵峠。
ここも御岳山の展望所なのですが、
やはり雲のなかです。
d0211129_1328554.jpg
はるか昔、ここは海だったそうです。
折れ曲がった地層が露出してます。

さて、このあたりで少々のにわか雨に遭ったのですが、
ツーリングではポンチョを使う方が多いです。
自分はセパレートしか使ったことがないので……。
d0211129_13321798.jpg
Kさんのポンチョを借りて
試用してみました。RSA製のポンチョで、生地が
非常にしっかりしてます。やや重いですが、そうでないと
風にすぐあおられ、使いにくいそうです。
d0211129_13325113.jpg
登りでは、蒸れが少なく快適です。
一方下りでは、速度が30kmを超えると、
風をはらんで膨らみ、少々気になります。
風雨や寒さから体を守る能力は、
圧倒的にセパレートタイプのレインウェアが
優れていると思いましたが、ポンチョの長所は、
脱ぎ着が楽なことですね。かぶるだけですから、
自転車にまたがったままでも可能です。
ちょっと欲しくなりました。
しかし、こんなによい道を走ってるのに、
装備のよしあしが気になって、ヒト様のを
お借りしてまで試したくなってしまうのは、
根がオタクだからなんでしょうね。
d0211129_13381735.jpg
九蔵峠を下れば、本日の宿が待つ西野です。
開田のだいぶ奥まった場所です。
d0211129_13405040.jpg
瀟洒な旅館、やまかの湯。
d0211129_13413489.jpg
記念のベルをいただきました。
d0211129_1342373.jpg
宴会場には、昭一さんと「はづき」の歩みを写した
パネルが展示されていました。
「はづき」が発会したのは1965年。
来年で50周年です。
d0211129_13492279.jpg
30名以上があつまり、黙祷と献杯。
d0211129_13501153.jpg
昭一さんが使っていた
5万図のコピーが貼られました。
走った道を塗った赤線で、
愛知県内が真っ赤になりそうなほどです。

すばらしい仲間に出会わせてくれた昭一さんに
あらためて感謝しつつ、しのびつつ、
宴は夜遅くまで続きました。
by cyclotourist | 2014-09-02 13:56 | おしらせ | Comments(6)
Commented by 441M at 2014-09-02 20:10 x
遠征御苦労さまでした。
K氏のレポートにお姿を拝見し、とても嬉しく感じた「シクロツーリスト」(そお言えばそんな名前の銘書が10冊ほど有った様な?)は私だけでは無い筈です。
故人に想いを馳せながら、私も木曽路を旅したいです。
Commented by 輪太郎 at 2014-09-02 20:50 x
鈴木さんが亡くなられていたのは、知りませんでした。ニューサイクリング誌等で、よく名前を拝見していました。悲しいですね。30キロとのことですが、やっぱりサイクリングは距離の長短ではないと感じます。長距離には長距離の良さもありますが。それと、ツーリング車、やっぱり雰囲気が良いですね。ポンチョは泥よけ付きなら、かなり有効と思います。自分も使っていました。
Commented by 北山広 at 2014-09-02 21:02 x
鈴木さんのお人柄でしょうか、
たくさんのご友人が集まれ、
盛大なメモリアルランになったようですね。
天候の方も大雨には遭わなかったみたいで、
開田高原を満喫できたのではないでしょうか。
ポンチョ、ランドナーの様な泥除け付きの自転車ならば、
少雨の場合は快適かも知れませんね。
そういえば掛けだしの頃、ヤマネさんで買った
黄色いビニールのポンチョを使っていました。
最近また、買い直そうかなと思っています。
Commented by こじま at 2014-09-02 21:13 x
宴会では席が離れていて絡めず残念でした。
二日目の高山までのレポート楽しみにしています。京都のクラブが同じコースを走ったと思いますが・・・・
Commented by ミウラSV at 2014-09-02 22:49 x
遠征お疲れ様でした。
追悼メモリアルランと言うことでほんの少し雨(涙)が降ったということでしょうか。
ポンチョは自分も昔使ってました。キャンピング装備には結構有効だったかと。
Commented by cyclotourist at 2014-09-03 15:59
441M様
まいど微妙なコメントありがとうございます。
TOMでお会いできるのが楽しみです。

輪太郎様
コメントありがとうございます。
サイクリングは、数値的な距離よりも
過ごした時間の密度が大切ですね。

北山広様
コメントありがとうございます。
自分もトレッキング用の軽量ポンチョを
持ってはいるのですが、ちゃんとした
自転車用のポンチョがほしくなりました。
なんかマントみたいで、中二病的な
スタイルも魅力です(笑)。

こじま様
コメントありがとうございます。
からまれないでホッとしました(笑)。
教えていただいた朝日ダムの裏道、
とっても素敵でした。

ミウラSV様
コメントありがとうございます。
高原らしい気持ちのよい雨でした。
やっぱりRSAさんのポンチョを買おうかな。
<< 開田高原から飛騨高山へ 川口でイベントいたします! >>